加藤 ミリヤ ドラマ。 加藤ミリヤ

加藤ミリヤ 月9で女優デビュー

加藤 ミリヤ ドラマ

俳優・山本耕史や、毎回1人で現れる個性あふれる12人の女優の役者魂から目が離せない。 加藤ミリヤは今回のオープニングテーマ決定について「即興劇というなんとも斬新な作品に楽曲で参加できたことを光栄に思います。 」とコメントしている。 ドラマチックな展開が期待される今作はTVerでの見逃し配信もあり、加藤ミリヤの新曲『PARADE』もあわせて要チェックだ。 15周年イヤーに突入した加藤ミリヤの今後の活動や、ベストアルバム『M BEST II』の続報も期待して待とう。 <加藤ミリヤコメント> 即興劇というなんとも斬新な作品に楽曲で参加できたことを光栄に思います。 『PARADE』がドラマを彩る一部になれていると幸いです。 それにしても山本耕史さんと12人の個性派女優さんの即興劇が楽しみでなりません! <山本耕史コメント> 即興劇は良い化学反応が起こると、台本や台詞 があるより面白くなったりすると思います。 2人がその場で考えながら会話を交わしている世界なので、すごく危険なキャッチボールがあると思いますし、 意外とドラマよりも微妙な表情などを見ることができるかもしれないですね。 台本のあるドラマは型が決まっていて、うまく外れてアドリブをしても戻る場所があります。 しかし、即興に関しては外れたら外れっ放しで戻る場所もありません。 それをどうするか、これからやっていっていく中でうまく面白くはまれば良いなと思います。 <プロデューサー岡本宏毅(テレビ大阪)コメント> まずは即興劇という、役者としての実力が如実に現れるハードル高い企画に「こんなドラマがやりたかった!」と二つ返事でお受け頂いた山本耕史さん、本当に有難うございます! 山本さんが劇中で見せる圧倒的な存在感、変幻自在のカメレオン俳優ぶりに是非ご期待ください。 お互いどんな台詞が飛び出すか分からない緊張感、予測不可能でスリリング展開、これは芝居なのか?リアルなのか? 名うての役者同士がガチンコでぶつかる、まるで格闘技のような今までに無い新しいドラマが始まります。 台本が無い事できっと我々の想像を超えるドラマが生まれるはずです。 現在は小説家としても才能を発揮。 デビュー15周年を迎える現在も、現代女性の愛や葛藤を歌い、表現し続けている。

次の

加藤ミリヤ 初のドラマ出演 演技も初「SUITS/スーツ2」…「まさか自分が」/芸能/デイリースポーツ online

加藤 ミリヤ ドラマ

前作に引き続き、織田が負け知らずの敏腕弁護士・甲斐正午を、()が経歴詐称の天才青年・鈴木大輔を演じる。 ドラマでは、2人が様々な訴訟に向き合い、問題を解決していく姿が描かれる。 加藤が演じるのは、全米進出を夢見るアーティストグループ「Bradbury」を率いる実力派ミュージシャンのミズナ。 甲斐は、「Bradbury」の代理人弁護士として、米大手のマネージメント会社「アトランティス・ミュージック・グループ」との専属契約をまとめようとしていた。 だが、その契約交渉時に思わぬ事態が……。 本作ならではのスリリングかつスピーディーな展開の中で、演技初挑戦ながら華麗にミズナ役を演じる加藤。 表現者としてさまざまな顔を持つ彼女と織田のセッションに注目が集まる。 演技をするのは、今回が初めてで、演技をする予定も考えたことがないぐらいでしたので、出演が決まった時は、「本当に私でいいんですか!? 」って思いました。 でも、監督やスタッフの方から本当の歌手で演じてもらいたいっていうお話を聞き、それなら私がやらせてもらえる意味があると思いました! 私は歌手なので、等身大でできるベストな役かなと思っています。 自分も子供の時から月9を見てきたし、特別な枠だと思っています。 その月9に、まさか自分がそこに出るなんて考えたこともなかったです! 今でもどっきりかなって思っています(笑)。 織田さんとは、今から15年くらい前のデビューしたての時に、新宿村のスタジオの駐車場で、たまたまお会いして、私にほほ笑みかけてくれて、それが本当に忘れられないすごく幸せな思い出です! なので、共演できてすごく感動しています。 今日もすごく親身になってアドバイスをしていただき、本当に素晴らしい方だと思います! そして、織田さんの演技はすごすぎて、さらに感動しました。 今回、ミズナ役で第1話に出演させていただきます。 私以外にも第1話には、素晴らしいキャストの方々が出演されると思いますので、楽しんで見ていただければと思います! 私のところは温かい目で見て下さい(笑)。

次の

加藤ミリヤ、山本耕史主演ドラマ「抱かれたい12人の女たち」オープニングテーマを担当

加藤 ミリヤ ドラマ

加藤ミリヤの未発表の新曲「PARADE」が、10月より放送されるドラマ『抱かれたい12人の女たち』のオープニングテーマに決定した。 俳優・山本耕史や、毎回1人で現れる個性あふれる12人の女優の役者魂から目が離せない。 加藤ミリヤは今回のオープニングテーマ決定について「即興劇というなんとも斬新な作品に楽曲で参加できたことを光栄に思います。 」とコメントしている。 「PARADE」がドラマを彩る一部になれていると幸いです。 それにしても山本耕史さんと12人の個性派女優さんの即興劇が楽しみでなりません! 2人がその場で考えながら会話を交わしている世界なので、すごく危険なキャッチボールがあると思いますし、 意外とドラマよりも微妙な表情などを見ることができるかもしれないですね。 台本のあるドラマは型が決まっていて、うまく外れてアドリブをしても戻る場所があります。 しかし、即興に関しては外れたら外れっ放しで戻る場所もありません。 それをどうするか、これからやっていっていく中でうまく面白くはまれば良いなと思います。 」と二つ返事でお受け頂いた山本耕史さん、本当に有難うございます! 山本さんが劇中で見せる圧倒的な存在感、変幻自在のカメレオン俳優ぶりに是非ご期待ください。 お互いどんな台詞が飛び出すか分からない緊張感、予測不可能でスリリング展開、これは芝居なのか? リアルなのか? 名うての役者同士がガチンコでぶつかる、まるで格闘技のような今までに無い新しいドラマが始まります。 台本が無い事できっと我々の想像を超えるドラマが生まれるはずです。 tv-osaka. instagram. sonymusicshop. php? sonymusicshop. php?

次の