梅雨 明け いつ 関東。 時候のあいさつ文・梅雨の季節の挨拶文・梅雨の季語

【2020年】関東の梅雨入り・梅雨明け時期がいつか徹底予想!

梅雨 明け いつ 関東

jp 提供 関東甲信 梅雨のような天気 いつまで? 今年の梅雨入りと暑さは? 梅雨のような天気で、肌寒い関東甲信地方ですが、この状態に終わりが見えてきました。 来週は、一転して、晴れて暑くなるので、マスク熱中症に注意が必要です。 あと10日あまりで6月ですが、今年の梅雨入りは、どうなるのでしょうか? 21日木曜も、広い範囲で雲に覆われ、所々に雨雲がかかっています。 北東からのヒンヤリした風が入っているため、関東を中心に、日中も気温はあまり上がっていません。 東京都心では、21日15時までの最高気温は14. 19日火曜から3日連続して、最高気温が20度に届きませんでした。 5月中旬~8月下旬で、最高気温が3日連続して20度に届かなかったのは、2011年5月31日~6月2日以来、9年ぶりです。 肌寒さはいつまで? 関東甲信地方は、21日木曜の夜も、広い範囲で雨が降るでしょう。 ただ、この「梅雨のような天気」と「肌寒さ」にも、ようやく終わりが見えてきました。 まず、天気ですが、22日金曜と23日土曜も、曇りや雨でしょう。 今のところ、雨は降ったとしても、本降り程度で、強く降ることはなさそうです。 ただ、24日日曜には、天気が回復するでしょう。 来週は、関東南部を中心に晴れる日が多くなりそうです。 関東北部では、来週前半も、雨の降る日がありますので、洗濯や部屋の空気の入れ替えをするなど、24日日曜の日差しを、有効にお使い下さい。 最高気温は、週末にかけて、少しずつ上がっていくでしょう。 ここ数日、季節が逆戻りしたような「肌寒さ」をもたらした原因は、オホーツク海高気圧。 関東の沿岸部を中心に、この高気圧から「ヒンヤリした空気」が流れ込んできましたが、週末にかけては、オホーツク海高気圧が遠ざかる予想です。 関東甲信地方では、次第に、暖かい空気に入れ替わるでしょう。 そして来週は、一転して、ムシムシする日が増えるでしょう。 最高気温は25度くらいまで上がる所が多く、気温だけでなく、湿度も高くなりそうです。 まだ暑さに体が慣れていない時期ですし、マスクをしていると、つい水分補給を忘れがちです。 こまめな水分補給はもちろん、お部屋の中でも、なるべく風通しを良くするなど、暑さ対策を心がけて下さい。 暑さは? 来週は、梅雨のような天気は、一段落しますが、あと10日あまりで6月を迎えます。 6月といえば、本州でも雨の季節を迎える所が多く、関東甲信地方の平年の梅雨入りは、6月8日ごろです。 今年の梅雨入りは、どうなるのでしょうか? 21日木曜に、気象庁が発表した「1か月予報」によりますと、関東甲信地方では、5月30日~6月5日は、天気は数日の周期で変わりますが、湿った空気の影響を受けやすく、「平年に比べ、曇りや雨の日が多い」でしょう。 6月6日~19日は「平年と同様に、曇りや雨の日が多い」予想です。 ということで、今年の6月は、いつもの年よりも早い時期から、曇りや雨の日が増えそうです。 まとまった雨に備えて、排水溝などを掃除しておくなど、雨の季節への備えは、早めに行って下さい。 この先1か月の気温をみると、関東甲信地方では、暖かい空気に覆われやすいので「平年より高い」予想です。 いつもの年よりも早い時期から雨の降る日が増えるだけでなく、気温が高いということで、早い時期から蒸し暑い日が多くなるでしょう。 体調管理はもちろん、食品の管理にも、十分お気をつけ下さい。

次の

梅雨の時期!関東の梅雨入りと梅雨明けはいつからいつまで?

梅雨 明け いつ 関東

スポンサーリンク 関東の梅雨入りと梅雨明けについて 「関東」とは? 一般的に「関東」というと、一般的には1都6県(茨城県、栃木県、群馬県、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県)をイメージする方が多いのではないでしょうか。 でも、気象庁のデータは「関東甲信」地方となっています。 これは、1都6県に甲信地方(山梨県、長野県)を加えた地域を意味していて、一般的な「関東」よりもやや広いエリアを指しています。 このサイトでも気象庁の発表に基づき、「関東甲信」としていきます。 「梅雨入り」・「梅雨明け」とは? 実は、梅雨入りや梅雨明けの日付は確定日ではありません。 比較的天気の良い日が続いてから、比較的雨が多く、日照時間が少ない時期に突入するまでの移り変わりの期間がおおむね5日間程度ありますが、その5日間の真ん中の日を「梅雨入り日」としているのです。 梅雨入りも梅雨明けも、各地方気象台の観測結果と、1週間後までの中期予報を組み合わせて決めています。 晴れが続いている日(初夏)から、今後数日間は天気が悪く雨模様だろうという予想(中期予報)を出し、実際に雨が降りだした日を梅雨入りとしているのです。 雨の日が続いている状態で、中期予報で晴れが続くと予報をし、最初に晴れ始めた日を梅雨明けというわけです。 確定値は9月に結果を再検討し、修正された後に決まります。 関東甲信の梅雨入り 2020年はいつごろ? 気象庁のデータによると、平成22年(2010年)までの過去30年の平均(入り・明けを特定しなかった年は除外)である「平年」の梅雨入りは「6月8日ごろ」となっています。 最も早い梅雨入りは1963年の「5月6日ごろ」で、最も遅い梅雨入りは、1967年と2007年の「6月22日ごろ」になります。 スポンサーリンク 関東甲信の梅雨明け 2020年はいつごろ? 続いて、2020年の関東甲信の梅雨明け予想をしてみたいと思います。 梅雨入りと同様に、気象庁発表の過去のデータを参照してみます。 2017年までの最も早い梅雨明けは2001年の「7月1日ごろ」でしたが、2018年の梅雨明けは「6月29日ごろ」と、2019年は「7月24日ごろ」との確定値が発表されています。 一方、最も遅い梅雨明けは、1982年の「8月4日ごろ」でした。 気象庁のデータによると、平成22年(2010年)までの過去30年の平均(入り・明けを特定しなかった年は除外)である「平年」の梅雨明けは「7月21日ごろ」となっています。 また、関東甲信の梅雨明け時期のトレンドは遅くなっている傾向がありましたが、2018年は一度早まったものの、昨年は以前のトレンドに戻っています。 過去5年間はどうなっているの? 関東甲信地方の過去5年間の梅雨明けの確定値は、• 関東甲信の梅雨入りは、 6月5日ごろから6月10日ごろの間くらい• 関東地方の梅雨明けは、 7月15日ごろから7月25日ごろの間くらい となります。 2017年から2018年にかけては、平年よりかなり早い梅雨明けとなっていますが、関東の梅雨は長いスパンで見ると長期化していると言えます。 関東では、過去に九州地方の梅雨のように大きな洪水などは起こっておらず、基本的にはジメジメと降り続く一般的な雨模様ですが、天気は比較的安定的で、降水量も全国平均であることが多いようです。 ただ、梅雨の時期は、朝から雨だとその日一日はずっと雨であることが多く、降ったり止んだりという天気は少ないようです。 梅雨入りから梅雨明けの期間の平均雨量は、2016年から2017年にかけては平年の平均雨量より25%以上少なく、最も梅雨明けの早かった2018年ではほぼ平年並みの降水量になっていますが、梅雨明けの遅かった2019年は平年より30%以上も多く降りました。 梅雨でなくても雨の日は何となく憂鬱な気分になりますが、元気に乗り切って、楽しい夏を待ち受けましょうね。

次の

梅雨の時期!関東の梅雨入りと梅雨明けはいつからいつまで?

梅雨 明け いつ 関東

jp 提供 関東甲信 梅雨のような天気 いつまで? 今年の梅雨入りと暑さは? 梅雨のような天気で、肌寒い関東甲信地方ですが、この状態に終わりが見えてきました。 来週は、一転して、晴れて暑くなるので、マスク熱中症に注意が必要です。 あと10日あまりで6月ですが、今年の梅雨入りは、どうなるのでしょうか? 21日木曜も、広い範囲で雲に覆われ、所々に雨雲がかかっています。 北東からのヒンヤリした風が入っているため、関東を中心に、日中も気温はあまり上がっていません。 東京都心では、21日15時までの最高気温は14. 19日火曜から3日連続して、最高気温が20度に届きませんでした。 5月中旬~8月下旬で、最高気温が3日連続して20度に届かなかったのは、2011年5月31日~6月2日以来、9年ぶりです。 肌寒さはいつまで? 関東甲信地方は、21日木曜の夜も、広い範囲で雨が降るでしょう。 ただ、この「梅雨のような天気」と「肌寒さ」にも、ようやく終わりが見えてきました。 まず、天気ですが、22日金曜と23日土曜も、曇りや雨でしょう。 今のところ、雨は降ったとしても、本降り程度で、強く降ることはなさそうです。 ただ、24日日曜には、天気が回復するでしょう。 来週は、関東南部を中心に晴れる日が多くなりそうです。 関東北部では、来週前半も、雨の降る日がありますので、洗濯や部屋の空気の入れ替えをするなど、24日日曜の日差しを、有効にお使い下さい。 最高気温は、週末にかけて、少しずつ上がっていくでしょう。 ここ数日、季節が逆戻りしたような「肌寒さ」をもたらした原因は、オホーツク海高気圧。 関東の沿岸部を中心に、この高気圧から「ヒンヤリした空気」が流れ込んできましたが、週末にかけては、オホーツク海高気圧が遠ざかる予想です。 関東甲信地方では、次第に、暖かい空気に入れ替わるでしょう。 そして来週は、一転して、ムシムシする日が増えるでしょう。 最高気温は25度くらいまで上がる所が多く、気温だけでなく、湿度も高くなりそうです。 まだ暑さに体が慣れていない時期ですし、マスクをしていると、つい水分補給を忘れがちです。 こまめな水分補給はもちろん、お部屋の中でも、なるべく風通しを良くするなど、暑さ対策を心がけて下さい。 暑さは? 来週は、梅雨のような天気は、一段落しますが、あと10日あまりで6月を迎えます。 6月といえば、本州でも雨の季節を迎える所が多く、関東甲信地方の平年の梅雨入りは、6月8日ごろです。 今年の梅雨入りは、どうなるのでしょうか? 21日木曜に、気象庁が発表した「1か月予報」によりますと、関東甲信地方では、5月30日~6月5日は、天気は数日の周期で変わりますが、湿った空気の影響を受けやすく、「平年に比べ、曇りや雨の日が多い」でしょう。 6月6日~19日は「平年と同様に、曇りや雨の日が多い」予想です。 ということで、今年の6月は、いつもの年よりも早い時期から、曇りや雨の日が増えそうです。 まとまった雨に備えて、排水溝などを掃除しておくなど、雨の季節への備えは、早めに行って下さい。 この先1か月の気温をみると、関東甲信地方では、暖かい空気に覆われやすいので「平年より高い」予想です。 いつもの年よりも早い時期から雨の降る日が増えるだけでなく、気温が高いということで、早い時期から蒸し暑い日が多くなるでしょう。 体調管理はもちろん、食品の管理にも、十分お気をつけ下さい。

次の