仙台 ガールズ プロレス リング。 【農姫米store】センダイガールズプロレスリング×ティーナ・カリーナ

信州ガールズプロレスリング

仙台 ガールズ プロレス リング

この記事には 複数の問題があります。 やでの議論にご協力ください。 がまったく示されていないか不十分です。 内容に関するが必要です。 ( 2017年7月)• を満たしていないおそれがあります。 ( 2017年7月) 信州ガールズプロレスリング(しんしゅうガールズプロレスリング)は、を中心に活動している。 運営は、 事業部。 キャッチフレーズは「だけじゃつまらない! 概要 、がで信州プロレスリング女子部「SLWF」の旗揚げしたが所属選手の(現:矢部彩女)がの興行を観戦して「もっとプロレスに深く本気で関わりたい」との希望から信州ガールズプロレスリングの設立に動いた。 、を退団した(現:矢部彩女)が設立。 、信州プロレスアリーナで、お披露目イベントが行われた。 、で旗揚げ戦を開催。 、信州プロレスアリーナ駐車場特設リングで信州プロレスリングと共同開催した「ビアガーデンプロレス」を最後に事実上の活動休止状態になる。 、サントミューゼ大ホール大会を開催して活動再開。 所属選手• LINDA• アクトレスSARIA• ホクト鬼嫁あきこ• ほのか• 山﨑 過去の所属選手•

次の

DASH・チサコ

仙台 ガールズ プロレス リング

所属 [ ]• (2014年 - 2019年)• フリーランス(2019年)• (2019年 - 2020年)• フリーランス(2020年 - ) 経歴・戦歴 [ ]• 短大在学中、プロレス研究会にてを捩ったトマホークM. Mのリングネームで活動。 7月、センダイガールズ入門。 同団体の練習生は4年ぶりだった。 きっかけは担当者から代表への電話。 9月15日、大阪大会で公開プロテストを受けて合格。 里村は「(当日参戦した)・(いずれも)のライバルに育てる」と宣言。 11月24日、博多スターレーンにて戦でデビュー、逆エビ固めで敗れる。 3月11日、大会でを相手にシングルを行い逆エビ固めでプロ初勝利。 7月31日、主催の興行YOUNG OH! に参戦。 これが初他団体への参戦となる。 命名の経緯は、2015年9月放映の『』(ほか)・「乙女限定・お悩み相談しナイト」の回でと、仙台で活動中の占い師・白鳳占子さんに「ヒールになりたい」旨を相談して魔王の妃を意味する「カサンドラ」の名前を命名された。 さらに一人称が某(それがし)に変わった。 10月11日、宮城倫子ラストネーム戦 シングルマッチを長浜浩江と行い引き分けに終わる。 同デビュー戦はインタビューも含めてサンドのぼんやり〜ぬTVでも一部放映された。 10月16日、デビューシングル「不不不、、、」を発売。 同曲の歌詞の一部をサンドのぼんやり〜ぬTVにてサンドウィッチマンも考案。 仙台サンプラザホール大会にて披露。 12月28日に、翌年1月末をもって退団しフリーとなることが発表された。 2月1日、リングネームをアンドラス宮城に改名。 退団後は、、に参戦。 スターダムでは大江戸隊に所属。 5月5日付でスターダムに入団。 2月12日、JUST TAP OUT新木場大会に乱入。 自ら失業したと発表した。 スターダムからの公式な発表はないが、公式プロフィールも削除されている。 また公式ツイッターも一旦削除され新しく開設され、「フリーランスのプロレスラー」と記されている。 人物 [ ]• 好きな食べ物は焼鳥の砂ずり。 入門して間もない頃、のバラエティ番組『』(2014年8月10日放送)が仙女の道場を訪問した際に スナズリのリングネームが提案されたが、却下された。 なお、2016年10月9日放送の同番組に「カサンドラ宮城」としてVTR出演し、その変貌ぶりでやを驚かせた。 九州造形短期大学(現:)を卒業しており絵が非常にうまく、仙女入団後は団体グッズ等のデザインも受け持ち、宮城によるデザインのLINEスタンプなどもある。 「ミヤギノミチコ」名義でにも出品をしているほか、イラストオンリーのツイッターのアカウントも存在する。 また『』の大ファンでもある。 得意技 [ ] SBR(スティール・ボール・ラン) ファイヤーマンズキャリーに担いでの旋回式スパインボム。 ハリケーンドライバー 獲得タイトル [ ]• (第21代)(パートナーは、) 脚注 [ ].

次の

センダイガールズプロレスリング

仙台 ガールズ プロレス リング

センダイガールズプロレスリング株式会社 Sendai Girls Pro-Wrestling Co. , Ltd. 略称 仙女 本社所在地 〒984-0075 清水小路1 明善倉庫 設立 事業内容 プロレス興行 関連企画の運営 代表者 関係する人物 (創業者) 外部リンク 特記事項: 、みちのくエンタテインメント設立。 2018年1月10日、株式会社へ移行しセンダイガールズプロレスリング株式会社に社名変更。 センダイガールズプロレスリング(: SENDAI GIRLS PRO-WRESTLING)は、を中心に活動している。 団体は「 GLOCAL」(「」と「」をかけ合わせた)。 団体は「東北に希望を!日本一の女子プロレスへ!」。 概要 [ ] 、のがのに、みちのくプロレス女子部の責任者への就任を依頼。 、GAEA JAPAN大会を最後にGAEA JAPANが解散したことにより里村が設立を表明。 里村は出身であるが新人選手時代に同期の新人選手と共に、みちのくプロレスへ修行に出たことで縁が深いことから実現。 、設立記者会見が行われた。 、ホールで旗揚げ戦を開催。 旗揚げ戦でデビュー戦となる新人選手に、、、らネームバリューのあるベテラン選手と対戦させると言った思い切った対戦カードを組んで現時点では当然のごとく新人選手が負けはしたものの注目を浴びることになる。 代表の新崎が年々衰退を続ける女子プロレスを発展させてかつてのように「女性が憧れる女子プロレス」という世界観を戻すために計画してに地域密着型女子プロレス団体として設立。 新崎が仙台市の協力を取り付けるなど万端の準備の下で旗揚げするがプロレス経験者は里村のみで他の選手はスカウトもしくはオーディションで募集してコーチの里村が一から育成している。 所属選手同士の対戦は基本的に行わず「エネミー」と称するフリー、他団体の選手を招聘して「外敵を迎え撃つ」と言うコンセプトで従来のプロレス団体との差別化を図っている。 入門3年間はでも掲げていた「男、酒、たばこ」を禁止しているが、それ以降は自己責任としている。 スポンサーとの食事の席に参加すること奨励するなど社交性を養うように指導している。 副業禁止規定もあり、これは「アルバイトしないとプロレスを続けられない」という程度の意識の人間が業界をよくできるはずがないという里村の考えによる。 、里村の怪我による欠場で一時は活動休止の危機に陥ったが若手選手の活躍もあり活動休止は回避された。 4月から6月、若手選手による大会「」を開催して以降は同世代のフリー、他団体の若手選手もエネミーとして招聘するようになる。 新崎が里村の考えから他団体からの移籍やフリーの選手を確保と言った方法を取らないため新人選手の確保と育成が重要なテーマとなってくるがセンダイガールズとしては全くの未知数であり里村の手腕が試されることになる。 、新崎が代表を辞任して里村が代表に就任。 プロレス興行の他にピンクリボン活動、エイズ撲滅運動、学校講演、イベントに積極的に取り組み地元密着で地域の活動に根付いている。 こうした活動が認められて地元企業のスポンサーも多く信頼度が高い。 、仙台市健康教育課・仙台市アスリート活用事業「体力向上教育」の講師としてが選ばれた。 歴史 [ ]• 、ホールで旗揚げ戦を開催。 (現:DASH・チサコ)、(現:仙台幸子)、、(現:悲恋)がデビュー。 、練習生として入団した(現:水波綾)が再デビュー。 、がデビュー。 、(現:花月)がデビュー。 、(の3つ子の妹という)がデビュー。 、()並びにでのの影響で活動停止を余儀なくされる。 、で入場無料のチャリティー興行を開催して活動再開。 、(現:アンドラス宮城)がデビュー。 、がデビュー。 、がデビュー。 、がデビュー。 、がデビュー。 、初の公演をマンチェスターアカデミーONEで開催。 、がデビュー。 、がデビュー。 タイトルホルダー [ ] センダイガールズプロレスリングの王座 タイトル 保持者 歴代 防衛回数 次期挑戦者 第10代 1 第9代 1 第5代 2 センダイガールズプロレスリングが開催しているトーナメント戦• 所属選手 [ ]• スタッフ [ ] レフェリー [ ]• () リングアナウンサー [ ]• (フリー) 歴代所属選手 [ ]• (現:奥田朱理)• (旧:金子友里恵)• (旧:水村綾菜)• (旧:石野由加莉)• (旧:金成幸子)• (旧:宮城倫子、現:アンドラス宮城)• テーマ曲 [ ]• Riverdance() オープニング曲。 Come With Us() 選手入場曲。 試合中継 [ ] 放送中の番組• () 終了した番組• () 関連番組 [ ] 終了した番組• () 私設応援団 [ ]• 仙女の試合会場で、統一された赤いTシャツを着用して太鼓を鳴らしながら所属選手を応援する団体公認応援団。 旗揚げから当面の間は、仙女のレスラー同士の対戦は行わず他団体やフリーのレスラーとの対抗戦形式での試合が行われていたため、仙女を応援し会場を盛り上げるべくが結成された。 野球やサッカーとは異なり、プロレス団体に私設応援団が存在するのは非常に珍しいことである。 結成に際して、「」のから応援のレクチャーを受けた。 脚注 [ ] 出典 [ ].

次の