鈴木 杏樹 ホテル。 鈴木杏樹が不倫のクルーズ船ラブホ『S』とビジネスホテル『P』どこ?

【鈴木杏樹】鈴木杏樹に「4000円ラブホ不倫」報道 超モテモテの評判も|日刊ゲンダイDIGITAL

鈴木 杏樹 ホテル

「清楚系マジ怖い」とは、不倫発覚した唐田えりかを指してみちょぱが放ったことばだ。 かわいい顔してやることはえげつないという点では確かである。 だが本当に怖いのは、鈴木杏樹のようなマイペース系の女性による不倫ではないかと思ってしまった。 無邪気なのか、無神経なのか。 笑顔の不倫現場を撮られてしまった鈴木。 東出昌大と唐田えりかの不倫が大バッシングされている中、タイミングが悪すぎる。 相手の喜多村緑郎とともに不倫を認め謝罪をしたが、好感度が高かった女優だけに幻滅したという声は多い。 それにしてもフジテレビの月9に出ていた女優が、千葉のラブホテルで不倫とは。 どこかしんみりしてしまう。 東出たちはカンヌでドレスアップしてアツアツぶりを見せていただけに。 しかし東出たちが猛烈な批判を浴びる中、鈴木たちへの反応は意外と薄い。 不倫相手夫婦の知名度や、子どもがいないということもあるのかもしれない。 同じ不倫でも、こうまで反響に差が出るのは、不倫をした女性の立ち位置の差が大きいのでは、と思うのである。 ひとつは、不倫相手が妻より「格下」か「格上」か、世間にどう受け止められるかという点だ。 唐田は「妻より年下で格下」と思われた。 こんな名もない小娘があの杏ちゃんに盾つくとは、と、身の程知らずな唐田への不快感が大きかったように思う。 もちろん東出にも、若いだけの女に騙されやがって、と矛先は向き、妻の妊娠中から始まった関係ということにも嫌悪感を催した人も多いだろう。 一方、今回の鈴木は喜多村の妻・貴城けいより年上かつ知名度が高い。 つまり、「妻より年上で格上」の不倫相手と世間から認知されたのではないか。 しかも好感度も高い。 理不尽ながら、あんなに素敵な女優さんなら仕方ないかも……と思わせる余地を残してしまっている気がするのだ。 似たケースでは豊原功補との不倫関係を公表した小泉今日子の立ち位置に重なる。 あの時も「あのキョンキョンなら仕方ない」という論調も見られたのを覚えている。 もうひとつは、同じ清楚系でもベクトルが全く違うという点だ。 唐田は「匂わせ」行為があったとして、炎上に燃料を投下してしまった。 東出の写真に意味深なコメントをつけたり、自分とのツーショット写真を配ったりといった行動が暴露されたのだ。 当時の彼女の本心はわからないが、杏への宣戦布告ではと勘繰られ、「清楚系マジ怖い」と各界の女性から槍玉に挙げられたのである。 ひるがえって鈴木も清楚かつほがらかな、まさに「お嫁さんにしたい」系の女優として四半世紀近くキャリアを重ねてきた。 ただ鈴木には、唐田のような前のめり感や野心というものが匂ってこない。 芸歴が長いのに、主演作はほとんどない。 「相棒」の美人女将役しかり、かつてはヒロインの友人枠として、いつも物分かりのいい女性を演じてきたイメージだ。 「MUSIC FAIR」での司会ぶりや、「ZIP!」レギュラー時代の振る舞いを見ても、常にニコニコして落ち着いている。 ガツガツしない、媚びない、いつも自然体。 しかしその頓着のなさこそが不倫の引き金だったのだろうし、本当に怖いと思うゆえんなのである。 そもそも、もし大女優というプライドがあれば、不倫だろうと千葉のラブホテルは選ばないはずだ。 自身のイメージに無頓着だからこそにじみ出る朗らかさや明るさに、今回のお相手もいたくのめりこんでしまったようである。 舞台共演を機に、「あの子は本当にいい子」と触れ回り、彼女にぞっこんだったという。 宝塚宙組のトップスターとして周囲と競い合ってきた妻の貴城にしてみれば、鈴木の境地は理解できないに違いない。 でも、芸能界という自意識過剰な集団の中だからこそ、鈴木のようなタイプが目を引くとも言えるだろう。 思えば本当の魔性の女とは、この手のマイペースでセルフイメージに無頓着なタイプが多い気がする。 大竹しのぶ、斉藤由貴、高岡早紀。 そして今回の鈴木杏樹である。 不倫が発覚してもあっけらかんとしていて、周囲にも「あの女性なら仕方ない」と思わせる。 いい意味で言えば肩の力が抜けていて無邪気、悪い意味で言えば危機感がなく、無神経にも転ぶ性格。 無邪気と無神経の間を行ったり来たりしながら、恋愛を重ねていく女性たち。 振り回される周囲は、たまったものではないだろう。 最後に一番怖いと思ったのは、鈴木の謝罪コメントである。 「お相手から独り身になるつもりという言葉があり」とわざわざ記したのである。 謝るけど、もとはといえば相手にも非があるんだからね、と言わんばかりの文章である。 もしこれが生来の資質ゆえの、無神経なコメントであればもう何も言うまい。 でももしこれが、無邪気を装った保身の一言であるならば、さすがは名女優と言うしかないだろう。 マイペース系女優、マジ怖い。

次の

【画像で判明】鈴木杏樹の不倫!休憩ホテルSとお泊りホテルPはどこ?

鈴木 杏樹 ホテル

今度は女優の鈴木杏樹 50 と俳優・喜多村緑郎 ろくろう 51 という熟年カップルだ。 一方、喜多村には元宝塚歌劇団宙組 そらぐみ トップスターである妻・貴城 たかしろ けい 45 がいることで、大きな騒動になっている。 二人は昨年10月に舞台の共演で知り合う。 『週刊文春』の記事によれば、千葉県美浜区にある海浜公園の砂浜で、ビニールシートに並んで腰かけ、頬を寄せ合うようにして二人だけの世界に浸っていたという。 ハイボール2杯を飲んでいたという喜多村は、酔いが回ってきたのか、やがて杏樹を抱きしめ、人目も憚 はばか らずキスを繰り返したというのだ。 その後、杏樹が運転する高級外車で二人が向かったのが、千葉県内にある写真のラブホテルである。 京葉道沿いにある客船をイメージしたかのような丸い窓が特徴のホテル「S」だ。 「典型的な郊外型のラブホですが、昨年春にリニューアルしたばかりでオシャレな感じのホテルです。 料金は、平日は休憩4時間で3300円からあり、4000円台の部屋がメインですね。 露天風呂やカラオケを備えた部屋もあります。 好みでセーラー服やナース服など、コスプレ衣装を選べるのが人気ですね」(風俗ライター) ホテル1階のエントランスを入るとタッチパネル式のモニターがあり、部屋を選ぶと部屋番号が印刷された紙が出てくるので、そのままフロントを通らずに部屋に入るシステムだ。 料金は帰りに自動精算機で支払うので、スタッフと顔を合わせることはまったくない。 それがわざわざこのホテルを選んだ理由なのかもしれない。 不倫の発覚後、二人は文春の記事が事実であることを認め、謝罪文を出した。 杏樹はパーソナリティーを務めるラジオ番組を降板、その他舞台などの対応も協議中だというが、収束する兆 きざ しはいまだ見えない。 「杏樹のラジオ番組は15年間スズキの一社提供だったのですが、愛車が高級外車だと報じられてスポンサーが激怒しているそうです。 杏樹の事務所には篠原涼子や谷原章介らも所属していますが、事務所ごとNGにしかねない怒りっぷりだそうです」(広告代理店関係者) 現在、杏樹は自らの軽率な行動を反省し、喜多村との別れを決意したという。 一方の喜多村も妻とは別れたくないようだが、貴城の怒りはハンパなく、喜多村は貴城とまったく話ができない状態だという。 不倫の代償は高くつきそうだ。 杏樹と喜多村が訪れた千葉県内にあるラブホテル「S」。 平日でも夜は8割方の部屋が埋まるほど人気 サービスタイム5500円の部屋。 広さは8畳ほど。 備え付けのテレビからルームサービスを頼むこともできる 無料でレンタルできるコスプレ衣装も。 1セット500円のセクシー下着やアダルトグッズも販売されている 『FRIDAY』2020年2月28日号より• 撮影:蓮尾真司(1枚目 、結束武郎.

次の

【鈴木杏樹】鈴木杏樹に「4000円ラブホ不倫」報道 超モテモテの評判も|日刊ゲンダイDIGITAL

鈴木 杏樹 ホテル

そうです、あのお安いお船のラブホ。 「その昔、アパ不倫と言うのがあってだな」と、なぜか袴田吉彦の株が上がっていた! — コピペ語録 copipegoroku 4000円の昼間料金だそうで、滞在時間は4時間。 デートした日は、2020年1月30日木曜日ですから、休憩の3,900円~12,900円の部屋になります。 下の料金表で部屋タイプがわかります。 501号室 約60㎡の広いお部屋にカラオケ、露天風呂、 お客様にきっとご満足頂けるスペシャルルーム! 501露天風呂 開放感溢れるテラスにジャグジーバスをご用意。 贅沢なバスタイムを思う存分お楽しみ下さい! 309号室 業界関東初の本格的ウオータースライダー! エキサイティング、コンフォータブル!ぜひ、お試し下さい! 204号室 リーズナブルなお部屋です、他に11ルームご用意しております。 スクープした記者が、4000円前後だったと断定するなら3900円の部屋? 3900円のパネルに鈴木杏樹と北村緑郎が押したところを目撃しているなら、204号室タイプの部屋になります。 またこの部屋タイプは、11ルームあるということなので、どの部屋か特定はできませんが、全部屋宿泊すれば、そこで過ごしてたことになりそうです。 部屋の改装工事 2018年12月に改装工事をしています。 二年前のリニューアルで部屋は綺麗みたいですみたいね。 駐車場 31台 内ハイルーフ可5台 部屋数 31室 まとめ HOTEL SEKITEI 西船橋店は、鈴木杏樹と喜多村緑郎が行ったホテルとして、しばらくはすごい宣伝効果になりそうです。 最後までお読みいただきありがとうございました。

次の