カルドセプト 3ds。 カルドセプト3DS デュナン村LV6~10をクリア

カルドセプト3DS デュナン村LV6~10をクリア

カルドセプト 3ds

追加メニュー• ブック投稿• 基本情報• カードリスト• クリーチャー• アイテム• スペル• データベース• 攻略情報• オンラインプレイ• その他• 外部リンク• 部分編集• 新規作成• その他•

次の

【紹介と評価】カルドセプト(3DS)

カルドセプト 3ds

あの名作の発売から、5年、10年、20年……。 そんな名作への感謝を込めた電撃オンライン独自のお祝い企画として、を展開中です。 第64回でお祝いするのは、1997年10月30日にセガサターン用ソフトとして大宮ソフトが開発し、セガ(現セガゲームス)から発売された『カルドセプト』です。 昨年3DSで『カルドセプト リボルト』が発売されるなど、今なおシリーズが続いている『カルドセプト』の魅力を、シリーズの変遷を振り返りながら梅津爆発(セプター名・マスター)が語っていきます。 基本的なルールは、毎ターンカードを1枚引いてからダイスを振ってマップを周回し、止まったマスが空いていたらクリーチャーを召喚すれば自分の領地に。 既に別の人の領地だったら、クリーチャーを召喚するとバトル開始。 侵略側が勝つと相手の領地を奪い、防御側が勝つと通行料の支払いが発生。 これを繰り返して総資産を目標金額まで増やし、スタート地点の城に戻れば優勝となります。 特筆すべきは行動の選択肢が非常に多い点。 「デコイにグレムリンアムルを使わせたら無敵か!」「ミミックの見た目がセガサターンだ!」みたいな。 『カルドセプト』を持っている友だちがいなかったので、主に遊ぶのは1人プレイで、たまに友だちと初期ブック対戦するというものでしたが、ゼネスやオライリーなど対戦キャラクターに応じて違うブックで戦ったり、カードコンプリートを目指したりと遊び倒しましたね。 古代祐三さんが手掛けた素晴らしいBGMが、普段の生活中でも自然と鼻歌で出るくらいに。 『カルドセプト エキスパンション』(1999年5月1日発売) セガサターンで発売された『カルドセプト』のプレイステーション移植版。 発売元はメディアファクトリーに変更されました。 移植なのですが、変更点が結構ありました。 画廊モードが追加され、対戦結果画面などで背景に表示される世界観イラストを見返すこともできるようになりました。 特に、セガサターン版ではカードイラストを手掛けていなかった、メインビジュアル担当の加藤直之さんによる世界観イラストをじっくり眺められるようになったのはうれしかったです。 なお、好きな絵は捕獲作戦。 自分のブックをメモリーカードに入れて持ち運べるようになり、対戦しやすくなったのも大きかったですね。 まあサターン版もパワーメモリーを使えば持ち運びはできましたが……。 他にも追加シナリオやオリジナルマップを収録したCD-ROM付きマガジン『セプターズギルド』が出版されたり、1年半後の2000年11月30日には対戦用の20マップを追加した決定版『カルドセプト エキスパンション・プラス』が発売されたりと、『カルドセプト』シリーズが飛躍するきっかけになったタイトルな気がします。 なお、『カルドセプト エキスパンション・プラス』はPS Storeでゲームアーカイブス版が配信中です。 ちなみに自分は、まだ学生だったので移植版をすぐに買うほどお金に余裕がなく、発売されてかなり時間が経ってから購入しました。 前述したのはその時の思い出です。 【主な新カード】 ・ボージェス(無属性を応援してくれる先生) ・ベヒーモス(強いけど遅くてコストも高いクジラさん) ・ライフフォース(城到達までスペル使用不可の代わりにクリーチャーコスト半減) ・リバイバル(対象セプターのブックを初期状態に戻す) 『カルドセプト セカンド』(2001年7月12日発売) ドリームキャストでついに登場した完全新作の『カルドセプト セカンド』。 発売元は引き続きメディアファクトリー。 大学生になっていた自分は発売日に即購入し、450種類以上のカードをコンプリートすべくライバーンやレオを毎日倒してました。 シリーズ初の通信機能にも対応していたので、23時以降のテレホタイムにはオンライン対戦やロビーでのチャットを楽しんでましたね。 同盟戦の追加や種族の廃止、領地能力を持つなど、さまざまなルール変更や新能力がありました。 個人的に最も印象に残っているのは、配置するだけでゲーム全体に影響を与えるアイドル系クリーチャー(歌って踊ったりはしない)の登場。 レア度が高いカードほど使用魔力が増えるアイボリーアイドルを入れて自分はレア度Nメインで戦ったり、既に配置されているクリーチャーが召喚できなくなるマーブルアイドルを入れてほかの人が使わないようなクリーチャーを多めに入れたり。 その後も何度か店舗予選に参加し、何とか第3回公式全国大会の本選に出場できました! ……結果は残念ながら1回戦敗退。 オンライン対戦や店舗予選に参加したことでセプター仲間が増え、オフラインでの対戦会にもちょくちょく参加することになりました。 当時知り合った何人かとは、いまだに交流があります。 【主な新カード】 ・ゴールドトーテム(領地能力で自壊と引き換えに魔力をくれる像) ・チョンチョン(防御側の地形効果を消す呪いをかけるが、そんなことより大きな耳と顔がインパクト大) ・デス(確率で相手を即死させる巻物。 しかし、ただの移植ではなく、新カード追加や既存カードのバランス調整、メダルを集める新要素の実装など、さまざまな変更がありました。 個人的に印象に残ってるのはリンカネーションの効果変更。 上級者のほとんどがリンカネーションを採用していた状況が打破されました。 これにより、ゲームバランスが大きく変わった印象です。 新カードではコロッサスが印象的でしたね。 アイテムが一切使えなくてコストも高い代わりに、ST70、HP70という脳筋クリーチャーで、よく場が荒らされていました。 ほかにも戦闘中のすべての効果や能力が発揮されなくなるシーボンズや、全セプターのダイス目が1になるグラビティも印象に残ってます。 やはり、自分が妨害されたときや、失敗した時のことはよく覚えてますね(笑)。 オンライン対戦は残念ながら未対応でしたが、2003年3月末までは『セカンド』のオンラインサービスが続いていたので、そちらと並行して遊んでいました。 【主な新カード】 ・ダンシングドール(領地能力ですべての護符価値を下げる人形。 護符嫌いな人のおともだち) ・ホーリーラマ(領地能力で対象セプターの次のダイスを6に。 中途半端に見えてかなりできるラマさん) ・ティアリングハロー(破壊・奪取されない巻物。 これ1枚で頑固なグレムリンやデコイがみるみる落ちる) ・テレグノーシス(使用ターンはすべての領地に対して領地コマンドを使用できる。 地味ながらいい仕事をする1枚) 『カルドセプト サーガ』(2006年11月22日発売) Xbox 360で発売された完全新作で、発売元はバンダイナムコゲームス(現バンダイナムコエンターテインメント)。 本作に限り、大宮ソフトが担当したのはゲームデザインのみのためか、マップ上のドット絵が3Dモデルになるなど他のシリーズとは異なる雰囲気になっています。 自分は『サーガ』が出ることを知って、Xbox 360を買いました! モーフィング土地(最初に配置したクリーチャーと同じ属性になる土地)や即時能力(クリーチャーを土地に配置した直後に領地コマンドが使用可能)、復唱(復唱スペルを使った直後に別のスペルが使用可能)など、テンポアップが意識された新要素が多かったように思います。 【主な新カード】 ・ソードプリンセス(かわいい) ・テング(敵セプターが持つ離れた風地形へ移動侵略可能。 しかも先制&巻物強打の暴れん坊天狗) ・トレード(使用者の領地と、敵セプターの同レベル領地の所有者を交換。 拒否はできない地上げスペル) ・トレスパス(2ラウンドの間、他のセプターが周回ボーナスを得たら同額をもらえる。 タイミング次第でラクして稼げる最強クラスのスペル) 『カルドセプトDS』(2008年10月16日発売) 『カルドセプト エキスパンション』をベースに、新しく生まれ変わった10周年記念作品で、発売元はセガ。 初の携帯機作品ということで、社会人になって忙しくなった自分も電車移動の合間によく遊んでいました。 プレイして一番最初に驚いたのは、ストーリーモードに登場するキャラクターたちが全員、かわいらしいデザインに変更されていたことですね(笑)。 約6年ぶりに公式全国大会が開催されたのもうれしかったです。 自分は予選すら突破できませんでしたが、セプター仲間と一緒に本選大会を見に行って、そこで真剣勝負の楽しさを再確認しました。 【主な新カード】 ・パイロマンサー(火球で戦い、ダメージを受けると体が縮むという、どこかで聞いた設定のクリーチャー) ・トライバルメイル(同じ種族のクリーチャーが多く配置されているほど強化されるアイテム。 DS版にしか存在しないレアな一品) ・ターンオーバー(ST30以下のクリーチャーはSTが上がり、ST50以上のクリーチャーはSTが下がるスペル。 使われると、マップ全体が概ね修羅の国に) ・ディスコード(もっとも多く配置されているクリーチャー1種類全てがゴブリンに変わる凶悪スペル。 同じクリーチャーばかり使ったらアカン!) 『カルドセプト』(2012年6月28日発売) 『カルドセプト セカンド エキスパンション』をベースに、大幅なリニューアルが行われた3DS版。 発売元は任天堂。 オススメの行動を教えてくれたり、カードの特徴を解説してくれたりなど、初心者向けの機能が充実して間口が広くなりました。 ストーリーモードクリア後は、COMキャラクターがハンデで大幅に強化されるレベルアップステージに挑戦可能。 1人プレイだけでも飽きずに長く遊べました。 そうそう、『カルドセプトDS』とは別の意味で、カルドラ様を含めた女性陣が軒並みかわいくなっているのも見逃せないポイントです! ミュリンがお気に入りですね。 ちなみに第6回公式全国大会の決勝戦はニコニコ生放送で配信され、3万人以上が視聴する大盛り上がりな決勝戦となりました。 【主な新カード】 ・シェイドフォーク(相手と同じ属性が多いほどST上昇。 ダメージを無効化されても新能力の雪辱が発動して魔力を奪えるので、使い勝手がいい) ・ヨーウィ(配置した領地の通行料が、半額から2. 5倍の間でランダムに決まるというバクチクリーチャー。 スペクターとセットで使いたい) ・マジックブースト(使用ターンは通常の半額で土地レベルアップできる。 これを使ったのにダイスが悪くてレベルアップできなかった時の悲しさよ……) ・カウンターシールド(初代からあったカウンターアムルがなくなってシールドに。 道具から防具になって、使えるクリーチャーが減りました) 『カルドセプト リボルト』(2016年7月7日発売) 『サーガ』以来10年ぶりとなる完全新作が、前作に引き続き3DSで発売されました。 発売元は任天堂。 完全新作だけあって新要素は盛りだくさん! 特筆すべきは、よりスピーディーな展開を実現するため大幅に変更された基本ルールでしょう。 実際に遊ぶと、想像以上に展開がスピーディーになっていましたね。 特に思考時間がないCOM戦では、1戦が非常に早く終わるようになっていました。 個人的に素晴らしいと思ったのは、対戦相手の手札がいつでも確認できるようになったことですね。 もう若くないので、自分以外の3人分の手札なんて覚えられないですから! ブリードパーツを組み合わせて自分だけのカードを作れるブリードカードや、西村キヌさんがデザインしたキャラクターが大勢登場する膨大なクエストモードなど、基本ルールの変更以外にも見どころはたくさんありました。 今なら、製品版にデータを引き継げる『カルドセプト リボルト スタートダッシュVer. 』が無料で試せるので、『リボルト』をやったことがない方はぜひ一度試してみてください。 【主な新カード】 ・アングリーモブ(Aボタンの連打でSTが上昇するという、今までになかった能力で注目を集める。 飛んだあとは進行方向を選べるのでとても便利) ・ナパームアロー(STとHPが上がる武器で、さらに戦闘相手のHPを減らせなかった場合、戦闘相手のMHP-40。 無効化能力への対抗手段) 上記以外にも、かねこしんやさんが手掛けるコミック版や、冲方丁さんが手掛けた小説版『カルドセプト創伝 ストーム・ブリング・ワールド』、携帯電話アプリとして配信された『カルドセプト モバイル アナザーチャプター』など、メインのゲーム以外にも20年の間にいろいろな展開がありました。 『リボルト』の英語版が10月に発売されてますます広がっていく『カルドセプト』の世界を、1人のファンとしてこれからも追い続けていきます! ちなみに『カルドセプト』を手掛けた大宮ソフト初のスマホアプリも配信中です。 カードを集めて1対1で戦う戦略カードバトルゲームなので、気になった方はこちらもプレイしてみてはいかがでしょうか? C Omiya Soft all rights reserved. C 1997 Omiya Soft C 1997,1999 Omiya Soft C 2001 Omiya Soft Supported by Marigul C 2001 2002 Omiya Soft C 2006 OmiyaSoft JAMSWORKS C 2006 NBGI C 1997-2008 Omiya Soft C 1997-2012 Omiya Soft. C 2012 Nintendo C 1997-2016 Omiya Soft. C 2016 Nintendo カルドセプト、Culdceptは有限会社大宮ソフトの登録商標です。 C omiyasoft• データ.

次の

PROPHECY : カルドセプト (ニンテンドー3DS版) カードリスト

カルドセプト 3ds

2016年7月7日 追記 新作「リボルト」ではいろいろ変わっています。 この講座は鵜呑みにしないでください。 新作「リボルト」は7月7日発売予定です。 濃密なダイレクトでした。 リボルトスタートダッシュの攻略情報はこちら。 版の発売から3年以上が経ちますが、新参者らしき人をまだまだランダムマッチで見かけます。 参入者が増えるのはとても喜ばしいです。 右に出るものがほぼいないであろう、大変に完成されたゲームですからね、多くの人に触れてほしいと願っています。 さて、 「ネット対戦で勝てない! 分かんない!」という人も結構いるんじゃないでしょうか。 ブック構築の段階で悩んでいる初心者も少なくないでしょう。 というか、まだ不慣れなんだなと判断する根拠は概ねブック構成です。 対戦するからには勝ちたい、少なくとも一方的にやられてばかりじゃつまんない。 せめて「負けたけど接戦だった、いい勝負だった!」こう思える試合がしたい。 もちろん激戦を制したときの喜びは代えがたい。 圧勝で強さを実感するのもまた清々しい。 というわけで、初心者向けのブック構築講座をやってみようかなと思います。 まず認識すべきはこれ。 「は自分が儲けてゴールするゲームであり、強いクリーチャーやアイテムやスペルで敵をやっつけるゲームではない」 ストーリーモードで戦闘を繰り返し、土地を奪い、そして力自慢のクリーチャーや効果の大きいスペルを手にするにつれ、大型クリーチャーによる拠点での攻防に意識が向かいやすくなります。 レベル5の土地を奪って大逆転……素晴らしく気持ちが良いですよね。 ですがそういった 「効果の大きい」カードは基本的に コストが高い。 そしてカードを使えば使うほどに手持ち魔力が減っていく……そう、 大物だらけだとなかなか儲からないんですよ。 ブック構築する際には、 総魔力を増やすにはどうすればいいか? に注意したいところです。 それではどんなカードを入れれば儲けやすく、そして勝てるのか。 カード配分は初期ブックが「そこそこ」参考になる ゲーム開始時にもらえる初期ブックのカード種別配分はどれも一定で、クリーチャー27枚、アイテム9枚、スペル14枚です。 この内訳、 「そこそこ」参考になります。 やっぱり魔力を増やすにはクリーチャーを置いてなんぼですよ。 クリーチャーを配置して土地を取り、同じ属性で揃えて連鎖を稼ぎ、手持ち魔力を注いでレベルを上げ、そのまま守り切ってゴールする。 このゲームの基礎中の基礎です。 とは言え27枚というのはさすがに多い、安い防御型は試合後半には活躍しにくい。 また標準的なブックであればアイテムは9枚もいりません。 戦闘時にしか使えないアイテムは腐りやすいカードです。 それぞれ2~4枚減らしてスペルカードを加えましょう。 クリーチャー23~25枚、アイテム5~6枚、スペル20~22枚で組んだブックが、初心者のうちは使いやすいと思います。 これからしていくのはだいたいこんな話 じゃあどんなカードをどのくらい入れればいいのか。 カード区分ごとに解説していく予定ですが、ざっくり説明すると以下のとおり。 クリーチャー 安くて守れるやつで色を揃えよう• クリーチャーは安い割に守れるものを多めに。 侵略向けカードはアイテム無しで成功できるシェイドフォークやコロッサスなどを6枚程度入れればよい。 70G以上の中~大型のクリーチャーは8枚から10枚が目安。 が高い防御型、ランダム要素持ち、援護、無効化、遺産。 これらを有するコスト50G以下のクリーチャーがバラ撒きに適している。 領地コスト持ちを入れ過ぎると手札事故を起こしやすい。 多くても5枚。 できれば4枚以下。 配置制限やアイテム制限の多いクリーチャーは基本的に扱いにくい。 シーやデコイなど、そのデメリットを超越するメリットの持ち主はよいが、そうでなければ別のクリーチャーを採用したほうが無難である。 低消費で連鎖を確保するためにも 属性はひとつに絞ること。 ただし無属性を始めとして便利屋を出張させるのはあり。 相手を倒さずとも儲けて逃げ切れば勝てるゲームである。 戦闘でも相手の手札を見てから選択できる防衛側が有利。 これらにより、 守りがウリの水属性や地属性が初心者向けである。 アイテム 少数精鋭で防衛重視• アイテムは防衛用のものを優先しよう。 侵略するだけの武器と巻物は使用機会が少ないために役に立ちにくい、ていうか弱い。 生き残れなければほぼ無意味、生き残ればギリギリでもどうにかなる。 高くても効果の大きいカードを選択すべし。 攻防両用のアイテムは非常に優秀。 パワーブレ、ファルコンソード、アムルなど。 アイテム制限には注意しよう。 そのアイテムを使用できないクリーチャーが1体もいない構築が理想である。 リフォーム一発で壊滅しないために種類は分散させよう。 無効化、HP増加、先制など各種揃えたい。 スペル 自分が得することを考えるべし• 移動スペルは極めて重要。 ワード8はとりあえず4枚入れてしまって構わない。 他にはヘイスト、フライ、リコールなども多く入れておこう。 転送円のあるマップならテレポートもよいだろう。 ドレインマジックはというゲームのバランスの支配者である。 迷ったら2枚か3枚投入してよい。 というか4積みもあり。 イビルブラストやメテオといった妨害スペルは第三者の得になりやすく、自分の利益に繋げにくい。 基本的には「弱いカード」と認識しよう。 「とりあえず」で入れるくらいなら移動スペルを増やすべき。 ただしウィークネスやディジーズのような、1ドロー付きのカードは小回りが効きやすい。 敵のピースやリフレクションを剥がすために使ってしまえる。 シャッターやブラックスミス、スクイーズといった 手札破壊スペルは自分の不利益を減らすためのカードとして用いたい。 ただし、コストが安く敵の利益を生みにくいシャッターは適当に1枚いれても構わない。 ドロースペルは40ラウンドでブックを1周させることを目安に投入しよう。 手札の補充や入れ替えのためには必要だが、これらの使用にも魔力を消費する。 「カードを引くカード」を使ったら「カードを引くカード」ばっかりきた、なんて事態は避けたい。 タリティやドラウトなどは1ドローとその他の行動が同時にできるのでオススメ。 特にタリティは防衛アイテムの代わりにもなる。 リバルは今更引いても仕方のないカードを引きやすくするカードである。 明確なキーカードがない限りはブックに入れなくてよい。 ピースは総魔力の奪取を阻害する超強力なカード。 敵の高額拠点にかけてよし、自分の連鎖の維持に用いてよし。 毒やマヒも上書きできる。 アップヒーバルなどの地変スペルは必須ではない。 収入を増やして300Gでの属性変化させるのも手である。 便利で有用なカードは「いつ使っても自分の利益に直結するカード」である。 おおまかに言えば 「手札をいかにして総魔力に変換するか?」が大切なゲームです。 敵の損益より自分の利得を考えましょう。 妨害なんて他の誰かにやらせりゃいいんです。 攻撃するにしてもレベル5の拠点を無理に落とす必要はありません。 レベル1の敵を落として5連鎖を4連鎖にすればガクッと総魔力は減らせます。 次回はクリーチャーの解説です。 安いカードの方がむしろ大事ですよ。 アイテム編はこちら スペル編です.

次の