ご 連絡 お待ち し て おり ます。 「お待ちしております」をより丁寧な敬語で伝える時の言い方

目上の人に「返信を待っている」ってどう言えばいいの?

ご 連絡 お待ち し て おり ます

クライアントからの電話やメール、お客さまの来店など、ビジネスでは何かを「待つ」というシーンが多くあります。 では、相手に「待っている」という気持ちを伝える時、あなたはなんて言いますか? 本稿では、「待っている」の敬語表現についてご紹介します。 それぞれどのような敬語なのか、詳しく見ていきましょう。 「お待ちしています」 「お待ちしています」という言葉は、「待っている」の「待つ」に、丁寧さを表す接頭語「お」を付け、「いる」に「ですます調」の「ます」を加えた丁寧語です。 「お待ちしております」 「います」の謙譲語が「おります」であることから、「お待ちしております」は謙譲語になります。 「お待ち申し上げております」 「お待ち申し上げております」は、「お待ちしております」と同様の謙譲語です。 「お待ちしております」と違う点は「申し上げる」という部分になりますが、「申し上げる」は「言う」の謙譲語です。 さらに、「います」の謙譲語「おります」が付いていますので、「お待ち申し上げております」という言葉は、とても丁寧で敬意の強い謙譲語と言えるでしょう。 「お待ちしています」は丁寧語ですから、基本的には誰に対しても使える言葉ですが、とりわけビジネスシーンでは、上司やお客さまといった目上の人を立てる必要があります。 そのため、目上の人に対しては、謙譲語である「お待ちしております」や「お待ち申し上げておりまのす」を用いた方が適切です。 ただし、「お待ちしております」よりも「お待ち申し上げております」の方がより敬意の強い謙譲語だということを覚えておきましょう。 最も丁寧で敬意の強い謙譲語「お待ち申し上げております」ですが、実は、二重敬語 ひとつの文章に複数の敬語 であるため、敬語としては誤りであるという見解もあります。 そもそも二重敬語が駄目だとされている理由は、丁寧に話そうとするあまり無理に敬語を重ね、相手に違和感を与えてしまうことが結果的に失礼にあたるからです。 例えば、「少しお待ちいただけますか」で十分なところ、「少しお待ちしていただけますか」と言ってしまうなど、敬語に不慣れな若者に多く見られる誤りです。 相手に敬意を示そうという気持ちは理解できますが、相手にスムーズに伝わらないようでは、敬語以前に言葉として不適切です。 その点、「お待ち申し上げております」は二重敬語とはいえ、不適切という程の違和感はありません。 他にも、「お慕い申し上げております」なんて言葉もありますが、こういった表現は、すでに多くのシーンで使われており、敬語として認められていると言えます。 ただ、二重敬語は皇族に対して使われるなど、とても堅苦しい表現になりますので、自分から見て非常に上の立場にある人に対してや、重要な文章にだけ使う程度に留めておいた方がいいかもしれません。 自分がお客さまの立場だとしたら、面と向かって「またのご来店を心よりお待ち申し上げております」と言われたら、敷居を高くされた感じがして、お店に近づき難い印象を受けてしまいます。 そんな時は、「またのご来店を心よりお待ちしております」くらいの方がいいのではないでしょうか。 敬語というものは、言葉が足りなければ不十分とされ、多ければ多いで失礼とされてしまう少々厄介な表現です。 しかしながら、そんな敬語を正しく使い分けることができてこそ"常識ある大人"と言えるのではないでしょうか。 大人として、社会人のマナーとして、正しい敬語をしっかりと身につけておきたいものですね。

次の

ご返事お待ちしておりますって英語でなんて言うの?

ご 連絡 お待ち し て おり ます

akikoさん ご質問どうもありがとうございます。 様々な表現があると思いますが、いくつか自然な表現を紹介します。 - We look forward to hearing from you. - We look forward to your reply. - We hope to hear from you soon. - Please respond at your earliest convenience. ・1番目~3番目は「お返事お待ちしてます。 」の決まり文句となります。 ・4番目は「早めにお返事くださいませ」というニュアンスになります。 必要に応じて、We(われわれ)の代わりに、I(私)と入れ替えてもよいです。 お好みに合わせて使い分けてみてください。 ご参考にしていただければ幸いです。 「ご連絡お待ちしております」は英語の定形文は「I look forward to hearing from you」となります。 会社などを代表してメールを書いている場合、「I」を「We」に変えても大丈夫です。 もう一つの言い方は「Thank you in advance for your response」。 これを直訳しますと「前もって、お返事のお礼を申し上げます」という意味になります。 つまり、返事を期待しています。 両方の言い方はとても丁寧で、ビジネスメールでよく使われています。 友達などにもっとカジュアルの言い方は「Look forward to hearing back for you」あるいは「Awaiting your reply」です。 「ご連絡お待ちしてます」はいくつか言い方があります。 「look forward to」は「楽しみに待つ」という意味で、「お待ちしてます」のニュアンスに近いと思います。 「look forward to」の「to」は前置詞なので、この後には名詞が続きます。 動詞を続ける場合には「動名詞」にします。 【例】 We look forward to hearing from you. ご質問ありがとうございました。

次の

ご連絡お待ちしておりますって英語でなんて言うの?

ご 連絡 お待ち し て おり ます

クライアントからの電話やメール、お客さまの来店など、ビジネスでは何かを「待つ」というシーンが多くあります。 では、相手に「待っている」という気持ちを伝える時、あなたはなんて言いますか? 本稿では、「待っている」の敬語表現についてご紹介します。 それぞれどのような敬語なのか、詳しく見ていきましょう。 「お待ちしています」 「お待ちしています」という言葉は、「待っている」の「待つ」に、丁寧さを表す接頭語「お」を付け、「いる」に「ですます調」の「ます」を加えた丁寧語です。 「お待ちしております」 「います」の謙譲語が「おります」であることから、「お待ちしております」は謙譲語になります。 「お待ち申し上げております」 「お待ち申し上げております」は、「お待ちしております」と同様の謙譲語です。 「お待ちしております」と違う点は「申し上げる」という部分になりますが、「申し上げる」は「言う」の謙譲語です。 さらに、「います」の謙譲語「おります」が付いていますので、「お待ち申し上げております」という言葉は、とても丁寧で敬意の強い謙譲語と言えるでしょう。 「お待ちしています」は丁寧語ですから、基本的には誰に対しても使える言葉ですが、とりわけビジネスシーンでは、上司やお客さまといった目上の人を立てる必要があります。 そのため、目上の人に対しては、謙譲語である「お待ちしております」や「お待ち申し上げておりまのす」を用いた方が適切です。 ただし、「お待ちしております」よりも「お待ち申し上げております」の方がより敬意の強い謙譲語だということを覚えておきましょう。 最も丁寧で敬意の強い謙譲語「お待ち申し上げております」ですが、実は、二重敬語 ひとつの文章に複数の敬語 であるため、敬語としては誤りであるという見解もあります。 そもそも二重敬語が駄目だとされている理由は、丁寧に話そうとするあまり無理に敬語を重ね、相手に違和感を与えてしまうことが結果的に失礼にあたるからです。 例えば、「少しお待ちいただけますか」で十分なところ、「少しお待ちしていただけますか」と言ってしまうなど、敬語に不慣れな若者に多く見られる誤りです。 相手に敬意を示そうという気持ちは理解できますが、相手にスムーズに伝わらないようでは、敬語以前に言葉として不適切です。 その点、「お待ち申し上げております」は二重敬語とはいえ、不適切という程の違和感はありません。 他にも、「お慕い申し上げております」なんて言葉もありますが、こういった表現は、すでに多くのシーンで使われており、敬語として認められていると言えます。 ただ、二重敬語は皇族に対して使われるなど、とても堅苦しい表現になりますので、自分から見て非常に上の立場にある人に対してや、重要な文章にだけ使う程度に留めておいた方がいいかもしれません。 自分がお客さまの立場だとしたら、面と向かって「またのご来店を心よりお待ち申し上げております」と言われたら、敷居を高くされた感じがして、お店に近づき難い印象を受けてしまいます。 そんな時は、「またのご来店を心よりお待ちしております」くらいの方がいいのではないでしょうか。 敬語というものは、言葉が足りなければ不十分とされ、多ければ多いで失礼とされてしまう少々厄介な表現です。 しかしながら、そんな敬語を正しく使い分けることができてこそ"常識ある大人"と言えるのではないでしょうか。 大人として、社会人のマナーとして、正しい敬語をしっかりと身につけておきたいものですね。

次の