道路 キャッツ アイ。 キャッツアイ埋設表示ピン

キャッツアイをスピード出したまま踏み走っていませんか?

道路 キャッツ アイ

踏んだ瞬間、「ガガガッ」というショックがあり、「ひょっとしてタイヤが損傷を受けたかも」と思ったら、間もなくインパネに「タイヤ空気圧警告」が点灯。 これはマズイとクルマを道路脇に止めて確認したところ、左前のタイヤのサイドウォールが裂け、完璧にパンクしていた。 タイヤサイズは、18インチの40扁平。 かなり薄いタイヤだったので、キャッツアイとホイールにサイドウォールが挟まれる形になり、何か所か裁断されたようにズタズタの状態だった。 実は私も、同じ場所でキャッツアイを踏んだことがあり、その時はサイドウォール内部のカーカス(骨組み)が一部切れ、タイヤにコブができてしまった。 結局タイヤ交換となったが、ゆっくりなら走ることはできた。 装着タイヤは、パンクしてもある程度の距離を走れるはずのランフラットタイプだったが、パンクの際は剛性のあるサイドウォールで車重を支える構造なので、サイドが裂けてしまってはどうにもならず、救援のローダーを呼ぶしかなかった。 キャッツアイにもいろいろなタイプがあるが、友人が踏んだのは、日本全国多くのセンターラインなどに埋め込まれている、上から見ると平行四辺形をしたタイプだ。 調べると、高さはちょうど5cm(土台の厚み6. 5mmを含む)という設計である。 反射板で道路の境界を示しつつ、これを踏むと衝撃が発生してドライバーに知らせる。 同時に、斜めの設置形状によりクルマを車線の内側へ押し戻す力が働き、はみだしを防ぐ効果があるという。 しかし、キャッツアイを踏んでパンクしたという事例はかなり多く、しかもかなりの勢いで増えているが、背景にはタイヤの低偏平化がある。 近年、タイヤの低偏平化が進み、一般的なファミリーカーでも、そこそこの偏平タイヤが装着されるようになった。 たとえば新型カローラを例に取ると、上級グレードには、215/45R17というサイズのタイヤが装着される。 これだとサイドウォールの高さは10cmもない。 高さ5cmのキャッツアイをそれなりの速度で踏めば、スポーツカーとは程遠いファミリーカーのカローラでも、パンクしてしまう可能性はある。 もちろん、キャッツアイの存在意義は、「踏まないように誘導すること」にあり、そもそも踏んではいけないものではあるが、それにしても、踏んだらパンクしてしまう物体がそこら中に埋め込まれているというのは、安全上どうなのか? 「パンクすれば速度が落ちるから安全じゃ?」と思うかもしれないが、パンクしてもその場に止まるわけではない。 逆にパンクによってコントロールを失う可能性もあるし、故障車を発生させることにもなるから、安全上はどう考えてもマイナスだ。 5ch. あくまでも注意喚起とはみだし防止が目的です」との答え。 では、「近年のタイヤの低偏平化によって、パンクするようになってしまったということですね?」と尋ねると、「そうですね……。 そういう面はあるかもしれません」と自信なさげだった。 その担当者は、そもそもキャッツアイを踏んでパンクする事例があることを初めて聞いたという雰囲気だった。 タイヤの低偏平化は自動車メーカーが勝手に進めたことで、国交省はあずかり知らぬだろう。 しかし、どんなモノも時代によって変化していく。 キャッツアイの形状は、現在のクルマにとって、一種の凶器になっている。 なにせ全国に設置されているものなので、それを交換するのは大変な作業だし、すぐには到底不可能だろうが、そろそろ規格を変更して、更新するものから順次でいいですから、パンクさせないキャッツアイに取り換えていただけないものでしょうか。 安全のために。

次の

道路の真ん中やゼブラゾーンにあるキャッツアイとは、何のためにあるのか。正式名称は?

道路 キャッツ アイ

2週間前に筑波サーキットを走り、何年か振りに筑波山が走りたくなってきました。 ということで、今日一人で表筑波スカイラインを走り始めたところ、キャッツアイに見事やられてしまいました... 涙 登りの左コーナー、そんなに速度は出ていなかったと思います。 カーブ進入時にかまぼこ(路面に小山が細工してあるヤツです)があり、車体が大きく跳ねました! 少し横っ飛びして、右前のタイヤが中央分離帯に設置してあるキャッツアイ(反射板が付いている鉄製のもの)の上に斜めからの角度で落ちたような気がしました。 着地の角度が悪かったのでしょう... そのままサイドウォールが2箇所切り裂かれました。 ガンガンと2回、鈍い感触がステアリングから伝わってきました... 運良く直ぐ見えた少しスペースに余裕のある朝日峠のY字路の路肩に駐車です。 やはり、タイヤもサイドウォールが裂け、ホイールもかなりのダメージでした。 ここから始まるところなのに... (以前、筑波山のキャッツアイは、他の場所のものより高さがあり、角が立っているような印象を抱いていたのですが... そんな事、今日はすっかり忘れていました。 ) まぁ、嘆いていてもしょうがないので、携帯を取り出してロードサービスを呼ぶことに。 ガーン!! 圏外... ソフトバンク君、頼むよ。 でも、悔し紛れにクルマから10m程離れたら、一本立ってくれるじゃないですかぁ! それでプジョーのロードアシスタンスにTELし、積載車が来てプジョーつくばに運んでくれることに。 免許取って20数年、レッカー車を含め初めての積載車コールでした。 待つこと40分、やってきました積載車! 現れたのは、感じが良くて、さわやかなイケ面君です。 もちろん仕事も手際よくプロフェッショナルです。 私が女子で、山奥にこんなさわやかなイケ面君が助けに助けに来てくれたら、きっと恋に落ちてしまうこと間違いないです(笑)... 帰って妻に話したら、あなたも歳を取ったわね... と、そういえば、僕ももうちょっと前は、爽やかなイケ面と言われたものです(スイマセン... 以前は彼も筑波を攻めていたようで、積載車の社内で楽しい話ができました。 プジョーつくばでは、アイスコーヒーを2杯ごちそうになる間、メカニックの方がいろいろ見てくれました。 ホイールの手配もタイヤの手配も数日かかるということで、どうしようかなぁと考えていたところ、508のテンパータイヤで何とか自走できそうとのこと。 しかも地元のディーラーまで、それで帰って後日送り返してくれれば、オッケー!とのこと... 本当にありがたいお言葉。 地元のディーラーにTELし、508のテンパータイヤで何とか自走して帰れました! プジョーつくばの方々、ありがとうございました(サービス料をとお聞きしましたが、何にも直してないので、お金は要りませんと... う~ん、プロフェッショナル!) 地元のディーラー、プジョー美女木で、到着後早速修理の見積もりです。 タイヤが5. 5万円位、ニューホイールが4. 5万円位でしめて11万... ちょっと(かなり)高い授業料となりました。 でもホイールは車両保険(免責ゼロで、来年の保険料も1万弱の上昇とのこと)でカバーできたのがせめてもの救いです(涙)... 色々ありましたが、エキサイティングな一日でした。 皆さんもどうか筑波のキャッツアイにはお気をつけください。

次の

【車カス】低扁平タイヤでキャッツアイ踏んでパンクして国交省に文句言う(笑)

道路 キャッツ アイ

概要 [ ] 追い越し禁止区間の道路や、対向車が視認しづらいの連続する峠道などに、対向車線にはみ出すような走行を抑止するために設置されている例が多い。 走行中に乗り上げると連続的に大きな衝撃と音が車内に響き、車線外への逸脱を運転者に警告し、脇見や居眠り運転などによる事故を抑止する。 また、運転者が車体への衝撃を嫌って、乗り上げないよう注意して運転することを促す視覚的な効果を期待するものである。 上から見おろすとよく分かるが、形状がになっており、短い側の2辺を道路進行方向に対して平行に設置すると、長い側の2辺が進行方向左斜め前方を向くようになっている(逆向きになっているものもある)。 これは、意図しない状況での車輪がチャッターバーに乗り上げた場合、対向車線にはみ出さないよう自動的にが左に切れ、強制的に走行している車線へ車体を戻して平常走行を回復させるためである。 また、乗り越えてしまい車線をまたいだまま走っても、自車の車線に復する場合には、衝撃が少なくて済む。 車高の低い自動車や大径の偏平を装着した自動車の場合、乗り上げると車体やタイヤ、に損傷を与える場合がある。 また、二輪車では転倒する危険性が高いため、特に注意を要する。 本体の材質はの製が多いが、ゴム製やコンクリート製などもある。 夜間の視認性向上のために の反射板や反射シートなどを組込んだ反射式と非反射式がある。 反射板を持つ丸や四角の小さいものはと呼ぶ。 底面には2本の脚が付いており、路面に穴を開けて専用のまたはを塗布し開口部に脚を挿し込み固定されており、容易に外れないようになっている。 なお、積雪の多い地方では冬季に除雪作業の支障となったり、作業時に破壊してしまう恐れがあるために着脱式とし、秋に取り外し春に再度設置するなどしている。 死亡事故 [ ] 1999年4月25日、イングランドののM3において、DJのが助手席に乗っていた車のフロントガラスを、前の車に跳ね飛ばされたチャッターバーが突き破り、彼女の頭部に直撃し死亡した。 検視官はこれを偶発的な事故と判断した。 調査官らは、チャッターバーが時々緩くなることがあると認めたが、これまでこういった事故は無かったとも付け加えた。 この事故によって、チャッターバーの安全性についての質問がでなされ、高速道路管理局は様々なタイプのロードスタッドの長期的な信頼性と性能を調査した。 脚注 [ ]• 入射光の方向へ反射する構造を持つ• 『道路用語辞典』(日本道路協会編、1977年発行)• Fuller Up, the Dead Musician Directory. 2008年12月2日閲覧。 : p. 1999年5月2日. "David Lydford, of , said: Cat's eyes sometimes work loose, but I have never come across an accident like this in my 28 years with the police. House of Lords. 13 December 1999. col. WA20. 関連項目 [ ]• 外部リンク [ ]•

次の