山本 一 太。 山本一太議員 新聞業界から3千万円献金、見返りに露骨な業界保護活動:MyNewsJapan

いち太

山本 一 太

1982年:中央大学法学部卒業• 1985年:米国ジョージタウン大学大学院(国際政治学修士課程)修了• 1986年:国際協力事業団(JICA)勤務• 1991年:国連開発計画(UNDP)ニューヨーク本部出向• 1995年:当時、参議院自民党幹事長だった父・山本富雄元農水大臣の急逝を受けて、 第17回参議院議員通常選挙に立候補し当選• 1999年:小渕・森内閣で外務政務次官(2期)• 2001年:第19回参議院議員通常選挙にて当選• 2003年:参議院外交防衛委員長• 2007年:第21回参議院議員通常選挙にて当選• 2008年:外務副大臣(福田内閣)• 2012年:内閣府特命担当大臣(沖縄及び北方対策、科学技術政策、宇宙政策)、 情報通信技術(IT)政策担当、海洋政策・領土問題担当、 知的財産戦略の推進等に関する事務担当(第2次安倍内閣) 箇条書きにして、山本一太氏の経歴を紹介させていただきました。 山本一太氏の学歴がというと、中央大学法学部を卒業した後、アメリカのジョージタウン大学大学院に進学し修了しています。 評判 山本一太氏の評判について、ネット上の声を参考に見ていきたいと思います。 元々地元で頑張る人なので地元の知事選に切り替えるのは正解かも知れません。 心優しい人だし、中央政界で頑張るにはちとパワー不足だったかも。 引き立ててくれる目上の人を大切に。 群馬で民主主義政治をやってもらいたい。 自民党離党すれば完勝。 — とも yamawawawa 様々な意見はありますが、 山本一太氏が群馬県知事選への出馬の意向を固めたことに対しては期待の声があり、評判は悪くない印象を受けました。 果たして2019年の群馬県知事選で山本一太氏が当選となるのか注目ですね。 山本一太と結婚した妻や子供・家族について! 妻と子供 山本一太氏は結婚しており、妻は国際連合の職員をされてる「玉村美保子」さんです。 妻の美保子さんは、大阪出身で京都大学文学部を卒業した後、ロンドンに留学。 1989年から国連の職員となり、ニューヨークで勤務します。 妻の美保子さんも、とても輝かしい経歴をお持ちですね。 山本一太氏とは1993年に結婚しています。 子供については情報は一切なく、どうやら2人の間に子供はいないようです。 山本一太氏も妻の美保子さんもお忙しくされているので、子供を作って育てる余裕がなかったのかもしれませんね。 家族 山本一太氏の父親である富雄氏は、農林水産大臣や自由民主党の参議院幹事長等を歴任し、福田赳夫元総理の側近でもありました。 山本一太氏には姉がおり、姉の夫は群馬県議会議員の田島雄一氏です。 山本一太氏の妻は国際連合の職員を務めていたりと、まさに華麗なる一族ですね。 まとめ 今回は、• 山本一太の評判や経歴と学歴 大学 は?• 山本一太と結婚した妻や子供・家族は? についてまとめて紹介させていただきました。 現在、山本一太氏が2019年の夏の群馬県知事選への出馬の意向を固めていることを発表し、世間でも大きな注目を集めています。 来年の群馬県知事選で山本一太氏が当選することができるのか、しばらく注視していきたいと思います。 それでは今回はこれで以上になります。 最後までお読みいただきありがとうございました! MINATO Sponsored Links Sponsored Links•

次の

いち太

山本 一 太

山本氏は5日、国会内で記者団に知事選出馬の理由をこう説明した。 山本氏は同日のブログで知事選への出馬を表明。 群馬県選出の自民党議員は「本人から何の相談もなく、ブログで知らせるなんて信じられない」とあきれた。 「参院で相手にされていないからだ」 ある自民党関係者は知事選出馬の背景をこう説明する。 山本氏は平成7年の参院選で初当選し現在4期目。 長年、安倍晋三首相の「親衛隊」を自任し、24年の第2次安倍政権発足に伴い沖縄北方担当相で初入閣した。 ただし、入閣はこの1回しかない。 参院自民党は細田派(清和政策研究会)と竹下派(平成研究会)、岸田派(宏池会)の主要3派を中心に運営されている。 山本氏は22年に町村派(現細田派)を退会し、派閥の支援もない。 参院の「顔」の一人で今年10月には2度目の参院政審会長に処遇されたが、ポストは限られているのが現状だ。

次の

国会議員情報:山本 一太(やまもと いちた):時事ドットコム

山本 一 太

山本氏は5日、国会内で記者団に知事選出馬の理由をこう説明した。 山本氏は同日のブログで知事選への出馬を表明。 群馬県選出の自民党議員は「本人から何の相談もなく、ブログで知らせるなんて信じられない」とあきれた。 「参院で相手にされていないからだ」 ある自民党関係者は知事選出馬の背景をこう説明する。 山本氏は平成7年の参院選で初当選し現在4期目。 長年、安倍晋三首相の「親衛隊」を自任し、24年の第2次安倍政権発足に伴い沖縄北方担当相で初入閣した。 ただし、入閣はこの1回しかない。 参院自民党は細田派(清和政策研究会)と竹下派(平成研究会)、岸田派(宏池会)の主要3派を中心に運営されている。 山本氏は22年に町村派(現細田派)を退会し、派閥の支援もない。 参院の「顔」の一人で今年10月には2度目の参院政審会長に処遇されたが、ポストは限られているのが現状だ。

次の