韓国 ドラマ 愛 は ボロボロ。 エル主演韓国ドラマ「ただひとつの愛」あらすじ感想レビュー *ネタバレなし │ おもろいドラマBLOG♡

話題の韓国ドラマ『愛の不時着』にハマる人続出!その理由とは?

韓国 ドラマ 愛 は ボロボロ

ときめき不足な乾きがちな心が瞬時に潤う! 『愛の不時着』は、パラグライダー事故で北朝鮮に不時着した財閥の娘、ユン・セリ(ソン・イェジン)と、北朝鮮の将校リ・ジョンヒョク(ヒョンビン)の恋物語を中心に進んでいきます。 「ここからどんな風に恋愛がはじまるの?」という出会い方をする2人ですが、見始めるとドキドキ、ハラハラ、ウットリ(主に、ヒョンビンにに)……の連続。 1話見始めたら最後。 「とにかく見たい! 続きが見たい!」スマホの画面を見つめながら、声を出して笑ったり泣いたりと大忙しのドラマです。 筆者的『愛の不時着』の最大の魅力は、なんといっても「大人のピュアな恋愛」。 話が進んでいく中で見えてくる2人の運命的な部分だけではなく、寡黙なリ・ジョンヒョクがユン・セリに対してどんどん愛情を溢れさせていくシーンを見るたびに、「私も~! 私もこんな風に愛されたぁぁぁぁい!」と叫びだしたくなるほど。 筆者は後半6話をほぼ泣きながら視聴したのですが、リ・ジョンヒョクのあまりの愛の深さに「心臓が止まるかもしれない」と感じるシーンもいくつかありました。 日本のドラマでここまでズキューン! と来ることがないので、 ときめき不足の方にはおすすめです。 見るだけで女性ホルモンが活性化してる気がします。 Netflix オリジナルシリーズ『愛の不時着』(全16話) パラグライダー事故で北朝鮮に不時着した財閥の娘でファッションブランドを経営するユン・セリと彼女を匿い愛してしまう北朝鮮の将校リ・ジョンヒョク。 堅物の将校の家で、素性を隠して暮らすことになるが... 果たして絶対極秘の2 人の愛の行方は?偶然の出会いが、知らなかった世界の扉を開く。 韓流人気俳優のヒョンビン(「アルハンブラ宮殿の思い出」「シークレット・ガーデン」)とソン・イェジン(「よくおごってくれる綺麗なお姉さん」「私の頭の中の消しゴム」の)の再共演ほか、他のキャストのコミカルなキャラクターも話題となった。 脚本家は「青い海の伝説」「星からきたあなた」のパク・ジウン。 Netflix オリジナルシリーズ『愛の不時着』は。 韓国ドラマデビューの人にこそおすすめ! 韓国ドラマデビューだった筆者には、1話80分以上ある韓国ドラマを16話全て見終えることができるのかという気持ちがありました。 でも、1話を見終えた時点でそれは無駄な心配だったと悟ります。 最後まで一瞬も退屈する時間がないのは、主人公の2人だけではなく、リ・ジョンヒョク率いる5中隊の部下4人や、社宅村の奥様たち、リ・ジョンヒョクの婚約者として登場するソ・ダン(ソ・ジヘ)や、実業家のク・スンジュン(キム・ジョンヒョン)と言った、脇を固める登場人物たちのキャラクターがどれも素晴らしいから。 「愛の不時着」16話を見終えた筆者は、すっかり沼にハマってしまった。 まさか、自分が韓国ドラマの沼にハマるとは……。 「これが世に言う「愛の不時着ロス」!」と衝撃を覚えつつ、1話からお気に入りのシーンを見返したり、関連記事をかたっぱしから読みまくったり、YouTubeでメーキングを漁り見る日々。 寝ても覚めても、ヒョンビン演じる軍人リ・ジョンヒョクと、ソン・イェジン演じる韓国の財閥令嬢ユン・セリが頭の中で微笑みかけてくるのです。 シングルマザーの新たな恋とサスペンスでドキドキが倍増! 「愛の不時着」をきっかけに韓国ドラマデビューを果たした人たちにおすすめしたい作品がNetflix オリジナルシリーズ『椿の花咲く頃 』(全20話)。 『椿の花咲く頃 』は、6月5日に開催された韓国のゴールデン・グローブ賞と言われる「第56回 百想芸術大賞」では、【テレビドラマ部門大賞】、ファン・ヨンシク役のカン・ハヌルが【男性最優秀演技賞】、ノ・ギュテ役オ・ジョンセが【男性助演賞】を受賞するほど、高い評価を得た作品なのです。 女手ひとつで息子を育てるドンベクに突然訪れた、新たな恋の予感と連続殺人犯の影。 シングルマザーへの偏見と差別に負けることなく、幸せをつかむことはできるのか。 「あなたは強くて、立派で、愛される価値がある」。 目の前に現れた男ヨンシクが繰り返すまっすぐな言葉はやがて、頑なな彼女の心を少しずつ溶かしていく。 涙あり笑いありのロマンチックでハートウォーミングなドラマ。

次の

愛の不時着 キャスト・登場人物 ヒョンビン&ソン・イェジン主演韓国ドラマ

韓国 ドラマ 愛 は ボロボロ

— 2019年 7月月19日午前3時08分PDT ちょっといまいち日本タイトルの正式名称がわからんのですけども、「ただ一つだけの愛」とか「天使のラストミッション」とか。 KNTVのタイトルが「ただひとつの愛」なってたんでとりあえずそれでいきます。 笑 てかファンタジー苦手なくせにひたすらにファンタジー続くやつ。 笑 いやこのドラマはたとえ苦手なファンタジーでも絶対見ようと思ってたんですよ。 そんな中公園で盲目の女性、ヨンソ(シン・ヘソン)を見かける。 将来有望なバレリーナとして活躍していたヨンソだったが、3年前に事故で失明し、角膜移植手術を待ち続けていたのだった。 だが、一向に手術は受けられず、バレリーナへの夢を絶たれたヨンソは今は亡き両親が残した豪邸で、チョ秘書(チャン・ヒョンソン)に当たり散らし、愛を信じられなくなっていた。 目が見えないヨンソだが、何故か普通の人間には見えないダンの存在を感じ、ヨンソの反応に驚いたダンは慌ててその場を去る。 その後、ヨンソとチョ秘書が乗った車が事故に遭う。 そして一命を取り留めたヨンソは事故で命を落としたチョ秘書の角膜を移植され光を取り戻す。 一方消滅するはずだったダンだが、消滅の代わりにあるミッションを与えられることに。 それは100日間、恋のキューピッドとなり人間に愛を教えること。 こうして人間の姿になっ たダンはヨンソの秘書に応募し、彼女に真実の愛を見つけさせることに。 その頃ヨンソのバレエ団で芸術監督を務めるガンウ(イ・ドンゴン)はヨンソの視力が回復したことを知り、ある想いから彼女をバレエに復帰させようとする。 天使です。 ファンタジー苦手すぎる芸人のnanaでもちょっと世界観に引き摺り込まれそうなるくらい、絵的に芸術的な雰囲気が漂うとっても美しいお話でした。 途中なかなか進展がない展開に本国では視聴率が伸びなかったみたいですが、このドラマは後半が結構良きなので最後まで見る価値はあると思います。 ちょっと天使界の掟みたいなんがえ?どゆこと?ってなること多かったですけど、多分それは私のオツムが弱いからやと思います。 さんのYouTubeチャンネルにこのドラマの動画が上がってたからなんですよね。 あんまりネタバレない動画貼っときまするね。 私見たのはbpwinces! さんの別の動画やったんですけど、動画見た時点でちょっと泣きそうなっていやこのドラマは観なあかんわ。 ってなり見た運びです。 笑 まあストーリーとしてはよくあるファンタジーっちゃよくあるファンタジーなんです。 愛を知らないバレリーナに舞い降りた天使。 もうこのドラマにはまれるか否かはエルくんにはまれるか否かにかかってます!! 私KPOPかなりうといんでエルくんがINFINITEのメンバーってことは存じてたんですが、俳優としてのエルくんはこのドラマで初めましてだったんですけど、 いやあ〜 エルくん、リアル天使でしたわ。 わたし的にはやっぱりしつこいけどヨジング主演の「絶対彼氏」がファンタジージャンルでは一番グッときたかな〜。 やっぱヨジングが個人的にめちゃくちゃ情わくってゆうのがおっきかったし、久々に観たファンタジーやったってゆうのもあったと思いますけど、後半の畳み掛けが一番えぐかった。 なので「ただひとつの愛」もやっぱり後半もっとくれ病に陥りました。 「ホテルデルーナ」しかり、私のファンタジー飽きがすんごかったんで時間置いてみようと思ってたんですけど、このドラマだけは何故かどうしても見たかったんです。 笑 でもこのドラマはラストまで見てほんと良かったし、私のファンタジー飽きをもってしても童話のような素敵なドラマで心打たれるものがありました。 ほんでこれは朗報。 キスシーンめっちゃ攻めてました。 — 2019年 7月月6日午後4時24分PDT 叶わないからこそ人間は永遠の愛を誓いたくなる的なセリフはほんと的を得てるし、叶ってしまったらその愛の大切さを時間と共に忘れてしまうのも人間よなあみたいなことをふと考えさせられました。 兎にも角にもエルくんが天使すぎたし(しつこい)日常を忘れて癒されました。 これすんごいです。 序盤から全てが圧巻で言葉失ってます。 1話見るごとにどっと疲れてます。 ほんと。 俳優がすんごいわこれは。 2018. 2019. 2019. 2019. 笑 そんな […][…]• 2019. 笑 こ […][…]• 2018. 笑 かなり遅すぎる視聴ですが好評だった【星から […][…].

次の

韓国ドラマ|愛の不時着のネタバレや最終回の結末!あらすじや感想も|韓流マイスター

韓国 ドラマ 愛 は ボロボロ

で配信され、話題沸騰中の『愛の不時着』。 北朝鮮軍の朴訥とした超イケメン将校と、韓国有数の巨大財閥の可憐な令嬢、異なる世界に生きる2人のあり得ない出会いに始まるラブストーリー。 波乱万丈なこの恋は、あの『冬ソナ』を超える!? 全話観たのは2002年『』のみです。 それも世間で大騒ぎになってだいぶ経ってから観始め、フツーにハマって涙涙で最終話まで観たものの、それ以降韓国ドラマを観ることはありませんでした。 特別な思い入れも極端な苦手意識もない、そんな自分がこのほど18年ぶり(!)に韓国ドラマを一気に全話観ました。 タイトルは『愛の不時着』。 それも自分から積極的に観たいと思って観始めたのではなく、なんとなく薦められて。 ある知人とのLINEのやりとりで、締めの決まり文句みたいになっていた「というわけで『愛の不時着』観てね!」という言葉をなんども受けてようやく重い腰を上げたという、だいぶ後ろ向きなスタートでした。 それが、こんなことになるとは。 『愛の不時着』第1話はタイトルバックから画面が二分割され、ある男女それぞれの日常が映し出されます。 やがてそれは北朝鮮軍将校のリ・ジョンヒョクと、韓国の財閥令嬢で企業家でもあるユン・セリと知らされます。 ああなるほど、これはあまりに住む世界が異なる2人の恋愛モノか。 かなりシリアスな日常を送るジョンヒョクと、華やかな生活だけど父親の会社の後継者争いでヒリヒリとした日常を生きるセリ、2人がどう出会うんだろう?等と思っていると、ユン・セリが自社の新製品を自らテストすると言ってパラグライダーで飛行中、巨大竜巻が発生。 あれよあれよで墜落、そこは北朝鮮でした……って、ええ!? 本当に不時着したよ!それが物語の始まりです。 愛が、不時着!? 北朝鮮軍将校のリ・ジョンヒョク役のヒョンビンと、財閥令嬢のユン・セリ役のソン・イェジン。 ラジオ体操のようにスピーカーから流れる軽快なリズムにノリノリで体を動かす住民たち、制服姿で整列する子どもの姿。 へ〜、北朝鮮ってこんな感じ?近所の人で集まって井戸端会議をしながらキムチを漬けたり、村の洗い場でみんなで洗濯したり、しょっちゅう停電するから冷蔵庫はあてにせず肉は塩漬けにして保存したり。 まるで昭和の日本のようだなと思っていると、劇中のセリも目を丸くして驚いています。 韓国の人にとっても似たようなもので、北朝鮮の人びとの暮らしはまるでタイムスリップしたかのようなのか……そりゃそうか!等と思って興味深いのです。 そこでジョンヒョクはセリのために麺を打つところからはじめて温麺をつくってくれたり、庭でトマトを栽培したり、庭先の石窯で豆を炒ってひいておいしいコーヒーをいれてくれたりして、脱都会して丁寧にエコに暮らす人のようでもあって心惹かれます。 そのあたり、まずは北朝鮮の人びとの日常の描写がドラマのなかでめっちゃ活きるのですが、このドラマ、とにかく脚本が技アリなのです。 すべてに盛り盛りな主人公のキャラ設定 まず主人公であるリ・ジョンヒョクがスゴイ。 北朝鮮軍将校で、ケタ外れに地位の高い父親を持つ裕福な家庭に育ち、部下にとことん慕われる徹底して誠実な人間。 ある理由があって心を閉ざして感情を表に出さないが、じつは才能あるピアニストとしてスイスに留学していた過去を持つ超イケメンって、ずいぶん盛ったな〜みたいな人物です。 日本だったら、いやそれないから!と言われそうなキャラ設定ですが、それを身長185cmで、揺るぎない岩石のような(?)肩幅のヒョンビンが演じると、いいね!みたいな気になるから不思議です。 例えば1話の最後、パラグライダーが木に引っ掛かり、宙づりのまま応答しないトランシーバーを相手にぎゃあぎゃあわめいたり「誰か助けてよ〜」と泣き言をこぼすセリを見て、それまで一部の隙も見せないジョンヒョクの堅物さがほんの少し緩み、1ミリだけ微笑みます。 このとき自分でも無意識なまま、セリに心惹かれた?みたいな。 そのお芝居は、秘められた思いに耳を傾けたくなるような繊細さです。 そしてこのキャラクター、女子が抱く夢そのものなのです。 とてもゆっくりと相手に惹かれ、けれど純朴な人柄でなかなか想いを口にはせず、どこまでも彼女に一途で、不器用だけれど文字通りに命懸けで守ろうとします。 こんな男はいません(きっぱり)。 でもいてほしい。 躊躇なく盛ったキャラがこれほどヒョンビンにハマって見えるのは、彼を描くための一つひとつのエピソードに心がこもっているからでしょう。 軍服がお似合いなヒョンビン!/Netflixオリジナルシリーズ『愛の不時着』独占配信中 対するヒロインは韓国の財閥令嬢、ユン・セリ。 演じるのは『私の頭の中の消しゴム』のソン・イェジンです。 38歳のいまもナチュラルに美人で、超カワイイ。 でも最初、セリの心は冷え切っています。 父の会社の後継者争いの渦中にいて2人の兄はライバル、母親に対しては心にあるわだかまりが残っています。 ゲームみたいな恋愛をする相手には事欠きませんが、だからこそ孤独でもある。 時に笑顔で皮肉を言い、部下には冷酷に指示を出すという企業家らしい表の顔を持ち、その実は怒ったり泣いたりわめいたり、勝手なことを言って相手を振り回したり。 下手したら嫌な性格のワガママな女になりそうなところをソン・イェジンが演じると、それを含めてなんだかカワイイ。 後半たびたび登場する泣きの演技ではいつでも顔が真っ赤になり、その涙に深く共感させるのもさすがです。 ヒョンビン演じるリ・ジョンヒョクが真っ直ぐなやさしい瞳で見つめるその先にソン・イェジン演じるユン・セリがいる、そりゃそう〜だ!と思わせる化学反応が起きています。 笑うと目がなくなる感じもカワイイ、ソン・イェジン。 /Netflixオリジナルシリーズ『愛の不時着』独占配信中 隅々まで個性的な脇キャラが続出 主役の2人だけではありません。 チェ・ジウ主演の『天国の階段』が大好きな韓国ドラマオタク、母思いの孝行息子、イキがっちゃうけどわりといい人、意外にハンサムと、リ・ジョンヒョク率いる第5中隊の4人組とセリの交流は笑えてほっこりさせます。 ふつうのドラマなら恋敵的な役回りの男女、ク・スンジュンは詐欺師なのに意外といい人だったり、ソ・ダンはツンとした美人に見えて酒癖が悪かったりして奥行きがあります。 2人の恋の行方も1本のラブコメになりそう、ってなんかほめ過ぎ? 主人公はそれぞれ北朝鮮と韓国の人間で、2人の愛を引き裂こうとする力は強大で宿命的絶望感が漂います。 もちろんだからこそ、運命の恋は盛り上がる。 それだけじゃありません。 母親への愛、親の子を思う心、愛する人を亡くした人間の心の傷、はたまた銃撃戦やら肉弾戦やらサスペンス・アクションの要素まで入っていて、ときに心に残る名セリフや、画的に心に刻まれる名シーンまである。 すごいな〜、この脚本、1人で書いたの?と思うほどの入念さ。 作り手としての異様な体力を感じます。 物語を盛り上げるためならなんだってやったるぜ!みたいな気合いも。 それが空回りにならないというのは、どういうことなのでしょう?後半、あれ失速?と思うも再びぐぐっと盛り返し、緊張が途切れないまま最終話へなだれ込みます。 パク・ジウンという女性脚本家の名前は覚えておかなくては、と本気で思いました。 各話80〜90分ほどあって最終話は約110分、全16話。 一気に観たらヘトヘトになります。 キム・ジョンヒョン演じるク・スンジュン。 名言の数々を残す、泣かせるキャラ。 /Netflixオリジナルシリーズ『愛の不時着』独占配信中 外国帰りの音楽家で、資産家の母を持つソ・ダン(ソ・ジヘ)。 ジョンヒョンの美しい婚約者。 /Netflixオリジナルシリーズ『愛の不時着』独占配信中 文・浅見祥子 外部サイト.

次の