1903 の 機能 更新 プログラム。 WSUSによるWindows 10の機能更新プログラムの配布−バージョン1909版−:企業ユーザーに贈るWindows 10への乗り換え案内(63)

Windows 10 バージョン1903が完成、一般配信開始(5/22更新)

1903 の 機能 更新 プログラム

Windows Updateに「Windows 10、バージョン 1903 の機能更新プログラム」の「今すぐダウンロードしてインストールする」が表示されず、アップデートできない。 購入時のOSは「8. 1」で、その後アップデートに問題はなく、現在のビルド1809に至っています。 バージョン1903にアップデートできない原因を見つけることができないでいます。 解決の方法を教えてください。 239が最新 ?。 但し、アップデートは段階的に自動で配信されるので、何時アップデートできるかわかりません。 アップデートの自動配信を待たなくても、手動でアップデートまたはダウンロードすることができます。 獲得しているカテゴリマスター• その他(パソコン)カテゴリマスター• Windows 10カテゴリマスター• パソコン・スマートフォンカテゴリマスター• デスクトップPCカテゴリマスター• ノートPCカテゴリマスター• その他(インターネット・Webサービス)カテゴリマスター• Androidカテゴリマスター• Windows 8カテゴリマスター• その他 ソフトウェア カテゴリマスター• プリンター・スキャナーカテゴリマスター• その他 PCパーツ・周辺機器 カテゴリマスター• Windows 7カテゴリマスター• CPU・メモリ・マザーボードカテゴリマスター• マウス・キーボードカテゴリマスター こちらのPCですか。 Windows 10のWindows Updateを手動で行う方法 を行えば言われている「Windows 10、バージョン 1903 の機能更新プログラム」「今すぐダウンロードしてインストールする」が表示されるかも知れません。 そのうち嫌でもアップデートせざる負えない時が来ますので。 どうしても1903にアップデートしたいのなら Windows 10 May 2019 Update 1903 のダウンロードと手動アップデート Windows10 May 2019 Update(1903)へ手動アップデート 手動でアップデートすることも出来ます。 もしくは から1903のインストールメディアを作成してそちらにあるsetupファイルから1903へアップデートすることも出来ます。

次の

次期Windows 10最新動向:待望の機能アップデート「Windows 10 May 2019 Update」の主な変更点 (1/2):Windows 10 The Latest

1903 の 機能 更新 プログラム

秋のリリースで回す予定の企業も、1つ前の春のリリースから着手できるように? Microsoftの以下の発表によると、Windows 10の2019年秋の「機能更新プログラム」(通称:19H2)は、2019年春のバージョン1903(通称:19H1)に対する小規模なアップデートになる模様です。 以下の発表は19H2についての説明であり、2020年以降の話ではありません。 [英語](Windows Experience Blog) Windows 10は「半期チャネル(Semi-Annual Channel)」に基づいて、春と秋の年に2回、新バージョン(機能更新)がリリースされます。 これまでは毎回「大型アップデート」とも呼ばれる、事実上のアップグレード(OSの入れ替えと設定やアプリ、データの移行)でした。 詳細についてはまだ不明な点はありますが、19H2はバージョン1903(19H1)に対する小規模なアップデートとなり、毎月の累積更新プログラムと同じ技術とエクスペリエンスで、短時間で完了するそうです。 一方、バージョン1809以前のPCに対しては、従来と同じ機能更新プログラム、つまり大型アップデートとして提供されます。 このスタイルが2020年以降も踏襲されるとしたら、サポート期間が30カ月のEnterpriseエディションを使用していて、秋のリリース(例えば、2年後の秋のリリース)をターゲットに少ない頻度でアップグレードしようと考えている企業は、秋のリリースを待たずに、1つ前の春のリリースからテストと導入を始められるでしょう。 春のリリースでテストを進めても、そのまま秋のリリースにスムーズに移行できることが期待できるからです。 WSUSによるWindows 10 バージョン1903の配布 本連載第32回、第33回では、Windows 10 バージョン1607のEnterprise/Education向けに延長提供されていたサポートが2019年4月に終了する前に、バージョン1607に対して「Windows Server Update Services(WSUS)」を使用してバージョン1803の機能更新プログラムを配布する手順を紹介しました。 (本連載 第32回)• (本連載 第33回) 企業のクライアントとして19H2を次に予定していた場合でも、19H2がバージョン1903(19H1)に対する小規模なアップデートであるなら、19H2のリリースを待たずに、既に利用可能なバージョン1903(19H1)を使用してテストと導入を開始することができます。 バージョン1903(19H1)で運用環境への展開を始めたとしても、品質更新プログラムの間隔で19H2に移行できるからです。 そこで今回は、第32回、第33回でバージョン1803にアップグレードしたWindows 10に、WSUSでバージョン1903(19H1)を配布し、アップグレードしてみます。 その前に1つ注意点があります。 Windows 10 バージョン1809(ただし、ビルド17763. 529以降)およびバージョン1903からは、Windows Updateから「自動更新」または「手動更新」(「更新プログラムのチェック」ボタンのクリック)で機能更新プログラムを受け取る場合、機能更新プログラムの存在を通知し、「今すぐダウンロードしてインストールする」オプションが提供されるようになりました。 これにより、意図しないタイミングで機能更新プログラムのダウンロードとインストールが始まることはなくなりました。 ただし、機能更新プログラムの延期設定をしている場合は、その設定に従います。 また、現在のシステム構成(ハードウェアなど)に何らかの既知の問題がある場合は、その旨を通知して機能更新プログラムの提供をストップしてくれます( 画面1)。 画面1 Windows Updateを利用している場合、機械学習に基づいた機能更新プログラムのロールアウトと「今すぐダウンロードしてインストールする」オプションにより、勝手にアップグレードが始まることはなくなった。 ただし、WSUSクライアントに対してこれらの機能は働かない WSUSを利用している場合、WSUSクライアントにはこれらの機能は提供されず、「管理者の承認」に基づいてダウンロードとインストールが始まります。 そのため、事前にバージョン1903をテストした上で、運用環境に機能更新プログラムを展開することが重要です。 もちろん、テスト目的で限定した範囲への展開のために、WSUSを利用することができます。 WSUSによる展開を行う前に、OSディスク(C:ドライブ)に3GB以上の空き領域があるのを確認することも忘れないでください(その方法としては自作スクリプトからインベントリ収集ツールなどさまざまあるので今回は説明しません)。 機能更新プログラムの同期と承認 Windows 10 バージョン1903(19H1)は、一般向けリリースと同時にWSUSに対しても提供されました。 Windows 10 バージョン1903用の新しい「製品」が追加されているので、WSUSの「製品と分類」オプションを開いて、バージョン1903関連の新しい「製品」を追加し、Microsoft Updateと再同期します( 画面2)。 関連記事• 2019年春にリリースされるWindows 10の新バージョンから、ブランチ準備レベル「半期チャネル(対象指定)」が廃止されることが発表されました。 これにより、どのような影響があるでしょうか。 Windows Update for Business(WUfB)を利用していない限り、何の影響もないでしょう。 WUfBを利用しているなら、更新後に設定を確認しておきましょう。 間もなくリリースされるWindows 10の新しい機能アップデート「19H1」。 それに実装される新機能をまとめてみた。 また、同時に変更となるライフサイクルなどについても解説する。 Windows 10では従来のWindows OSと異なり、年2回、大型アップデートの提供が行われるようになった。 それに伴い、サポート期間もバージョンごとに設定されるなどの変更が行われており、かなり複雑なものとなっている。 本稿では、アップデートの提供タイミングならびにそのサポート期間などを整理する。 Windows 10の登場ですっかり変わってしまったWindows Update。 IT管理者の多くが戸惑っているに違いありません。 「Windows 10 バージョン1511 ビルド10586」に合わせ、「Windows Update for Business」が利用可能になりました。 しかし、筆者を含む多くの人が想像していたのとは違い、SaaSタイプのサービスではありませんでした。 Windows Updateによるアップデートの適用は、場合によっては不具合を起こす可能性もある。 アップデートによって不具合が発生しないことを確認してから適用するとよい。 そのためのWindows Updateによる適用を延期する方法を紹介しよう。

次の

消えたWindows 10の「更新プログラムをいつインストールするかを選択する」オプションの行方:その知識、ホントに正しい? Windowsにまつわる都市伝説(143)

1903 の 機能 更新 プログラム

更新の所要時間 今回の更新は、かなり時間がかかりますので、実行するタイミングにはかなり注意が必要です。 会社で使用するパソコンの場合、会社側に承諾を得た上で、終業時に実行してそのまま帰宅させてもらうと良いと思います。 私のPCは最新のものですが、インストールには約2時間かかりました。 その間、インターネット等の閲覧は可能ですが、動作が少し遅くなります。 インストール中にフリーズ等で失敗するのは面倒ですので、なるべく更新に集中させるのが賢明だと思います。 更新準備やインストールが終わると、再起動が保留された状態になります。 ここで再起動を選択しても良いのですが、ここから更に2時間程度のプログラム構成作業が始まります。 ですから、仕事で使用するPCの場合は、2日間に分けて帰宅時に実行し、業務に影響しないように更新するのがオススメの更新方法です。 CPU「i5」でメモリ12GBのパソコンでも、トータルで4時間程度かかりました。 実行時のメモリ使用量は、5. 9GBをつける場面もありました。 一般的なPCはメモリが4GBですから、もっと時間がかかるはずです。 新機能の紹介 今回の更新では、OSの機能に大きな変更がありました。 使用感に関する部分というよりは、視覚的な部分での変更が多いですが、確かに前より良くなっている印象はあります。 主な新機能については、以下の通りです。 スポンサーリンク ログイン画面の変更 パソコンを起動してしばらくすると、パスワードを求める画面になりますよね。 この時の背景が半透明になりました。 これで利便性が向上するわけではありませんので、「何か変わった」という印象を与える狙いなのかもしれませんね。 色モードの選択 Windowsとアプリの両方で「白と黒」のモード選択ができるようになりました。 また、新しいデフォルトの壁紙が追加されました。 パスワード設定 Microsoft アカウントのサインインがサポートされました。 SMS に送信されるコードを入力して Windows 10 にアカウントを設定できます。 アカウント設定後は、Windows Hello、顔面認証、指紋認証、または PIN を使用できます。 Windows Update関連 互換性に関する既知の主要な阻害要因がないことが確認された場合に、機能更新プログラムのインストールを開始できるようになりました。 また、月例の品質およびセキュリティ更新プログラムは、個別で入手できます。 Windows 10 のバージョンのサポート終了が迫っている場合は、新しい機能更新プログラムのインストールが自動的に開始されるようになります。 パソコンにインストールする準備が整っている場合には、通知が表示されます。 サポートされているバージョンの Windows 10 を搭載したすべてのデバイスは、月例更新プログラムを自動的に受信し続けます。 更新時期の調整機能 機能更新プログラムと月例更新プログラムの両方を最大 35 日間 1 回に 7 日間、最大 5 回 保留できるようにしました。 35 日間の保留期間を迎えると、再び保留する前にデバイスを更新する必要があります。 また、ユーザーの使用状況に基づいてアクティブ時間を調整するオプションが追加されました。 自動更新のタイミングについても、支障が出ないような時間帯を選ぶ機能が強化されました。 アンインストール対象の拡大 アンインストールできる基本アプリが増えました。 以下のアプリをアンインストールすることができ、必要であればMicrosoft Store から再インストールできます。 3D ビューアー• 予定表• Groove Music• メール• 映画&テレビ• ペイント 3D• 切り取り領域とスケッチ• ボイス レコーダー 表示関連の変更 検索と Cortana が分離されました。 この変更に伴い、利用可能な検索と Cortana の設定も分離しています。 また、通知領域に新しくマイクアイコンが表示されます。 このアイコンで、マイクにアクセスしているかを確認することができます。 アイコンの上にカーソルを置くと、どのアプリがマイクにアクセスしているかが表示されます。 複数のアプリがマイクを使用している場合、それらがリスト化されます。 また、タスクマネージャーの視認性が向上しています。 タスクマネージャーで、既定のタブを設定できるようになっています。 スポンサーリンク ディスク容量の管理 バージョン 1903 では、アップデート、アプリ、一時ファイル、およびシステムキャッシュで使用するために、予約ストレージとして約7GB程度のディスク容量が確保されるようになりました。 予約済みスペースの量は、デバイスの使用方法に応じてリアルタイムに変化します。 予約されたストレージを削除することはできませんが、設定によって予約されたスペースを減らすことは可能です。 メモ帳の改善 UTF-8エンコーディングで保存する機能が追加されています。 また、未保存を示すマークが新設されました。 更新時のエラー 更新時にエラーが起こり、正常にアップデートできないケースもあります。 これは、必要なファイルやフォルダが開けない事が原因になっている事が多いようです。 また、セキュリティソフトが影響しているケースもありますので、アップデートの際にはソフトを停止してから実行すると良いかもしれません。 今回の更新では、パソコン自体のスペックが足りない場合も多いと思います。 少し前のノートパソコン等で主流だったスペックは、最近のWin10を動かす上では少し役不足だと感じます。 メモリについては、8GBは欲しいところです。 タスクマネージャーを見る限り、メモリ使用量が4GBを超える状況が増えています。 環境的に厳しいパソコンも多いと思いますので、仮想メモリの不足等に関する処置をしてみるのも一考だと思います。 まとめ 私のパソコンでは、「Windows10 バージョン1903」のインストール後、不具合等は発生していません。 Wordの動作が多少悪くなった気がしますが、気のせいかもしれない程度の違いです。 今回、更新に時間がかかった割には、改善点が小さく感じる人が多いかもしれません。 私自身、所要時間が長い事による不便の方が大きかったです。 更新作業は、一度始まってしまうと止められませんから、インストールと再起動のタイミングには、くれぐれも注意してください。

次の