ハイエース タープ。 トヨタ ハイエース バン

ハイエースに約7千円でカーサイドタープを連結して簡単快適空間づくり♪

ハイエース タープ

出典: デイキャンプなどで数時間だけ使用する場合は、できるだけ設営が簡単にできるものをおすすめします。 複雑なものだと、タープを張ることが億劫になる原因になることもあります。 車体に専用の吸盤を取り付けるだけ、というタイプが多く販売されていますので、チェックしてみてください。 また、着替えに適した四方を囲うことができるタイプもあります。 長時間使用するならしっかり固定できるもの 車中泊をする場合など、長時間使用する際は地面にしっかり固定できるかを必ず確認してください。 さらに、雨や風をしっかり防げる構造のテントタイプがおすすめです。 使用人数に応じてゆったりとくつろげるものを選びましょう。 また、夜にテント内を照らすランタンフックがついていると便利です。 車のサイズに合ったものを選ぶ 車体に取り付けるカーサイドタープは、自分の車に適応するかを確認する必要があります。 カーサイドタープは、軽自動車用、ミニバン用、SUV用など車体に合わせて販売されています。 他にも、軽自動車からミニバンまで対応できる商品もありますので、チェックしてみてください。 重量や使いやすさもチェック カーサイドタープの重量は、約2. 5~5. 5kg程度と、商品によっても差があります。 どれもコンパクトにまとめて車に収納しやすい大きさで、持ち運びやすくなっています。 また、カーサイドタープは車に取り付けるのが基本ですが、テントとして自立できる商品も販売されています。 多用途に使いたいという方におすすめです。 耐水圧は確認しておきたいポイント 耐水圧とは、生地にしみ込む水の力を抑える数値のことです。 値が高いほど防水性が高いことを示し、カーサイドタープのほとんどの商品には、耐水圧の値が表示されています。 耐水圧が1,500mmあれば、大雨でない限り十分雨をしのぐことができます。 カーサイドタープのおすすめ8選.

次の

ハイエースに相性の良いカーサイドタープ5選 車に簡単設置で日差しや雨を防げる快適空間

ハイエース タープ

燃料消費率は、定められた試験条件のもとでの値です。 お客様の使用環境(気象、渋滞等)や運転方法(急発進、エアコン使用等)に応じて燃料消費率は異なります。 WLTCモードは、市街地、郊外、高速道路の各走行モードを平均的な使用時間配分で構成した国際的な走行モードです。 市街地モードは、信号や渋滞等の影響を受ける比較的低速な走行を想定し、郊外モードは、信号や渋滞等の影響をあまり受けない走行を想定、高速道路モードは、高速道路等での走行を想定しています。 * セーフティ・サポートカーS<ワイド>(サポートカーS<ワイド>)、セーフティ・サポートカー(サポカー)は、政府が交通事故防止対策の一環として普及啓発しているものです。 自動(被害軽減)ブレーキやペダル踏み間違い時加速抑制装置など安全運転を支援する装置を搭載し、高齢者を含むすべてのドライバーの安全をサポートします。 北海道地区、沖縄地区は価格が異なります。 オプション等の装着により、車両重量が1,880kg以上の場合は、12. スーパーGL 標準ルーフの場合。 自転車などを積載する際は、車両を固定し、走行中の安全に十分配慮して行ってください。 価格はメーカー希望小売価格<(消費税込み)'20年4月現在のもの>で参考価格です。 価格は販売店が独自に定めていますので、詳しくは各販売店におたずねください。 価格はスペアタイヤ(車両装着タイヤ)、タイヤ交換用工具付の価格です。 価格にはオプション価格は含まれていません。 保険料、税金(除く消費税)、登録料等の諸費用は別途申し受けます。 撮影した車両は、販売車両と一部仕様が異なる場合があります。

次の

ハイエース用バックドアテントを購入、使用後の感想

ハイエース タープ

こんにちは。 からあげです。 昨日からセミが鳴き始めた。 ここ最近暑くなったので少しフライングして出てきたようだ。 日が照ってソーラーシステムが発電してくれるのはいいが、車の中は暑くなるので対策を考えないといけない。 今のところ左右のドアのガラスを全開にしてリアゲートを少し開けているので、リアスペースは比較的過ごしやすいが、夏本番になったら北海道と言えども相当暑いだろうからUSB扇風機を導入するかもしれない。 約4ヶ月間、車中泊で北海道に滞在することになるので、出来るだけ快適に過ごしたい。 そこでジムニーにタープを取り付けて車外スペースをリビングとして有効活用することにした。 タープ取り付けは、余分な荷物を増やしたくはないので、持って行く登山用品の中から選ぶことにする。 タープ取付け方法を検討する。 出入口となる助手席ドアを開けた状態で張った。 ポールがしなるので、しっかりと張ることが出来ないのが難点。 ドアのR部分で擦れて生地が痛みそうだ。 ドアミラー付近に隙間が出来て雨天時に雨が入りそう。 パターン2 テントポールを使用して開放的となるように張ってみた。 耐風性が劣るので風のない日限定か。 ポールの代わりに立木に縛るといいかもしれない。 ただし木登りする必要がある。 フレームが長いので途中で折り曲げた。 自分で踏まないように気をつけなければならない。 ショックコードの痛みとポール内にゴミが入りそうなのが気になる。 パターン3 無難にサイドのドアを閉めた状態でタープを張ってみた。 ツエルトポールを2本使用して居住性と耐風性を向上させた。 これが一番トータルバランスが優れていそうだ。 これだとドアの開け閉めが出来ないので、運転席側に張ることになる。 ただし雨天時の場合、出入りする際に雨に濡れてしまう。 広さは十分だ。 日除けとしても十分効果を発揮する。 地面に直に銀マットを敷いて寛ぐのもいいかもしれない。 パターン4 アンダーシート1をタープ代わりとしてリヤ側に張ってみた。 幅が狭いので雨に濡れるおそれがあるが、一番簡単に張ることが出来る。 この場合も出入りの際に雨に濡れる。 必要最低限のスペースを確保する。 テントの下に敷くアンダーシートなので、引っ張りすぎると痛む恐れがある。 まとめ 今回4パターンを試してみたが、パターン3が居住性が高く、それなりに耐風性もあり、展張も簡単なように思える。 張り綱は立木に縛るのがベストだろうが、パネルの日当たりが悪くなる。 現地の状況で使い分けることになるだろう。 燃料代の節約でガソリンストーブをメインで煮炊きする。 ガソリンストーブはプレヒートや煤を考慮して屋外での使用となる。 雨天時やヒグマがいそうな時は車内でカセットボンベ仕様のガスストーブを使用することも考える。 あまりきちんと計画を立てると対応力が落ちるし旅の面白みが減ってしまうので、いつもどおりざっとした感じで現地に乗り込むとする。 まあこんな感じでなんとかなると思う。 なんとかならなければ、なんとかするだけ。 問題なし! オフィスからあげ 山小屋バージョン 車中泊時は車内に荷物が満載でこんなにゆとりはない。 広々とした車内で作業も捗りまくりだ。 よし更新終わり。 走りに行こうか。 おわり.

次の