バイ セクシュアル バンド。 12人が教えてくれた、自分がバイセクシュアルと気づいた瞬間

BY

バイ セクシュアル バンド

自分がバイセクシュアルだと気付くことは、それを受け入れて、行動に反映するよりもずっと簡単でした。 14歳の時に男の子を好きになって以来、ずっと気付いてはいたけれど、それをしっかりと受け入れて公の場で男性とデートできるようになったのは24歳になってからです。 内密な付き合いはそれ以前にもありましたが、ゲイとストレートの「間のどこか」という曖昧な立ち位置に酷く困惑した時期もありました。 どちらにもなれないことに苛立ったし、自分を受け入れるのに丸々10年も掛かりました。 今は自分に満足しているし、自分のセクシュアリティは常にゲイとストレートの中間にあるものでもないと思っています。 自分のセクシュアリティを気に入っているし、流動的なところも好きです。 変な話ではあるんだけれど、自分がバイセクシュアルだと気付いてから、それを受け入れるまでの経緯は、多くの人が直面して来たものほどの困難ではありませんでした。 16歳か17歳くらいの時に気付いて、ただそのまま人生の中に受け入れたんです。 母は「そういう時期」だろうと思っていたし、父はこの件に関する全てをあえて無視していました。 自分の子孫のうち1人がストレートではないという現実を受け入れられなかったのでしょう。 (父とは良い親子関係にあったためしがないので、彼の選択に任せますが)。 私が切に思っているのは「全ての人に幸せになる権利がある」ってこと。 だから助けを必要とする誰しもに手を差し伸べられる人でありたいと思っています。 私は自分がバイセクシュアルだということに関してすごくオープンだし、それを全面に出しています。 そうすることでLGBTQIA+コミュニティの人たちをサポートしていきたいし、誰しもが自分のセクシュアリティを私みたいに受け入れられる(又はあまり気にせずにいられる)訳ではないので、そういう人たちが自分をしっかりと肯定できるように助けになりたいんです。 自分がバイセクシュアルだと気付くまでの道のりは、様々な断片からなるものでした。 女性には惹かれていたのですが、ある女性誌を読んでいたら「女性同士が惹かれ合うのはよくあることで、それは同性愛とは違う」って書いてあって安心したのを覚えています。 バイセクシュアルの人を社会が理解できていないということは、私たちが異性以外も恋愛対象であることを証明しないかぎり、異性愛者として扱われ続けるということだと思いますーーたとえ私たちにクィアな行動や感情がおきていたとしても。 そんな文化が、自分で「十分にバイセクシュアルではない」と思ってカミングアウトしなかったり、他のゲイの友達よりもずっと後でカミングアウトする事に繋がっており、社会にはそういった傾向にも責任があると思います。 テレビ番組に出ていた俳優が、バイセクシュアルだと気付くきっかけだったと思います。 13歳の時、大好きなコメディ番組があって、そこに出演していた彼を見る度、彼のことをすごく好きだって思って、同時にその「好き」は私が当時大好きだった女優に抱いている気持ちと同じだと気がついたんです。 10代を通して、男性ミュージシャンや同じ学校に通っていた男の子2人に恋をしましたが、この2人はストレートだったから特に関係が発展したりってことはありませんでした。 いまだに空想したりしますけどね。 それでもまだ、自分をバイセクシュアルだと説明することは躊躇していました。 1つの理由は、LGBTQ に関する論説が出回り始めた頃、その主はゲイの人のみに焦点を当てていて、バイセクシュアルは付属的な立ち位置だった。 2つ目は自分でも自分がバイセクシュアルなのか、単なる「そういう時期」なのか分からなかったんです。 それで何年もの間、隠していたんです。 大学に入ると、現実から目を背けることが多くなっていました。 その時点で男女両方と関係を持っていましたが、ありのままの私を受け入れてくれそうな環境にいても、私は自分の性的指向を上手く隠す方法を身につけていました。 大学を出て今住んでいるシカゴに来てから、「自分はバイセクシュアルなのかも」ってやっと素直に帳尻を合わせる準備ができて、2〜3年前にカミングアウトしました。 妻には初めてのデートでそのことを伝えて、今もずっとサポートしてくれています。 今はカミングアウトをして良かったと思っていますし、色々なセクシュアリティの人たちが素晴らしい支えになってくれています。 でも、バイセクシュアルに対するスティグマが無ければもっと自由で自分に素直になれたのに、と思わずにはいれません 昔から、潜在的に女性への興味は抱いていたと思うけれど、高校生活の間はそれをひたすら拒んでいました。 ミソジニー(女性嫌悪)も理由の1つだったと思います。 例えば、パーティで他の女の子にキスをした女子はみんな、「目立ちたいだけ」とか「尻軽」なんて言われていたので、私はそう見られたくないと思ったんです。 自分のセクシュアリティを模索したいと親友に打ち明けようとしたけど、彼女たちはバイセクシュアルのことを笑いのネタにしていたのでやめました。 セクシュアリティの模索に興味を抱いた人たちが、あからさまにバカにされたり、ということはなかったけど、「誰のことでも好きになる」とか「誰とでも寝る」みたいな冗談はありました。 だからこういう気持ちを高校を卒業するまで必死に抑えていたんです。 彼女たちと会わずに済むようになって、ハッと気づいたんです。 女優のZendayaの投稿をInstagramで見て、「あぁ。 やっぱり私はバイセクシュアルだ」って思ったんです。 35歳で2度目の結婚をしようとしていた時、目覚めたんです。 当時、私には様々なクィアの友達が沢山いて、みんな本当の自分でいるだけで攻撃されていました。 そして私は彼らのために立ち上がらないことは、犯罪同然だと感じたんです。 私はシスジェンダー(心の性と身体の性が一致した)の白人男性です。 そんな特権があるのに彼らのために立ち上がれないなら、それは友達ではありません。 そしてその数日の間に200人くらいの人にカミングアウトしました。 もう2度と隠したりごまかしたりしせず、今もこの先もずっとオープンでいるつもりです。 若かった頃の私が心から誰かに言って欲しかった言葉を今なら自分で言ってあげられます。 「どんなジェンダーの人、なんならジェンダーの枠を超えた人を好きになっても大丈夫だよ。 大丈夫どころか美しいよ」ってね。 バイセクシュアルは隠すようなことじゃありません。 今私は安心してこう言えます。 「私はアウトしているバイセクシャル。 秘密にしていたあの頃に戻ったりはしません」 自分の中にもともとあったものしか知らないのに、どうやって気づけば良いのだろう?私は自分が人と違うことを認識することで、自分が誰であるかを学んだんです。 自分のそういった部分をどう呼ぼうかと思った時、まず「自分はみんなが想像していたものとは違ったんだ」と知る必要がありました。 今思い返してみると、浮かんで来るのはほぼ恐怖心でした。 自分の中で、説明が必要なものがあるにも関わらず、それができなかったのです。 「それを自然だと感じて、ジェンダーに関わらず色々な恋をごく普通に楽しみながら十代を楽しんだ」なんて言えたら良かったんですが、そうではありませんでした。 体育の時間に着替えをしなくてはいけない時は、そこでパニックになっていました。 壁や床などの一点をじっと見つめ、とにかくクラスメートの視点を避けていました。 万が一誰かに気づかれて、どう呼べばいいのかも分からないこの秘密を知られてしまうかもしれない、と思ったんです。 そうやって自分の一部を隠していました。 自分を説明するための言葉も分からなかったのですが、バレたら終わりだとは思っていました。 今は自分がバイセクシュアルであることに感謝しているし、それを大切に享受しています。 もともと私が持っていた私の一部であり、私のDNA、人生、性格と切っても切り離せないものなんです。 今はそれが仕事にも関連しています。 ずっと満たされることのなかった自分を理解したいと強く思い続けてきました。 今はバイセクシュアル・コミュニティの歴史について学んでいます。 孤独に感じていたこと、「こんなふうに感じたことがあるのは私だけなんだ」っていう恐怖を思い出しましたが、それは真実とは程遠いことだったのです。 存在を掻き消され偏見に苛まれていたけれど、バイセクシュアルの人たちはいつの時代にもいました。 自分を上手く定義できなくても、確かにずっと存在し、今もここにいるのです。

次の

渡部建の不倫相手(30代芸人G男)は誰?バイセクシュアルって本当?

バイ セクシュアル バンド

そもそもって何? パンセクシャル pansexual は全性愛者のことを示します()。 パンセクシャルは、相手の自分で自覚しているアイデンティティ(性自認)や恋愛の好み(性指向)に関係なく、 恋愛感情を抱く人が恋愛対象になる人のことを言います。 バイセクシャルは、どんなとでも付き合えるという言い方が正しいです。 それに対し違和感を持っているのが当事者。 バイセクシャルだから男女どちらでも好きになるわけじゃなく、 好きな人がたまたま同性だったのだという人々。 バイセクシャルではなくパンセクシャルが腑に落ちる人続出 その人の性指向がどうであれ性自認がどうであれ、 自分が好きだと思う人は好き。 バイセクシャルだと言っていたひとがパンセクシャルだとアウティングするケースが増えています。 そもそも自分の性指向を正しく表現できる用語を知らない場合があります。 パンセクシャルは比較的最近使われるようになった用語です。 今まではLGBTとして言われてこなかった、 セクシャルマイノリティの多様性が認められ始めたため、 性指向の再カミングアウトがよく見られるのでしょう。 例えば、歌手として活動しているは、 元々バイセクシャルだと公言していました。 パンセクシャルという言葉を知った時に、 あ、私バイセクシャルじゃなくてパンセクシャルだと腑に落ちたそうです。 こういう人はパンセクシャルかも? パンセクシャルかバイセクシャルかよくわからないという人は、 以下の質問を自分に投げかけてみてください。 例えば、フェム&アセクシャル、ゲイ&FtM等、ジェンダーレス etc.. ル・ポール・ドラッグレースのシーズン6に登場した人気ドラァグクイーン「コートニー・アクト」はパンセクシャルだとアウティングしています。 コートニー・アクトはブリトニー・スピアーズに似た外見が話題になり、番組でひとやく人気ドラァグクイーンになりました。  元々、ゲイやバイセクシャルと公言していた彼女は今はパンセクシャルだと言っています。 コート・アクトは、性別的には男性であるパートナーとよく交際しているためゲイというラベリングをしばしばされますが、本人曰くパンセクシャルの枠組みを決めていない考え方が好きが故にパンセクシャルを名乗っていると言っています。 先程登場したリナ・サワヤマは、日本生まれの英国育ち。 2019年6月23日 日 情熱大陸にも登場し、一躍有名になりそうな予感の彼女はパンセクシャル。 そんなエリートコースを進んできた彼女がポップシンガーに転身することに周囲はどうリアクションしただろう。 「Cherry」は優等生でも常に満たされないものを感じていたと発言している彼女のパーソナルライフが反映された一曲であることがよくわかる。 Miley Cyrus マイリー・サイラス 自分が何者であるかラベリングをされることが嫌いだというマイリー・サイラス。 ただもし、仮に自分の性指向に用語をあげるのであればパンセクシャルだと発言しています。 実はパンセクシャルが世に広く伝わるようになったのは、 マイリー・サイラスが2016年ごろにパンセクシャルを公言したことが話題になったことも理由のひとつです。 過激なライブ演出や女性歌手とのキスなど世界中をバズらせてきた彼女の行動はに対して理解出来ない人も多かったはず。 最近は徐々にマイリーが彼女の考え方を公に伝えることで理解も深まってきています。

次の

バイセクシャルとパンセクシャルの違いは何か?困惑するLGBTQコミュニティ

バイ セクシュアル バンド

バイセクシュアルウィーク 9月23日は、バイセクシュアルデイと言われる日です。 そこで、 に掲載されている「バイセクシュアルの22の事実」を紹介します。 他人のアイデンティティーを容易に決めつけないこと 例えば、同性同士で結婚しているからといって、ゲイカップルもしくはレズビアンカップルだと決めつけないこと。 これは異性カップルでも同じことが言えます。 これらすべてはバイセクシャルであってもあり得るカップルの形です。 もちろんカップルだけじゃなく、個人個人にもあてはまります。 その人自身がそう自認していないのであれば、勝手にゲイ、レズビアン、ストレートなどと決めつめるのは止めましょう。 バイセクシャルはモノガミー(同時に持つパートナーは一人だけの人)になれないと決めつけないこと バイセクシャルであることと、モノガミーやポリアモリー(同時に複数の人と性愛関係を持つ人)であることは関連性がありません。 そのセクシュアリティであってもモノガミーの人もいれば、ポリアモリーの人もいます。 セクシュアリティーとパートナーとどういう関係を望むかを結びつけるのは止めましょう。 バイセクシャルであれば性に対して奔放でいることに対して興味があると決めつけないこと バイセクシャルに関して触れる際に、それがその人の個人的な話に密接な関係がある場合以外、そういった性的に奔放なイメージの強い写真や動画を選ばないでください。 例えば、バイセクシャルの女性を紹介する際に、グループセックスなどの写真を使うのはやめましょう。 その人がバイセクシャルになるために、必ずしも男性とも女性とも性的な関係があったと決めつけないこと ゲイやレズビアンの中にも、同性との性的な関係はなくてもカミングアウトする人たちはいます。 バイセクシャルも同じです。 多くの場合、異性との性的な関係もしくは同性との性的な関係のどちらかを経験しないまま、カミングアウトすることが多いのです。 バイセクシャルということが自分のアイデンティティーを示すものとしては弱いと決めつけないこと バイセクシャルと言っていた人がやはりゲイだった、レズビアンだったということは起こりますが、実は逆のケースも起こるのです。 ゲイ、レズビアン、ストレートだと自認していた人がバイセクシャルと自認を改めることは起きます。 会話や、コミュニケーションにおいて関係してくる場合のみセクシュアリティのことなどを聞くこと 「初めまして!セクシュアリティはなんですか?」などといきなり他人のセクシュアリティを聞くのは失礼なことです。 やめましょう。 ゲイやレズビアンやストレートの人の場合、そういった表現は使わないのですから。 もしパンセクシャルだと自認している人がいたら、それを表す言葉をきちんと選ぶこと。 バイセクシャルに対しても同じことが言える 例えば、バイセクシャルという言葉を使っているだけで、好きになる要因に相手の性別、ジェンダーが関係していない人もいます。 バイセクシャルだけでなくLGBTのコミュニティ内でもそういった呼ばれ方の自由はあり、どう人に呼ばれるか、という点は議論され続けており、変化し続けています。 バイセクシュアルは、男にも女にも同じように魅力を感じる人だと思わないこと バイセクシュアルは、どのような人に魅力を感じるかという点でも多様です。 特定の身体的性別や性自認を持った人に惹かれる人もいれば、身体的性別や性自認に関係なく他人に魅力を感じる人もいるのです。 アカデミックの世界ではセクシュアリティはグラデーションだと提言していること キンゼイ報告という性に関する調査によると、誰に魅力を感じるか、ということはグラデーションだと言われています。 バイセクシュアルは、だれと関係を持っているかということに関わらずLGBTコミュニティの一員であること バイセクシュアルの人をストレートと思わないでください。 たとえば、ブラッド・ピットやアンジェリーナ・ジョリーはメディアに、「LGBTムーブメントの支持者、もしくは協力者だ」とときどき言われます。 実際には、アンジェリーナ・ジョリーはずっと前にカムアウトをしたバイセクシュアルの女性であり、彼女が異性の人と結婚したからといって彼女はバイセクシュアルでなくなったわけではありませんし、彼女は今もLGBTコミュニティの中の一員であって、LGBTを支持するストレートアライではありません。 バイセクシュアルはストレートからだけでなく、ゲイやレズビアンからの偏見にも苦しんでいることを理解すること 生まれつきバイセクシュアルであるというだけで、優柔不断だとか、欲深いとか、信頼できない人だとか、淫らな人などという偏見を受けることがあります。 こういった偏見は、真実ではありません。 バイセクシュアルの人と、バイセクシュアルであるということ自体を結び付けないこと バイセクシュアルの人は、バイセクシュアルと呼びましょう。 省略する形として「バイ」という言葉がありますが、最初からバイと呼ぶのではなく、バイセクシュアルなどと言った後にまたバイセクシュアルを表すために「バイ」と言うのは大丈夫です。 相手がどう言われるのを好むかを大切にしてあげてください。 これらはバイセクシュアルだけでなくパンセクシュアル、ノンモノセクシュアル、フルッド、クィアなどといった人にも当てはまるような、バイセクシュアルコミュニティに当てはまる、様々な人を指します。 これらの省略は一般的とは言えないので、このような省略を使う場合には、読む人がわかるように注釈を入れることをお勧めします。 バイセクシュアルをバカにするようなフレーズを避けること たとえば、「両刀使いなんだな!」とか「どっちつかずだな」だとか、「男も女も楽しめるなんて得じゃん!」だとか、「誰かと付き合える可能性が2倍ある」などといったことを言わないでください。 LGBTコミュニティを表すのにゲイという言葉を使うのを避けること 「ゲイとトランスジェンダー」などという言葉は、ゲイの男性とトランスジェンダーの人々を表す言葉であって、LGBTコミュニティ全体を表す言葉ではありません。 誰もが平等に婚姻ができる権利と、同性婚は違うものであること たとえば、「同性カップル」という単語は、あるカップルがゲイなのかレズビアンなのかわからない時に、ゲイカップルやレズビアンカップルを表す際に使うべきです。 バイセクシュアルとカムアウとカムアウトすることは恥ずかしいことだ、などと言ったり思ったりしないこと バイセクシュアルとカムアウトしたからといってどんな人でも大丈夫だとか、性生活が奔放という意味ではありません。 バイセクシュアルであるということは、一つの性的指向にすぎず、ストレートだったり、レズビアンだったり、ゲイであるということと変わりません。 変な意味を付与してはいけません。 元記事: 画像出典: もっと読む バイセクシャルにも色々ありますからね。 一概にバイセクシャルはこう!とは言えないのに偏見を持ってしまう。 (もちろん自分も含めて 個人的に今まで出会ったバイセクシャルで面白いと思ったのは、自分がガッチガチの同性愛者だとは認めたくない、もしくはそうなりたくないという理由でバイセクシャルを名乗ってた人と出会ったときでした。 複数人そういう方もいらっしゃったのでこの記事の通りバイセクシャルを名乗っていたとしても男性とも女性とも関係を持っていたという証明にはならないんですよね。 (苦し紛れに名乗ってたりもする ゲイはゲイに偏見を持って、ゲイはバイセクシャルに偏見を持って、レズビアンはバイセクシャルに偏見を持って、ストレートはその他全員に偏見を持って・・・・なんというかLGBT可視化の道のりは長い、以前にLGBTの当事者達のLGBT当事者に対する偏見をどうにかしないといけないと思います。

次の