星座 英語名。 星座英文,星座的英語翻譯,星座英文怎麽說,英文解釋例句和用法

星占いの12星座を英語で言える?星座に関する英語表現まとめ

星座 英語名

12星座占いとは 天体の位置を見て運勢や吉凶を占う占星術は、英語で astrologyと言います。 この占星術の中で使われる12星座をもとに運勢、性格、相性などを占う星占いを英語では horoscopeと言い、 12個の星座は zodiac sign、 または単に signと呼ばれています。 zodiac は日本語で 黄道と呼ばれる太陽が通る道のことです。 星占いで使われる12星座はその黄道の周辺にあるため、位置を示す座標として使われているのです。 ご存知のように、私たちの星座は生まれた月日によって決まっていますよね。 その人の生まれた月日に太陽が位置していた場所の位置を示す星座が、その人の星座となるわけです。 12星座の名前の発音 12星座の名前と発音の仕方は順番に以下のようになります。 発音は発音記号ではなくカタカナで書き出しましたが、実際の発音もオンラインの辞書などでぜひ確認してみてくださいね。 また、太文字になっているところに発音のアクセントがあります。 星座の英語名は、頭文字を大文字で表記することも覚えておくといいですね。 日本語の星座名 英語の星座名 発音 牡羊座(おひつじ座) Aries 牡牛座(おうし座) Taurus 双子座(ふたご座) Gemini 蟹座(かに座) Cancer 獅子座(しし座) Leo 乙女座(おとめ座) Virgo 天秤座(てんびん座) Libra 蠍座(さそり座) Scorpius 射手座(いて座) Sagittarius 山羊座(やぎ座) Capricorn 水瓶座(みずがめ座) Aquarius 魚座(うお座) Pisces この中でも水瓶座の Aquarius は飲料と同じ名前()なので、私たち日本人にも馴染みのある言葉ではないでしょうか? 反対に、魚座の Pisces はスペリングも発音も少し分かりづらいかもしれません。 また、蟹座の Cancer は、癌を意味する cancerと同じ発音です。 文脈から、どちらの意味で使われているのかを判断しましょう。 まずはあなたの星座を英語で何というかを覚えることから始めて、1つずつ12個の星座を覚えてみてくださいね。 あなたは何座ですか? 12星座の英語を覚えておけば、海外で英語の占いを見たときにも役に立ちますね。 また、初対面の人との話題作りにも役立ちますし、そこから誕生日や他の占いの話に会話が広がっていくかもしれません。 では、相手に あなたは何座ですか?と聞きたい場合、何と言って聞いたらいいのでしょうか? 相手に星座を聞く場合はこのフレーズが使えます。 あなたの星座は何ですか? zodiacは、星座が話題になっているときにはわざわざ言わなくても大丈夫です。 signというだけで伝わります。 そしてこれに答えるときは、 私は牡羊座です。 のように答えます。 星座名の前に aをつけるのを忘れないでくださいね。 まとめ 今回は英語での12星座の言い方について紹介しました。 あなたの星座の英語名が分かりましたか? 英語での星座の言い方を覚えて、気になる人の星座を聞き出してみてもいいかもしれませんよ! ぜひ覚えて、英会話のトピックとして使ってみてください。 動画でおさらい 12星座を英語で!順番に全て発音してみよう!を、もう一度、動画でおさらいしてみましょう。

次の

星座図鑑・星座の名前一覧

星座 英語名

「星座」は一般的に「constellation」といいます。 一つの「星」は「star」で、複数の星をある形を表している「星座」は「constellation」です。 一般的に空に星がたくさん見えることについて話したいときは「constellation」ではなくて、星の複数形「stars」でいいです。 Can you see that bright star on the right over there? あそこ、右側にある明るい星見えますか。 There are many beautiful stars in the sky tonight. 今夜は空にきれいな星がたくさん見えます。 Do you know any constellations? 何か知っている星座ありますか。 「12星座」は英語で「the 12 signs of the Zodiac」といいます。 「The 12 star signs」ともいいます。 人に「何座?」と聞くときは「What's your Zodiac sign? 」またはただ、「What's your sign? 」といいます。 Do you know all 12 signs of the Zodiac? 12星座の全部の名前知っている? There are 12 constellations in the Zodiac. 12星座は12の星座で出来ています。 12星座の名前は以下の通りです。 牡羊座- Aries 牡牛座- Taurus 双子座- Gemini 蟹座- Cancer 獅子座- Leo 乙女座- Virgo 天秤座- Libra 蠍座- Scorpio 射手座- Sagittarius 山羊座- Capricorn 水瓶座- Aquarius 魚座- Pisces A: What's your zodiac sign? B: I'm a Pisces. A: 君は12星座で何座? B: 魚座。

次の

占星術

星座 英語名

2016. 23 ~ 09. 12 CONSTELLATION LIST 星座・学名 〔 略号〕 - 英名 : 日本語星座名(漢字・学名のローマ字読み): 黄道 12 星座 1. Andromeda 〔 And 〕 — the Chained Maiden :アンドロメダ(アンドロメダ) 2. Antlia 〔 Ant 〕 — the Air Pump :ポンプ(アンチラ) 3. Apus 〔 Aps 〕 — the Bird of Paradise :ふうちょう(風鳥・アプス) 4. Aquarius 〔 Aqr 〕 — the Water Bearer :みずがめ(水瓶・アクアリウス) 5. Aquila 〔 Aql 〕 — the Eagle :わし(鷲・アクイラ) 6. Ara 〔 Ara 〕 — the Altar :さいだん(祭壇・アラ) 7. Aries 〔 Ari 〕 — the Ram :おひつじ(牡羊・アリエス) 8. Auriga 〔 Aur 〕 — the Charioteer :ぎょしゃ(馭者・オーリガ) 9. Bootes 〔 Boo 〕 — the Herdsman :うしかい(牛飼い・ボーテス) 10. Caelum 〔 Cae 〕 — the Engraving Tool :ちょうこくぐ(彫刻具・カエルム) 11. Camelopardalis 〔 Cam 〕 — the Giraffe :きりん(麒麟・カメロパルダリス) 12. Cancer 〔 Cnc 〕 — the Crab :かに(蟹・キャンサー) 13. Canes Venatici 〔 Cvn 〕 — the Hunting Dogs :りょうけん(猟犬・カネス ベナチキ) 14. Canis Major 〔 CMa 〕 — the Great Dog :おおいぬ(大犬・カニス メイヤー) 15. Canis Minor 〔 CMi 〕 — the Lesser Dog :こいぬ(小犬・カニス ミノル) 16. Capricornus 〔 Cap 〕 — the ( Sea ) Goat :やぎ(山羊・カプリコルヌス) 17. Carina 〔 Car 〕 — the Keel ( of the Argo Navis ) :りゅうこつ(竜骨・カリーナ) 18. Cassiopeia 〔 Cas 〕 — the ( Seated ) Queen :カシオペヤ(カシオペイア) 19. Centaurus 〔 Cen 〕 — the Centaur :ケンタウルス(ケンタウルス) 20. Cepheus 〔 Cep 〕 — the King :ケフェウス(ケフェウス) 21. Cetus 〔 Cet 〕 — the Sea Monster or the Whale :くじら(鯨・ケトウス) 22. Chamaeleon 〔 Cha 〕 — the Chameleon :カメレオン(カメレオン) 23. Circinus 〔 Cir 〕 — the ( Drafting ) Compass :コンパス(キルキヌス) 24. Columba 〔 Col 〕 — the Dove :はと(鳩・コルンバ) 25. Corona Australis 〔 CrA 〕 — the Southern Crown :みなみのかんむり(南の冠・コロナ オースト ラリス) 27. Corona Borealis 〔 CrB 〕 — the Northern Crown :かんむり(冠・コロナ ボレアリス) 28. Corvus 〔 Crv 〕 — the Crow :からす(烏・コルブス) 29. Crater 〔 Crt 〕 — the Cup :コップ(クレーター) 30. Crux 〔 Cru 〕 — the Southern Cross :みなみじゅうじ(南十字・クルックス) 31. Cygnus 〔 Cyg 〕 — the Swan :はくちょう(白鳥・キグナス) 32. Delphinus 〔 Del 〕 — the Dolphin :いるか(海豚・デルフィヌス) 33. Dorado 〔 Dor 〕 — the Swordfish :かじき(旗魚・ドラド) or Dolphinfish 34. Draco 〔 Dra 〕 — the Dragon :りゅう(竜・ドラコ) 35. Equuleus 〔 Equ 〕 — the Little Horse or the Colt :こうま(小馬・エクレウス) 36. Eridanus 〔 Eri 〕 — the ( Celestial ) River :エリダヌス(エリダヌス) 37. Fornax 〔 For 〕 — the Furnace :ろ(炉・フォルナックス) 38. Gemini 〔 Gem 〕 — the Twins :ふたご(双子・ゲミニ) 39. Grus 〔 Gru 〕 — the Crane :つる(鶴・グルス) 40. Hercules 〔 Her 〕 — the Hrecules :ヘルクレス(ヘルクレス) 41. Horologium 〔 Hor 〕 — the ( Pendulum ) Clock :とけい(時計・ホロロジウム) 42. Hydra 〔 Hya 〕 — the ( Female ) Water Sneak :うみへび(海蛇・ヒドラ) 43. Hydrus 〔 Hyi 〕 — the Male Water Snake :みずへび(水蛇・ヒドルス) 44. Indus 〔 Ind 〕 — the Indian :インデアン(インダス) 45. Lacerta 〔 Lac 〕 — the Lizard :とかげ(蜥蜴・ラケルタ) 46. Leo 〔 Leo 〕 — the Lion :しし(獅子・レオ) 47. Leo Minor 〔 LMi 〕 — the Lesser Lion :こじじ(小獅子・レオ ミノル) 48. Lepus 〔 Lep 〕 — the Hare :うさぎ(兎・レプス) 49. Libra 〔 Lib 〕 — the Scales or the Balance :てんびん(天秤・リブラ) 50. Lupus 〔 Lup 〕 — the Wolf :おおかみ(狼・ルプス) 51. Lynx 〔 Lyn 〕 — the Lynx :やまねこ(山猫・リンクス) 52. Lyra 〔 Lyr 〕 — the Lyra :こと(琴・ライラ) 53. Mensa 〔 Men 〕 — the Table ( Mountain ) :テーブルさん(テーブル山・メンサ) 54. Microscopium 〔 Mic 〕 — the Microscope :けんびきょう(顕微鏡・ミクロスコピウム) 55. Monoceros 〔 Mon 〕 — the Unicorn :いっかくじゅう(一角獣・モノケロス) 56. Musca 〔 Mus 〕 — the Fly :はえ(蠅・ムスカ) 57. Octans 〔 Oct 〕 — the Octant :はちぶんぎ(八分儀・オクタンス) 59. Ophiuchus 〔 Oph 〕 — the Serpent Bearer :へびつかい(蛇遣・オフィウクス) 60. Orion 〔 Ori 〕 — the ( Great ) Hunter :オリオン(オリオン) 61. Pavo 〔 Pav 〕 — the Peacock :くじゃく(孔雀・パボ) 62. Pegasus 〔 Peg 〕 — the Winged Horse :ペガスス(ペガスス) 63. Perseus 〔 Per 〕 — the ( Greek ) Hero :ペルセウス(ペルセウス) 64. Phoenix 〔 Phe 〕 — the Fire Bird or the Phoenix :ほうおう(鳳凰・フォエニクス) 65. Pisces 〔 psc 〕 — the Fishes :うお(魚・ピスケス) 67. Piscis Austrinus 〔 PsA 〕 — the Southern Fish :みなみのうお(南の魚・ピスケス オーストリ ヌス) 68. Puppis 〔 Pup 〕 — the Stern ( of the Argo Navis ) :とも(船尾・プッピス) 69. Pyxis 〔 Pyx 〕 — the ( Magnetic ) Compass :らしんばん(羅針盤・フィクシス) 70. Reticulum 〔 Ret 〕 — the Reticle or the Net :レチクル(レチクルム) 71. Sagitta 〔 Sge 〕 — the Arrow :や(矢・サギッタ) 72. Sagittarius 〔 Sgr 〕 — the Archer :いて(射手・サギッタリウス) 73. Scorpius 〔 Sco 〕 — the Scorpion :さそり(蠍・スコルピウス) 74. Scutum 〔 Sct 〕 — the Shield :たて(楯・スクーツム) 76. Serpens 〔 Ser 〕 — the Serpent :へび(蛇・セルペンス) 77. Sextans 〔 Sex 〕 — the Sextant :ろくぶんぎ(六分儀・セクスタント) 78. Taurus 〔 Tau 〕 — the Bull :おうし(牡牛・タウルス) 79. Telescopium 〔 Tel 〕 — the Telescope :ぼうえんきょう(望遠鏡・テレスコピウム) 80. Triangulum 〔 Tri 〕 — the Triangle :さんかく(三角・トリアングルム) 81. Triangulum Australe 〔 TrA 〕- the Southern Triangle :みなみのさんかく(南の三角・トリア ングルム オーストラレ) 82. Tucana 〔 Tuc 〕 — the Toucan :きょしちょう(巨嘴鳥・ツカナ) 83. Ursa Major 〔 UMa 〕 — the Great Bear :おおぐま(大熊・ウルサ メイヤー) 84. Ursa Minor 〔 UMi 〕- the Little ( or Lesser ) Bear :こぐま(小熊・ウルサ ミノル) 85. Vela 〔 Vel 〕 — the Sails ( of the Argo Navis ) :ほ(帆・ be ヴェラ) 86. Virgo 〔 Vir 〕 — the ( Young ) Maiden or the Virgin :おとめ(乙女・ビルゴ) 87. Volans 〔 Vol 〕 — the Flying Fish :とびうお(飛魚・ボランス) 88. 表記はラテン語(学名)で主格と所有格がある。 星座そのものを表す場合は主格、その星座に含まれる天体を指す場合は所有格を用いるという。 ヨーロッパの伝統的学術用語であるラテン語は、現在使われていないため、それぞれの国は、それぞれの国の言語で星座名を書き表すことになる。 このたび、英語の星座名を知る機会があったので、気づいたことをメモしておきたい。 最初はかみのけ座。 日本語では一般的な用語の「髪の毛」であるのに対し、英語ではある特定の人物の髪、ということになる。 ちなみにラテン語(原語)ではコマ・ベレニケで、まさしくベレニケの髪を意味する。 このように 固有名詞が一般名詞になる例が日本語訳にも、英語訳にもみられる。 かみのけ座と同じ春の星座に「かんむり座」がある。 学名ではコロナ・ボレアリスで「北の冠」を意味する。 これは「みなみのかんむり座」とペアになっている。 英語では「ノーザン・クラウン」と「サザン・クラウン」で、原語を忠実に表現している。 しかし、みなみのうお座に対し、北の魚とは、原語でもなってないので、日本語のうお座は問題ないといえよう。 また「うしかい座」というのがある。 英語ではハードマン、日本語では牛飼いで、学名ボーテスを、それぞれ忠実に一般名詞に翻訳している。 秋の星座にはエチオピア王家の物語がある。 英語が面白いことになっている。 ケフェウス座は「ザ キング」、カシオペア座は「ザ クイーン」または「ザ シーテド(椅子に座った) クイーン」、そしてアンドロメダ座は「ザ チェインド メイダン(鎖につながれた娘)」。 そしてアンドロメダを救ったペルセウスは「ザ ヒーロー」、あばれるくじら座は「ザ シー モンスター」である。 日本語でもくじら座では意味が届かないので「化けクジラ」と補足されることがある。 物語の登場人物がおもいきり一般化されている。 またオリオンは「ザ ハンター(狩人)」となっているが、ヘルクレスはそのままヘルクレスで、かならずしも一般化しているとはいえない。 英語では、みずがめ座は「水運び人」、へびつかい座は「へび運び人」となる。 テーブル山を、単に「ザ テーブル」とするのはどうだろう。 ザをつけて特別の(星座の)という意味はあるが。 英語表現を見るとうみへび座はメスで、みずへび座はオスということになる。 これは原語の語尾がその区別を表しているのか不明である。 また大熊、小熊などの大小は、「大」はほぼグレート、「小」はレッサーまたはリトルが用いられる。 ただビッグやスモールという表記もなくはない。 おとめ座は処女宮ともいわれるので、英語ではずばり「ザ バージン」かと思いきや(日本の辞書にはそうなっている)、 IAU やスカイ&テレスコープ( S & T )の星座リストでは「ザ (ヤング) メイダン」と控えめな(たぶん)表現となっている。 これは確認を要する。 英語での星座名の表記は、確定するには至っていないようにみえる。 ラテン語学名を補足説明する表現になっている。 IAU や S & T が統一を図っている段階かもしれない。 〔月光天文台〕.

次の