スノー ロワイヤル 映画。 「スノー・ロワイヤル」ネタバレ!あらすじやラスト最後の結末と見どころ!

まったく噛みあわない復讐劇に観客爆笑!? 映画ファンの心を掴んだ『スノー・ロワイヤル』

スノー ロワイヤル 映画

『96時間』シリーズの大ヒットにより、日本でもアクション映画スターの印象が強い、リーアム・ニーソン。 そんな彼の待望の新作映画『スノー・ロワイヤル』が、遂に6月7日から日本でも公開された。 ファンの間では、もはやリーアム・ニーソン主演の復讐映画に駄作無し! が定説となっているだけに、期待して鑑賞に臨んだ本作。 果たしてその内容と出来は、一体どんなものだったのか? ストーリー 雪の町キーホーで模範市民賞を受賞するほどの真面目な除雪作業員ネルズ・コックスマン(リーアム・ニーソン)。 受賞直後、一人息子が人違いで地元の麻薬王バイキング(トム・ベイトマン)の組織に殺されてしまう。 復讐を決意したネルズは、犯罪小説で覚えた殺人方法を頼りに、一人また一人と敵を殺していく。 だが、これを敵対するホワイトブル(トム・ジャクソン)が率いるネイティブアメリカンの麻薬組織の仕業と勘違いしたバイキングは、彼らを襲撃。 報復が報復を呼ぶ中で、バイキングに中々辿り着かないネルズは殺し屋を雇い暗殺を企てるが、誤ってネルズの兄が犠牲になる始末。 ついにネルズはバイキングの一人息子を誘拐し、彼らをおびき寄せようとするのだが、事件はまたまた見当違いの方向へと発展していき…。 予告編 気になるオリジナル版からの変更点とは? 2014年に製作されたノルウェー映画『ファイティング・ダディ 怒りの除雪車』の英語版リメイクとなる本作は、実は細かい描写に至るまで、ほぼオリジナル版に忠実にリメイクされている。 本作の主人公ネルズは、長年にわたって除雪作業員として地域に貢献し、模範的市民として表彰されるほどの真面目な男。 このストーリーで、しかも主演が『96時間』シリーズのリーアム・ニーソンとくれば、『ジョン・ウィック』の様に壮絶な復讐劇か、激しいアクション映画を想像する方も多いはず。 ところが、日本版宣伝コピーの「壮絶な、全くかみ合わない戦いが始まる。 」が象徴する通り、どこか普通とはズレた登場人物たちが繰り広げる誤解や、度重なるすれ違いがこの抗争を複雑化させ、しかも次第に奇妙な連帯感と笑いを呼ぶ内容へと変化していく本作。 主人公も含めた登場人物たちの予想外な行動や、暴力的ですぐキレる性格ながら一人息子の教育に悩む悪役の姿など、本作に登場する人々は、皆どこか愛嬌のある個性的なキャラクターとして描かれている。 そんな彼らが集結してバトルロイヤルを繰り広げる本作は、そもそもの原因が麻薬の取引を巡る復讐だったことさえ忘れるほどの面白さとなっているのだが、中でも見事だったのは、敢えてオリジナル版から変更した部分の素晴らしさだった。 加えて、ステラン・スカルスガルドが演じたオリジナル版のキャスティングでは、あまり強そうには見えない主人公に対して、リーアム・ニーソンには、一見老人に見えて実は強い! というイメージが既にあるため、いきなり主人公が悪人をボコボコに殴り倒す描写に抜群の説得力が生まれる点は、正にキャスティングの勝利! と言うしかない。 これ以外にも、バイキングの部下同士のBL描写が抑え気味に描かれているなど、オリジナル版と見比べると更に新たな発見ができる、この『スノー・ロワイヤル』。 ちなみに、本作の元ネタとなった『ファイティング・ダディ 怒りの除雪車』は、現在アマゾンプライムの見放題タイトルで視聴可能なので、お時間があれば是非鑑賞して頂ければと思う。 最後に 鑑賞後に「これってコメディなのか?」、そう思わずにはいられない本作だが、決して英語版にリメイクする過程でコメディ要素を加えたのではなく、徐々にかみ合わなくなっていく抗争の様子や、死人が出る度に表示される名前のギャグまで、オリジナルの『ファイティング・ダディ 怒りの除雪車』をほぼ忠実に再現していたのは、正直かなり意外だった。 思えば映画の序盤で、せっかくライフルの銃身を短く切り落としておきながら、何故か長距離狙撃用のスコープを付けたままで持ち歩くという描写に、思わず「ん?」と思った方も多いと思うが、実はこれもオリジナル版そのままの描写だったりするのだ。 ただ、主人公が犯罪小説を読んで殺しの手口を学んだという設定を踏まえれば、やけに実用的な死体の処理方法と併せて、こうした勘違いぶりもまた本作の魅力の一つと言えるのではないだろうか。 確かに序盤こそ、突然の悲劇で家族や平穏な生活を奪われた男の孤独な復讐劇が展開すると思わせるが、次第に個性的な登場人物が暴走を始め、観客の笑いを誘うコメディ要素が強くなっていく本作。 復讐劇とコメディ、一見相反する要素が見事に混在することで、文字通り「一本で二度楽しめる映画」となっている作品なので、全力でオススメします! (文:滝口アキラ) 関連記事 ・ ・ ・.

次の

スノー・ロワイヤル : 作品情報

スノー ロワイヤル 映画

CONTENTS• 映画『スノー・ロワイヤル』の作品情報 【公開】 2019年(アメリカ映画) 【原題】 Cold Pursuit 【監督】 ハンス・ペテル・モランド 【キャスト】 リーアム・ニーセン、トム・ベイトマン、トム・ジャクソン、ウィリアム・フォーサイス、ラウル・トゥルヒーヨ、ローラ・ダーン 【作品概要】 本作は、ノルウェー人監督ハンス・ペテル・モランドのハリウッド映画初監督作品。 『愛と革命の日々』 日本劇場未公開 でモントリオール映画祭の最優秀監督賞を受賞しています。 プロデューサーのマイケル・シャンバーグが『ファイティング・ダディ 怒りの除雪車』を観て映画化を決定しました。 映画『スノー・ロワイヤル』のあらすじとネタバレ C 2019 STUDIOCANAL SAS ALL RIGHTS RESERVED. コロラド州。 除雪作業員のネルソン ネルス ・コックスマンは、模範市民に選ばれ観衆を前に壇上でスピーチをしています。 その頃、空港に勤めるネルソンの息子・カイルが作業を終えて控室に戻った所、突然スピード率いる男達に襲われます。 バンの中へ押し込まれたカイルは、無理矢理薬物を注射され走る車両から投げ出されました。 警察から一報を受けたネルスと妻・グレイスは、州都デンバーへ向かいます。 遺体安置所で息絶えたカイルの身元確認に立ち会った夫妻に、刑事は麻薬の過剰摂取が死因だと告げます。 麻薬などに手を出す息子ではなかったと呟くネルス。 1人息子を失ったグレイスの怒りと悲しみは深く、次第に夫を遠ざけるようになります。 落ち込んだネルスは、自分のショットガンを職場に持参し、自死を図ろうとします。 そこへ息子の知人だったダンテが現れ、カイルは人違いで麻薬組織に殺されたと話します。 実行犯の名前がスピードだと知ったネルスは、復讐する為クラブへ向かいました。 エレベーターでスピードと2人きりになったネルスは、息子の仇と信じて叩きのめしますが、スピードはカイル殺害の指示を受けていたことを知ります。 その男の名前を聞きだした後、ネルスはスピードを絞殺。 翌日、その指示を出した男が勤めるブティックを訪れ、ショットガンで脅します。 すると更にその上に命令を下した麻薬の運び屋がいることが分かります。 ネルスはこの情報を聞いた後男を射殺し、遺体を網に巻いて崖の上から川へ投げ込みました。 C 2019 STUDIOCANAL SAS ALL RIGHTS RESERVED. 除雪車で追いかけ3人目の男も襲ったネルスは、殴り疲れて雪の上に寝転がります。 運び屋に爺さんと呼ばれ一緒に笑った後、ネルスは懐からショットガンを取り出して殺害。 残されたブリーフケースを開けると大量の麻薬が入っていました。 ネルスは、麻薬の袋を開けて散布した後、男の車を除雪車で吹き飛ばし、死体を同じ川に遺棄します。 帰宅するとグレイスが分かれも告げず家を出ていました。 ネルスは兄のブロックを訪ね、カイルが殺害されたことを打ち明けます。 ブロックは、以前町を支配する麻薬王の殺し屋を請け負っていました。 ブロックは、ヴァイキングを殺すならプロの殺し屋を雇えと助言し、通称エスキモーを紹介。 ネルスは、もう既に手下3人を殺害し、犯罪小説で知った方法で遺体を捨てたことを話します。 一方、ヴァイキングは、手下と大量の麻薬が消えたことで苛ついています。 先住民の麻薬王・ホワイトブルの仕業だと思い込んだヴァイキングは、手下にホワイトブルの息子を誘拐するよう命じます。 父の代にホワイトブルと手を組んで居住区に麻薬を流しビジネスは拡大。 しかし、後にホワイトブルが税金を掛けたことに対しヴァイキングはずっと根に持っていました。 手下がホワイトブルの息子を拉致して拷問した後、ヴァイキングが情け容赦なく射殺。 友好関係の証にホワイトブルが父に渡したペンダントを殺害した息子の首に掛け、ヴァイキングは遺体を道路標識に縛り付け見せしめにしました。 C 2019 STUDIOCANAL SAS ALL RIGHTS RESERVED. ネルスから5万ドルの報酬を受け取ったエスキモーは、その足でヴァイキングを訪ね全てを話してしまいます。 雇い主の名前を明かす代わりに5万ドルをヴァイキングに要求。 指定口座へ送金したヴァイキングはコックスマンという名前を聞き出し、父の殺し屋をしていた男の苗字だと気付きます。 そして、取引をしておきながら裏切るエスキモーにモラルを説教した後殺害します。 軽口をたたいた手下をいきなり射殺したヴァイキングは、遺体の首を刎ねてホワイトブルに献上し、息子の殺害犯人を捕まえ内輪で対処したと伝えるよう命じました。 その後ヴァイキングはブロックの家を訪れ、何故自分の命を狙ったのか理由を尋ねます。 ヴァイキングの父親に自分の恋人を奪われたからだとブロックは嘘をつき、更に10キロの麻薬はトイレに流したとしたり顔。 その頃、1人息子を殺されたホワイトブルは、手下の前でヴァイキングの息子を狙うと訓示。 ヴァイキングの子分が持参した首に見向きもせず、息子の命にはヴァイキングの息子に支払ってもらうと睨みつけ射殺します。 兄の埋葬を済ませたネルスは、ヴァイキングの息子が通う学校を訪れ、言葉巧みに息子を誘拐します。 自宅に子供を連れ帰ったネルスは、夕食を作ってやり、寝かしつける際に本も読み聞かせます。 翌日、ネルスはヴァイキングに連絡を入れ、息子を餌に誘い出しました。 C 2019 STUDIOCANAL SAS ALL RIGHTS RESERVED. 高台に在るネルスの職場にヴァイキング達の車両が到着。 ネルスはライフルのスコープで狙いますが、手下が邪魔でタイミングを逃し反対に拘束されてしまいます。 そこへヴァイキングを追跡していたホワイトブル達が襲撃。 一気に銃撃戦へ突入します。 しかし、ヴァイキングが車で逃走を図ろうとします。 弾が飛び交う中様子を見ていたネルスは、重機車両に乗り込み沿道の木を切断しヴァイキングの車の上から串刺しにしました。 動けなくなったヴァイキングが降参して両手を上げた所、ホワイトブルが銃弾を浴びせます。 日が暮れ、ネルスはいつもの様に除雪車に乗り仕事へ出かけます。 するとホワイトブルが扉を開けて乗り込んできます。 手に銃を握り黙ったままネルスを狙うホワイトブル。 ネルスは、封鎖されたゲートを開け淡々と除雪作業を進めて行きます。 その姿を見ていたホワイトブルは、ダッシュボードの上に銃を置きました。 2人を乗せた除雪車は、ヘッドライトを頼りに深い雪に覆われた漆黒の山道を走ります。 映画『スノー・ロワイヤル』の感想と評価 C 2019 STUDIOCANAL SAS ALL RIGHTS RESERVED. アクションは通常プロット中心に展開されますが、本作はカイル・コックスマンに始まり各派閥の手下等死亡するキャラクターで物語が進み、原作『In Order Of Disappearance』に沿った構成です。 主人公ネルソンが復讐を始めたことがきっかけで町の麻薬王ヴァイキングと先住民の麻薬王ホワイトブルを巻き込む抗争が勃発しますが、とばっちりを受けるのはそれぞれの息子達。 3人とも息子を思う父親であり、全ては勘違いで始まる復讐劇であることがストーリーの鍵となっています。 ネルソンの兄・ブロックやヴァイキングを倒すために雇うエスキモーという2人の殺し屋を挟み、個々の忠誠と裏切りが更に話を面白くさせるアイデアも見所です。 主人公ネルソン・コックスマンを演じたリーアム・ニーセンも登場人物が丁寧に描かれていたことに魅力を感じて出演を決めたと話しており、実子マイケル・リチャードソンと初の父子共演を果たしています。 ニーセンは、監督を務めたハンス・ペテル・モランドにリチャードソンをカイル役に勧めました。 一方リチャードソンは、息子だからという理由でキャストしないで欲しいという意向を伝え、オーディションで役を獲得しています。 また、アメリカ先住民を重要キャラクターに置くことが少ないハリウッド映画ですが、本作の舞台となるコロラド州も遥か昔から彼等が住んでいた土地です。 ホワイトブルというキャラクターが登場したことは自然で、演じたトム・ジャクソンの風格ある存在感は印象的です。 C 2019 STUDIOCANAL SAS ALL RIGHTS RESERVED. まとめ C 2019 STUDIOCANAL SAS ALL RIGHTS RESERVED. 黙々と除雪車を走らせる一市民ネルソンがコミュニティに奉仕した功労を称えられた夜に起きる1人息子の殺人事件。 怒れる父が、麻薬組織のヒエラルキーを下から片づけて行くうちに、町を牛耳る親の七光りと1万年前から土地に住むネイティブ・アメリカンが衝突。 誤解が誤解を生んだ戦闘に乗じて模範市民は復讐を果たします。 ネルソンとホワイトブルの父親の誇りを終盤に描きつつ、最後の最後に一笑を用意した『スノー・ロワイヤル』は、古今東西、誰もが共感する仇討をテーマにブラックユーモアを利かせたアクション映画です。

次の

リーアム・ニーソン主演!映画『スノー・ロワイヤル』予告編

スノー ロワイヤル 映画

C 2019 STUDIOCANAL SAS ALL RIGHTS RESERVED. 「スノー・ロワイヤル」除雪作業員の怒りの復讐劇がオフビートに捻れゆくクライム・コメディ 「ニンフォマニアック Vol. 1/Vol. 2」などのラース・フォン・トリアー監督作品で知られるスウェーデンの怪優ステラン・スカルスガルドが主演した「ファイティング・ダディ 怒りの除雪車」(2014)は、日本未公開ながら一部の映画ファンの間で評判になったクライム・ムービーだ。 何者かにひとり息子の命を奪われた平凡な除雪作業員の男が、その死の真相を求めて麻薬組織の連中を血祭りに上げていくという物語。 といっても本作のストーリーラインは、ニーソンのタフガイ・イメージを決定づけた「96時間」のように直線的ではない。 主人公のネルズは復讐を果たそうにもこれといった手がかりがないため、とりあえず麻薬組織の末端のチンピラをひとりずつ締め上げて葬っていく。 あれよあれよという間に、ネルズの思惑とかけ離れたところで死者続出の惨劇が繰り広げられていく。 オフビートな軽さで転がっていくプロットの捻れと、悲壮感も陰惨さも皆無のブラックユーモア、さらにはスクリーンいっぱいに広がる白銀の世界と鮮血のコントラストは、コーエン兄弟の「ファーゴ」を連想させずにおかない。 いちいち死者が発生するたびにそのキャラクターの人名を、プロテスタントの十字架などの宗教的なアイコンとともにテロップで示すというアイデアも冷たい笑いを誘う。 憎しみに駆られた報復の連鎖は、人種や信仰の違いなどやすやすと超えて伝播するということか。 そもそも「ファイティング・ダディ」は、北欧の福祉国家であり多くの移民を受け入れているノルウェーのお国事情をさりげなく取り込んだ作品だった。 それに続いてメガホンを執ったハンス・ペテル・モランド監督は、オリジナル版に登場したセルビア系犯罪組織をネイティブ・アメリカンの麻薬組織に変更するなど、アメリカの風土に根ざした風刺と皮肉たっぷりのリメイクを完成させた。 終盤には待ってましたと巨大な除雪車が活躍するこの映画、頭を空っぽにしても楽しめる快作だが、作り手の知的なセンスと細部のユニークな描写、そして予定調和に収まらない達観した語り口も味わい尽くしたい。 (高橋諭治) (外部リンク) 2019年5月16日 更新.

次の