携帯 解約月。 ドコモ、契約満了当月にも「解約金なし」で解約可能に 2019年3月から

ドコモの違約金の金額は?解約月の調べ方から対策まで紹介!

携帯 解約月

契約解除料は9500円に設定されていますが、auに加入して11年以降かつ「2年契約(誰でも割)」と「家族割」をセットで利用している場合は契約解除料が3000円になります。 Image: 加入日から翌月までを1カ月目として、25カ月目・26カ月目の2カ月間が契約更新期間です。 たとえば、2018年1月に契約した場合には2020年1月までは契約解除料が発生し、2020年2月~3月の無料の契約更新期間を経て、2020年4月から再び契約解除料が発生することになります。 そのため解約を考えるにあたっては、あらかじめ2か月の更新期間をチェックしておくことが重要になるのです。 2019年3月より、契約更新期間がこれまでの2カ月から3カ月に拡大されることが発表されました。 auで2年契約の更新月を調べる方法 更新月は電話での問い合わせ、または各種契約内容などを確認できるMy au(サポートサイト)から確認できます。 電話で調べる場合 以下の番号から無料で問い合わせができます。 手元に、電話番号と契約時に登録した4桁の暗証番号を用意しておきましょう。 auの携帯電話から:157• その他の電話から:0077-7-111• 上記番号が利用できない場合:0120-977-033 My auで調べる場合 電話では、混雑時になかなかサポートに繋がらないことも少なくないようです。 そのため、サポートサイトのMy auから確認するのが便利です。 「」にアクセスし、au IDとパスワードでログインをします(ちなみに自身でau IDを登録・設定していなければ、初期値は利用中のau携帯電話番号です)。 ログイン後、[スマートフォン携帯電話]のメニューをタップし、[ご契約内容手続き]タブを選択します。 [ご契約情報]をタップすると、料金割引サービスの欄に表示された「誰でも割」の下に、更新月が記載されています。 上掲画像の例では、2019年11月1日から12月末日までが契約更新期間にあたります。

次の

ドコモの解約・乗り換えでベストタイミングは?月末か月初か日割り?

携帯 解約月

2年縛りの契約更新月とは? 解約時の話に移る前に、まずは簡単に2年縛りについておさらいしておきましょう。 よく言われる2年縛りとは、 2年契約を前提に携帯端末代を毎月割り引く事で実質的な負担を軽減するというもの。 この2年契約には契約更新月が設定され、この月内で手続をしないと自動更新されてしまいます。 しかも別の月で解約やMNPする場合は9,500円の違約金を払わないといけません。 ではこの更新月さえ抑えておけば大丈夫かと思ったら、細かく見ていくと 解約月の基本料金やパケット通信料の支払いは何日に解約するかで支払額が変わってくるんです。 では一体何日に手続きをするのが一番オトクなのか、解説していきます。 「日割り計算される料金」と「されない料金」がある? なぜ同じ月の中での解約でも支払額に差がでるのか、ポイントは 料金が日割り計算「されるか」「されないか」なんです。 というのも携帯の料金は「 基本料金」「 接続料」「 パケット通信料」に分けられ、それぞれ途中解約の場合に使った日数分だけ費用が発生する「 日割り計算」になるものと、利用日数に関係なく月額金額が請求されるものがあるんです。 これを整理したものが、こちらの表。 なんだかややこしそうですが、一言で言ってしまえば 「〜し放題」に関わる料金は使った日数に関係なくひと月分の費用が発生するということ。 なのでたった1日しか使っていなくても月額料金を丸々支払わなければならないということになるんです。 これはもったいない!ということで各キャリア毎に いつ解約するのがベストなのか、見ていきますよ〜。 docomo docomoの料金の締め日は月末。 よって日割り計算されない「パケット定額」プランは2年縛りの 更新月の前月の末日に解約するのがベストということになります。 そして、更新月の1日に解約・MNPすれば、発生する料金は基本料などの1日分の料金のみで済ませることが出来るという訳です。 ただし 注意したいのが「カケホーダイ」プラン。 こちら日割り計算にならないからと前月末に解約する訳には行かないので、末日にプラン変更でFOMAプランに変更しておきましょう。 Photo by によれば 同一日内で解約・即契約でプラン変更した場合には「カケホーダイ」の違約金は発生しないそうです。 au auは月末締めの為、基本的にはdocomoと同じタイミングでのプラン変更・解約がベストとなります。 ただ、auだけは特例があって、 更新月の1日に「パケット定額」を解約する場合にはその月の月額料金が発生しないんです。 よって月末に「パケット定額」プランを解約という手順を踏まず、翌月1日に解約・MNP手続きをすればOKという訳。 手続きってなかなか手間なので一回で済むっていうのはうれしいですよね。 SoftBank 最後はソフトバンクなんですが、厄介なのがdocomoやauと違ってこと。 まずは自分の締め日をにアクセスして、料金案内のご請求内訳から確認しましょう。 締め日が分かったらあとはdocomoやauと考え方は一緒。 締め日を起点と考えて手続きをすればOKです。 まとめ 以上、 2年縛りの更新月に一番支払いを少なく解約・MNPする方法いかがだったでしょうか? 解約やMNPは頻繁に行うことはないと思いますが、で他キャリアへ移ったり格安SIM に乗り換えようという方もいらっしゃると思います。 その時に損をしないようにぜひ本記事の内容を覚えておいてくださいね。 キャリアが予告なく規約を変更する場合もありますのでご注意下さい。

次の

ソフトバンクの解約に関して。先日更新月にソフトバンクを解...

携帯 解約月

ソフトバンクの解約に関して。 先日更新月にソフトバンクを解約したところ、違約金はかからなかったもののすべての割引が適用除外となり通常より1万円以上高い金額を請求されました。 紙の契約書は紛失しており、解約後はオンラインで契約書を確認できないので自分の契約書を確認できませんでしたが、「更新月に解約などされた場合、2年契約の割引は前請求月までの適用となり、当該請求月は割引が適用されません。 」とい条文が記載されていたそうです。 SBホームページから引用 契約時に違約金の話は聞いていましたが、最終月にすべての割引がなくなり請求額が跳ね上がるという説明は受けた記憶がありません。 また後日ショップでウルトラギガモンスターに家族割4人を適用すると5Gの料金で50G使えるという紹介があり、料金が一緒ならとプランを変更しました。 その際も最終月にすべての割引がなくなる説明を受けた記憶はありません。 契約書を見落としたのはこちらの落ち度かもしれませんが、最初から説明してもらえたらプランを5Gに戻したり減額措置を取れたのに、また解約月にもかかわらずペナルティ的に割引をすべて除外するのはどうなのかというモヤモヤが残りました・・・。 コールセンターに電話したらすべてのお客様に負担してもらっており、契約書にも記載がありますと取り付く島もありませんでした。 今回は勉強代と思って諦めるしかないのでしょうか。 今までこのような請求を他の会社からのMNPで受けた記憶がないのですが一般的なのでしょうか。 ダメー auやdocomoだって一流企業なのに、いくら日本では人種差別はないからって韓国人が一代であれほどの成功をおさめるには理由があります。 やっていることが悪行でも顕在化しないようにしていたり、うまく逃げているのです。 もちろん賄賂などを官僚に送っている等もありますが、やはり一番は日本の消費者を苦しめ搾取している、ということがありますね。 日本人と同じようにお天道様に顔向けできないことはしないという価値観は共有できません。 被害者と加害者という立場は1000年経っても変わらない訳ですから、諦めずに時間があるときは今回の質問者さんの被害を周知にする活動が次の被害者を無くすことになります。 ソフトバンクは法人税は一円も収めていませんので売り上げを下げることが消費税率を下げることになりいずれは今回搾取された金額も戻って来ます。 法人税は0ですね。 docomoやauは毎年2000億以上払っていますよ。 ソフトバンクの日本人社員はdocomoやauよりも平均年収で200万も安いです。 超高給だった徴用工の真逆です。 その浮いた金をどこに使っているかというと ここに使ってます。 完全に日本人差別ですね。 日本人の賃金が不当に安いとデフレになるし、本来日本に入るはずの法人税分2000億以上が韓国の発展のために送金される事実を作ると真面目な日本企業もバカバカしくなって社会倫理が崩壊します。 そもそもその金があれば大学生の奨学金も全て無料にできますし、日本の学生が学びたいと思えば全ての学費も無料にできます。 逆に日本で浮いたお金で不当に韓国への送金額が増えます。 彼らは「違法じゃない」「法律の範囲内」と言いますが、docomoやauはキチンと社会的責任を果たしているのです。 日本を支える国民もその事を理解して社会的責任を一切果たさない企業の製品は使わないという判断が必要と思います。 ソフトバンクは浮いた金をリベートに使っているのは周知ですが、他の企業とそこでも差がつきますので競争力で負けるdocomoやauは淘汰されます。 ソフトバンクが独占企業になると携帯業界1兆円を越す税収も0になってしまいます。 国民がやるべきことはレイシストをする企業の不買運動ですね。

次の