トリトドン 大きさ。 【ポケモン剣盾】鎧の孤島の攻略まとめ|最新情報【ソードシールド】|ゲームエイト

ラグラージとは (ラグラージとは) [単語記事]

トリトドン 大きさ

Contents• Windows10でマウスのカーソルを変える方法 今日はマウスのカーソルの変更方法をご説明したいと思います。 Windows10には様々なカーソルのアイコンが最初から入っていますが、 自分の好きな画像をダウンロードしてカーソルを変更することもできます。 この記事ではカーソルのアイコンをダウンロードしてからの変更方法も併せて説明していきます。 私はポケモンが好きなので「ピカチュウ カーソル」というワードで検索をかけて画像を探しました。 各々で好きなキャラクターやカーソルのアイコンをネットで検索して、ダウンロード画面でPCに保存してください。 nicovideo. 検索場所は【PC】を選択する• 検索ワードで【Cursors】と入力する• 【Cursors】と書かれたフォルダーを選択し、【フォルダー:】の項目が【Cursors】になっているか確認する• 【フォルダーの選択】をクリック 以上の手順で完了です。 画面下の【展開】をクリックし、展開してください。 という画面になるかもしれませんが【すべての項目にこれを実行する】というところにチェックを入れて続行してください。 展開後【Cursors】のフォルダーの一番下を確認すると先ほど展開したアイコン画像がバッチリ保存されています。 これでダウンロードした画像の展開は完了です。 カーソルを設定しよう これからダウンロードしたカーソル画像を実際に設定していきます。 Windows10にもともとはいっているカーソルアイコンを使用したい場合はこちらの手順から行ってください。 まずはWindowsボタン(スタートボタン)を押してアプリ一覧を開きます。 左側にあるアルファベットの【w】の項目の中にある【Windowsシステムツール】をクリックし、さらに【コントロールパネル】の項目をクリックします。 次に【ハードウェアとサウンド】という項目をクリックします。 【デバイスとプリンター】という項目の中にある【マウス】をクリックします。 画面上のタブの【ポインター】をクリックします。 【カスタマイズ】の中にあるカーソルをクリックして選択し【参照】をクリックして先ほど保存した画像を選択します。 自分が変更したいカーソルアイコンを1つずつ設定してね! すべて設定したら適用をクリックします。 以上でカーソルアイコンの設定は完了です。 設定後 このような感じでしっかりマウスのカーソルがピカチュウになりました。 可愛いですね…。 (笑) おわりに いかがでしたか?案外簡単に設定できますよね。 カーソルを設定するとさらに自分のPCへの愛情が湧きませんか?なんて…。 いろんなキャラクターのアイコン画像が公開されていますのでどれにするかとても悩みました。 あえていろんなファイルをダウンロードして組み合わせて使ってみるのも面白いかもしれません。 その際にはウイルス対策を万全にして、可愛い自分のPCが侵されないように気を付けてくださいね。

次の

ラグラージとは (ラグラージとは) [単語記事]

トリトドン 大きさ

概要 『』 第1世代 から存在するポケモン。 から進化して体色は濃い赤からの時のオレンジ色に戻っているが体は一気に大きくなり、更に空を飛べるようになった。 強い相手を求めて飛び回る習性があり、高度1400mまで飛び立てる程の高い飛行能力を備えている。 その口から放たれる炎は岩石ですら燃やし尽くしてしまう。 攻撃的な性格をしている一方、自分より弱い者に対しては決してその炎を向けない潔い一面も持つ。 苦しい戦いを経験したリザードン程、その炎の威力は高まる。 リザードンが本気で怒った時、尻尾の炎は青白く燃え上がるという。 『赤』及びリメイク版である『ファイアレッド』のパッケージを務めるポケモンである。 それ故に、の代表格とも言えるポケモンである。 『ほのおタイプと言ったらリザードン』と考える人も多いのではないだろうか? また、 『』またそのリメイクである 『』発売の影響で元祖主人公・とともに描かれることの多いポケモンでもある。 赤緑においては、序盤が辛いこと(を参照)、当時不遇だったほのおタイプであることから弱ポケモン扱いされることもあるが、実際には必ず急所に当たると、と同威力のを覚えられるため、攻略要員としてはそれなりに優秀であった。 タイプ相性を無視してきりさく一本でどんな困難も突破して見せるその姿は、当時の子供達に大きな印象を与えた。 実際には上記の芸当はリザードンでなくてもできるのだが(など)、序盤の苦難を共に乗り越えたことの思い出補正から、リザードンを相棒として掲げるプレイヤーは少なくない。 ゲームでの鳴き声がとまったく同じであることはファンの間では有名。 しかし今までの電子音が使えなくなってしまったにおいて差別化された。 サイホーンは元のベースを崩さない鳴き声である一方リザードンは完全に変わっている なお、「大きな翼で高度1400mまで飛翔する」という設定がありながら、何故か初代(赤緑青)では 「」を覚えられなかったのは初代プレイヤーの間で結構有名。 それどころか ひこう技を一切覚えない。 その羽はお飾りかと。 この点はで修正されている。 また、初代の時期はデザインが不安定で、公式絵で角が1本だったりしたこともあった。 (初代ポケモンカードのリザードンのイラストも「角が1本か2本かが分からない状態で描いた」と絵師自ら公言している) 現在は2本角で統一されている。 余談だが、ポケモンにおいてリザードンは最も技習得に理想的な体の作りをしている。 ある程度大型でしっかりとした牙や尻尾を持ち、更に竜に近い見た目である為非常に多くのジャンルの技を習得できる。 このスタイルのポケモンは意外と少なく、他にいるのはや位だったりする。 また後述の「」に参戦した際も、その体躯を活かした多彩な攻撃術でワイルドな戦いぶりを披露している。 その知名度や人気の高さからメディアミックスで起用される機会も多い。 に続いて 限定バージョンの3DS LLが発売されたこともある。 任天堂ハードのイメージに起用されたのはGBASPに続いて二度目である。 色違いの個体を彷彿させる黒をベースにした本体に、金のラインで描かれてる。 2020年の「」では、5位以下を大きく引き離して4位に輝いた。 第7世代では「」として、どこぞの火竜のごとくの代わりを務める。 ……のだが、アローラ図鑑には リザードンどころかヒトカゲ系統は一切登録されない つまり出ない。 まさかの飛ぶ為だけの第7世代参戦である。 一応クリア後にが使用してくる為、全く戦わないと言う事はないし、メガリザードンになる為のも割りとあっさり手に入るのだが 第8世代ではのパートナーとして新要素キョダイマックスを引っさげて登場。 ストーリー中においても割と見せ場は多く、かなり優遇されていると言える。 また、発売当初は初代御三家の他の二匹は登場しなかったので、ポケモン史上初となる御三家中単独出演ともなっており、第6世代でのメガシンカの分岐に続き今作でもリザードンはポケモン史にまた一つ異例の経歴を刻むこととなった。 ただし、早い段階から内部データにはやもしっかり存在していることが解析の結果明らかとなっており、その後2020年2月にが解禁されると同時に残り2体の御三家も連れてくることができるようになった(イベントで進化前がとして登場したことも)ので、ようやくカントー御三家の揃い踏みが叶った。 色違いは黒。 あまり知られてはいないが、実は時代の色違いでは 紫で、に移行する際に黒くなった。 ちなみに、このカラーリングは、アートディレクターの氏が金銀の時代に描いたイラスト「 光るポケモンとの遭遇」が元になっていると思われる。 「」を元ネタにしているという説もあるが真偽は定かでない。 ゲームでのリザードン HP 攻撃 防御 特攻 特防 素早さ 78 84 78 109 85 100 リザードがレベル36になった際に進化する。 なお、近作では進化直後に「」を覚えることができる。 「とくこう」と「すばやさ」が高めであり、基本的には特殊型メインのポケモンである。 とは言え「こうげき」も決して低くない為物理型も難なくこなせる。 第2世代のほのお御三家最終形態・とは 種族値が全く同じである。 但し習得技の違いから差別化可能な上、こちらの方が技のバリエーションが豊富なので戦法はリザードンの方が豊かである。 技もタイプ一致の 「」・「」・「」・「」・「」、 さらにほのおタイプと相性補完となる 「」、「」、「」など豊富である。 さらに 「」や 「」等の「こうげき」上昇の技を覚えるため、物理型としても使える。 こちらも 「」・「」・「」・「()」・「」・「」・「」、「」・「」と、特殊技以上のレパートリーを誇り、技選択に迷うほど。 まさにと言える。 ただし現在では炎御三家の後輩であるの方を指すことが多い。 相手からすればパッと見でどんな戦法で攻めてくるか分からないのでなかなか厄介。 ただしタイプの相性上 には極端に弱く、「」でHPをごっそり持っていかれる。 隠れ特性は「サンパワー」。 晴れてさえいれば常に「とくこう」が強化されるため、天候とのシナジーを活かし「もうか」とは異なる戦術を取ることができる。 ただしこの場合特殊技しか恩恵を受けず、物理技を入れても特性と噛み合わないのが難点。 入手方法は BW発売前に売られていた雑誌をもとにランダムで手に入るという鬼畜そのものだったが、XYのフレンドサファリで改善された。 第5世代までのリザードンは良くて中堅程度と、知名度や人気に比例しない強さだったが、ポケモンXYでは を2つも獲得したことで対戦環境の中心に存在できるポケモンとなった。 とは性能が大きく異なり、そのどちらも強力なポケモンなのでとにかく 読めない。 ノーマルリザードンを含め3つどれで来るかは実際に蓋を開けるまで分からない為、相手にとっては脅威以外の何物でもない。 更にでは新機能の中でも一部のポケモンにのみ与えられるでを獲得。 対戦ではサンパワーリザードンでダイジェットで素早さを上げ、ダイバーンで晴れさせてそのまま燃やし尽くす型が主流。 の流れを組むが、持ち物に制約がない分メガリザードンYをも上回る火力で焼き尽くす。 本作で「」を習得したが、晴れで使う場合はダイマックス前提となる。 しかし、ダイマックス技による天候の奪い合いが頻発しやすいことから、その超火力を発揮できる機会は意外と少ない。 そのため相手の交代先がほのおタイプや持ちでなければ確実に負荷を与えることができ、ダイマックス後にリザードンが交代しても恩恵の残るキョダイゴクエンを使用できるキョダイマックス個体が採用されるケースも増えてきている。 での活躍 サトシのリザードン 『』第1話から登場。 の通学や配達の仕事において、として活躍している。 技構成は「」、「」、「」、「」。 外見的特徴としてはガタイがよく、翼がところどころ破けているように見える。 実は元々はしまキングであった カキの亡き祖父の相棒であり、かなり歴戦のご老体であることが伺える。 普段はあまりバトルに参加する描写がなく、そちらにおいては半ば隠居状態のようにも思われたが、いざという時にはかなりの実力を発揮する。 が出れなくなった際には満を持して登場。 の試練を単身突破して「ひこうZ」を獲得し、 「」を使用できるようになった。 そもそも現役のライドポケモンを務められている時点で、体力や能力はまだまだ健在であることが伺え、カキ&配達の荷物 しかも牧場の製品の牛乳やチーズなど重量がある物の可能性がある を同時に長距離運び回ることを考えると、未だにバトル用のリザードンにも引けをとらないスタミナ・パワー・スピードを維持していることが予測される。 旅を続けるなかでから、リザードからリザードンと進化し、レッドとともに成長していった。 バトルでもの・のを打ち破るなど、相性での不利をものともせず、主人公のパートナーにふさわしい活躍を見せた。 クライマックスでは未発表であったへとを遂げるという、視聴者へのサプライズもあった。 外伝のリザードン の 救助隊シリーズでは・共々チームFLBの一員として登場している。 この様に本編以外のゲームにおいては他のポケモンと徒党ないしチームを組む事が多い。 初代から必ず何かしらの形で出演し続けている。 CVはアニメ版と同じ三木眞一郎氏が担当。 とではモンスターボールでのアシストとして登場。 出現すると一定時間、左右にを吐いて攻撃する。 リザードン本体にも強力な攻撃判定があり、プレイヤーがぶつかると真上に吹っ飛ばされる。 ダメージが蓄積しているときは そのまま撃墜することもある。 では・と一緒にの手持ちポケモンという形でプレイアブル化。 力が強く吹っ飛びにくい重量級であり、強力なスマッシュ攻撃やのほか、かえんほうしゃでけん制できたり、滑空や空中ジャンプ2回で復帰性能が高かったりと、パワータイプらしからぬ器用な側面も持ち合わせている。 に登場するボスキャラには横必殺ワザのが非常に有効であり、ボスバトルでは楽々と戦までたどり着ける。 では 満を持して単独でプレイヤーとして参戦。 ポケモンチェンジがなくなり、代わりに横必殺ワザ・が追加された。 強力なワザだが自分も反動ダメージを受けるという、原作を忠実に再現した仕様になっている。 前作で横必殺ワザだったいわくだきは下必殺ワザに変更された。 でへメガシンカする。 のスマッシュアピールにて 「その立派な翼で、空を飛ばないッ!!滑空も、しないッ!!」とネタにされているが、 実際は滑空が出来、 本編ほど自由に飛べないものの 飛行できるし、そもそも上必殺技が『そらをとぶ』である。 更にすると自在に空を飛ぶ事も出来るので初心者の方は是非安心していただきたい。 一説によれば、これはにおける、ではないかとも。 更に近年進化直後に覚えるようになった『』にも触れている。 ではポケモントレーナーの復活に伴い、再びポケモントレーナーの手持ちとして登場。 下必殺技はポケモンチェンジとなり、フレアドライブはそのままに、いわくだきが廃止された。 最後の切りふだもさんみいったいに戻っている。 マシンパワーの向上によってポケモンチェンジによる交代が瞬時にできるようになった Xではラグが生じていた ため、から交代して不意打ちで大技を食らわせる等の戦術が可能となった。 ポッ拳 タイプ:パワー バーストアタック:煉獄ブレイズ 体力を消費するが当たると大ダメージのフレアドライブ、ブロック属性のついたほのおのパンチ、高い攻撃力のちきゅうなげなど豪快な技を持つパワータイプ。 飛行タイプのため、空中で行動が可能なアクションを持ち、相手に対して次の読みの選択肢を多数与えることも可能。 共鳴時はメガリザードンXへとメガシンカ。 また、バーストアタックの煉獄ブレイズは地上・空中どちらからでも発動が出来る。 進化前のヒトカゲの出現率が御三家の中でも一番低いため、入手難易度はかなり高め。 最終進化形と言うこともあり、全体的な性能は全ポケモンの中でも割と上位に入る(強いていうなれば耐久面がやや低く打たれ弱いのが玉に瑕だが)…のだが、如何せんほのおタイプは強豪が多く、耐久面を犠牲に徹底的に火力に特化した、さらに総合性能でそのさらに上を行くのやの躍進ぶりが凄まじいために、長らくそれらに押されて二軍落ちしてしまう事の多い不遇のキャラであった(特に、特にブースターやエンテイとは 習得できる技が、ファイヤーとはそれに加えて所持している タイプがほのお・ひこうであることがモロに被ってしまっているという…)。 勿論、人気自体はそれなりにあったのだが、実戦面での性能が上記の通りであったため、入手難易度の高さもあり、専ら観賞用・コレクション用のキャラクターといったところであった。 しかし、 そんなリザードンに汚名返上のチャンスが訪れる。 の習得 に開催されたでは進化元のヒトカゲが対象となっており、さらに時間内に進化させることで、特別な技: ブラストバーンを習得したリザードンへと進化させることができた(色違いも初実装され、出現率がアップした)。 元々リザードンは攻撃種族値がそこまで高くないため、この技を繰り出しても 理論上はを覚えたファイヤーやエンテイの火力には僅かに届かない(逆に言えば、 攻撃力が低めのリザードンでも伝説ポケモンに肉薄できるだけの火力を叩き出せるのだから、この技がどれほど恐ろしい威力を誇っているかがわかる)。 しかし、フルゲージ技ではないため小回りが利きやすくなり、 場合によってはブラストバーンを覚えたリザードンの方が有利に立ち回れることもある。 特に技の回転効率が重要視されるレイドバトルにおいては案外馬鹿にできない火力を叩き出せるので、むし・くさタイプのボスを相手に大活躍してくれることだろう。 伝説ポケモンにはできない芸当が行えるようになったことで、リザードンも活躍の場が増え、以前に比べるとジム戦やレイドバトルでその姿を見かけることが多くなってきている。 とはいえ、強化されたのは技だけであり、ステータスそのものは当然ながら据え置きであるため、他のほのおポケモン(特に伝説ポケモン)と比べて打たれ弱いという点は変わっていない。 特に、 いわがとなるので、いわ技を繰り出してくる相手に対しては回避は絶対となる(これはファイヤーやも同様であるが)。 別段リザードンに限った話ではないが、バトルで使用する際は、相手の攻撃を交わしながら確実に攻撃を当てることのできるタイミングで技を当てていくという立ち回りの基本を徹底しなければ、あっという間に瀕死の状態に追い込まれてしまう。 ファイヤーやエンテイの時のように 攻撃力の高さ・技の強力さにものを言わせてゴリ押しするプレイスタイルでは、とてもではないがリザードンは使いこなせない。 最高ランクのボスの名に恥じぬ強敵であり、強力なほのおわざやひこうわざ、そして個体によってはドラゴンタイプの技などを駆使して 全力でこちらを殺しにかかってくる。 上記の通り、いわタイプのポケモンであれば、相性の関係上比較的楽に立ち回ることができる。 また、いわタイプのポケモンは全体的にHPや防御力が高い個体が多く、いわわざも相手に刺さりやすいものが多いので、ある程度の人数で、育成されたいわタイプのポケモンを揃えて挑めば十分に勝算はある。 なお、ボスとして登場したのは~にかけてであり、11月5日以降は進化前のリザードにレイドボスの地位を譲り渡し、その役割を終えることとなった(そのリザードも現在はレイドボスの座から外れているため、 リザードン系列をレイドで直接入手することは現在不可能となっている)。 主な使用トレーナー• :『赤・緑・青・ピカチュウ』と『FRLG』の主人公• :『赤・緑・青・ピカチュウ』と『FRLG』のライバル兼リーグチャンピオン• :『FRLG』での女性主人公• :の主人公• :『赤・緑・青・ピカチュウ』と『FRLG』の ・• :『金・銀』と『HGSS』の 金銀• :『金・銀』の• :ポケナガのの一人• :のみ。 普段はライド専用だが、たまにバトルで活躍する事も。

次の

マストドン

トリトドン 大きさ

ランプラーやヒトモシと同じく人間のが好物であり、 その炎で焼き殺されると魂を奪われてしまうという。 また、奪われなかったとしても成仏出来なくなり 永遠にこの世をさまよい続ける事になるという恐ろしいポケモン。 ヒトモシ系列は最初から最後までやることがえぐい。 この魂をや達が回収できるかどうかは不明。 成仏できないと断言されているので、恐らく無理だと思われる。 ちなみにこの炎、では触ってもなぜか火傷せず、実体がない扱いになっている。 生息地はやはりというか、古びたで、腕の炎を妖しく揺らめかせて相手にを掛けるという。 また、シャンデラを灯の代わりにしていた屋敷は葬式が絶えなかったという記録が残されている。 灯の代わりにしていたぐらいなのだから、このシャンデラは人の手持ちポケモンだった事は容易に想像が付く 偶々住み着いたという可能性も否定できないが。 進化前のヒトモシが人の命を吸い取って燃料にしていたので彼らの進化系であるシャンデラも 屋敷に住んでいた人々の魂を燃料に灯を灯していた結果、葬式が相次いだとも解釈できる。 『ソード』の図鑑解説に登場する古びた洋館とは『シールド』の図鑑解説におけるシャンデラで灯を灯していた屋敷のなれの果てなのだろう。 それにしても灯を灯すぐらいならや他のほのおタイプに頼んだ方が安全そうである。 その丸々とした体につぶらな瞳と、恐ろしい図鑑設定や後述する対戦での凶悪な性能とのギャップから人気の高いポケモン。 過去に「ニンドリ読者が選ぶ!! イッシュ地方ポケモン人気投票」のポケモン部門で 第1位に輝いたこともある。 2020年に開催された『ポケモン・オブ・ザ・イヤー』の総選挙でも総合18位&イッシュ地方1位を獲得。 未だ根強い人気を見せつけた。 は炎が橙色、体が黄緑、瞳が紫になり、若干風になる。 ゲームでの性能 HP 攻撃 防御 特攻 特防 素早さ 合計 60 55 90 145 90 80 520 この可愛い顔からは信じられないが、 「とくこう」種族値が145もある。 この数値、なんと 準伝説ポケモンを上回る数値であり、『BW』までは一般ポケモン中最高の「とくこう」の持ち主であった。 禁止伝説を含めても 登場当時で第8位であった 現在は22位タイ。 調整次第では火力アップアイテムなしでも シールドフォルムのすら「」の一撃で焼き払ってしまえると言えば、その超火力ぶりがわかるだろう。 しかも特性が「もらいび」なら、ほのお技を受ければこちらのほのお技の威力をさらに高めることができる。 シャンデリアがモチーフだけあって、豪華な炎=高い「とくこう」ということなのだろうか。 その超火力を活かした単純なアタッカー型も強力だが、ゴーストタイプらしく搦め手を駆使した戦いも得意。 こう見えて 「」まで使える。 無効半減が多いため一度嵌ったら手が付けられない。 対戦ではダブルバトルでよく使われる傾向にある。 2体攻撃「」の他「」「」「」などが強力。 第5世代では高い使用率を誇っていたが、第6世代以降ほのお、ゴーストそれぞれに強力なライバルが次々登場し肩身が狭い。 それでもタイプ相性の修正によりゴースト技の通りがよくなったため、不利だったにゴリ押しができるようになるなど強化された点もあり、さらに新登場の技を半減できるため十分活躍の余地は残されていると言ってよい。 短所としてHPと「こうげき」が低いが、言うまでもなく特殊アタッカーであるため「こうげき」の低さは何の問題にもならない。 HPに関しても「」を持たせない場合に限り、「とくこう」に割く分の努力値をHPに振るとよい。 それぞれ 90ある「ぼうぎょ」と「とくぼう」のおかげで不一致弱点技位なら簡単に耐えるようになる。 ただしシャンデラの弱点タイプは、、、、の5つという、けっこう多いことに加えメジャーなものが多く、またそれらのタイプの技は威力の高い技が多用されるため油断大敵。 「すばやさ」も並程度なので持ち物や立ち回りに工夫が必要。 特にあくタイプの中でもほのお技を半減する (こいつは持ちもいる)、、、などに対しては有効打は無きに等しいので大人しく逃げるしかない。 第7世代で同タイプかつ素早さと火力で勝るが登場。 ただし、耐久はシャンデラが勝っており、覚える技範囲で差別化は可能である。 問題は上記のガオガエンがダブルで蔓延っているところだろう。 隠れ特性について 当初の隠れ特性は相手の交換を封じ込めることができる「」だった。 ゴーストタイプのイメージに合ったとくせいではあるが、その性能の 凶悪さから多くの議論を呼んでいた。 まずシャンデラは弱点こそ多いが、半減が、、、、の5つ、が4分の1、ゴーストタイプゆえとが無効。 ……と、耐性はそう悪くない上、シャンデラ自体の耐久もそこそこある。 なので上手く狙いの相手と対面することができれば確実にその一体を倒してくれるだろう。 しかし一番の問題は、こう見えて 積み技が非常に豊富なことである。 定番の特殊上昇「」、物理技だが半端な素早さを強化できる「」、無対策だと厄介この上ない「」、また、防御を2段階上げる「」なんてものもある。 1回隙ができてしまえばシャンデラが登場して積み技を使われてそのまま試合終了にまで持ち込めるのだ。 ここまでの壊れた性能から 解禁されたら確実に対戦環境を一変させると呼ばれるほど恐れられていたが、結局未解禁のまま『XY』になって 隠れ特性が「」に変更された。 元々から出す気は無かったのかもしれない。 代わって得た「すりぬけ」だが、なんと 「」や各種壁をすり抜け本体に攻撃するという仕様。 同じく強力な性能だが、通常特性も優秀な為迷いどころである。 また、で普通に手に入るようにもなった。 問題は 同世代でことだが。 その他媒体 アニメ BW編48話で・ノボリの手持ちポケモンとして初登場。 声はが担当。 など連れ去られたポケモンを救出するため、「」で達を援護してくれた。 高速で走るトロッコに後ろ向きで並走するという高スペックも披露。 さすがサブウェイマスターのパートナーである。 その後、野生の個体がBW編69話でも登場している。 ポケパーク2 進化前のヒトモシ、ランプラーと共に登場。 彼ら2体は普通のキャラなのに、 シャンデラだけ何故かオネエ口調である。 ウィッシュパークのアトラクションマスターの一人であり、ダンスと派手な装飾を好む。 ちなみにこの派手な装飾は、昔の友人と生き別れた時の悲しみを紛らわすためにやっているらしい。 一人称は「アタシ」だが、怒ると素に戻って「おれさま」となる。 スマブラ ではに敵キャラとして出演。 空中を浮遊しており、ファイター プレイヤーキャラ を発見すると紫の火球を3つ飛ばす「」、渦巻状の炎を発射する「」で攻撃してくる。 耐久力はそれほどでもなく、比較的楽に倒せる敵キャラの一つである。 炎系攻撃を使わなければ。 というのも、スマブラのシャンデラは「」特性まで付加されており、 炎系攻撃を与えると炎が激しくなり、攻撃力がグーンと上がる。 さらにファイター固有の技だけでなく、 炎属性のアイテムや、炎属性の敵の弾丸化でもパワーアップするというタチの悪さ。 炎属性攻撃が中心のなどにとっては厄介この上ない相手の一つである。 ちなみに どう見ても悪タイプっぽいの暗黒属性の技やのでもパワーアップしてしまう、何故だ。 2016年1月15日、にて通算12番目のファイターとして参戦することを発表、紹介動画が1月31日のニコニコ闘会議にて先行公開され、翌日2月1日にも公式サイトにて配信。 2月9日のバージョン"N01"を以て開放された。 遠距離パワーファイターで、すべてのポケモン技(Aボタン)がブロック貫通という今までにないタイプのポケモンとなっている。 バーストアタックは「最期の一灯」。 2019年9月17日、第5世代実装第1弾として登場した。 初期形態ヒトモシはレア度が高く、2017年11月現在等よりも一回り出現率が低い。 タマゴも10kmのものしか孵らない。 原作では所定の場所に行けばある程度は入手しやすいのだが、その「所定の場所」とは専ら墓場や廃墟であるため、流石にそういう場所に出すわけにもいかなかったということなのだろう。 後述する強さを考慮して……ということもあるかもしれない。 一応同年に行われたハロウィンイベントで確実に1匹手に入るようになり、更に出現率も若干ながら上昇していたため、同イベントに参加した人はそれなりにアメを集められたことだろう。 更にこいつを手に入れる上で最大の難関がある。 それはずばり進化に新アイテム 「イッシュの石」が必要であること。 現在の大発見で手に入れるか、の幹部に勝利するかしかないが、その どちらもランダム入手のため非常にやきもきさせられる。 性能は原作譲りで非常に優秀。 一般枠ゴーストタイプで 初の最大CP3000超えを果たし、耐久も低くないため比較的安定して戦うことができる。 技は通常に「」と「」、ゲージに「」「」「」を揃える。 ほのお技が1本ゲージなのは惜しいが、ほのお・ゴーストどちらに寄せても火力面で申し分ない活躍を果たしてくれるだろう。 ジム攻略やレイドではかなりの強さを見せ、タイプが優秀なので防衛でもカイリキーやメタグロスを止められるという利点がある。 ただし種族値や習得技の関係で対人戦は苦手。 彼のベストリンクである。

次の