緊急 事態 宣言 東京 解除 いつ。 緊急事態宣言解除でコロナ収束?県超え移動はいつから解禁?

緊急事態宣言解除でコロナ収束?県超え移動はいつから解禁?

緊急 事態 宣言 東京 解除 いつ

5月21日の新たな新型コロナウイルス感染者数が続々と発表されていますが、東京都は初めて1週間の感染者数が目安の数字を下回ったようです! ですが、緊急事態宣言解除は一都三県(東京・神奈川・埼玉・千葉)を一括で行うことになっているため、まだ判断日である5月21日の時点では宣言解除はされません。 ではいつまで我慢すればよいのでしょうか? そこで今回は「東京の緊急事態宣言はいつまで?宣言解除の条件達成で神奈川待ち?」について検証していきたいと思います。 ややこしい数字を簡単に直して、わかりやすくしてあります! (中学受験の算数じゃあるまいし、10万人に0. 5人とか、わざとわかりにくくしてるとしか思えません。 これを言うなら、一都三県の人口も書かないと受験問題にすらなりません。 まったく頭のいい人たちってバカだなぁと思います・笑) 東京の緊急事態宣言はいつまで? 東京単体で考えれば、実は5月21日の時点で宣言解除の条件はクリアしています。 5月21日の都の感染者数は、11人です。 出たてのニュースを見てみましょう! 【都11人感染 初の解除目安達成】 東京都で21日、新たに11人が新型コロナウイルスに感染していたことがわかった。 緊急事態宣言を解除する目安の1つとなる直近1週間の感染者数は、「10万人あたり0. 5人程度以下」で、初めて下回った。 — Yahoo! ニュース YahooNewsTopics わかりやすく言えば、東京は1週間で70名が規準ですから、5月21日からさかのぼれば、上記のように59人となり、目安をクリアしました。 わかりにくく言えば、10万人当たりの感染者数が0. 42人となり、目安の0. 5人を下回るわけです。 5月20日から一週間さかのぼれば、目安はクリアできませんが、5月21日からさかのぼれば、クリアとなります。 まずは 都民の皆さん、おめでとうございます! ですが一都三県で一括解除をするそうなので、5月21日の判断では緊急事態宣言は解除されません。 来週の25日(月)に再度、解除の判断をするそうです。 その時に、神奈川がどうなっているかにかかってますね。 院内クラスター、収まっててほしいです。 Sponcored Links 宣言解除の条件達成で神奈川待ち? 埼玉と千葉は余裕で目安をクリアしていますので、東京もまだ気を抜かないでおけば、 あとは神奈川だけですね。 神奈川が多いのは、院内感染のせいだと聞きます。 速報によれば、神奈川の5月21日の新たな感染者は10人。 21日から一週間さかのぼれば、感染者数の合計は77名。 神奈川の一週間の目安は46名ですから、まだまだですね。 46名と言えば、1日6名で抑えなければ。 ちなみに一都三県の1週間の感染者の目安は何名でしょうか? 1週間当たりの感染者数の規準 5月21日からさかのぼる一週間の感染者数 東京 70人 59人 埼玉 36人 20人 千葉 31人 16人 神奈川 46人 80人 一都三県一括判断とするならば、一都三県のトータルで考えるべきだという意見もあります。 なるほどと思いました。 緊急事態宣言と休業要請は即刻全面解除を! 一都三県の合計で見れば、解除基準の0. そもそもドイツやNYと比べて厳し過ぎる基準であり、いまだ解除に否定的な東京や神奈川の知事には呆れるほかない。 — ひぃろ katsu87257989 5月21日の時点では、さらに0. 5に近づいているはずで、しかも規準として示されているのは、「0. 5」ではなく「0. 5程度」なので、クリアしていますね。 一都三県で一週間の感染者数の 規準はざっと計算して183人。 21日からさかのぼる一週間の 実際の感染者は175人でした。 すでにクリアしています! この考え方なら、5月21日の時点で、一都三県の緊急事態宣言は解除されなければいけないわけです! Sponcored Links まとめ 今回は「東京の緊急事態宣言はいつまで?宣言解除の条件達成で神奈川待ち?」について検証してきました。 一都三県で一括とするなら、数字も1県ずつでなくトータルで考えるべき、という考えに賛成です。 そろそろ経済を考えないと、とんでもないことになると、誰もが感じています。 選挙前にやたら顔を出す都知事とか、内容の無い発表を繰り返す総理とか、もう見るの飽きました。

次の

緊急事態宣言 全国で解除を正式決定 政府対策本部

緊急 事態 宣言 東京 解除 いつ

東京都も解除目安達成なのに実施は見送りに 新型コロナウイルスの感染拡大によって発令された、 緊急事態宣言が5月21日、大阪、京都、兵庫の2府1県で解除された。 一方で、 首都圏の 東京、神奈川、千葉、埼玉の1都3県と 北海道では 解除を見送ることになり、大阪などをうらやむ声も聞こえている。 21日朝、東京都の小池百合子知事は緊急事態宣言の継続について、こう述べた。 東京都・小池知事: 首都圏は人の行き来が大変多くございます。 そういう意味で、 まとめてこの基準を達成するようにもう少しということだと思います 宣言解除の目安の一つが、直近1週間の新規感染者数が人口10万人当たり、0. 5人程度以下であること。 京都、大阪、兵庫はこの条件をクリアしている。 東京都は21日の新規感染者が11人となり、ここ1週間で新規感染者が 10万人あたり0. 42人と、初めて0. 5人程度以下の目安をクリアしたが、解除は見送られた。 緊急事態宣言が出て以来、営業時間を短縮している、東京・渋谷の居酒屋「きくや」の社長は... きくや・斉藤芳久社長: (売り上げは)もう全然ダメで。 笑っちゃうしかないくらいダメで。 早く解除してもらいたかったけどね。 それが本音ですけど... 住民からは一刻も早い解除を望む声も 首都圏では、 千葉県と 埼玉県も解除の目安を クリアしているが、同じく21日の解除は見送りに。 人々は一日も早い解除を待ちわびている。 千葉・市原市の「市原ぞうの国」では、4月13日から臨時休園となっているが、動物はこの期間も食べることには変わりない。 月額で 約2500万円かかる エサ代などの経費を維持するために、応援支援金を募ったり、オンラインでのグッズ販売に力を入れてきたという。 市原ぞうの国 広報・佐々木麻衣さん: 長引くことを考えたら今は我慢をしなくちゃいけないのかなとは思うんですけど... 私立の動物園なので、収入がゼロになる不安、先行きが見えない不安はすごく大きかったですね 市原ぞうの国は、制限が解除されれば6月1日からの営業再開を検討している。 埼玉・さいたま市の飲食店「もつ焼 大阪屋」の社長は… もつ焼 大阪屋・赤坂架月社長: 正直、 大阪うらやましいな... とは思ってます。 店名も「 もつ焼 大阪屋」というので、なんとも言えないような気持ちですかね このお店はもつ焼を目当てに、多くの客が集まっていたというが、緊急事態宣言で時短営業を余儀なくされている。 テイクアウト弁当も始めているが、売上は思うように伸びないという。 もつ焼 大阪屋・赤坂架月社長: 僕たちも 給料をガッツリ下げていますので。 生活は 貯金を切り崩して生活費にあてているような形です 貯金を切り崩しての厳しい生活もあり、宣言の解除を期待していた。 いつ解除できる?そのときの注意点とは? 緊急事態宣言の解除の目安の一つとなる、人口10万人当たりの新規感染者数。 目安の0. 5人を下回れるかどうか、 5月20日までの1週間のデータで調べると、解除された関西の2府1県では、 京都0. 04人、 大阪0. 17人、兵庫0. 04人、とかなり低くなっている。 その一方で、解除が見送られた自治体では、 埼玉0. 31人、 千葉0. 21人と目安を下回ったが、 神奈川1. 08人、 北海道0. 69人、 東京0. 56人とその他は解除の目安に達しなかった。 5人以下を達成) 加藤綾子キャスター: 首都圏は一体化という判断をしましたから、神奈川がやはり少し高めなので、今回は解除を見送りということなんですよね? ジャーナリスト 柳澤秀夫氏: 人の動きを考えると、首都圏は一体として考えるのが妥当なところだと思います。 しっくりきますよね。 じゃあいつ解除するんだという時期の話が出てくるのですが、僕は時期じゃなくて新しい感染症の出方がどうなるのか。 検査体制がどうなるのか。 医療提供体制がどうなるのか。 その辺をしっかり押さえた上で判断しないと、とんでもないことになるんじゃないかなと思います 加藤綾子キャスター: 時期だけ見てはいけない。 総合的にデータで判断していかないという。 二木先生、このままいきますと(5月)31日には解除できる方向だと思われますか? 昭和大学医学部 二木芳人客員教授: 21日でゴールデンウィーク明けから2週間となります。 明日以降は少し増える可能性があるんじゃないかとは思っています。 総合判断ですので、医療体制とか検査体制が整ってくれば総合的に4つの都県で判断されて、31日の可能性はあるんじゃないかなと思います。 ただ第2・第3波に向けてかなり宿題があるなという感じがしますので、うまくやっていくことが重要だと思います 加藤綾子キャスター: 次に向けての準備というところですね (「Live News it! 」5月21日放送分より).

次の

東京の緊急事態宣言はいつまで?宣言解除の条件達成で神奈川待ち?

緊急 事態 宣言 東京 解除 いつ

緊急事態宣言の解除はいつ発表? 緊急事態宣言はいつ解除の発表がされるのでしょうか。 安倍首相は緊急事態宣言の期間を 2020年5月31日まで延長しました。 このまま再延長がなければ、 2020年5月31日に緊急事態宣言が解除が発表され、 6月1日以降は普通の生活に戻れるのではないかと言われています。 また西村経済再生担当大臣は 1〜2週間後の5月14日や5月21日に専門家による中間評価の結果次第で、 一部地域を先行して緊急事態宣言を解除する可能性があることも述べています。 よって政府は緊急事態宣言解除に向けて動き始めているようです。 しかし、この先新型コロナウイルスの感染者が増えてしまうと 緊急事態宣言の解除ができない状況になってしまいます。 緊急事態宣言解除に向けて、 個人でも3密を避けたり、手洗いうがいを徹底的に行うなど 新型コロナウイルスの感染を防ぐ対策が必要です。 あと1ヶ月は外出自粛を行っていきましょう。 2020年5月16日追記 緊急事態宣言が 5月14日に39県が解除されました。 緊急事態宣言を解除する基準である、 感染者数、医療提供体制、監視体制から総合的に判断したようです。 5月21日にも再び、緊急事態宣言解除について 判断がされる見通しです。 5月末を迎える前にさらなる緊急事態宣言解除が見込まれます。 今後の情報に注目です。 緊急事態宣言はいつからだった? 緊急事態宣言はいったいいつから発令されていたのでしょうか。 まず、2020年3月13日 新型インフルエンザ等の対策特別措置法が改正され、 この法律が新型コロナウイルス感染症にも適用できるようになりました。 3月14日から施行されています。 この改正によって新型コロナウイルス感染症でも 緊急事態宣言が発令可能になりました。 そして新型コロナウイルスの感染拡大が起き始めて以来、 特に 3月末から緊急事態宣言発令を要望する声がありました。 緊急事態宣言がいつ発令されるかをめぐり。 ネット上ではデマも飛び交いました。 緊急事態宣言は2020年4月7日に安倍首相から発表があり、 期間は4月7日から5月6日までとしていました。 対象地域が 東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県、 大阪府、兵庫県、福岡県の1都6県でした。 この緊急事態宣言の内容は、 令和2年4月7日付けの官報特別号外第44号に記載されています。 その後、緊急事態宣言は全国に広がります。 2020年4月16日、諮問委員会の賛同も受けて 緊急事態宣言の対象地域を全国に広げました。 また 特定警戒都道府県として、 東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県、 大阪府、兵庫県、福岡県に加えて、 北海道、茨城県、石川県、岐阜県、 愛知県、京都府の合わせて13都道府県が指定されました。 以上が新型コロナウイルスに対する 緊急事態宣言が発令された日やその後の流れになります。 緊急事態宣言は再延長される可能性はある? 2020年5月5日現在、緊急事態宣言が再延長されるかどうかは 現時点では情報がありません。 5月下旬の新型コロナウイルスの感染状況次第と考えられます。 5月下旬の感染状況を政府や厚生労働省の専門家会議の方々が どのように判断するかによって再延長か決まります。 感染状況が政府や専門家会議の方々が想定より収まっていれば、 緊急事態宣言は解除される可能性もありますし、 想定よりも収まっていない状況ならば、 緊急事態宣言は再度延長されます。 今後は感染者の数や病院の受け入れられる患者数などに 注目が集まります。 また5月14日や5月21日に緊急事態宣言の解除できるか判断する方針 と西村経済再生担当大臣は発言しています。 よって今後も外出自粛をして、 新型コロナウイルスの感染者を減らすことが大事です。 今までのように3密を避けて。 手洗いやうがい、消毒等を徹底しましょう。 そうすることで、自分の身だけでなく自分の周りの人を守ることに繋がります。 自粛疲れも気になりますが、もう少し踏ん張っていきましょう! まとめ 今回は緊急事態宣言についてまとめました。 緊急事態宣言は5月31日まで延長されました。 再延長がないようにこれからも 新型コロナウイルスに対して自分で できる対策をしっかり行っていきましょう!.

次の