エクセル プルダウン 検索。 プロのエクセル活用術「プルダウン」作成・活用術【サンプル付】

Excel(エクセル)で文字や数字を検索一致させて表示する|LOOKUP関数の使い方

エクセル プルダウン 検索

エクセル基本操作 8回 Excelをデータベースとして活用する方法 Excelでのデータベース機能には、次のようなものがあります。 並べ替え、検索、集計、抽出(フィルタ) Excelには、データベース化したものから目的のデータを検索したり、項目別に集計したりできるデータベース機能が用意されています。 また、データベースから条件に合致するデータを抽出できる「データベース関数」も用意されています。 データベース機能を使うには、データをExcelがデータベースとして認識できるように、「リスト」という形式の表で作成する必要があります。 データベース機能は、基本的にデータが「リスト」でまとめられていないと 使う事ができません。 そこで、今回は、その準備としてのリスト形式でまとめるポイントを説明します。 リストとは リストといっても特別なものではありません。 リストは、表の先頭行に列見出し(列ラベル)があり、列ごとに同じ項目のデータが入力されている一覧表のことです。 エクセルでごく普通に作成している表そのものです。 ただし、Excel でセルの範囲をリストとして指定しないと、リストのユーザー インターフェイスが組み込まれないので、便利な機能を使うことができないのです。 リストの作成 あるセルの範囲を『ここをリストにするぞ』と宣言することで、リストができるのです。 表を「リスト」へ変換する操作法.

次の

【エクセル時短】VLOOKUP関数の応用ワザ。2つの条件で値を検索するために組み合わせる関数とは?

エクセル プルダウン 検索

「会議の資料作り」、「データ分析」、「事業部の営業結果の集計作業」など、、マネジメント業務をしていると、エクセルを使った業務に日々追われてしまうことはありませんか?エクセルの知識がない中で取り組むとカンタンな作業でも数時間掛かってしまうこともあるでしょう。 そこでマネたまでは、「」として、マネジメントの皆さんがすぐに分かるエクセルの使い方をたっぷりご紹介していきます。 今回ご紹介するのは「検索」についてです。 エクセルを使って、スタッフや在庫の管理をしている会社は少なくありません。 膨大なデータの中から見つけたいデータを目だけで探すのは困難を極めます。 エクセルならではの検索機能を使って、業務の効率化を図りましょう。 なお、今回の解説はエクセル2016にて行います。 2016 エクセルの検索機能でスムーズにデータを見つけ出す 店舗運営をされている方であれば、スタッフの勤労時間や勤怠、仕入れの際に在庫数を確認するなど、度々データを確認することがあります。 また、顧客リストで商品や資料を送付する際に重複しているデータを見つけ出すなどの機会がある方もいらっしゃるはずです。 このように売上や顧客満足度に直接結びつく作業はエクセルの検索機能を使い、ミスをなくし、確認の作業をスムーズに行なうことができます。 事務作業を効率化することにより、本来の売上アップやスタッフのモチベーション向上などの施策に注力することができます。 エクセルで検索を行なう方法とは? 膨大な量のエクセルデータを管理する時に、見つけ出したいデータや重複をチェックするのに有効なのが検索機能です。 今回は店舗スタッフのデータを検索で見つけてみましょう。 販売員の浜田さんを検索機能で見つけてみましょう。 検索する文字列というフォームの中に、検索したいキーワードを入力します 今回は浜田さんを検索したいので、「浜田」と記入します。 「すべて検索」をクリックすると該当するセルへと移動できます。 重複したデータを探したい、その他のセルにも「浜田」というキーワードを探したい場合は「次を検索」をクリックします。 該当するキーワードがある場合は、そのキーワードがあるセルへと移動します。 該当するキーワードがない場合、移動はせず、最初に検索したセルに留まります。 エクセルでは検索と置換を使い分けよう 検索と置換」ウィンドウには検索以外に、置換という機能があります。 これは検索したキーワードを、別の値に置き換える時に使用します。 例えば、販売員の斉藤さんの苗字が 「斉藤」ではなく、「齋藤」だった場合、データを修正する必要があります。 この場合、検索と置換を組み合わせることで、スムーズにデータを置き換えることができます。 次に置換タブをクリックし、 検索する文字列の入力フォームに「斉藤」と入力し、 置換後の文字列の入力フォームに「齋藤」と入力し、 「置換」をクリックします。 すると、「斉藤」が「齋藤」へと変換されます。

次の

エクセルで「あいまい検索」を行いたい。

エクセル プルダウン 検索

フィルター オートフィルター の使い方:エクセル2010基本講座• フィルター オートフィルター の使い方• Excel2007ではコマンドの説明は「フィルタ」と記載されていましたが、Excel2010では「フィルター」となっています。 スポンサードリンク はじめに• このページでは[データ]タブの[並べ替えとフィルタ]グループにある[フィルター]コマンドからの使い方を説明します。 なお、他のコマンドからフィルタを実行することもできます。 [ホーム]タブの[並べ替えとフィルター]コマンドからも実行できます。 [挿入]タブの[テーブル]コマンドでテーブルとすることによってもフィルターができます。 をご覧ください。 このページで使用したデータ 以下、『データ表』とします• このページでは次のデータ表を使って説明します。 データ表から特定の条件でデータを抽出します。 【問題】データ表から担当者『岡田』のデータを抽出しなさい。 【解答例】• データ表 リスト 内のセルをクリックして選択します。 上記例題では、B2:H19を範囲選択します。• [データ]タブの[並べ替えとフィルター]グループにある[フィルター]を実行します。 見出し行に[ドロップダウン矢印]が表示されます。 [担当者]の[ドロップダウン矢印]をクリックすると「抽出メニュー」が表示されます• 「担当者」に「岡田」と入力します。 右の欄では「と等しい」となっているのを確認します。 [OK]ボタンをクリックします。 または、表示されているメニューの「岡田」だけにチェックを入れてます。 一旦すべてのチェックを外して「岡田」のみにチェックを入れます。 [OK]ボタンをクリックします。 『担当者』が『岡田』のデータが抽出されました。 『担当者』の[ドロップダウン矢印]が 「フィルター ボタン」に変わってフィルター機能がオンになっていることを示します。 フィルターの再適用• どこかにフィルターがかかっている時や、並べ替えを実行している時に、データを修正したりすることがあります。 修正したりした後に同じ条件でフィルターを実行したいときに使います。 『担当者』が『岡田』のデータが抽出した状態です。 14行目の担当者 D14セル を「岡村」と修正しました。 [データ]タブの[並べ替えとフィルター]グループにある[再適用]を実行します。 『担当者』が『岡田』であるデータの抽出が再適用され、14行目のデータが非表示になりました。 フィルターをクリアする方法です。 [データ]タブの[並べ替えとフィルター]グループにある[クリア]をクリックしてフィルターを全てクリアします。 [フィルター ボタン]をクリックして、「"担当者"からフィルターをクリア」を実行します。 [フィルター ボタン]をクリックして、「 すべて選択 」をクリックして、すべての名前にチェックを入れます。 フィルターの解除• [データ]タブの[並べ替えとフィルター]グループにある[フィルター]をクリックしてフィルターを解除します。 Excel2007以降のオートフィルターのオプションは、Excel2003までを使っていた方にはちょっとわかりにくい位置へ移動しています。 Excel2003まではオートフィルタのオプションは見つけやすいところにありました。 オートフィルターのボタンをクリックすればすぐ見つかります。 下図はExcel2003までのオプションの表示位置です。 表示されるダイアログボックスは「オートフィルター オプション」となっています。 2つの条件を設定することができるダイアログボックスが表示されます。 スポンサードリンク |||フィルター オートフィルター の使い方.

次の