身に余るお言葉ありがとうございます。 「もったいないお言葉」の意味とは?類語や使い方、例文を紹介!

「お気遣い」と「お心遣い」の違い!意味、使い方、英語、類語「ご配慮」など

身に余るお言葉ありがとうございます

「過分」の意味と言い回し表現 「過分な」という言葉は、文書やメールではよく目にしますが、ビジネスシーンにおいても普段はあまり耳にしない言葉だと思います。 それでは「過分な」とはどのような時にどのような意味でどのように使うのが正しいのでしょうか? 「過分」の正しい意味 「過分」自体の意味は「とても・すごく・過剰・過大」などの状態を表します。 口語表現としての「とても・すごく」などの言葉を、文語表現に置き換えたものが「過分」となります。 文章として成り立たせるためには「過分」単体だけで使うのはなく、「過分な」や「過分なる」などの文章として使うのが一般的です。 「過分な」という言い回しで使う ビジネス用語として「過分」という言葉を使うときは、「過分な」や「過分なる」という言い回しで使われるのが一般的です。 「過分な」は「 身に余る扱いに対して謙遜するさま」とあり、 上司や取引先などの目上の人に丁寧に自分をへりくだって気持ちを伝える際の謙譲語となります。 「過分な」の一言で「私のような者にはもったない程の物・事」という内容を表現できる文となります。 「過分」はどんな時に使う? 「過分」は口語表現としての話し言葉ではなく、文語表現としての書き言葉として使う敬語です。 少々堅く真面目な文書を作成する場合に使用します。 「過分」を使うのにふさわしい場面や使い方をみてみましょう。 「過分」を使う時 「過分」を使う時は、目上の人や取引先から頂き物をしたり、目上の人からのお褒めの言葉や評価などを頂いた時に、お礼や感謝の気持ちをメールや書面で伝える時に用います。 頂いた物・事自体を賞賛する意味と、「自分には分に合わないほどの素晴らしい物」を頂いた感謝の気持ちとして「過分な」を使います。 また、良い評価や、お褒めの言葉を頂いた場合にも、自分の能力を上回った評価や賞賛を頂いたという感謝とお礼を表現する時に「過分」という言葉を使います。 「過分」の正しい使い方 「過分」の正しい使い方は、「感謝の気持ちを自分をへりくだって伝える」と考えると正しく使うことができます。 「自分のような者にとても高価な物を贈ってくれてありがたい」という気持ちを伝えたい場合は「過分なる贈り物を頂き、誠にありがとうございます」と表現します。 また、「自分のような物に、もったいない程の高い評価を頂きありがたい」という気持ちの場合は、「過分なる評価に感謝致します」となります。 この場合「過分なる」が「自分にはもったいない程の」という謙譲語として表現できる伝え方となります。 「過分」の類語 「過分」という表現は主に書き言葉として用いられる言葉です。 ビジネスでのお礼状や感謝を伝える際の、謙遜の意味を込めて表現する場合と、「身分不相応」という良くない表現として使う場合があるので注意が必要です。 「過分」の謙遜の意味を交えた類義語 お礼や感謝の意味を表現する場合は、謙遜の意味を交えた類義語を使います。 「過分な」が持っている肯定的な意味を口語的に表現した類義語です。 「もったいない」お言葉〜• 「身に余る」光栄をいただき〜• 「結構な」お品をいただき〜• 「温かい」お心遣いをいただき〜• 「お心のこもった」お品をいただき〜 「過分」の能力を超えた意味としての類義語 自分の能力を超えて相応しくないという意味での表現は、否定的な意味となります。 ビジネスシーンにおいては文語的にも口語的にも否定的な意味での「過分な」を直接使う事は稀で、類義語として別の表現を使うことの方が多くなります。 「分不相応な」• 「身の丈に合わない」• 「相応しくない」• 「似つかわしくない」 「過分」を使う時の注意点 「過分」という表現には、感謝の気持ちを表す謙譲語として使われる場合の意味と、否定的な表現を示す場合の意味があるという点に注意して使うことが重要です。 肯定的な意味として使う 感謝の気持ちを表現するための謙譲語として使う場合は、肯定的な意味として表現できる「過分」として使います。 「私にとってはもったいない程の素晴らしい物・事」を文語で一文字で表現する言葉が「過分」となります。 また、受け取った物や事柄と、「過分」という言葉に前後する表現に気を付けて文章を作るようにします。 否定的な意味としては使用しない 否定的な意味での「過分」という言葉は、分不相応な・身の丈に合わない・相応しくないという意味がありますが、実務上、否定的な意味として「過分」という言葉は使いません。 「過分」という言葉をビジネスシーンで使用する場合は、肯定的な意味として取り扱うのが一般的です。 「過分」を使った文例 ビジネスシーンで良く見られる、贈り物を受け取った際のお礼状・会合に招待された際の参加、不参加のお返事・会合参加後のお礼状で使われる「過分」を使った文例を見てみましょう。 お中元やお歳暮、贈り物へのお礼状 取引先や目上の人からお中元やお歳暮などの贈り物を受け取った場合は、お手紙やハガキ、メールなどでお礼状を送ります。 実際にお会いする機会が多く、口頭でも伝えられる場合があったとしても、一旦文書でのお礼状を送るのがマナーです。 「過分なるお心遣いに感謝致します」• 「過分なお品を頂戴し、誠にありがとうございます」• 「過分な贈り物を頂き、ありがとうございます」 目上の人からパーティや会合の招待への返信 取引先や目上の人から、祝賀会や結婚披露宴、会合やパーティーへの招待を受けた場合、文書やメールで参加、不参加の返信をするか、先方の指定する形式で返信をします。 「過分な」を使ってまずは感謝の気持ちを伝えてから、参加、不参加の意を伝えます。 「過分なご配慮ありがとうございます。 誠に残念ではございますが〜」• 「過分なご高配、誠に感謝致します。 喜んで参加させていただきます」• 「過分なお誘いを頂き、誠にありがとうございます。 残念ながらこの度は〜」 パーティや会合参加後のお礼状 パーティーや会合へ参加した際、後日、参加に対する感謝のお礼状を書面やメールで送るのが一般的です。 よく顔を合わせる機会があって、口頭でも感謝を伝える事のできる相手でも、一旦は文書やメールでお礼状を出すのがマナーです。 この場合も「過分な」を使って感謝の気持ちとお礼を伝える事ができます。 「過分なおもてなしを頂き、誠にありがとうございました」• 「過分な機会を与えて頂き、心より感謝致します」• 「過分なご配慮、誠にありがとうございました」 まとめ 「過分な」は文語的で硬い表現のため、日常ではあまり使われる事はありません。 しかしビジネスシーンにおいては、謙譲語として感謝の気持ちを表現するお礼状に良く使われています。 「過分な」を使えば、不必要な丁寧語を重ねてお礼を述べる事を避けられる上に、すっきりとまとまった文章でお礼状を作成する事ができます。 社会人としてお礼状を出す際には「過分な」を使いこなして、洗練された文章を作る事を心掛けましょう。

次の

身に余る|#話術.com

身に余るお言葉ありがとうございます

「嬉しい」は形容詞で体言(名詞・代名詞)ではありません。 「嬉しいです。 「です」は「だ」の丁寧語で本来は体言の後につく言葉なため、実は間違った丁寧語となっているのです。 丁寧語では「嬉しゅうございます」もしくは「嬉しく思います」と言う表現もありますが、「嬉しゅうございます」は、ビジネスの場ではあまり耳にしない言葉で不自然に思われてしまいます。 また、「嬉しい」と思っているのは自分なので『自分の動作が主体』となり、通常目上の人に対しては謙譲語(へりくだった表現)を用いるのですが、形容詞には謙譲語がないので単純に変換できません。 「嬉しい」気持ちを敬語で表す場合は「喜ばしい」となります。 では「喜ばしい」を使ってみると「喜ばしい限りです」なんだかおかしくありませんか?間違いではありませんが口頭で表現するには、少し仰々しい言い回しですよね。 言われた相手も戸惑ってしまうかもしれません。 では「嬉しい」気持ちはどう表したら良いのでしょうか。 <招待されたとき> ・お招きにあずかりましてありがとうございます。 ・お招きにあずかり感謝しております。 ・お招きいただき感激しております。 <品物をいただいたとき> 強い感謝を示すときの表現としては、 ・お祝いの品までいただき、何とお礼を申し上げればよいか、言葉もありません。 ・ご親切を賜り、お礼の言葉もございません。 ・ご厚意に、胸がいっぱいになりました。 ・お心づかいいただきましてまことにありがとうございます。 ・お気遣い深く感謝しております。 出張のお土産をいただいたときなどの感謝を示す表現では、 ・ありがたく頂戴いたします。 ・ご丁寧に恐れ入ります。 ・お気遣いありがとうございます。 品物を受け取ったとき、「お心遣い」や「お気遣い」という言葉がサラッと出てくるとしっかり敬語を勉強されているなという印象を持ってもらえます。 <助力・援助を受けたとき> ・お力添えに感謝しております。 ・助言を(ご協力)いただき心より感謝しております。 「嬉しい」気持ちを表現したくなる場面として、昇進を告げられたり褒められたりといった場面も考えられますよね。 この場合の「嬉しい」は「気分が良い」という意味合いが強いのではないでしょうか。 過剰に謙遜せずに素直に「嬉しい」気持ちを伝えるようにしたいですね。 また相手(上司や目上の方)に『褒めて良かった』と思ってもらえる返事ができるとその人とさらにいい人間関係を築くことができるのではないでしょうか。 「嬉しい」の類語には、 ・喜びを示す「心うれしい」「喜ばしい」 ・喜びを与えるさま「心地よい」「気持ちよい」「麗しい」「愉しい」 ・嬉しさ、喜びをみせる「仕合わせ」「嬉々たる」「悦ばしい」などがあります。 類義語に置き換えた例 英語にも日本語の敬語表現と同じように丁寧な言い回しがあります。 英語で「嬉しい」は「happy」が思い浮かびます。 「嬉しい」という意味の英語には、「Glad」・「Pleased」・「Delighted」という表現もあります。 では、具体的な使用例を見てみましょう。 ・それを聞いて大変嬉しい。 I am very happy to hear that. ・会えて嬉しい。 I am glad to see you. ・昼食会への招待を大変嬉しい。 I am glad for the invitation to your lunch party. 「喜んでいる」という意味もあります。 ・お会いできて嬉しいです。 I am pleased to meet you. It's a great pleasure to meet you. ・お越しいただいて光栄です It's a pleasure to have you here. 「make 〇〇's acquaintance」は、「〇〇と知り合いになる」と言う「会う」の少しかしこまった表現なので、ビジネスの場で使われることが多くあります。 」「名誉なことです。 」という表現。 ・お目にかかれて大変光栄です。 It's a great honor to be able to meet you. ・招待された事は大変な名誉です。 」と言う意味 ・ おほめにあずかり大変うれしく存じます。 I feel greatly flattered at your compliment. ・私の作品を気に入っていただいて大変うれしく存じます. I feel greatly flattered that you like my work.

次の

有り難いお言葉の使い方|ありがたいお言葉への御礼の返し方

身に余るお言葉ありがとうございます

たとえば、お礼を伝えるシチュエーション。 ありがとうございます、を使ってばかりで「他にいい言い方がないかなぁ」なんて思っていませんか? 最もポピュラーなお礼の言葉は「ありがとうございます」ですが、ほかの定番フレーズとしては、「深く感謝しております」や「心より感謝申し上げます」などがあります。 驚くほどよくしてもらったと感じたときは、さらに、これらの言葉の直前に〈もったいないくらい〉という意味の「過分な」や「身に余る」を加えると、感謝の気持ちがより伝わります。 「過分なお心遣いをいただき/身に余るお言葉をいただき、誠にありがとうございます」という具合です。 「大きな施し」を受けたときや、「大きな借り」を作ったときに使用を検討しましょう。 目上の人への手紙やメールであれば「幸甚に存じます」や「幸甚の至りです」と書くと、大人びた雰囲気が醸されます。 「幸甚」とは〈この上ない幸せ。 非常にありがたいこと〉という意味です。 来てくれたことに感謝したいときに使えるのが、「ご足労いただき、ありがとうございます」というフレーズです。 ほかには、「足をお運びいただき、ありがとうございます」も敬意の強いフレーズです。 場合によっては、お礼というよりはむしろ素直に喜びを伝えた方がいい場合もあります。 ありがたい助言やほめ言葉をもらったときは「大変励みになります」や「もったいない/身に余るお言葉です」、一緒に過ごせたことへのお礼を伝えたいときは「至福のひとときでした」や「夢のような時間を過ごさせていただきました」など、少し洒落たフレーズも用意しておきましょう。 このように、「お礼を伝える」シチュエーション1つとっても、どの語彙・フレーズを使うかによって、相手が抱くあなたへの印象は大きく変わるのです。 こう言えば、依頼は「速く」「思い通り」に進む! ほかに、ビジネスシーンで語彙力やモノの言い方が仕事の出来を左右するのは、何かを人に依頼するときです。 「善処」は〈適切に処理する〉、「鞭撻」は〈戒めながら強く励ます〉、「高説」は〈優れた意見〉、「指南」は〈教え導く〉という意味です。 また、お願いをするときには「クッション言葉」も欠かせません。 クッション言葉とは〈会話の間に挟んで嫌悪感や不快感を和らげる言葉〉のこと。 なかでも「お手数をおかけいたしますが~」「ご迷惑でなければ~」「ご多忙のところ恐れ入りますが~」は万能フレーズです。 気遣いあふれるクッション言葉で相手の心証をよくしておけば、OKの返事をもらいやすくなります。 イエスの返事をもらうためには、相手を「持ち上げる」方法も有効です。

次の