何卒 ご 自愛 ください。 【季節別】「くれぐれもご自愛ください」の意味と使い方|目上

「ご自愛ください」の正しい使い方!ビジネスメールや目上の人に使う際の注意点とは

何卒 ご 自愛 ください

「どうぞご自愛ください」は相手を選ばず使える文ですが、丁寧な印象なので、友人や同僚よりは目上の方や上司に使うことが多くなります。 「どうぞご自愛ください」は、どのような相手に、どう使えば良いのでしょうか。 ここでは、相手別に「どうぞご自愛ください」の使い方をご紹介します。 目上 目上の方への手紙やメールに、「どうぞご自愛ください」の結びの文を添えるのは正しい使い方です。 目上の方へは「どうぞご自愛ください」に加えてさらに、のちほどご紹介する時候の挨拶を季節によって使い分けると、より丁寧で時期を踏まえた文章になります。 また、より丁寧に使いたい場合は「どうぞ」の代わりに「何卒(なにとぞ)」を使い、「何卒ご自愛ください」とします。 上司 上司に対しても、手紙やメールの最後に「どうぞご自愛ください」が使えます。 状況に応じて、目上の方と同じように時候の文を添えるのも良いでしょう。 さらに丁寧さをプラスするには、「くれぐれも」をつけ、「くれぐれもご自愛ください」としたり、「ご自愛くださいませ」、「ご自愛くださいますよう」、「ご自愛くださいますよう、お願い申し上げます」としたりする方法もあります。 入院中、病気の方 「どうぞご自愛ください」は相手の体調を気遣う言葉なので、入院中や病気の方にも使いたくなりますが、実は「どうぞご自愛ください」は入院中・療養中の方に使ってはいけません。 「ご自愛ください」には「今後も変わらず、お元気で」という意味が含まれているため、既に病気や怪我をされている方に使うのは間違いです。 その場合は「どうぞお大事になさってください」、「一日も早いご回復をお祈りいたします」といった文にします。 敬語 「どうぞご自愛ください」は丁寧な表現なので敬語だと思われがちですが、「どうぞご自愛ください」の「どうぞ」は正確には敬語ではなく、丁寧語となります。 また「ご自愛ください」の「ご」は尊敬を表す接頭語、「ください」は丁寧語です。 「どうぞ」をさらに丁寧に、敬語表現で表すには「何卒(なにとぞ)」を使います。 「どうぞご自愛ください」を敬語で表すと、「何卒ご自愛ください」となります。 年賀状 年賀状には、寒い冬に相手の健康を願う意味を込めて、「どうぞご自愛ください」が多く使われます。 年賀状の場合は、昨年お世話になったことへのお礼の言葉、「今年もよろしくお願いします」という文章の後に、時候の文を入れて「どうぞご自愛ください」を使用します。 例として、「寒暖の差が激しくなっておりますので、どうぞご自愛ください」、「厳寒の折、風邪など召されませぬよう、どうぞご自愛ください」などが挙げられます。 「どうぞ」と「どうか」ご自愛くださいの違い 「どうぞご自愛ください」は、季節を問わず結びの言葉として使える便利な言葉です。 しかし、「どうぞご自愛ください」の前に時候の挨拶を足すことで、さらに季節感をプラスして活用できます。 「どうぞご自愛ください」を季節によって使い分けるには、どのような言葉を足せば良いのでしょうか。 ここでは季節別の「どうぞご自愛ください」の使い方をご紹介していきます。 春 春は季節の変わり目であり、年度の変わり目でもあるため、天候や新年度に関して体調をいたわる言葉を足します。 例として、「花冷えの季節、風邪など引かれませんよう、どうぞご自愛ください」、「陽春のみぎり、どうぞご自愛ください」、「何かと忙しい季節の変わり目かと存じますが、どうぞご自愛ください」などの文が挙げられます。 また、5月は暦の上では夏なので、「暑い季節に向かいます。 どうぞご自愛ください。 」などとします。 夏 夏は暑中見舞いや残暑見舞いに、「どうぞご自愛ください」を使うことが多くなります。 例として、暑中見舞いなら「これからも暑さが続きますので、どうぞご自愛ください」、「猛暑厳しき折、どうぞご自愛ください」となり、残暑見舞いなら、「暑さはまだしばらく続きそうです。 どうぞご自愛ください。 」、「残暑厳しき折、どうぞご自愛ください」となります。 6月ならば、「梅雨空が続きますが、どうぞご自愛ください」とします。 秋 秋は残暑を気遣う文と、冬に向けて寒さに配慮する文が入り交じります。 残暑が厳しい時期なら「残暑なお厳しき折、どうぞご自愛ください」、「夏の疲れが出やすい時節、どうぞご自愛ください」となります。 寒さが増してくる時期なら、「秋が深まりゆく季節、どうぞご自愛ください」、「秋冷の折、どうぞご自愛ください」、「向寒の折、どうぞご自愛ください」、「本格的な寒さに向かう時節、どうぞご自愛ください」となります。 冬 冬は寒さや年末の忙しさに対して気遣いを表す文を添えます。 例として、「寒い日が続きますが、どうぞご自愛ください」、「年末ご多忙の折ではございますが、どうぞご自愛ください」となり、寒さが厳しくなるにしたがって、「厳しい寒さが続きます。 どうぞご自愛ください」、「厳寒の折、どうぞご自愛ください」となります。 また、2月は暦の上では春のため、「春とはいえ厳しい寒さが続きます。 どうぞご自愛ください。 」とします。 「どうぞご自愛ください」は、手紙やメールの最後に使用し、相手の健康を気遣う意味が込められた一文です。 「どうぞご自愛ください」は相手を選ばず使える文ですが、丁寧な印象のため、友人や同僚よりは目上の方や上司に使うことが多くなります。 また、さらに丁寧な敬語表現にする場合は、「何卒ご自愛ください」とします。 「どうぞご自愛ください」はさまざまな場面で使えますが、病気や入院中の人に対して使ってはいけません。 また「どうぞご自愛ください」の前に季節に合わせた文を足すことで、季節感を出し、より相手に気遣いを表せます。 「どうぞご自愛ください」の使い方を学んで、日常に活用しましょう。 ドライバーの転職先はドライバーワークスへ! トラック業界は人手不足が深刻で 初心者の方でも応募できる案件が非常に多いです。 トラックドライバーの業務内容は、初心者の方だと不明確な点があると思います。 業務内容がわからなくても、免許や資格や経験を問わないのはもちろん、 大型免許取得費用の補助から引っ越し代の補助までしてくれる会社も存在します。 未経験でも年収が 500万を超える案件もあるので、チェックしてみましょう! 豊富なドライバー求人を案件を持つドライバーワークスなら今より好条件な案件が見つかります!.

次の

「ご自愛ください」の意味や使い方。目上の人への文例など紹介します!

何卒 ご 自愛 ください

回復を願う• 一日も早いご回復を心よりお祈り致しております。 一日も早く怪我(病気)から回復されることをお祈り申し上げます。 一日も早く職場に復帰されることをお祈り申し上げます。 どうか焦らず、じっくりと治療に専念してください。 ゆっくりご静養ください。 この機会に体を休めてください。 仕事のことは忘れて、ご静養に専心されてください。 相手がちょっとした体調不良で休んだ場合は、「病気(怪我)の具合はいかがですか?」「その後の容態(具合)はいかがですか?」など状態をケースもあります。 しかし、 相手が重病・重症で休んでいる場合は具合を聞くことで辛く感じさせてしまう可能性があるので、避けたほうがいいでしょう。• 秋の長雨が続いております。 風邪など召されませぬよう、 何卒ご自愛のほどお願い申し上げます。 向寒の折柄、 何卒ご自愛のほどお願い申し上げます。 次は季節ごとに使える、「ご自愛ください」の例文を解説します。 4.「季節柄ご自愛ください」の季節別例文集 「ご自愛ください」は年賀状や暑中見舞い、残暑見舞いによく使われる表現ですが、 1年通して使うことができます。 「ご自愛ください」の前につける理由や時候の挨拶によって使い回しが可能です。 季節の暦は昔のものでも現代のものでも、どちらを使っても間違いではありません。 手紙で季節の話をする場合は暦の季節を使いますが、現代の暦(気象庁の定義)を使う人も増えているからです。 まずは春夏秋冬の暦の定義と、時候の挨拶を表で確認しておきましょう。 春もたけなわの頃となりました• 風薫る季節となりました• 暑中お見舞い申し上げます• 残暑お見舞い申し上げます• いよいよ秋も深まって• 朝晩はめっきり寒くなって参りました• 寒中お見舞い申し上げます• 立春とは名ばかりでまだまだ寒い日が続いております• 寒さの中に春の気配を感じる頃となりました 立春、立夏、立秋、立冬は年によって日にちが1〜2日変わりますが、大体の目安は以下のようになっています。 年末に近づき仕事も一段と忙しくなる時期かと思いますが、くれぐれも ご自愛ください。 (11月)• あわただしい年の暮れ、くれぐれも ご自愛ください。 (12月)• 寒さひとしお厳しき折、何卒 ご自愛ください。 (1月)• 三寒四温の時節柄、どうか ご自愛ください。 「治療に専念して早く良くなってください」「病気が悪化しませんように」といった相手の健康状態を気遣い、体調の回復を願う言葉です。 親しい間柄なら「お大事に」だけでもいいですが、目上の人に対しては「お大事になさってください」と丁寧に言うようにしましょう。 時期柄、大変ご多忙と存じますので、どうぞお体を お労わりください。 残暑厳しい折、どうぞお体を お労わりください。 おいといください 「おいといください」は漢字で「お厭(いと)いください」と書きます。 「厭う」は「大事にする」「労わる」などの意味があるので、「おいといください」で 「体を大事にしてください、労ってください」というになります。 「厭う」には「嫌う」「避ける」という意味もあって紛らわしいので、相手の健康を気遣うときに使う場合は、「おいといください」とひらがな表記するのが一般的です。 相手の体を気遣う気持ちが強い表現ですが、 あまり使われない言葉なので使うなら「お労わりください」のほうが妥当でしょう。

次の

結びの挨拶(6月・水無月)

何卒 ご 自愛 ください

季節柄や時節柄という言葉は、主に手紙やメールなどの文書の中で挨拶の言葉として用いられており、季節柄や時節柄という時候の挨拶をすることで、相手に季節を感じてもらえるという利点があります。 変化する季節に合わせて挨拶の言葉も変えるのが、日本人の美意識として今も残っています。 季節を気にかけて挨拶をするのは、四季がある日本ならではの文化であるといえるでしょう。 季節柄や時節柄には「このような季節なので」という相手を気遣う意味が込められています。 そのため、多くの場合は季節柄や時節柄の後には「ご自愛ください」と続け、お体に気を付けてくださいという結びの一文として使います。 また、季節によって季節柄や時節柄が持つ心遣いの意味が変わってくるでしょう。 春に季節柄や時節柄を使う場合は、まだ寒さが残っているのでというニュアンスになり、夏に使う場合は暑さで熱中症などにならないようにというニュアンスになります。 季節によって言葉の持つ意味が変わるのが、季節柄や時節柄の特徴です。 季節柄と時節柄は同じように季節を表す挨拶の言葉として使われていますが、季節柄という言葉が「このような季節なので」という意味しかないのに対し、時節柄はもっと幅広い意味を持っています。 時節柄には季節のことだけでなく、私達が生きている時代という意味もあり、社会的なというニュアンスが含まれています。 そのため、「このような時代ですから」という意味でも使われているのです。 また、時節柄には特別な使い方があり、食品を送る際に時節柄を添えると、食品が傷むので早めにお召し上がりくださいという、注意を促す表現になります。 このように、時節柄は季節柄よりも広い意味を持つ言葉なので、覚えておくと役立つでしょう。 春は入学式や入社式の季節であるとともに、まだ寒さが残りつつもさまざまな花が咲き始める季節です。 そのため、「入学式を迎えるこの季節」という文言に時節柄を合わせたり、「桜が咲き始めた季節ではありますが」という文言に季節柄を合わせたりすると良いでしょう。 上記のように、春の気配を感じさせる言葉を選びつつ、相手の体調や状況を気遣う言葉につなげられると、より印象の良い挨拶になります。 夏は夏至のある6月下旬の梅雨の季節に始まり、梅雨明けの猛暑の季節である8月下旬頃まで続きます。 夏も8月下旬になると段々と夜が長くなってくるでしょう。 上記のことを考慮すると、「じめじめとしたこの季節」や「暑さ厳しき折」、「お盆には帰郷なさるとのこと」など言葉と季節柄や時節柄という言葉を組み合わせるのが適切であり、夏の中でも夏の前半なのか後半なのかによって、ふさわしい文言が変わってきます。 状況によって使い分けましょう。 秋は9月下旬にある秋分の日を境に昼よりも夜が長くなります。 しかし秋は夜が長いだけでなく、収穫が豊かな季節でもあります。 加えて、新年度も半ばを過ぎた季節であり、仕事や学業が再開され多忙になる時期でもあります。 そのため、「秋雨の降る昨今」などの秋を感じさせる言葉の後に、季節柄や時節柄をつなげ、「「食べ過ぎにはご注意ください」や「多忙とは存じますが、くれぐれもお体にお気をつけてください」といった言葉で結ぶと良いでしょう。 冬は寒さが厳しい季節であり、風邪を引いたり体調を崩したりしやすい季節です。 また、新年を迎える季節でもあるので、前向きな言葉を添えるのも良いですね。 無難な挨拶の例として、「初雪の便りが届きました」や「寒さが厳しいですが」といった言葉に、季節柄や時節柄をつなげ、「お体に気をつけてお過ごしください」など相手を気遣う言葉で結ぶことをおすすめします。 暑中見舞いや寒中見舞いは季節の節目に出すものであり、相手のことを心配している気持ちを伝えるために送ります。 そして、最初に季節や天候にあわせて挨拶をするのが一般的であり、このときに季節柄という言葉を使います。 ただ丁寧に挨拶をするのではなく、季節がらの後に相手を心配する文言を添えることで、自分の気持ちを伝えるとともに、礼儀正しい人だという印象を与えることもできるでしょう。 葉書や手紙で文末を締めくくるときに季節柄を使うことが多く、文末を丁寧な言葉で締めてより印象を良くする効果があります。 また、親しい間柄の場合では相手の健康や幸せを願い、ビジネスシーンでは相手の活躍や反映を祈る気持ちを意味します。 文章の最後まで相手への思いやりを忘れないよう心がけるのは、挨拶や礼儀を重んじる日本人ならではの文化であると言えるでしょう。 なお、以下の記事では手紙などの返事の書き方や、敬語表現について紹介しています。 参考になるのでぜひ見てみてください。 1月の挨拶文では、年が明けたことを祝う言葉とともに季節感のある言葉を挨拶文に入れることが好ましいです。 明けましておめでとうございます。 おだやかなお正月をお迎えのことと存じます。 皆様お変わりなくお過ごしでしょうか。 引用元: Tap-biz 上記の例文では、「明けましておめでとうございます」という挨拶の後に「皆様お変わりなくお過ごしでしょうか。 」という相手を思いやる言葉がきちんと述べられています。 なお、ビジネスの文書の場合は、頭語は拝啓や謹啓などの語から始めると良いでしょう。 2月はまだまだ厳しい寒さが残っているとはいえ、春が近づいている季節でもあります。 そんな2月の挨拶文として以下の例文を紹介します。 梅のつぼみもふくらみ始めましたが、皆様にはお元気でご活躍のこととお喜び申し上げます。 いつもお引き立てを賜り、まことにありがとうございます。 <本文> 時節柄、皆様にはくれぐれもご自愛のほどお祈りいたします。 まずはとり急ぎお知らせまで。 引用元: TRANS. Biz 上記の例文のように、相手が寒さで体調を崩していないか気遣いすることを忘れずに、「梅のつぼみ」という2月ならではの季語を折り合わせると良いでしょう。 3月は2月までの春の季節と、4月から始まる春の季節に挟まれた季節です。 そんな3月の挨挨拶文として、以下の例文を紹介します。 三寒四温の言葉どおり、冬が行きつ戻りつしている昨今ですが、〇〇様にはお元気でご活躍のこととお喜び申し上げます。 いつも身に余るお力添えをいただきまして、まことにありがとうございます。 <本文> 時節柄、くれぐれもご自愛のほどお祈りいたします。 まずはとり急ぎご連絡まで。 引用元: TRANS. Biz 上記の例文で使用されている三寒四温は、寒い日と暖かい日が繰り返される現象を表現する言葉です。 冬と春に挟まれた3月を良く表した言葉なので、上手に取り入れると良いでしょう。 春の暖かさを感じられるようになる4月は挨拶文として、以下の例文を紹介します。 花冷えのする日が続いておりますが、〇〇様にはお元気でご活躍のこととお喜び申し上げます。 いつも身に余るお力添えをいただきまして、まことにありがとうございます。 <本文> 時節柄、くれぐれもご自愛のほどお祈りいたします。 まずはとり急ぎご連絡まで。 引用元: TRANS. Biz 4月は桜が咲き乱れ、春が訪れるうららかな季節ですが、実際にはまだ朝夕の冷え込みの厳しさが残る日も多々あります。 そのため、上記の例文のように、「花冷え」という春に寒さが戻ることを表す表現を用いるなどして、相手の健康状態を気遣うと良いでしょう。 5月は春が終わり夏が始まる季節です。 そんな5月の挨拶文として、以下の例文を紹介します。 風薫るすがすがしい季節となりましたが、〇〇様にはお元気でご活躍のこととお喜び申し上げます。 いつも身に余るお力添えをいただきまして、まことにありがとうございます。 <本文> 季節の変わり目ゆえ、どうぞご自愛くださいますように。 まずはとり急ぎご連絡いたします。 引用元: TRANS. Biz 上記の例で、「風薫る清々しい季節になりました」とあるように、春から夏に移り変わるのが感じられる言葉を入れることが理想的です。 最後の結びは、季節柄、体調を崩しやすいので、くれぐれもご自愛くださいとしても良いでしょう。 6月は梅雨による曇天が続き、気分の晴れない季節です。 そんな6月の挨拶文として、以下の例文を紹介します。 入梅とともに梅雨空が続きますが、お元気でご活躍のこととお喜び申し上げます。 平素は多大なご指導をいただき、厚くお礼申し上げます。 <本文> うっとうしい毎日が続きますが、ご自愛のほどお祈りいたします。 とりあえずご通知申し上げます。 引用元: TRANS. Biz 6月の挨拶文では、上記の例のように、冒頭で梅雨の季節であることに触れ、文末で相手をねぎらう表現を入れると綺麗にまとまるでしょう。 7月の挨拶文として、以下の例文を紹介します。 7月は梅雨が開け、夏が本番を迎える季節なので、暑さについて触れるようにしましょう。 ようやく梅雨も明け、本格的な夏が訪れましたが、皆様にはお健やかにお過ごしのこととお喜び申し上げます。 日ごろは一方ならぬお心づかいを賜り、心からお礼申し上げます。 <本文> 今後におきましても変わらぬご指導をいただきたく、よろしくお願いいたします。 まずは略儀ながら書中にてお知らせまで。 引用元: TRANS. 8月の挨拶文として、以下の例文を紹介します。 8月は1年のうちで最も暑い季節ですが、暦の上では立秋に位置します。 そのため、暦と実際に感じる季節のズレについて言及することをおすすめします。 立秋とは名ばかりで猛暑が続いておりますが、皆様におかれましてはますますご健勝のこととお喜び申し上げます。 平素は格別のご厚情を賜り、心よりお礼申し上げます。 <本文> 時節柄、ご自愛のほどお祈り申し上げます。 まずはとり急ぎご通知まで。 引用元: TRANS. 9月の挨拶文として、以下の例文を紹介します。 9月は本格的に秋に入りますが、残暑が厳しい季節でもあります。 そのため、冒頭の挨拶は秋らしいものにしつつ、残暑についても触れると良いでしょう。 残暑も日ごとに和らぎ、初秋の季節となりました。 〇〇様にはお変わりなくお過ごしのこととお喜び申し上げます。 日ごろはお世話になりまして、心より感謝申し上げます。 <本文> 時節柄、どうかお体を大切に。 まずはとり急ぎご通知申し上げます。 引用元: TRANS. 10月の挨拶文として、以下の例文を紹介します。 10月は秋の気配が深まり紅葉が美しい季節です。 秋の季節が眼前に浮かぶような表現ができれば素敵でしょう。 木の葉も色づき始めましたが、皆様にはいよいよご清栄のこととお喜び申し上げます。 日頃は格別のご厚情を賜り、心から感謝いたしております。 <本文> 時節柄、ご自愛のほどお祈り申し上げます。 まずはとり急ぎご通知まで。 引用元: TRANS. 11月の挨拶文として、以下の例文を紹介します。 11月は秋から冬へ変わる季節なので、冬の始まりがわかるような表現が適切です。 冬が駆け足で近づいているようですが、皆様にはいよいよご清栄のこととお喜び申し上げます。 日頃は格別のご厚情を賜り、心から感謝いたしております。 <本文> 時節柄、ご自愛のほどお祈り申し上げます。 まずはとり急ぎご通知まで。 引用元: TRANS. 12月の挨拶文として、以下の例文を紹介します。 12月は私生活も仕事も多忙を極める季節です。 相手へのねぎらいを忘れずに、感謝の気持ちを伝えましょう。 師走の慌ただしい季節となりましたが、皆様にはいよいよご清栄のこととお喜び申し上げます。 日頃は格別のご厚情を賜り、心から感謝いたしております。 <本文> どうぞ皆様お元気で、よいお正月をお迎えください。 まずはとり急ぎご通知まで。 引用元: TRANS. お礼状の挨拶文として、以下の例文を紹介します。 一概にお礼状といっても、暑中見舞いや寒中見舞いなど豊富な種類がありますが、感謝の気持ちを伝えるために丁寧な挨拶をするという使い方はどのお礼状でも変わりません。 以下の例文は寒中見舞いの例文です。 寒中お見舞い申し上げます 厳しい寒さが続いておりますが、皆さまいかがお過ごしでしょうか。 先日は、ひとかたならぬお世話になり、本当に有難うございました。 心より感謝いたしております。 今後とも何卒ご指導のほどよろしくお願い申し上げます。 まだまだ寒さ厳しい日が続くと思います。 お風邪など召されせぬようご自愛ください。 まずはお礼まで 引用元: TRANS. Biz 季節感のある挨拶文を書こう! 挨拶文は、ご自愛くださいで文末を締めることで相手を気遣いつつも、季節を感じられる表現も織り交ぜるという、日本人ならではの風流な文化です。 しかし、季節によってふさわしい言葉があるので、使い方を間違えると恥をかいてしまう可能性もあります。 言葉選びに注意して、季節柄を考慮した挨拶文を書きましょう!.

次の