セブンティウイザン 実話。 【人生最大級のサプライズ セブンティウイザン❤️】

セブンティウイザンの濃いネタバレ(1巻後半)あらすじや感想も!無料

セブンティウイザン 実話

70 才、初めて産みますセブンティウイザン。 とは? 【 70 才、初めて産みますセブンティウイザン。 】というタイトルを見て驚いた方も多いと思います。 私も初めて見たときは驚きました。 ちなみに第一回のサブタイトルは 「脳梗塞ではありません、つわりです!」です。 そんな衝撃的な今作は、タイム涼介さんの漫画が原作となっています。 定年退職した夫の朝一が家に帰ると、妻である夕子が 「私、妊娠しました!」という爆弾発言から物語は始まります。 子供を産む気満々の夕子とは対照的に、朝一はなかなか覚悟が決まりません。 超高齢出産というリスクの高い選択に夕子の周りの人間も猛反対します。 二人合わせて 135 歳の 新米パパと新米ママによる、 笑って泣けるホームドラマです。 さてそんなドラマ【 70 才、初めて産みますセブンティウイザン。 】ですが、実話なのでしょうか。 それとも元ネタがあるのでしょうか。 70 才、初めて産みますセブンティウイザン。 は実話?元ネタやモデルはいるの? さてまず、こちらの作品は実話ベースに作られているのでしょうか。 調べてみたところ、どうやら フィクションのようです。 確かに 70 歳で妊娠というと少し現実離れしているようにも思います。 しかしもっと調べてみると、過去には海外で超高齢出産の事例が数多くありました。 2016 年にはインド人女性のダルジンダル・コールさんが 72 歳で妊娠、出産したという事実があります。 夫の 精子の体外受精で妊娠し、帝王切開の末に 1700 グラムの男の子が生まれました。 また 2019 年 9 月には、同じくインドの女性である マンガヤマ・ヤラマティさんが、 74 歳で出産という世界最高齢記録を更新しました。 こちらも 体外受精を試み、結果として双子の女の子が誕生しました。 手術も上手くいき、母子ともに健康で合併症などもないとのことです。 このような超高齢出産の事例はいくつかあります。 もしかするとこれらの女性たちとその家族が、今作のモデルになっている可能性もありそうです。 しかしこの物語の原作を読んだ方々は、「ありえない」や「無責任だ」という感想を見受けられました。 確かに 親が早くに死んでしまう可能性も高く、夫婦のわがままという見方をするのも頷けます。 しかし長年の不妊治療の末に授かった命を、自分の年齢で諦めることが果たしてできるのでしょうか。 それは当事者にしかわからないことだと思います。 もちろんフィクションとして楽しめている方々は、「感動した」や「考えさせられた」といった声も多くあります。 楽しみ方は人それぞれ、穿った見方をするのではなく、気軽な気持ちで視聴するくらいが丁度良いのかもしれません。 ということで今回はドラマ【 70 才、初めて産みますセブンティウイザン。 】の元ネタ等についてまとめました。 結論から言うと「実話ではないが、実際にあり得る話」といったところでしょうか。 命を題材にしているだけあって、読者や視聴者にとっては不快な思いをする方や、共感できないという意見を持つ方も多くいらっしゃると思います。 しかしそこは、あくまでもフィクションとして、架空の物語として楽しむことをオススメしたいです。 そしてその為に、主演の小日向文世さん、竹下景子さんらをはじめとした豪華な出演陣や、制作スタッフたちが趣向を凝らした演出などで、感動の物語に仕上げてくれていると思います。 第一回は 4 月 5 日 22 時から NHKBS プレミアムで放送されます。 しっかりチェックしましょう。

次の

セブンティウイザンの濃いネタバレ(1巻後半)あらすじや感想も!無料

セブンティウイザン 実話

セブンティウイザンとは? セブンティウイザンとは、タイム涼介先生の作品です。 ある日、江月朝一(65歳)は定年退職を迎えました。 家に帰ると妻、夕子(70歳)から信じられない事実を告げられます。 「私、妊娠しました」 終活、そんな言葉もよぎる夫婦が、突然授かった大きすぎる未来。 これから二人の毎日は、すべてが初体験でした。 そんなセブンティウイザンという作品は、夫婦の方にもおすすめの作品ですし、また、シリアスなギャグが好きな方にもおすすめですし、感動ものが好きな人にもおすすめの作品となっております。 「私、妊娠しました」 その一言で、朝一の生活はがらりと変わりました。 最初は信じられなかったその事実も、病院へ足を運ぶうちに、現実のものとなっていきました。 終活、そんな言葉もよぎる夫婦が、突然授かった大きすぎる未来。 夕子をはじめてみたのは、お見合い写真でした。 朝一はその時25歳、お見合いは不要と考えていましたが、周りはそう思っていないようでした。 この人はなぜまだ独り身なのだろうか、付き合うには結婚しないとだめだよなぁ、と考えている朝一。 目の前には夕子がいます。 「こ、子供は好きですか?」という朝一。 「え!あ、はい。 子供お好きなんですか?」という夕子に、逆に焦る朝一でした。 そんな夢を見ていた朝一は、隣に妻がいないので気づきます。 トイレに起きる朝一は、頭痛と吐き気に苦しんでいる夕子に気づきます。 「まさかお前…!脳梗塞?!」という朝一に「つわりだっつーの!」という夕子でした。 全然納得いかない、脳梗塞ならしっくりくるのに…、と思う朝一。 「一応医者に見せよう」という朝一に「みせたでしょ!それで妊娠が発覚したんでしょう!!」と夕子は言います。 朝一は、週遅れでスタートしたようなものなのです。 いまだに現実を受け入れることができない朝一でした。 タバコを吸おうとした朝一は、夕子の前では吸えないと、これからは外で吸うことにします。 細かい用事を無理やり作っては、外に出る機会を増やしました。 お酒も外で飲むようにしました。 妊娠中でお酒を飲むことができない夕子の前では飲めないと考えたのです。 金がかかるので缶の酒を公園で飲むことが増えました。 妊娠が嬉しくないわけではない朝一。 しかし、期待しないように必死で紛らわしているのです。 また期待を裏切られることが、本当に怖いのでした。 以前からこういうことはあったのです。 生理がきちゃった、この一言で朝一は何度もがっかりしていたのでした。 そうして、二人は病院へと定期検査に行きます。 朝一は病院が嫌いでした、特に婦人科が。 なぜなら、妻の前で恥ずかしげもなく、デリカシーのないことをいうからです。 不妊に対する治療も、昔はモラルもなく医療技術もお粗末なものだったのでした。 そうして、今、婦人科にきた朝一たち。 そこには、インターンの学生もいました。 これだから大学病院は嫌なんだ、と感じる朝一。 明らかに物珍しそうに診療していました。 医師も、大学で教授をやっている、偉い先生のようでした。 不審げだった朝一でしたが、そこで特別に3Dエコーを見せてもらうことができ、赤ん坊の顔をみた瞬間、はじめて喜びを覚えるのでした。 そうして場面は変わり、朝一たちの家です。 半月に一度の妊婦健診は毎度大冒険の1日でした。 病院に来て、エコーをみている二人。 夕子は沢山医師に質問をしました。 朝一には強気に見せている夕子も、内心は不安でいっぱいだったのです。 血液検査をしている間医師と二人きりになる朝一。 そこで、こんなことは他にあるのですか、と聞く朝一。 しかし、医師はこんな例はいままで見たことがないんです、というのでした。 命の保証はできない、という医師ですが、それは奥様が20歳でも同じことだ、と言います。 「つまり、何もわからないのですね」という朝一に「はい。 ただ、おめでたいということしか」という医師。 その言葉に、それだけわかれば充分です、という朝一でした。 そう、これはおめでたいことなのだ、と気づいた朝一は、なんだか無性に嬉しくなるのでした。 しかし、夕子が妊娠してから、世の中危険に満ちているなぁと感じる朝一。 自転車も恐ろしい、という夕子。 歩きスマホも危険です。 妻が妊娠しなかつまたら気づくことはなかったであろうこの危険に、朝一はなんだか身震いするのでした。 意外にも一番危険なのは、親に放たれた子供達でした。 猛スピードでダッシュする子供達は、危険以外の何物でもなかったのです。 この作品は、リアリティのある設定の中に、とても特徴的な設定もあり、最初から飽きずに読める作品だなぁと感じました。 果たして、無事に子供は生まれてくるのか、また、生まれてきたとして、ちゃんと育てられるのか、気になることが多くまだまだ目が離せませんね。 そんなセブンティウイザンという作品は、夫婦の方にもおすすめの作品ですし、また、シリアスなギャグが好きな方にもおすすめですし、感動ものが好きな人にもおすすめの作品となっております。

次の

セブンティウイザンは実話?あらすじはどんなの?共感・泣けるの嵐だった!!

セブンティウイザン 実話

だから、産む、と決意した主人公の夕子はすごいと思います。 回りからは反対しかされない状況だと思いますが、周囲 夫の朝一含め をどのように納得させていくのか、楽しみに見たいと思います。 70歳だったら、一般的には、孫がいる年代です。 そんな中で、夕子はどんな母親に、朝一はどんな父親になるのでしょうか。 今からワクワクしています。 また、個人的には、伊藤歩さんがとても好きなので、どんな役を演じるのか、楽しみです。 まずは、そのドラマタイトルからして衝撃的でインパクト大です。 まさか?!と、目を疑ってしまうような内容のタイトルに、興味を持って見たくなること間違いなしです。 現実では絶対にありえないような話ですが、小日向さんと竹下景子さんという名俳優が演じるのであれば、ドラマは現実っぽく感じながら見れるのではないでしょうか。 また、笑いあり、涙ありのドラマというのも小日向さんが主演であればかなり期待できます。 コメディーっぽいシーンを織り交ぜながら、最後には家族愛、夫婦愛に泣ける!といった内容になるのではないでしょうか。 また、主役を固める脇役たちについても、個性派の名バイプレーヤーばかり。 キラキラした俳優がいないところが、逆にいい効果を出してくれそうです。 絶対ありえないような設定なのに、見ていくうちに、もしかして本当にこんな夫婦いるんじゃないの?!と思ってしまうような演技をしてくれそうな俳優さんたちばかりです。 70歳の妊婦姿というのもとても楽しみです。 本来なら腰が曲がっていきそうな年齢なのに、お腹が膨らんでいく70歳!その見た目を想像しただけでも笑えます。 でも、妊娠をきっかけに夫婦の愛をさらに強くしていくのだろうなと楽しみです。 とても奥深く驚きの内容でした。 最初はまさか実話かと思いすごく戸惑いましたがそう言う内容のドラマと知ってある意味安心しましたが斬新で見応えある内容だとおもいます。 70才にして妊娠するというドラマきっと友人にこんなドラマがあるんだよと伝えたら友人も驚いて見たいかもと思うはずです。 夫婦は高齢ですが夫婦のうち奥さんが医師に妊娠されていることを知らされ自分自身や誰もが驚いたものの産む決意をする70才の奥さんに感激と勇気を与えられました。 妊娠中の辛いつわりやそれ以上に子供を産むのにはこの世のものとは思えない苦痛に襲われたり体力をとても消費してしまうのに。 なかなかすごい判断だと思いました。 それでも主人公は生き生きとしそれどころか子供が大人になるまで見守る気でいるのかすごくポジティブな様子。 実際物語りでは2人が長生きし子供が20歳すぎていても生きていて欲しいなと思いました。 今世の中では徐々に人間が長生き出来る世界になっていき、もしかしたら将来的にも70才過ぎても子供が産める時代が来るのではないかと考えさせられました。 この番組で1番の楽しみは子供が生まれる瞬間と、子供がどう育つのかが1番の楽しみで感動の内容も期待しております。 結婚する年齢が上がり初産の年齢も高齢化していますが、大体女性の閉経年齢が50代以降と言われますから70才での妊娠っていうのは難しいでしょうね。 まあ世界に目を向けるとあるのかもしれませんが…。 なんて理詰めで考えてはいけないんでしょう。 あくまでもファンタジーと考えて、高齢夫婦と彼、彼女らを取り巻く人々とのドタバタ騒ぎを楽しむドラマと思いましょう。 定年を迎えた夫に妻が告げたのは、「私、妊娠しました」という衝撃の事実でした。 認知症を疑うも医師から「自然妊娠です」と言われ信じざるを得ない状況におかれます。 とはいえ70才という年齢を考えれば、出産を諦めるのが普通。 もちろん家族も猛反対ですが、妻は産む気満々です。 この夫役を小日向文世さんが、妻役を竹下景子さんが演じていらっしゃいます。 小日向さんだと、妻に押しきられてしまう気の弱い夫が凄く似合いますよね。 産むという判断から奥さんはかなりエキセントリックな性格のようですが、出産までの母親教室など若い妊婦さんに70才のおばあちゃんが混じる違和感はギャグ以外の何物でもないです。 どんな風に展開していくのか、ストーリーに注目したくなるドラマです。 妻の夕子役の竹下景子さん、久々に見ましたが、きれいな年の取り方をされてますね。 70歳で、初産、どこか忘れましたが、外国で、それに近い女性が、出産された話を昔聞きました。 旦那さんが、認知症かと疑うって笑えますね。 脳梗塞ではありません、つわりです、って夕子さん、かわいい女性ですね。 70歳で、自然妊娠することもあるのですね。 奇跡ってあります、確かに私も信じています。 今新型コロナウイルスが日本中に流行っていて、皆自粛ムードで、外出もままならない状況です。 視聴率が高いと思います。 暗いニュースばかりですが、このような笑って泣けるホームドラマ見て、皆さんが、笑って免疫をあげて、元気を取り戻して、欲しいです。 昔14歳の母っていうのは、あったような気がしますが、このような高齢女性の妊娠出産の物語、すごく興味があります。 今は、35歳過ぎると、子供が正常化どうか、検査する人もいますが、70歳での出産、本当に、私の近くであったら、手助けしてあげたいです。 産婦人科の先生もビックリされたでしょうね。 私は、25年前出産しましたが、思い出しながら、じっくりみたい作品です。 まとめ 70歳で妊娠なんて有り得ないと決めつけることは、立派な偏見だと思っています。 それぞれの夫婦で妊娠する時期は全く異なり、超高齢者出産を経験した人も実際にいると思っています。 産むことを即決する妻と対照的に周りは身体を心配し、猛反対する気持ちはよく理解出来ます。 しかし、周りが猛反対をする状況でも、お腹の中では誕生を待ち望む命があるため、色々と考えさせられるドラマだと思いました。 今回はコメディのような笑えるシーンも多いドラマに仕上がっていますが、しっかりと命に向き合っている内容であり、視聴者に問い掛けているように感じます。 もし自分だったらと考える女性は多いのではないでしょうか。 そして、旦那の立場からも考えさせられるドラマであるため、夫婦や家族で揃って見るべきだと思いました。 そして、超高齢出産にも関わらず、すぐに産むことを決断出来る母親の強さや偉大さも感じるドラマだと思っています。 このドラマを見て、超高齢出産の現実や、出産までの過酷な道のりを期待を寄せながら見たいと思いました。

次の