外壁塗装 耐用年数 減価償却。 減価償却?修繕費?法的耐用年数から考える外壁工事の確定申告

法定耐用年数はどう決まる?外壁塗装を減価償却する年数

外壁塗装 耐用年数 減価償却

減価償却(げんかしょうきゃく)とは 企業会計に関する購入費用の認識と計算の方法のひとつである。 長期間にわたって使用される固定資産の取得(設備投資)に要した支出を、その資産が使用できる期間にわたって費用配分する手続きである。 外壁塗装費用を経費計上する場合、 修繕費か資本的支出かどちらで処理するかを判断していかなければいけません。 耐用年数ってどういうことか 耐用年数とは、その建物がどれくらい使用できるのかという寿命を表す場合に使用される言葉です。 ただその言葉の意味合いが用途などによってかなり幅広く解釈されて使用されています。 法定耐用年数 税務申告の際などには、国税庁が発表している法定耐用年数がを用います。 この法定耐用年数とは、実際の 建物の物理的な寿命を考えたうえで法律に基づいて定められた資産の減価償却期間ということです。 この年数に関してはあくまで目安の年数です。 経済的耐用年数 経済的耐用年数とは、その建物に価値またその使用目的を充分に使用目的を満足できうる期間、 つまり建物が新築のときから無価値になるまでの期間を表します。 国税庁が発表している耐用年数とは? 国税庁が発表している建物の法定耐用年数です。 耐用年数と耐久年数は違う 「耐用年数」と「耐久年数」は似たような意味で使われ足りするのですが、 実際にはその意味にちょっと違いがあるのです。 耐久年数は、耐用年数と混同しやすいのですが、 各住宅メーカーなどが独自基準として設けている目安の期間です。 つまり「問題なく住宅として使用できる年数」ということです。 この期間はあくまでも期待値で期間を過ぎても問題ない場合もありますし それ以前に何かしら問題が発生することもあるということもあります。 2.外壁塗装の塗料に関する耐用年数 とは? 外壁塗装に関する耐用年数で塗料に関する耐用年数とはどういうことなのでしょか。 塗料の耐用年数とは、 「 塗装したときから、その塗装が劣化してチョーキング(粉が手につく)、ひび割れなど、様々な劣化症状が発生するまでの期間 」 のことを差します。 外壁塗装の塗料の耐用年数 外壁塗装の耐用年数は外壁塗装に使用する塗料の種類によってかなりの違いがあります。 各塗料メーカー様々な塗料を発売していますが、 塗料のそれぞれの種類ごとに耐用年数やその性質・特徴は全く異なります。 塗料に関しての耐用年数はあくまでも塗料メーカーそれぞれの検証による期待値であって、 法律で定めているわけではありません。 外壁塗装で使われる主な塗料の耐用年数 塗料の種類 耐用年数目安 特性・特徴 アクリル系塗料 3~6年 一昔前にはウレタン全盛期でしたが最近やや減少傾向の種類です。 コスト的にも施工面でも優れているのですが耐久性がシリコンなどに比べて劣ります。 ウレタン系塗料 6~10年 一昔前にはウレタン全盛期でしたが最近やや減少傾向の種類です。 コスト的にも施工面でも優れているのですが耐久性がシリコンなどに比べて劣ります。 シリコン系塗料 8~12年 ここ最近の外壁塗装では最も人気の塗料です。 価格に対する性能のバランスの良い耐久性の高い塗料です。 塗り替える周期にマッチする塗料ともいわれます。 フッ素系塗料 10~16年 一般的なエマルション塗料の中では最高グレードの塗料になります。 長期間、塗膜が持続しますので塗料としての性能も長持ちします。 ただ費用的にコストが高めです。 無機塗料 10~15年(25年) 無機であるガラスを塗料に混ぜ込んだ塗料です。 かなりの長期間、塗装の効果が持続します。 屋根など劣化が激しい部位によく使用されることでその超耐久性を発揮するのですが、コストがとても高いです。 ラジカル塗料 8~15年 耐久度に信頼のある塗料で、2012年に発売された新しい塗料です。 シリコン系塗料のようなコストパフォーマンスでシリコンより少し上位にあります。 光触媒塗料 10~15年 太陽光が当たって雨で汚れが落ちるというセルフクリーニング効果があります。 発売当初は価格が安定せず高騰しているときあったのですが、最近は価格も落ち着いてきました。 耐用年数や機能性が上がるほどに塗料の値段も上がっていくという傾向があります。 そのため、必要以上に高価な塗料を選択するのではなく、 外壁の状態や予算を考慮の上、 最適な塗料を選択するのが良いでしょう。 外壁塗装の塗料選び 耐用年数の考え方 外壁塗装の塗料を選択する際、 塗料期間の耐用期間で考えることができます。 一度だけの外壁塗装工事の費用を、考えるのではなく、 そのお家に住んでいる間の期間に何回も外壁塗装をするのかという、 トータルでの考え方です。 外壁塗装の塗料のことなど一般的な知識を深めたい方に向けて書いてます。 あなたがそのお家に住む間、 「何回外壁塗装が必要ですか?」 ということです。 仮に30年間とした場合、 ウレタン系塗料の場合、4〜5回、無機塗料の場合、2回 という計算になります。 これはあくまでも塗料メーカーの耐用年数だけの計算ですので、実際のお家の状況で変化はあります。 このように考えると現在の塗料の種類全体で見たときに耐用年数と費用のバランスのよい、 シリコン系塗料、 ラジカル塗料、が選ばれることが多いです。 外壁塗装の費用を修繕費か?資本的支出か?どちらの勘定項目で計上すのかの判断には悩まされます。 修繕費で計上する場合は、一括で経費計上できますのでその年の税金の節税になるかのせいもあります。 資本的支出での計上であれば、外壁塗装の工事費用を資産として計上して減価償却の手続きとして国税庁の定める償却期間の間、計上されていきます。 防水に関する国税庁の発表する耐用年数 屋上防水の費用も経費計上できます。 ですが、その際には外壁塗装と同様に修繕費か資本的支出かという判断のところで悩むことが多いです。 屋上の防水工事は通常、 建物を維持するために不可欠となる定期工事費に該当するので、 修繕費とみなされることが多いです。 防水の耐用年数 防水層の種類や防水の工法によって耐用年数は違います。 総合技術開発プロジェクトによって作成された によると、 アスファルト防水押えコンクリート仕上げの場合は17年、 露出アスファルト防水の場合は13年、 シート防水(塩ビシート、ゴムシート)の場合は13年、 ウレタン塗膜防水の場合は10年 と示されています。 屋根に関する国税庁の発表する耐用年数 屋根に関しても屋根の工事費用が修繕費となるか資本的支出となるかという判断に悩まされます。 「その屋根の工事が建物を維持するために不可欠となる定期工事かどうか」というところが判断の分かれ目となります。 屋根の耐用年数 国税庁は屋根自体での耐用年数が設定していません。 屋根にはその屋根の付随する建物の耐用年数が適用されます。 ざっくりとですが、外壁塗装、防水、屋根に関係する国税庁発表の耐用年数と塗料の耐用年数について説明してみました。 工事費用面、税金・経費面のことは、各建物の状況などによってかなり違いが出てきます。 実際に外壁塗装、防水、屋根工事の費用を確定申告などで経費で計上する際には、外壁塗装が修繕費か資本的支出かという問題も出てきます。 この辺の解釈は分かれるところですので、信頼できる業者に相談してみるのが良いでしょう。 これから外壁塗装を始める方へ 「いざ業者に電話!!見積もりだ!!」 の前に・・・ 外壁塗装の工事において、 業者を選択するところから工事は始まっています。 いきなり業者に電話して見積もりを取ってもらうのはちょっと不安…、 という方は、 ネットからでも見積もりが取れる、 無料の一括見積りサイトというサービスもあります。 この一括見積りサイトは、まず完全無料で複数業者の外壁塗装の見積もりが取れるというサービスです。 ただしネット上ででわかる見積もりは、あくまでもざっくりとしたものです。 最終的には実際に業者がお家に来て、見て、測ってからの見積もりになりますが、 手始めにはちょうど良いかもしれません。 無料の一括見積りサイトのメリット・デメリット書いてますので、ぜひ読んでみてください。 外壁塗装を始める前に読んでおきたいこと書いています。

次の

外壁塗装の「資本的支出(減価償却)と修繕費」の違いとは?

外壁塗装 耐用年数 減価償却

外壁塗装の耐用年数とは、外壁を保護する役割を保てる年数のことを言います。 外壁塗装の耐用年数は2種類に分けられます。 1つ目は「外壁塗料の耐用年数」、2つ目は国税庁が発表している構造または用途で定めている「建物の耐用年数」があります。 外壁塗装の耐用年数は10年・20年・30年? 外壁塗装の耐用年数は成分品質にもよりますが約10年~約20年と言われており、住宅用塗料では30年以上の耐用年数を持つものは今のところありません。 外壁塗装の塗料別耐用年数 外壁塗装の塗料別耐用年数は以下の通りです。 ・アクリル系塗料:約4年~約7年 【特徴】他の塗料と比べると発色が良く安価だが汚れやすく、耐久性に劣ることがある。 ・ウレタン系塗料:約6年~約10年 【特徴】汚れや色褪せに強く耐久性もあるため、コストパフォーマンスは高い。 ・シリコン系塗料:約8年~約15年 【特徴】耐久性に優れている。 外壁の塗り替えでよく選ばれる傾向にある。 ・フッ素系塗料:約15年~約20年 【特徴】耐久性が高いがコストも高め。 商業施設などにも使用されている。 ・ラジカル系塗料:約8年~約15年 【特徴】2015年に発売された新しい塗料で、耐久性もありコストも低め。 ・ピュアアクリル系塗料:約12年~約15年 【特徴】耐久性が高いが値段も高め。 防水性に優れている。 耐用年数が約20年に近い塗料は価格が高額になり、逆に耐用年数が短めの塗料は価格が安価になる傾向にあります。 どのような外壁塗装材が長持ちするのか 先ほどご紹介した通り、外壁塗料の耐用年数だけを見た場合、フッ素系塗料が一番長持ちするということになりますが、耐用年数が長い分費用も高額になる傾向があります。 しかし、価格が高額でも長い目で見ればメンテナンスコストが安くなる場合もあり、加えて性能も良いため、予算内であればフッ素系塗料を検討する価値は十分あるでしょう。 そんな中、価格・耐久性・仕上がりの良さなど全体的なバランスが取れているのが「シリコン系塗料」です。 シリコン塗料はコストパフォーマンスが良いため、一般住宅の外壁塗料として現在最も選ばれています。 フッ素系塗料だと予算をオーバーしてしまう場合は、シリコン系塗料がおすすめです。 コーキング剤の耐用年数について サイディング外壁の場合は、必ずコーキング剤が使用されています。 コーキング剤とはパネルとパネルの間に充填するゴム状の接着剤のようなもので、外壁よりもコーキング剤の方が早く劣化します。 コーキング剤の耐用年数は約5年〜約10年で、約5年程経過するとひび割れやコーキング剤の剥離、シーリング剤の中央が切れるなどの症状が現れます。 そして、約10年程でコーキング剤の打ち替えが必要になるでしょう。 外壁塗料の耐用年数がどんなに長くても、コーキング剤は劣化するため、コーキング剤の打ち替えだけは約10年に一度行わなければなりません。 また、外壁塗装を行う時はコーキング剤の打ち替えも同時に行うことで、コーキング剤の打ち替えを別で行うよりも費用が割安になる可能性があります。 防水材の耐用年数について 外壁塗装と同時にベランダやバルコニーなどの防水工事が行われるケースがあります。 防水工事で必要な防水剤の耐用年数は、防水工事の種類によって異なります。 防水工事の種類別耐用年数は以下の通りです。 シート防水:約10年〜約12年• ウレタン防水:約10年〜約12年• アスファルト防水:約15年〜約20年• FRP防水:約7年〜約10年 上記のように種類によって耐用年数は異なりますが、外壁塗料と防水工事は耐用年数が近いため、外壁塗装リフォーム時にあわせて防水工事を行えば、次回の塗り替えの時も同時に工事を行うことができるでしょう。 外壁塗装の際は、ベランダやバルコニーのことを忘れてしまいがちです。 しかし、防水工事を行わないとベランダやバルコニーなどから雨漏りが発生する可能性もあるため、外壁塗装と防水工事はセットで行うようにしましょう。 外壁塗装の耐用年数に影響するもの 塗料メーカーの塗料の耐用年数は「促進耐候性試験機」と呼ばれる機械を使用して、耐久性や耐用年数などを検証しているもので、実際の住宅に塗装して得た実験結果ではありません。 そのため、外壁塗装の耐用年数が正確かどうか分からないのが現状です。 また、これから紹介する事柄によって、実際の耐用年数が変わってくる恐れもあります。 外壁塗装の耐用年数に影響する可能性のあるものは以下の通りです。 建物の立地条件 交通量の多い道路のそばに建物が建っている場合、車などからの排気ガスで外壁が汚れやすくなる可能性があります。 また、車などの振動によって外壁にひびが入りやすくなることもあるようです。 また、あまり日の当たらない場所の場合、コケやカビなどが発生する恐れがあり、外壁塗装の耐用年数に影響を及ぼす恐れがあります。 建物の外壁素材 外壁塗装の耐用年数と同様に、建物の外壁素材にも耐用年数があります。 例えば、築12年の木造サイディング外壁の建物の場合、建物の耐用年数は22年 国税庁より とされているので外壁塗装をしても、10年の耐用年数しか残っていない計算になります。 耐用年数の残り約10年の外壁に、約20年の耐久性がある塗料を塗装したところで、外壁の耐用年数が10年以上になることはありません。 外壁塗装の塗料の品質と業者 塗装費用を安く抑えるために塗料のグレードが低いものや耐久性を明らかにしていないあまり知られていないメーカーの物を選んで塗装すると、通常の耐用年数より短くなる可能性があります。 また、施工業者選びにも慎重にならなければなりません。 見積り額が安いということだけで選んでしまうと施工工程を省かれてしまって、ひびや剥がれなどの原因になる恐れがあります。 外壁の塗り替え時期は? では、外壁の塗り替え時期はいつがいいのでしょうか。 外壁の塗り替えが必要な症状とは? 外壁塗装の耐用年数以外でも、これからご紹介する症状が外壁に現われた場合は、外壁の塗り替え時期になります。 具体的にどのような症状なのか見ていきましょう。 ・チョーキング 【症状】外壁の表面をなでると手に白い粉が付く現象のこと。 塗膜の劣化が原因。 ・塗膜の剥がれ、膨れ 【症状】塗膜が密着せずに剥がれたり膨らんできている現象のこと。 ・ひび割れ 【症状】外壁やコーキングにひびが入っている現象のこと。 サイディングの外壁やコーキングによく見られる。 ・汚れ 【症状】外壁の塗膜が劣化し、汚れやすくなっている状態のこと。 急ぎで外壁塗装が必要ない場合もあるが、症状がひどくなってきたら早めのメンテナンスが必要。 ・サビ 【症状】金属部分がサビている状態のこと。 目立つ場合は早めのメンテナンスが必要。 ・コケやカビ 【症状】外壁にコケやカビが目立っている状態のこと。 外壁の防水機能が落ちている可能性がある。 急ぎで外壁塗装が必要ない場合もあるが、ひどくなってきたら早めのメンテナンスが必要。 上記の症状が現れたら、そろそろ外壁の塗り替える時期と思っていいでしょう。 また塗膜の剥がれや膨れ、ひび割れなどは長期間放置すると外壁の中に雨水が侵入してしまう恐れがありますので、早めの塗り替えをおすすめします。 塗り替えに適した時期 外壁が吹付けの場合は約6年~約10年、サイディングの場合は約10年、ALCの場合も約10年以内であれば外壁塗装の必要がないと言われており、一般的にこの時期を過ぎると塗り替え時期のタイミングとなります。 また、季節では雨の少ない時期 6月7月以外 が外壁塗装に向いていると言われています。 塗装をする際、しっかり乾燥させてから次の工程に進まないと、施工後に塗膜の浮きや剥がれの原因になってしまう恐れがあるからです。 しかし、技術力のある施工会社ならば雨季でも施工可能なので、この時期に外壁塗装をしたい人は技術力があり信頼できる施工会社を選ぶようにしましょう。 ですが断られる事も多く長持ちさせる事を考えれば出来れば避ける方が無難です。 外壁の塗り替えをしないとどうなる? 先程症状の項目でもお伝えしましたが、塗り替えが必要なときに放置して塗り替えせずにいると、症状が進み外壁の内部まで雨水などが侵入してくる恐れがあります。 そして、雨漏りや腐食の原因となる可能性があります。 症状が進むと、修復する費用などがかさみリフォーム費用が高額になる場合がありますので、症状が軽度なうちに外壁の塗り替えをおすすめします。 外壁塗装の耐用年数を長持ちさせるには? 外壁塗装の耐用年数をできるだけ長持ちさせるには、どのようなメンテナンス方法があるのか見ていきましょう。 外壁の掃除やお手入れ 汚れやカビ、藻などは放置しておくと外壁に広がってしまう可能性があります。 汚れなどを見つけたら、できるだけ早めに柔らかいスポンジで洗い落とすなどしてきれいにしていきましょう。 また、洗浄剤を使いたいときは外壁専用のものを使用するといいでしょう。 外壁の周囲のメンテナンス 外壁が日陰でカビなどが生えやすい環境の場合、周囲の植え込みなどを刈り込むなどをして、風通しを良くすると外壁塗装の耐用年数を長持ちさせることができる可能性があります。 アパートやマンションの外壁塗装のコストを抑えるコツ こちらでは、アパートやマンションなどの事業用の外壁塗装のコストを抑えるコツをご紹介します。 国税庁の耐用年数による減価償却が可能 減価償却とは固定資産の取得の支出を長期間にわたって費用配分する手続きのことですが、アパートやマンションなどの事業用住宅の外壁塗装にかかった費用を、減価償却費として計上することが可能です。 基本的にアパートやマンションなどの事業用住宅は国税庁の耐用年数が決められており、その年数に従って償却期間が決められます。 正確には外壁塗装のみの耐用年数というものはなく、外壁塗装を施したアパートやマンションの残りの耐用年数が適用される仕組みになります。 確定申告時に修繕費になるものと資本的支出になるもの 外壁塗装の目的によって、確定申告時の項目が「修繕費になるもの」と「資本的支出になるもの」の2つに分かれます。 資本的支出の場合は、外壁塗装にかかった費用を減価償却の扱いで数年間経費として計上でき、修繕費の場合は、外壁塗装にかかった費用を経費として計上することができます。 では、確定申告時にそれぞれ「修繕費になるもの」と「資本的支出になるもの」を詳しく見ていきましょう。 確定申告時修繕費になるもの 修繕費になるものは、外壁塗装の目的が修理や修復、建物の維持などのために行った場合になります。 【例】 ・外壁のひび割れや剥がれなどを補修し、雨水が侵入しないようにするための外壁塗装 ・外壁のひび割れや剥がれなどを補修し、災害などで損失した部分を補修するための外壁塗装 ・外壁の色あせや汚れなどをきれいにし、建物の景観を最低限維持するための外壁塗装 確定申告時資本的支出になるもの 資本的支出になるものは、外壁塗装の目的が建物の価値を高めたりデザインの変更を行った場合になります。 【例】 ・既存の外壁塗料より良い塗料を使用して、建物の価値を高めるための外壁塗装 ・外壁を豪華にして、外壁のデザインを変えるための外壁塗装 ・既存の外壁塗料より耐久性の高い塗料を使用し、建物の耐久性を高め資産価値を高めるための外壁塗装 詳しくは税理士、または最寄りの]税務署にご相談ください。 外壁リフォームに対応する優良な会社を見つけるには? ここまで説明してきた外壁リフォームは、あくまで一例となっています。 「費用・工事方法」は物件やリフォーム会社によって 「大きく異なる」ことがあります。 そのとき大事なのが、複数社に見積もり依頼して必ず 「比較検討」をするということ! この記事で大体の予想がついた方はへ行きましょう! 「調べてみたもののどの会社が本当に信頼できるか分からない…」 「複数社に何回も同じ説明をするのが面倒くさい...。 」 そんな方は、簡単に無料で比較見積もりが可能なサービスがありますので、ぜひご利用ください。 大手ハウスメーカーから地場の工務店まで全国800社以上が加盟しており、外壁リフォームを検討している方も安心してご利用いただけます。 一生のうちにリフォームをする機会はそこまで多いものではありません。 後悔しない、失敗しないリフォームをするためにも、リフォーム会社選びは慎重に行いましょう!.

次の

アパートの外壁塗装を経費や控除のコツ【減価償却や耐用年数】

外壁塗装 耐用年数 減価償却

Contents• アパートの外壁塗装の費用は経費にできるのか アパートの外壁塗装の費用は、確定申告の際、「経費」にすることができます。 アパートの賃貸経営を行う上で、経費にできるものは積極的に控除させましょう。 税金が発生するのは、家賃収入から経費を差し引いた利益に課税されます。 つまり、 外壁塗装の費用を経費にすることで、税金を控除することができるのです。 たとえば、月々の家賃収入が50万円だと仮定します。 このとき、経費が10万円であれば、それを差し引いた40万円が利益になります。 したがって、この40万円が課税の対象になるのです。 外壁塗装の費用が経費になれば、利益の額を減らすことができるため、税金を控除できます。 少しでも家賃経営で利益を残すためには、これからお伝えすることをよく理解して経費の仕組みを理解しましょう。 確定申告時の経費の種類や項目の違い 外壁塗装の費用は、経費にすることができますが、確定申告の項目は目的によって異なります。 種類によって税率が変わってくるため、違いを理解した上で、正しい項目で申請しなければいけません。 しかし、アパートの外壁塗装の項目の違いを判断するのは難しいですよね。 アパートの外壁塗装の項目は、以下の2種類があります。 資本的支出(耐用年数で経費を分割して計上)• 修繕費(経費を一度に計上) 同じ外壁塗装でも目的によってこのような違いがあります。 どちらの項目で経費を計上するかによって、収める税金の額が変わります。 これからアパートの外壁塗装を行い、確定申告を行う方はこの違いをよく確認しましょう。 それでは、順番に詳しくお伝えしていきます。 耐用年数で経費を分割する資本的支出 アパートの外壁塗装の目的が資本支出に当てはまるのは、どのような目的の場合になるのでしょうか。 それは、 塗り替えの目的が「建物の価値を高める」場合です。 たとえば、以下のような目的の場合、資本的支出に当てはまります。 外壁のデザインを変える• 外壁を美しい色に塗装する• 現在の塗装されているものよりも高いグレードの塗料で塗装する• 外壁の一部をタイルやサイディングにする• 外壁の外観やデザインを変更する つまり、アパートの価値を外壁塗装によって向上させるような場合、資本的支出に当てはまるのです。 資本的支出の経費は減価償却になる アパートの外壁塗装の費用が資本的支出に当てはまる場合、減価償却という必要経費として処理されます。 これは、 数年にかけて経費を支払う方法になります。 減価償却とは 外壁塗装は、築年数が経てば劣化するため、徐々に価値が下がります。 年数に応じて建物の価値が下がるので、価値が減るごとに少しずつ経費として計上するのです。 このことを「減価償却」といいます。 減価償却の耐用年数 減価償却は、 法定耐用年数に応じて価値が下がる年数が決められています。 建物の種類によって異なります。 アパートの建物の種類による耐用年数の違いは、以下をご覧ください。 木造アパート(事務所用24年:住宅用22年)• 鉄筋コンクロート造(事務所用50年:住宅用47年) つまり、 外壁塗装の減価償却の耐用年数は、塗装の耐用年数ではなく、建物自体の耐用年数を毎年経費として計上しなければいけないのです。 ただ、外壁塗装の減価償却は、行ったときから新たにアパート自体の耐用年数で経費計上しなければいけません。 たとえば、アパートを築10年で外壁塗装を行った場合、残りの耐用年数12年で減価償却するのではなく、新たに22年で減価償却しなければいけません。 外壁塗装の塗り替えの頻度は10年に1度ですが、 これはあくまでも外壁塗装のタイミングであり、減価償却の耐用年数ではないのです。 勘違いしやすい部分になるため、注意してください。 耐用年数は、国税庁によって法廷耐用年数が決まっています。 仮にアパートの場合は、以下の国税庁が公開している法定年数表をご覧ください。 減価償却の耐用年数 出典: 木造アパートの耐用年数は、22年になります。 以上の表によると「0. 046」になります。 つまり、外壁塗装の費用が400万円かかったのであれば、この償却率0. 046をかけた以下のような計算式になるのです。 4万円(毎年の減価償却の経費) したがって、築10年で400万円の外壁塗装を行った場合、毎月18. 4万円の費用を経費として計上しなければいけないのです。 ただし、この場合では、減価償却に時間がかかってしまいます。 そのため、 税理士によっては期間を短くして減価償却を10年で計上するケースもあります。 この場合は、税務署に工事内容を明確に説明できるようにしなければいけません。 これからアパートの外壁塗装を行う方は、まずはどのような経費項目になるのか、税理士に一度確認してみるのがおすすめです。 経費を一括計上できる修繕費 アパートの外壁塗装の目的が、修繕費としてみなされれば、費用を一括で経費計上できます。 外壁塗装の目的が建物の修繕や維持、補修など修理を行った場合、修繕費として経費計上することが可能です。 たとえば、以下のような目的の場合、修繕費になります。 雨漏りを直す• 劣化した外壁を塗り替える• 外壁の破損を直す• ベランダの防水工事• 壊れた雨樋の交換 修繕を目的とした外壁塗装の場合、修繕費として経費計上できます。 外壁塗装の目的のほとんどは、経年劣化による塗り替えです。 そのため、ほとんどのケースが修繕費として当てはまります。 ただし、塗料のグレードを上げてフッ素塗料(高耐久塗料)などにすると、修繕費として認められないケースがあるため注意が必要です。 修繕費として経費計上できるメリット 外壁塗装の費用を修繕費として計上すると、どのようなメリットがあるのでしょうか。 アパート経営を行う上で、経費を一括計上できるため、外壁塗装を行った年に全額控除を受けられます。 先ほどもお伝えしたように、資本的支出で経費計上すると減価償却をするため、経費として計上するのに時間がかかってしまいます。 大家としては、できれば早く、外壁塗装の費用を経費として計上させたいのも本音ですよね。 アパートの外壁塗装を修繕費として計上するためには、資本的支出に当てはまらないような工事ないようにしてください。 少額、周期の短い費用はすべて修繕費にできる アパート経営を行う上で、少額の場合や周期の短い費用は、すべての費用を修繕費として経費計上することが可能です。 このとき、「少額」「周期の短い」とされるには、規定があります。 少額とは、「20万円未満」になり、周期が短いとされるのは、「おおよそ3年以内」になります。 この条件にあてはまるものは、 たとえ資本的支出が目的の工事であったとしても、修繕費として経費を計上することが可能です。 小規模な費用は、修繕費として経費計上できるため、覚えておきましょう。 資本的支出と修繕費の経費計上の違い アパートの外壁塗装の費用を資本的支出と修繕費で経費計上すると、「どのような違いがあるのか」という相談を多く受けます。 理屈を理解しても、具体的にどのような金額になるのか比べてみましょう。 アパートの外壁塗装の条件は、築10年で400万円の費用で塗り替えを行ったと仮定します。 なおこのとき、家賃収入年間500万円だと仮定します。 500万円(家賃収入) - 18. 4万円(必要経費) = 481. 6万円(利益) 税金は、利益に課税されるため、この場合だと「利益481. 6万円」が対象です。 資本的支出は、このような経費の計上になることを覚えておきましょう。 資本的支出のメリット 経費を耐用年数に応じて毎年計上する資本的支出ですが、以下のようなメリットがあります。 法人の場合、 毎年計上する必要がないため、赤字の場合経費として計上しなくても構いません。 家賃収入が安定していない場合などや収入が少ない場合に計上してしまうと、赤字になってしまいます。 しかし、経費として計上しなければ黒字になる場合、計上しなくても良いのです。 そのため、業績の良し悪しに応じて 来年度の減価償却を持ち越せます。 つまり、意図的に 黒字決算を行えるメリットがあるのです。 アパート経営で赤字になると、 銀行の融資などが受けられにくくなる可能性があります。 事業を行う際、銀行の評価はとても重要です。 いざ何かあった場合に融資が受けられず破産してしまうことのないように、 家賃収入に応じて収支を自由にコントロールしましょう。 黒字決算を行い、良い業績を保つようにしてください。 資本的支出のデメリット 資本的支出を行うと、毎年の計上できる経費の金額が決まってしまいます。 そのため、外壁塗装の費用をすべて計上するには、年数がかかってしまうデメリットがあります。 また、 減価償却を繰り越して黒字決算を行った場合でも、金融機関によっては減価償却不足を指摘されるケースがあるので、注意が必要です。 その場合、審査が通りやすくなるメリットはなくなります。 資本的支出には、これらのデメリットがあります。 経費を計上する際は、気をつけましょう。 修繕費の場合 修繕費の場合、一括で経費を計上することができます。 そのため、その年に全額控除することが可能です。 年間の家賃収入が500万円になり、外壁塗装の費用を400万円だと仮定すると以下のようになります。 500万円(家賃収入) - 400万円(必要経費) = 100万円(利益) 先ほどと同じように、利益に課税されるため、この場合は100万円が対象です。 家賃収入に比べて課税される金額が少なくなるので、修繕費のほうが現金を手元に早く残せます。 外壁塗装を行い、 経費計上した年度は利益が減ってしまいますが、課税対象の金額が減るため税金対策が行えます。 修繕費のメリット 修繕費として計上すると、外壁塗装を行った年は大きく節税することが可能です。 手元に現金を残すことができるメリットがあります。 控除を行えば課税金額が少なくなるため、利益を多く残すことができます。 アパート経営を行っていく上で、できるだけ早めにお金を貯めておきたいものですよね。 いざというときのために、手元にお金は残しておくと安心です。 修繕費のデメリット 経費を一括計上できますが、家賃収入が少なかった場合赤字になってしまいます。 たとえば、家賃収入が300万円の場合、400万円の修繕費がかかると仮定した計算は以下の通りです。 300万円( 家賃収入 ) - 400万円(外壁塗装の費用) = マイナス100万円(収益) この場合、決算としては赤字になります。 そのため、業績が悪いと判断されるので、銀行の融資などが受けられにくくなります。 仮に、急にお金が必要になり、「融資を受けたい」と思っても断られるケースがあるのです。 アパート経営は、事業です。 急な融資を受けられないリスクを考慮した上で、経費を申告しましょう。 まとめ アパートの外壁塗装の費用を経費にする際は、目的によって計上する項目が変わってきます。 控除の金額が大きく異なるため、それぞれの特徴を理解した上であなたの目的にあった外壁塗装を行いましょう。 税金のことになるため、今一度おさらいします。 外壁塗装の費用は、以下の2つの種類で経費計上します。 資本的支出(価値を高めるための外壁塗装)• 修繕費(補修など修繕を目的とした外壁塗装) 資本的支出は、 減価償却によって定められた耐用年数で経費を計上します。 一方、修繕費は一括で経費計上します。 それぞれメリットデメリットがあるため、アパート経営を上手に行うためには、違いを理解した上で理想的な方法で外壁塗装を行いましょう。 また、アパート経営は事業になるため、上手に経営するために、税金対策を上手に行うようにしてください。

次の