引越し 見積もり 比較 ポイント。 引越しの見積もり相場は?比較するための上手なポイントは?時期時間

引越し見積もりを最大60%安くする方法

引越し 見積もり 比較 ポイント

満足度 4. 00 引越日 2019年02月16日• 満足度 4. 25 引越日 2016年04月04日 良かった点を3つ述べさせて頂きます。 1つ目は作業のスピードです。 梱包からしていただいたのですが、あっという間…• 満足度 3. 50 引越日 2015年09月25日 女性二人の方が、担当者でした。 最初は重いものばかりなのに大丈夫なのかな、と思いましたが挨拶も明るく、養生から積込み、…• 満足度 4. 00 引越日 2015年07月14日 荷物の積み込み、また搬入作業で特に問題なく作業を進めてもらい安心して任せることができました。 仕事も正確で早く、愛想も…• 満足度 5. 00 引越日 2015年07月14日 暑い中、丁寧な仕事に満足です• 満足度 4. 75 引越日 2015年06月25日 何社か見積もったのですが、他のところはトラックを多めに出すと言ったり、かなり高い金額を提示されましたが、アートさんは… 業者ロゴ PR文 お問い合わせ 当社は1971年の創業以来「まごころこめておつきあい」をモットーに、 お客様の新しい生活をサポートすべく高品質なサービスを提供することを心掛けてきました。 おかげさまで多くのお客様にご指示いただき、昨年度には引越作業件数&売上高で業界No. 1になることができました。 最近では47都道府県のすべてに190を超える営業所を展開し、グローバル化にも対応すべく海外引越にも注力しております。 またお客様が引越時に求められるご要望にお応えするために、 電気工事や不用品リサイクルのサービスも関係会社と協力して行っております。 これからも引越業界のリーディングカンパニーとして、お客様に安心して任せていただけるサービスを提供してまいります。 新サービスとして、6月より東京都内のお引越を均一料金で行うサービスを開始いたしました。 お申込みと同時に契約となるため、面倒な訪問見積やお電話でのやりとりも不要となっております。 その他の引越商品は、作業終了後3ヶ月以内) 要相談 レンタルあり 単身パック当日便は無料 一部有料 あり 全国 現金 カード 無料(本数は、ダンボールの枚数に応じる) 最大50枚 1回分のみ あり 最大5個 無料(枚数はプランに応じて) あり 一部有料 全国 現金 カード(らくらく家財宅急便を除く) 引越らくらくタイムリーサービス利用者は何本でも無料 引越らくらくタイムリーサービス利用者は何枚でも無料 「引越らくらくタイムリーサービス」「建替引越パック」なら、引越後に使用済資材をすべてお引き取り。 「単身引越サービス」は、別途3,000円(税抜) あり 引越らくらくタイムリーサービス利用者は何個でも無料 引越らくらくタイムリーサービス利用者は何枚でも無料 あり(TV・洗濯機の取付も無料) あり•

次の

引越しの見積もりにかかる時間ってどれくらい?時間短縮のポイントを解説

引越し 見積もり 比較 ポイント

引越し見積もりで特典がもらえる引越し業者(2019年 最新) 2019年8月23日の時点で、訪問見積もりをしただけで、お得な特典や豪華商品がもらえる大手の引越し業者は以下のとおりです。 日本通運• サカイ引越センター• アリさんマークの引越社• クロネコヤマト• アート引越センター また、 アート引越センターでは、訪問見積もりをしただけでもらえる特典はありませんが、成約したときに特典がもらえるキャンペーンを行っています。 ただし、これらの特典には条件があったり、期間限定だったりする場合があります。 ここからは、それぞれの業者について詳しく紹介していきます。 日本通運の引越し見積もりキャンペーン 日本通運でもらえる特典と、条件等の注意点は以下のとおりです。 特典の内容 日通オリジナル図書カード(1,000円分) 対象 日通で見積もり・引っ越しを行ったユーザーで、日通ウェブサイトのマイページからアンケートに回答した人(抽選で毎月100名) キャンペーン期間 ー(ただし、マイぺージへの登録は引越しの作業日から3か月以内のみ可能) 注意事項 日通ウェブサイト以外から申し込んだユーザーは、引越し後の住所へ届くアンケートはがきにて回答 出典: 日通では、見積りをして引っ越した後、アンケートに回答することで図書カードがもらえます。 日通で引越しの見積もりをしたユーザーの口コミは下記からご覧いただけます。 参考: サカイ引越センターの見積もりプレゼントはお米 サカイ引越センターの特典は以下のとおりです。 特典の内容 1kg700円相当の「ひとめぼれ」 対象 訪問見積もりをしたユーザー全員 キャンペーン期間 ー 注意事項 ー サカイ引越センターでは、訪問見積もりをした人全てに、岩手純情米「ひとめぼれ」をプレゼントしています。 平成3年に宮城県古川農場試験所で誕生、岩手県内で生産量がもっとも多いお米です。 特に岩手県南産は(財)日本穀物検定協会の食味ランキングで、最高位特A評価を20回以上獲得し、日本トップクラスのおいしさを誇ります。 引用: キャンペーン期間や他の条件等はないため、いつでも訪問見積もりをするだけでお米がもらえます。 サカイ引越センターで見積りをしたユーザーの口コミは下記からご覧いただけます。 参考: アリさんマークの引越社の見積もりキャンペーン アリさんマークの引越社の特典は以下のとおりです。 特典の内容 引越しお役立ちグッズ 対象 アリさんマークの引越社指定窓口から訪問見積もりを依頼した人 キャンペーン期間 2017年7月1日(土)~ 注意事項 ・時期・エリアによって予告なく内容が変更になる場合があります。 ・なくなり次第終了となります。 出典: アリさんマークの引越社のホームページの写真を確認すると、掃除用具やクーポンなどのお役立ちグッズがもらえるようです。 いつキャンペーンが終了するか未定なので、見積もりを検討している人はぜひ早めに申し込みましょう。 アリさんマークの引越社で見積りをしたユーザーの口コミは下記からご覧いただけます。 参考: クロネコヤマトの引越し見積もりプレゼント クロネコヤマト(ヤマトホームコンビニエンス)の見積もりプレゼントは以下の通りです。 ヤマトホームコンビニエンスで見積もりをしたユーザーの口コミは下記からご覧いただけます。 参考: アート引越センターの見積もりプレゼント アート引越センターで引っ越しするともらえるプレゼントは以下の通りです。 アート引越センターで見積もりをしたユーザーの口コミは下記からご覧いただけます。 参考: 引越し見積もりでマイル(マイレージ)が貯まる引越し業者 見積もり時に提示することで、引越し完了後にマイルが積載される引越し業者の一覧です。 引越し見積もりでポイントが付与される引越し業者 引越し料金の支払い金額に応じてポイントが還元されます。 えころじこんぽ…引越し料金20%割引• 単身パック…1件につい1,080円割引(2基以上は1件につき1,080円割引) また、ポイントカード系の特典については、下記のような注意点があるため気をつけましょう。 見積もり時にポイントカードがあることを伝える必要がある• 法人の引越し、海外への引越しなどは対象外となるものがある• 基本的にマイレージと併用できないため確認する必要がある 引越し侍のキャッシュバックとプレゼントキャンペーン 引越し侍では、対象サービスをご利用の方にプレゼントキャンペーンを行っています。 応募期間 2018年3月1日(木)~2018年5月31日(木) 対象サービス ・引越し一括見積もりサービス ・引越し予約サービス ・ピアノの運送・引越しの一括見積もり ・ピアノの買取の一括査定サービス ・エアコン工事会社紹介サービス プレゼント内容 【A賞】最大10万円の引越し料金キャッシュバックorお好きな家電(ファンヒーターもしくはハンディクリーナー) 【B賞】QUOカード500円分 A賞は抽選で3名様、B賞はA賞の抽選に外れた方の中から抽選で合計100名様にプレゼントされます。 キャンペーンの応募方法や応募条件等はで紹介していますので、ぜひ確認してみてください。 特典を探す以外にお得な引越しをしたい方は「一括見積もりサービス」がおすすめ 引越し侍の「引越し一括見積もりサービス」では、キャンペーンやプレゼントなどの特典の他にも、お得に引っ越しができるメリットがあります。 それは、 あなたの引越しを一番安く請け負ってくれる引っ越し業者が見つかる、ということです。 引越し一括見積もりサービスを利用するだけで、一番安い引っ越し業者が見つかるのは、引越し見積もりの仕組みに理由があります。 引越しの見積もり料金は「定価」がないため、同じ条件の引越しでも、引越し業者によって見積もり料金が大きく変わることがあります。 実際に見積もりを取ると、「A社では3万円」「B社では5万円」「C社では6. 5万円」と、 見積もり料金に2倍以上の差が出ることもあるのです。 そのため、 一番安い引っ越し業者を見つけるには、1社でも多くの引越し業者を比較しなければいけません。 しかし、複数の引越し業者に1社ずつ問い合わせをするのは、時間も手間もかかってしまいます。 そこで便利なのが、引越し一括見積もりサービスです。 引越し侍の引越し一括見積もりサービスでは、住所や荷物の量など簡単な情報を入力するだけで、 最大10社の引越し業者に見積もりを依頼することができます。 引越し一括見積もりサービスでは、最大で10社の引越し業者の見積もり料金を比較することができるので、一番安い引っ越し業者を見つけることができるのです。 比較する引越し業者が多ければ多いほど、安く引越しができる可能性は上がります! 少しでも安く引越しがしたい人は、ぜひ利用してみてください。

次の

引越しの見積もり・費用相場・安い業者探しは【LIFULL引っ越し見積り】(旧HOME’S)

引越し 見積もり 比較 ポイント

引越し業者に見積もりを依頼する場合、電話、インターネット、訪問といった方法があります。 訪問見積もりは引越し業者の担当者に自宅に来てもらい、荷物の量を直接その目で確認してもらえるので、もっとも正確な見積金額が出せるメリットがあります。 ですが、引越しをする機会はそう多くはないので、訪問見積もりに来てもらうことになっても、何を確認しておいたほうがいいのかが分からず戸惑ってしまう人は意外に多いもの。 そこで、アーク引越センター、アリさんマークの引越社、ハート引越センター、ヤマトホームコンビニエンスの各社へのインタビューを参考に、「訪問見積もり時に確認しておくべきポイント」をいくつか紹介します。 引越し日時を決めるときは、引越し業者とスケジュール調整をする必要があるため、訪問見積もり依頼が早ければそれだけ自分の要望に近い日時にあわせることも可能です。 だいたい引越しの3カ月前くらいから訪問見積もりの受け付けをしているところが多いです。 引越しの日が一日違うだけでも混雑具合や見積もり料金が変わることもあるため、日時の融通がきくのであれば一番安い引越し料金の日にするという決め方もできます。 一般的に引越し料金が高くなるのは、3月、4月で、月の下旬や土日、朝からの場合です。 逆に 安くなるのは、1月、6月、7月、月の中旬や火曜、水曜で、時間帯は引越し業者におまかせという場合が多いです。 荷造り梱包用のダンボールはもらえるのか確認する 引越しを依頼することになった場合、多くの引越し業者が自社のダンボールを用意しており、それをもらうことができます。 一般に、「引越しに必要なダンボールの数は1人につき約20個」といわれています。 もちろん個人差があるのでこの数字から10個ほど前後することも珍しくありませんが、仮に20個のダンボールが必要だとすると、そのすべてを自分の手で用意するのは大変です。 どこかからもらって調達してくるのは手間ですし、買うにしてもそれなりの出費になります。 引越し業者からサービスでもらえるならそれに越したことはありませんよね。 そこで訪問見積もりの際に確認しておきたいのが以下の4つのこと。 <引越しの訪問見積もりチェックポイント ダンボール> ・ダンボールを無料でもらえるか? ・何個まで無料でもらえるか? ・もしその個数以上に必要になった場合はどうすればいいか? ・追加分のダンボールを購入できるのであれば1個当たりいくらか? ちなみに、ハート引越センターを例に取ると 「お引越しに必要なダンボールは基本的に差し上げていますが、追加になると有料になるケースもあります。 また、ほかの方が使った後の比較的きれいな状態のものを『リサイクルダンボール』としてお届けすることができます」 とのこと。 近所のお店でもらってくるという方法もありますが、届けてもらえるなら助かりますね。 荷造り梱包用のダンボールを確保することは引越しのファーストステップ。 まずはこの点をすっきりさせて、気持ちよく引越し準備を始めましょう。 空になったダンボールは引き取ってもらえるのか確認する 荷物を新居に運び入れたら、最後に待っているのが荷ほどき作業です。 この過程で出るのが空っぽになった大量のダンボール。 これを処分すれば新居もスッキリし、ようやく引越しがひと段落した実感がもてることと思います。 不要になったダンボールを処分するには「ゴミ捨て場に捨てる」「回収業者に引き取ってもらう」などの方法がありますが、ほかに「引越し業者の引き取りサービスを利用する」という方法もあります。 引越し業者に引き取ってもらうのが、手間と費用が一番かからないのでおススメです。 まず、「荷ほどき後、ダンボールを引き取ってくれるか」を引越し業者に確認する必要がありますので、この点を訪問見積もり時に聞いておきましょう。 そして、もし「引き取りをやっている」と分かったら、その引き取りの詳細も聞いておきましょう。 例えば「有料か、無料か」「無料で引き取ってもらえるのは最初の1回だけか? 2回目以降お願いするといくらかかるか?」「引越し後、何日以内に連絡すれば引き取りに来てもらえるのか?」といったことです。 ダンボール引き取りサービスのルールは各引越し業者によって違いますので、その詳細を把握しておくことが肝心です。 荷造りは自分たちでどこまでするべきか確認する 「荷造りをどこまでやっておくべきか?」も訪問見積もり時に確認しておいたほうがいい事柄です。 引越しの荷造りといえば基本的に「荷物をダンボールに詰めてフタをする作業」のことを指しますが、これを引越し業者が代わりにやってくれることがあります。 その場合には自分たちが荷造りをどれくらい進めておけばいいのかを知っておきたいですよね。 荷造りの一部を引越し業者にやってもらう場合には、その作業は「荷造りパック」などのオプション内の作業として料金が発生している可能性があります。 ここを確認しておくことで、「本当は自分たちで荷造りしても良かったのに、荷造りしてくれるって言うから任せたら料金が高くなっちゃった……」といった間違いやトラブルをなくすことができます。 荷造りを全部自分たちの手で済ませる場合でも、「タンスや引き出しの中身は全部出したほうがいいか?」や「大型の家具・家電はどうすれば? 当日作業スタッフに梱包してもらえるのか?」などは引越し業者によって対応が異なるため、事前に確認をしておくのが無難です。 例えば「炊飯器などの小型の家電はそのままでOK。 こちらで梱包して運びます」(アリさんマークの引越社)といった回答があると、安心して梱包作業ができますよね。 ピアノなどの大型家具の運搬方法を確認する 引越しで運ぶ荷物のなかにピアノなどのとりわけ大きい家具がある場合は、訪問見積もり時にその旨伝えましょう。 訪問見積もり時、担当者は「大きな家具・家電があるかないか」を真っ先にチェックしているので、特に何も言わなくても向こうから「このピアノは新居に持っていかれますか?」と質問されますが、自分から相談する意識をもっていたほうが間違いを減らせます。 ピアノのような大型で重量のある家財は階段、エレベーター、玄関、廊下、ドアを通らない可能性があります。 もし「ピアノの幅が広くて玄関を通らない」となったら、クレーンでピアノをつり上げて窓から運び入れるといった方法を採ります。 クレーンを当日手配するとなると追加料金がかかりますし、空き状況によっては手配できずその日のうちに引越しが終わらないおそれも出てきます。 そうならないためにもクレーンを手配するのであれば前もって決めておき、その料金を含めた見積もりを出してもらうのがベスト。 ピアノなどの大型家具を持っている人は、担当者にどうするべきかを相談しましょう。 担当者からアドバイスや「新居の玄関の幅を測っておいてください」といった指示があるかもしれません。 引越し料金の支払い方法とタイミングを確認する 引越し料金を支払う方法や、支払いのタイミングについても聞いておきましょう。 現金での支払いならまずどこの引越し業者も対応しています。 このほかにクレジットカードや銀行振り込みといった支払いが可能な引越し業者もあります。 自分の好みや都合にあった支払い方法を選ぶといいでしょう。 ちなみに今回の4社はすべてクレジットカード利用OK! 対応しているカード会社や支払いルールに違いはあるものの、カードを利用できる引越し業者は多いようです。 クレジットカードの支払いを希望する場合は、作業スタッフに準備が必要ですので、前もって「カードで支払いたい」ということを伝えておかなければなりません。 訪問見積もりの段階ではまだどこの引越し業者に依頼するか決めていなかったとしても、クレジットカードで支払うことを決めているのであればその旨を伝えるようにしましょう。 冷蔵庫と洗濯機の運搬準備を確認する 家電のなかには引越しの際に特に注意して準備するものがあり、それが冷蔵庫と洗濯機です。 引越し前にきちんとした処置を施しておかないと運搬中にほかの荷物を濡らし、最悪の場合は故障してしまう可能性もあります。 冷蔵庫は中のものを引越し当日までに空っぽにしておくことはもちろんのこと、ほかに「水抜き」や「霜取り」という処置も必要です。 自分でやる必要があるので、やり方をネットで調べたり引越し業者に教わったりしておくといいでしょう。 新しい冷蔵庫や洗濯機にはこれらの処置が必要のない場合もあり、「この型なら必要ないですね」といったアドバイスをしてくれることもあります。 また、洗濯機の給水・排水ホースは自分で外して水抜きします。 電源コードもまとめて冷蔵庫に養生テープで貼り付けておくと運びやすいです。 引越し当日に作業員が作業してくれる引越し業者もあるため、「外す作業はできるだけ自分ではやりたくない……」という人はスタッフに質問してみるのも良いでしょう。 新居の周りの道路幅を確認する 新居の周辺の道路を見てみましょう。 「もし道幅が狭くて、大きいトラックでは家の前まで行けなかったり、時間帯によって通行止めがあったりする場合は事前に教えていただけるのがベストです。 もしも当日にそのことが判明すると、見積もり時に算出していた作業量を超えてしまうこともあり、お客さまにとっても不利益になってしまいます」(アーク引越センター)とのこと。 作業が増えると、予定していた時間に終わらなかったり、応援のスタッフを手配したりする必要が出て、追加料金が発生してしまうこともあります。 訪問見積もり時にそのことが相談できていたら、前もって「少し小ぶりのトラックを用意する」「時間をずらす」といった対策を立てることも可能です。 道が入り組んだ住宅街や、周辺の道幅が狭い新居に引越す人は、「大丈夫でしょうか?」と相談を持ちかけてみましょう。 マンションのエレベーターを使って搬入するか確認する 新居がマンションでエレベーターがあり、エレベーターを使って搬入作業を進めていく場合、その点について担当者と相談しておきましょう。 エレベーターが使えるか使えないかによって作業量が変わり、作業量によっては料金が変わる可能性があります。 マンションによっては引越し時にエレベーターの使用許可が必要なところもあります。 新居のエレベーターの使用許可などに関しては、訪問見積もり時に詳しく調べておく必要はありません。 しかし担当者に相談しておくことで「新居は2階なのでエレベーターは使わなくても大丈夫です」や、「当日のエレベーターの使用許可を管理事務所からもらってください」といったアドバイスや指示をもらうことができます。 持っていくか迷っている家具・家電があるか確認する 新居に持っていくか、それとも引越し時に処分するか迷っている家具・家電がある場合はそのことを担当者に伝えておいたほうがいいでしょう。 持っていく家具・家電を含めたパターンと含めないパターンで2種類の見積もりをつくってもらうこともできます。 また、これに関連して、その引越し業者が家具の引き取りサービスを行っているか、もし行っているのであればそれは無料なのか、いくらかかるのかといったことも確認しておきましょう。 引越し当日に「やっぱり捨てよう!」と決めると、引越し業者のプランによっては処分費がかかってくる可能性があります。 追加料金の発生を避けるなら、見積もり時にしっかりと確認しておいたほうが安心です。 持っていく自転車、車・バイクがあるか確認する よくあるちょっとしたミスに、「家の中にある、運んでもらう予定の荷物はちゃんと全部伝えたけど、家の外にある自転車も運んでほしいというのを伝え忘れてしまった」といったケースがあります。 家の外に置いてあるものなので、ついつい忘れてしまいがちですよね。 引越し当日に「そういえば自転車があったので、あれも積んでください」と言っても、空きスペースに積めれば解決できるかもしれませんが、自転車は意外とスペースをとることも多く、ほかの荷物を傷付ける危険もあるのだとか。 別トラックの手配などで追加料金が発生してしまうこともあります。 また、車やバイクを持っている人は、それらについてどうすればいいかを聞いておくようにしましょう。 「自動車やバイクをお持ちで、当日の移動に使用されない場合はこちらであわせて輸送するオプションがありますよ」(ヤマトホームコンビニエンス) といったように、引越し業者によっては車両陸送に対応してくれるところがあります。 料金はいくらか、運搬には何日かかるかといったこともあわせて尋ねておきましょう。

次の