ゴーヤ 豚肉 レシピ。 ゴーヤのレシピ【人気1位はつくれぽ10000以上】殿堂入りだけ厳選!大量消費にもおすすめ!

ご飯にあう!ゴーヤと豚肉の生姜ポン酢炒め レシピ・作り方 by はぁぽじ|楽天レシピ

ゴーヤ 豚肉 レシピ

豆腐とゴーヤの下ごしらえ ゴーヤチャンプルには崩れにくい木綿豆腐がおすすめですが、その下ごしらえとして、 キッチンペーパーや布巾などに豆腐を包んで、1時間ほど重しをして水切りをします。 (夏場は冷蔵庫に入れるなどしておき)手でちぎることができるくらいまで、豆腐の水気を切るようにしてください(豆腐は適当な大きさにちぎっておきます)。 ゴーヤはヘタを切り落として縦半分に切り、タネとワタを除いて 5㎜幅ほどに切ります。 豚バラ肉は3〜4cm幅に切り、 塩とこしょう少々(各分量外)をふっておきます(好みで風味の強い粗びき黒こしょうを使っても!)。 フライパンに炒め用の油(小さじ1)を入れて中火にかけます。 熱くなれば豆腐を入れ、 豆腐の両面に軽く焼き色がつくまで焼いて、一度バットなどに取り出します。 フライパンはそのまま、ごま油小さじ1を追加します。 下ごしらえしたゴーヤからは水分が出てきているので、その水分は捨て、 特に洗ったりせず、ゴーヤをそのまま入れて炒めます。 (火加減は弱めの中火ほどで)ゴーヤに透明感が出で軽く火が通るまで炒めます。 後からも加熱するので、8割ほど火を通すくらいの気持ちで。 軽く火が通ったゴーヤも一旦取り出します。 豚肉の色が全体的に変わってくれば、豆腐とゴーヤを戻し入れます。 この時、 取り出しておいた豆腐から出た水気は入れないようにします。 火加減は中火で、全体をさっと炒め合わせ、 塩ひとつまみとこしょう少々(各分量外)で下味をつけます。 次に、溶き卵1個分を全体に流し入れます。 卵を入れた後は、10秒ほど待ってからフライパンをふります。 少し待つのがポイントです。 卵が細かくなりすぎず、肉やゴーヤなどの具材に卵がしっかりと絡んで固まってくれます。 最後に 仕上げの調味料(醤油小さじ2)をフライパンの淵からまわしかけ、さっと炒め合わせれば完成です。

次の

ごはんが進むゴーヤの味噌炒めのレシピ/作り方:白ごはん.com

ゴーヤ 豚肉 レシピ

豆腐とゴーヤの下ごしらえ ゴーヤチャンプルには崩れにくい木綿豆腐がおすすめですが、その下ごしらえとして、 キッチンペーパーや布巾などに豆腐を包んで、1時間ほど重しをして水切りをします。 (夏場は冷蔵庫に入れるなどしておき)手でちぎることができるくらいまで、豆腐の水気を切るようにしてください(豆腐は適当な大きさにちぎっておきます)。 ゴーヤはヘタを切り落として縦半分に切り、タネとワタを除いて 5㎜幅ほどに切ります。 豚バラ肉は3〜4cm幅に切り、 塩とこしょう少々(各分量外)をふっておきます(好みで風味の強い粗びき黒こしょうを使っても!)。 フライパンに炒め用の油(小さじ1)を入れて中火にかけます。 熱くなれば豆腐を入れ、 豆腐の両面に軽く焼き色がつくまで焼いて、一度バットなどに取り出します。 フライパンはそのまま、ごま油小さじ1を追加します。 下ごしらえしたゴーヤからは水分が出てきているので、その水分は捨て、 特に洗ったりせず、ゴーヤをそのまま入れて炒めます。 (火加減は弱めの中火ほどで)ゴーヤに透明感が出で軽く火が通るまで炒めます。 後からも加熱するので、8割ほど火を通すくらいの気持ちで。 軽く火が通ったゴーヤも一旦取り出します。 豚肉の色が全体的に変わってくれば、豆腐とゴーヤを戻し入れます。 この時、 取り出しておいた豆腐から出た水気は入れないようにします。 火加減は中火で、全体をさっと炒め合わせ、 塩ひとつまみとこしょう少々(各分量外)で下味をつけます。 次に、溶き卵1個分を全体に流し入れます。 卵を入れた後は、10秒ほど待ってからフライパンをふります。 少し待つのがポイントです。 卵が細かくなりすぎず、肉やゴーヤなどの具材に卵がしっかりと絡んで固まってくれます。 最後に 仕上げの調味料(醤油小さじ2)をフライパンの淵からまわしかけ、さっと炒め合わせれば完成です。

次の

ごはんが進むゴーヤの味噌炒めのレシピ/作り方:白ごはん.com

ゴーヤ 豚肉 レシピ

豆腐とゴーヤの下ごしらえ ゴーヤチャンプルには崩れにくい木綿豆腐がおすすめですが、その下ごしらえとして、 キッチンペーパーや布巾などに豆腐を包んで、1時間ほど重しをして水切りをします。 (夏場は冷蔵庫に入れるなどしておき)手でちぎることができるくらいまで、豆腐の水気を切るようにしてください(豆腐は適当な大きさにちぎっておきます)。 ゴーヤはヘタを切り落として縦半分に切り、タネとワタを除いて 5㎜幅ほどに切ります。 豚バラ肉は3〜4cm幅に切り、 塩とこしょう少々(各分量外)をふっておきます(好みで風味の強い粗びき黒こしょうを使っても!)。 フライパンに炒め用の油(小さじ1)を入れて中火にかけます。 熱くなれば豆腐を入れ、 豆腐の両面に軽く焼き色がつくまで焼いて、一度バットなどに取り出します。 フライパンはそのまま、ごま油小さじ1を追加します。 下ごしらえしたゴーヤからは水分が出てきているので、その水分は捨て、 特に洗ったりせず、ゴーヤをそのまま入れて炒めます。 (火加減は弱めの中火ほどで)ゴーヤに透明感が出で軽く火が通るまで炒めます。 後からも加熱するので、8割ほど火を通すくらいの気持ちで。 軽く火が通ったゴーヤも一旦取り出します。 豚肉の色が全体的に変わってくれば、豆腐とゴーヤを戻し入れます。 この時、 取り出しておいた豆腐から出た水気は入れないようにします。 火加減は中火で、全体をさっと炒め合わせ、 塩ひとつまみとこしょう少々(各分量外)で下味をつけます。 次に、溶き卵1個分を全体に流し入れます。 卵を入れた後は、10秒ほど待ってからフライパンをふります。 少し待つのがポイントです。 卵が細かくなりすぎず、肉やゴーヤなどの具材に卵がしっかりと絡んで固まってくれます。 最後に 仕上げの調味料(醤油小さじ2)をフライパンの淵からまわしかけ、さっと炒め合わせれば完成です。

次の