テセウスの船の犯人は誰。 【テセウスの船】黒幕真犯人は誰で音臼村祭が関係?佐野文吾を逆恨み!

「テセウスの船 考察」千夏を殺した犯人が誰か原作ネタバレ!佐野が除草剤を隠した理由は?

テセウスの船の犯人は誰

テセウスの船の金丸刑事 テセウスの船の原作の金丸刑事は、サスペンスによく出てくる、敏腕刑事を絵に描いたような人物です。 短髪で、ベージュのコートを着て、口にはいつもタバコをくわえている・・。 きっと、金丸刑事本人もドラマや映画に出てくる、敏腕刑事に憧れていたのではずです笑。 ちなみに、金丸刑事は結婚していましたが、今は離婚して、両親もすでに亡くなっていているので、独り身のようです。 ますます、ドラマの刑事のイメージに近づいてしまいましたが、金丸刑事は、刑事としての腕は確かなのですが、ちょっと不思議なところもあるんです。 金丸刑事はタバコが吸えない? テセウスの船の原作では、金丸刑事が、タバコを吸えないのに、 ただ格好つけたいだけで、口にくわえているのでは?という疑惑があります笑 テセウスの船のドラマでは、ユースケ・サンタマリアさんが演じていますが、ライターをカチカチとする仕草は、踏襲されています。 毎回タバコをくわえて登場するのに、確実に吸っていたシーンはテセウスの船の原作では 一度もありません。 金丸刑事が、タバコを吸えないのか、それとも吸わないようにしているか、ひょっとすると、この不可解な行動には、何か理由があるのかもしれませんね。 金丸刑事が音臼村を訪れた理由 金丸刑事は、三島千夏のパラコート誤飲事故の調査で、音臼村を訪れています。 この時、金丸刑事は、田村心を真っ先に事情聴取しています。 その理由は、• 田村心が三島医院の倉庫からパラコートを持ち出したという目撃情報があったから• 田村心の素性が怪しいという報告を佐野文吾から受けていたから です。 実はこの時、金丸刑事は、佐野文吾から「 田村心が未来からやってきた可能性がある」という情報も得ています。 最初は半信半疑どころか、まったく信じていなかったのですが、音臼村で次々に不可解な事故や、事件が起こるうちに、少しずつ、信じ始めていた矢先・・。 金丸刑事は、 ある人物によって、崖から突き落とされてしまうのです・・。 金丸刑事を突き落としたのは誰? テセウスの船の原作で、金丸刑事は、音臼岳で事件の捜査中に足を滑らせて転落したことになっています。 しかし、これは間違いで、金丸刑事が何者かによって、崖から突き落とされるのを、佐々木紀子が目撃しています。 佐々木紀子は、事件から相当時間が経った2017年になって、ようやくこの事実を証言することを決意しています。 金丸刑事と会話をしていたのは誰? 金丸刑事を崖から突き落としたのは、三島明音を殺害した真犯人でした。 三島明音を監禁したのは長谷川翼ですが、彼に監禁するよう脅した真犯人がいます。 この真犯人が、山小屋に監禁されていた三島明音を助ける振りをして殺害したのです。 しかし、この真犯人にとって、長谷川翼までもが毒薬を飲んで自殺したことは予想外でした。 なぜなら、本来の過去では、三島明音は、行方不明のまま見つかっていません。 おそらく、音臼岳の山小屋に監禁されたままにされていたはずです。 金丸刑事は、音臼岳で三島明音の事件を調査している時に、真犯人と出会い、 突き落とされる直前まで会話をしています。 金丸刑事が、音臼岳で真犯人に、「こんにちは」と声をかけられた時の反応からしても、2人は顔なじみのようです。 しかも、2人の会話内容からして、真犯人は、 かなり年齢が低いことがわかります。 金丸刑事を突き落とした理由 テセウスの船の原作で、三島明音の事件の真犯人が金丸刑事を崖から突き落とした理由は次のように考えられます。 金丸刑事に三島明音の事件の真犯人であることを突き止められそうだったから• しかし、金丸刑事と真犯人の会話内容は、 肝心なところが風音にかき消されていました。 それは、「金丸さんが想像する犯人像はどんな人物か?」と真犯人に聞かれて、金丸刑事が答えた内容の部分です。 この時、金丸刑事は、 まるで子供が背伸びして大人の会話をしようとしていることに、あきれているかのように、頭をポリポリとかきながら答えています。 真犯人は計画性と衝動性を持つ人物 しかし、金丸刑事を崖から突き落とした理由は、もっと衝動的なものだったと考えられます。 真犯人は、計画性と衝動性の両方を持っています。 おそらく、初めは金丸刑事も、毒薬を飲ませて殺害しようと考えていたはずです。 金丸刑事が掴みかけた事件の真相とは? テセウスの船の原作で、金丸刑事は独自の調査で、事件の真相を掴みつつありました。 金丸刑事は「S」のキーホルダーを見て何を思ったのか? 金丸刑事は、長谷川翼と三島明音が、音臼神社で発見された時の写真を見て、あることに気づいています。 それは、三島明音の首すじに残った小さなあざでした。 また、現場には「S」のキーホルダーが落ちていました。 これは、捜査関係者の調べでも、佐野鈴が持っていたものだとすぐにわかっています。 犯人が、自分の犯行を佐野鈴になすりつけるために、わざと現場にキーホルダーを残したと考えられますが、金丸刑事は、 もっと先にある新事実に気づいていたように思えるのです。 佐野鈴から「S」のキーホルダーを奪ったのは誰? 佐野鈴は、三島明音が行方不明になる直前まで、ずっと「S」のキーホルダーを持っていました。 そうすると、一体誰が、佐野鈴から「S」のキーホルダーを奪ったのでしょうか? 佐野鈴は、2月5日の昼から夜にかけて、行方がわからなくなっています。 20時過ぎに姿を現した時、顔に怪我を負っていました。 「S」のキーホルダーは、この時、何者かによって、無理やり佐野鈴から奪い取られたと考えられます。 金丸刑事が真犯人によって、崖から突き落とされるシーンや、真犯人が誰なのかわかるのは、テセウスの船7巻です。 テセウスの船の原作漫画のストーリーは、本当に緻密に構成されています。 全体を把握したい場合は、こちらの記事を参考にしてみてください。 テセウスの船の原作をまとめ買いするなら、こちらの記事が参考になると思います。 最大40%割引で全巻買い揃えることができます。

次の

「テセウスの船 考察」千夏を殺した犯人が誰か原作ネタバレ!佐野が除草剤を隠した理由は?

テセウスの船の犯人は誰

超人気ドラマのテセウスの船が遂に最終回を迎えました!犯人はまさかの田中正志 せいや でネット上では賛否両論でしたね! 真犯人が判明して良かったのですが、ここで気になるのが ユースケサンタマリア 金丸 を突き落とした犯人は誰なのかということです。 田中正志 せいや が落としたのでしょうか?そうすると佐々木さんは田中正志 せいや が犯人だということを隠していたことになります。 考察していきましょう。 ユースケサンタマリア 金丸 を突き落とした犯人は誰? ユースケサンタマリア 金丸 を落とした犯人が気になります。 ドラマを見た感じだと知り合いのようにも感じられましたが、そうではなかったのかもしれません。 あれ?…そういえば、テセウスの船最終回迎えて犯人も分かったけど、真犯人が金丸さんを殺した描写は無かった… それを見てた佐々木さんの図もないし。 それになぜさつき先生が佐々木さん殺したかも不明だし、人殺ししてる小学生があの若さでシャバに戻ってるのもおかしい… — ちっち aimamawagamamac ユースケサンタマリアの金丸さんみきおに突き落とされたのかぁ 子供に突き落とされるて どんな刑事や お父さんも犯人に呼び出され背後から襲われ逮捕され保釈され背後から襲われまた逮捕され保釈され 最後もまた背後から襲われて.. 金丸が突き落とされた現場を佐々木さんは見ています。 そして現代版では佐々木さんは犯人の名前を語るのをとても拒んでいました。 もし突き落とした人物が田中正志であれば、なぜあそこまで犯人を語るのを躊躇したのでしょうか。 それにさつき先生があんなに阻止しようとした理由も分りません。 田中正志であればあそこまで阻止しようとしないきもしますよね! ただ、金丸を突き落とした時の金丸さんの視線はどう考えても同じくらいの目線でした。 子供みきおが落としたにしては視線の高さが全然違います。 ドラマが終わってもこういった疑問は残るばかりですね。

次の

テセウスの船ネタバレ!最終回の結末はハッピーエンドで犯人に衝撃

テセウスの船の犯人は誰

31年前に6月24日に北海道音臼村の音臼小学校で児童21人が青酸カリ入りのジュースを飲み犠牲になった無差別毒殺事件。 犯人として捕まったのは、駐在警察官の「佐野文吾」でした。 佐野文吾は犯行を一貫して否定しますが、死刑判決を受け現在も収監中。 文吾の息子である「田村心」。 心は父の犯行当時、まだ母親のお腹の中におり父親にあったことすらない。 しかし、父が凶悪殺人犯のため、「殺人犯の家族」として虐げられる生活を送っていた。 そんな心を支えてくれる女性、由紀と結婚するが、出産の際に由紀は命を落としてしまう。 生前の由紀は心の父親について、事件を調べていた。 残された娘、未来のためにももう一度事件と向き合おうと北海道音臼村へ。 音臼小学校に花を供えに行くと、霧が濃くなり、気づくと31年前の事件が起こる前の音臼村にタイムスリップしていた。 31年前の音臼村 31年前の音臼にタイムスリップすることになった心。 由紀の調べたノートによると、音臼小事件以外にも同年の音臼村では不審な事件が起こっていた。 過去を変えるべく、事件を止めようとする心。 また、交流を通して、自分の父親である文吾が犯人ではないと確信し、協力して事件を食い止めようとするが・・・ テセウスの船 ネタバレ 犯人はだれ? テセウスの船 漫画版の真犯人は 「 加藤みきお」 です。 当時小学高6年生の鈴の同級生でした。 当時小学高6年生の「みきお」、疑われることすらなかったのでしょう。 2周目の現在では、音臼小の教師だった「木村さつき」の養子になっており 「木村みきお」となっています。 そして「木村みきお」は心の姉・鈴の内縁の夫となっていました。 加藤みきおが、連続殺人を起こした動悸はなんだったのでしょうか?? 加藤みきおの一番の動機は「鈴」でした。 引っ越してきた、みきお、隣の席になったのが鈴でした。 みきおは家庭環境に恵まれず、母親は死亡。 父親はいなかった。 音臼に住み祖母の元へやってきます。 鬱屈とした気持ちを抱いていたみきお。 鈴の明るさに惹かれていきます。 鈴を手に入れたいと思う、みきお。 そんな鈴が「将来、結婚するなら、お父さんみたいな人がいいかな。 正義感のある人ってやっぱりいい」と行ったことが犯行のきっかけになります。 もともとサイコパス的な思考を持っていた、みきお。 自分が鈴の理想とする「正義感のある人」とは真逆の人間です。 ・鈴の大好きな人を鈴から奪う ・鈴の理想の結婚相手である文吾を「正義の人」から「殺人犯」に変え、自分と近づける この辺りがみきおの動悸だと思われます。 また、鈴の友達だった明音を狙ったのは鈴を仲間はずれにしたり、喧嘩してしまったことからでした。 その他の犯行は、実験や好奇心など、みきおのもつサイコパス的な性質から行われた犯行でした。 兎以外にも猫を殺して遊ぶようなこともしています。 犯行動機は特になく、千夏が目についたから。 2周目は青酸カリ入りドリンクを飲ませて殺害しようとするものの、うまくいかずに首を絞めて殺害。 動機は鈴をいじめたことから。 明音だけではなくみきおにも乱暴しており、そのことを弱みとして握られ、みきおの指示を聞いた。 2周目の現代では、病により余命がわずかと告げられ、音臼小事件・明音の事件について証言をしようとするが、それに気づいたサツキにより殺害。

次の