新潟 銭湯。 【新潟】温泉やサウナもある!おすすめスーパー銭湯10選【24時間営業含む】 | VOKKA [ヴォッカ]

新潟の銭湯おすすめ人気ランキングTOP10!サウナ付きでも安い?

新潟 銭湯

ホテル タイプ別• ホテル クラス別• ホテル・ブランド• 人気の設備・サービス• 人気の周辺施設• 新潟市の人気カテゴリ• 観光スポット周辺• 鉄道駅周辺• 空港周辺• 大学周辺• みどり湯周辺の観光スポット• 新潟市の人気カテゴリ• 新潟市で検索数の多いキーワード• アートホテルから徒歩で10分もかからない位の距離です。 けやき通りを進みセブイレブン がルートの半ばくらい。 そこから先は、左手に曲がるポイントを気にして移動で、すぐって感じです。 アートホテル側から移動時、もし雨天の場合、ジュンク堂書店のB1Fから百均セリアを通って地上に出るとセブイレブンの手間です。 みどり湯の入り口付近から、脱衣所、浴室の様子は、webの新潟浴場組合一覧のみどり湯を参照して下さい。 webにある三角の湯船は、男湯にはなかったです。 営業時間はwebの通り14時〜23時。 金曜17〜18時過ぎまでの利用でした。 その間、男湯利用は3〜8名程度で混んでいるという感じはなかった。 web画像の通り、ケロリン湯桶と腰掛け?は利用後元に戻すのが自然と徹底されてました。 それにしたがいました。 よく利用されている感じ人が腰掛けなしで、床に直尻されてました。 いろいろ利用して身体が熱くなってくると、直尻方が心地良かったです。 浴場に固形石鹸と身体用シャンプーおよび洗髪用リンスインシャンプー2組のみです。 よく利用している人は自前を持込なので、十分なのかですが場合よっては、利用タイミング調整必要かも。 洗い場は個々の仕切無し。 シャワーは位置固定若干首角度を変えられるタイプなので、隣や背中に他人のシャワーが飛びかかってくる心配無し。 湯桶かかり湯飛沫が多少あるかも位。 お湯(赤色)と水注ぎ(青色)口。 押している間は出てくるタイプ。 手を離すと止まる。 で、特筆?は浴場入って正面側その左側の洗い場で、赤と青の位置が逆転している点です。 洗い場は場所取りしないので、座る位置を変えた時びっくりします。 湯桶に貯まってくる気配が、想定と違うから気がつくと思いますが、1回間違えて冷たいのを被るところでした。 湿式サウナ 乾式じゃないので、みどり湯に来ました 広さは4名が圧迫感ギリギリ感じない程度です。 サウナ内の温度計で52強。 蒸気でサウナ内が見えないということもなく、一度温めた身体は砂時計の半ばで汗ダラダラ。 でも乾式と違って息苦しさはあまり感じない。 3回以上入りました。 湯桶に水を入れてサウナに持込禁止あったが、マイ砂時計利用者は持ち込んでました。 都度、パシャパシャと。 水をかけないと辛い時は外に出た方が身体に優しくと思う。 サウナを出てすぐの、シャワーは青色蛇口ひとつ。 水のみ、みたいです。 自分はサウナ出たら即水風呂ダイブなんてできないので、使ってないです。 半分は泡吹き出しタイプで更に熱く感じた。 大学教授の天然温泉以上の効果ありの様な内容・効能表示板ありました。 もう半分は、泡吹き出しの影響なく、ちょっと熱さが軽減です。 1番奥の区分は、お湯の補充が常時、でも触ってみると湯船より十分ぬるい。 湯船からはお湯が流れ出ている。 どこから給湯? ぬる湯を出た所、脱衣所との仕切引き戸近くに、シャワー二つ。 青色蛇口ひとつで制御pので、水だけかと思ったら、最初の冷たいのはホース内のお湯が冷えたものでした。 わずかな間の後にぬる湯並みのお湯が吹き出しです。 別府温泉の湯の花系が使われいる表示板もありました。 十分に身体が温まると、濡れた身体水分を拭き取のは大変。 薄い手ぬぐいだとなおさら。 上がり口に半露天があれば、汗も濡れた身体も落ち着くのですが、それはないので、手ぬぐいで軽く水分を叩き落としました つまり衣服ついた水分系を取り除く感じで 事前に湯船の縁に腰掛けて、身体の熱を少し冷ませば、手ぬぐい一つでなんとかなります。 脱衣所 ドライヤーは軽く乾かす程度なら無料 TVを見ながら、さらに身体冷やして着替えま した。 牛乳等の販売ありました。 入浴後は、変な突っ張り感も無く良かったです。 格安旅行をしていると車中泊やネットカフェでの宿泊も多い。 ネットカフェならシャワー室があるところも多いが、やはり湯船に浸かりたくなる。 スパもいいのだが、それなりのお値段なので、タオルと石鹸の類を持って行って、町の銭湯に入るのが適当だろう。 420円(2017年現在)でゆっくりできる。 こちらも昔ながらの銭湯、男女別の入口、下駄箱に靴を入れ、中に入ると番台がある。 おばちゃんに420円を渡す。 因みにタオルは言えば無料で貸してくれる。 石鹸やシャンプーは販売している。 脱衣所で服を脱ぎ風呂へ。 真ん中に珍しい円形の湯船。 体を洗って浸かれば至福の時間だ。 寝湯などもあるね。 ドライヤーは男女でひとつしかないようで、番台でお願いして順番に使うことになる。 もっとも扇風機でも乾かせるけど。

次の

ココロもカラダも喜ぶ!「新潟」おすすめスーパー銭湯ランキング

新潟 銭湯

平成5(1993)年に創刊した銭湯PR誌『1010』のバックナンバーから当時の人気記事を紹介します。 東京に戦前2800軒あった銭湯も、終戦の昭和20年には約400軒が残っただけで、後は全部焼けるか使用不可能になった。 ここから戦後銭湯が始まったのである。 そのころの銭湯は文字通り「イモを洗うような」ゴッタ返しぶりで、長蛇の列を入場整理しながらご利用いただいた。 勤勉な風呂屋のオヤジたちは、もっと多くの人にゆったりと入っていただくために、安普請ながら続々と銭湯を再建していった。 その数は、20年後に2630軒に達し、戦前の数にやっと近づいたと思ったらそこがピーク。 後は内風呂の普及などで、銭湯の軒数は減少の一途をたどることになる。 それはさておき、戦後の「金なし物資なし」の時代に、20年間で2200余軒の銭湯が雨後のタケノコのように林立したわけで、ほかにこのような業種は見当たらない。 しかしこれには特殊な銭湯事情があったのである。 東京の銭湯の9割は北陸地方の出身者で経営されている。 先輩が後輩の面倒をよく見、協力し合ううちに、親分・子分・兄弟分の輪ができる。 恩と労力で貸し借りを満たす、そんな絆が早期復興を成し遂げたのである。 今では考えられないような心意気と人間味を持った風呂屋人が、さてどのようにして育ってきたのか。 日本全国の県民性を書き表した「出身県でわかる人柄の本」(祖父江孝男著、同文書院)から、新潟、富山、石川県の各項を抜粋して紹介しよう。 「新潟県(越後人)」。 東京の風呂屋と豆腐屋には新潟県人が多い。 どちらも地味で単調で、労働の割にはもうけが薄いが、現金収入であり、家族だけですぐに独立できる利点がある。 地味で粘り強く、ひたむきにこつこつとため込み、名より実を取るタイプが多いのだ。 かく言う私も、その越後の産である。 「富山県(越中人)」。 酒もたばこもやらずひたすら働き、せっせとため込むその勤勉ぶりは、新潟県人も驚くという。 県民意識が高く人間関係が緊密なのも特徴である。 人の上に立つ人材も多い。 経済観念は北陸随一だ。 「石川県(能登・加賀人)」。 「他人を押しのけてでもという積極性がなく、ビジネスの場でも同僚や上司からはあまり頼りにされない、人のいいお坊ちゃんタイプ」とあるが、私が出会った石川県人たちはちょっと異なる。 ニコっと笑って一言でスカッと人を切る。 お坊ちゃんタイプはまずいないと見た。 以上の県民性をベースに、次号からいよいよ奮闘記に入ります。 乞うご期待! 【著者プロフィール】 笠原五夫(かさはら いつお) 昭和12(1937)年、新潟県生まれ。 昭和27(1952)年、大田区「藤見湯」にて住み込みで働き始める。 昭和41(1966)年、中野区「宝湯」(預かり浴場)の経営を経て、昭和48(1973)年新宿区上落合の「松の湯」を買い取り、オーナーとなる。 平成11(1999)年、厚生大臣表彰受賞。 平成28(2016)年逝去。 著書に『東京銭湯三國志』『絵でみるニッポン銭湯文化』がある。 なお、平成28年以降は長男が「松の湯」を引き継ぎ、現在も営業中である。

次の

昭和銭湯奮闘記「第1回 戦後銭湯・復興の秘密」笠原五夫 (1997年10月発行/28号より)

新潟 銭湯

ホテル タイプ別• ホテル クラス別• ホテル・ブランド• 人気の設備・サービス• 人気の周辺施設• 新潟市の人気カテゴリ• 観光スポット周辺• 鉄道駅周辺• 空港周辺• 大学周辺• みどり湯周辺の観光スポット• 新潟市の人気カテゴリ• 新潟市で検索数の多いキーワード• アートホテルから徒歩で10分もかからない位の距離です。 けやき通りを進みセブイレブン がルートの半ばくらい。 そこから先は、左手に曲がるポイントを気にして移動で、すぐって感じです。 アートホテル側から移動時、もし雨天の場合、ジュンク堂書店のB1Fから百均セリアを通って地上に出るとセブイレブンの手間です。 みどり湯の入り口付近から、脱衣所、浴室の様子は、webの新潟浴場組合一覧のみどり湯を参照して下さい。 webにある三角の湯船は、男湯にはなかったです。 営業時間はwebの通り14時〜23時。 金曜17〜18時過ぎまでの利用でした。 その間、男湯利用は3〜8名程度で混んでいるという感じはなかった。 web画像の通り、ケロリン湯桶と腰掛け?は利用後元に戻すのが自然と徹底されてました。 それにしたがいました。 よく利用されている感じ人が腰掛けなしで、床に直尻されてました。 いろいろ利用して身体が熱くなってくると、直尻方が心地良かったです。 浴場に固形石鹸と身体用シャンプーおよび洗髪用リンスインシャンプー2組のみです。 よく利用している人は自前を持込なので、十分なのかですが場合よっては、利用タイミング調整必要かも。 洗い場は個々の仕切無し。 シャワーは位置固定若干首角度を変えられるタイプなので、隣や背中に他人のシャワーが飛びかかってくる心配無し。 湯桶かかり湯飛沫が多少あるかも位。 お湯(赤色)と水注ぎ(青色)口。 押している間は出てくるタイプ。 手を離すと止まる。 で、特筆?は浴場入って正面側その左側の洗い場で、赤と青の位置が逆転している点です。 洗い場は場所取りしないので、座る位置を変えた時びっくりします。 湯桶に貯まってくる気配が、想定と違うから気がつくと思いますが、1回間違えて冷たいのを被るところでした。 湿式サウナ 乾式じゃないので、みどり湯に来ました 広さは4名が圧迫感ギリギリ感じない程度です。 サウナ内の温度計で52強。 蒸気でサウナ内が見えないということもなく、一度温めた身体は砂時計の半ばで汗ダラダラ。 でも乾式と違って息苦しさはあまり感じない。 3回以上入りました。 湯桶に水を入れてサウナに持込禁止あったが、マイ砂時計利用者は持ち込んでました。 都度、パシャパシャと。 水をかけないと辛い時は外に出た方が身体に優しくと思う。 サウナを出てすぐの、シャワーは青色蛇口ひとつ。 水のみ、みたいです。 自分はサウナ出たら即水風呂ダイブなんてできないので、使ってないです。 半分は泡吹き出しタイプで更に熱く感じた。 大学教授の天然温泉以上の効果ありの様な内容・効能表示板ありました。 もう半分は、泡吹き出しの影響なく、ちょっと熱さが軽減です。 1番奥の区分は、お湯の補充が常時、でも触ってみると湯船より十分ぬるい。 湯船からはお湯が流れ出ている。 どこから給湯? ぬる湯を出た所、脱衣所との仕切引き戸近くに、シャワー二つ。 青色蛇口ひとつで制御pので、水だけかと思ったら、最初の冷たいのはホース内のお湯が冷えたものでした。 わずかな間の後にぬる湯並みのお湯が吹き出しです。 別府温泉の湯の花系が使われいる表示板もありました。 十分に身体が温まると、濡れた身体水分を拭き取のは大変。 薄い手ぬぐいだとなおさら。 上がり口に半露天があれば、汗も濡れた身体も落ち着くのですが、それはないので、手ぬぐいで軽く水分を叩き落としました つまり衣服ついた水分系を取り除く感じで 事前に湯船の縁に腰掛けて、身体の熱を少し冷ませば、手ぬぐい一つでなんとかなります。 脱衣所 ドライヤーは軽く乾かす程度なら無料 TVを見ながら、さらに身体冷やして着替えま した。 牛乳等の販売ありました。 入浴後は、変な突っ張り感も無く良かったです。 格安旅行をしていると車中泊やネットカフェでの宿泊も多い。 ネットカフェならシャワー室があるところも多いが、やはり湯船に浸かりたくなる。 スパもいいのだが、それなりのお値段なので、タオルと石鹸の類を持って行って、町の銭湯に入るのが適当だろう。 420円(2017年現在)でゆっくりできる。 こちらも昔ながらの銭湯、男女別の入口、下駄箱に靴を入れ、中に入ると番台がある。 おばちゃんに420円を渡す。 因みにタオルは言えば無料で貸してくれる。 石鹸やシャンプーは販売している。 脱衣所で服を脱ぎ風呂へ。 真ん中に珍しい円形の湯船。 体を洗って浸かれば至福の時間だ。 寝湯などもあるね。 ドライヤーは男女でひとつしかないようで、番台でお願いして順番に使うことになる。 もっとも扇風機でも乾かせるけど。

次の