ボロネーゼ レシピ。 「ボロネーゼのレシピ」

ボローニャ商工会議所公認!「古典的なボロネーゼ」の作り方

ボロネーゼ レシピ

古くから大学が栄え、美食の街としても知られるボローニャは、プロシュット(ハム)やモルタデッラ(いわゆるボローニャ・ソーセージ)、サラミといった肉製品、そしてパルミジャーノ・レッジャーノに代表されるチーズの生産でも大変有名な場所です。 「ボロネーゼ」というパスタ料理のふるさとは、そんなボローニャの一帯。 ラグーというのは、フランス語やイタリア語で、肉や野菜などの具材をきざみ、コトコト煮込んだもののこと。 つまり私たちがよく知る「ボロネーゼ」ソースは、「ボローニャ風のラグー(煮込み)」という意味なのです。 おなじみのミートソースとの違い おなじみの「ミートソース」とこの「ボロネーゼ」は、いったいどこが違うのでしょうか?簡単にいうと、一番の大きな違いは、 ・加えるトマトの量と味付け ・ひき肉の扱い方 ・パスタの種類 にあります。 おなじみのミートソースは、ぽろぽろに炒めたひき肉に野菜をたっぷり加え、トマトケチャップなどで味付けして煮込みますよね。 それに対して、本場のボロネーゼはとてもシンプル。 野菜は少量、トマトはわずかにペーストで加える程度しか使いません。 そして、ひき肉もぽろぽろにはせずに、最初はなるべくかたまりになるように焼いて、肉々しさをしっかりと出していきます。 ですから仕上がりは、ソースというよりは肉そぼろに近い状態なんです。 それをチーズと一緒にパスタにからめながら食べます。 おなじみのミートソースは、アメリカ大陸に渡ったイタリア系移民たちが、故郷の味を懐かしんで作りはじめた作り方です。 それが日本で一般的になったのは、ミートソースがアメリカから日本に伝わった影響ではないかといわれています。 ボロネーゼに欠かせないタリアテッレ 「タリアテッレ」とよばれる幅広のパスタと合わせるのも、このボロネーゼの大きな特徴のひとつ。 そもそもイタリアには、地方ごと、料理ごとに、「このソースには、このパスタ」という決まりごとのようなものがあります。 そしてここボローニャでは、ラグーソースにはこのタリアテッレがもっとも相性のいいパスタだとされてきたのです。 近年では、日本で一般的な「スパゲッティ」が使われることもあるようですが、本来、生パスタ作りの伝統がある北イタリアでは、ボロネーゼには軟質小麦と卵から作られた生のタリアテッレを使用します。 ただし、日本では用意するのが難しいので、レストランでもタリアテッレ以外のパスタを使うことが多いようです。 絶品! 「本格ボロネーゼ」の作り方 それではいよいよ、本場ボローニャの伝統的なレシピをもとにして、本格派の一皿を作っていきましょう。 「本格」なんていうと一見、難しそうですが、具材もシンプル、作り方もシンプル。 ソースだけなら、たったの3ステップでできてしまいます。 また作っていくうちに、ふつうのミートソースとの違いやボロネーゼならではのおいしさもよくわかってきます。 まずは野菜を炒めて、ソフリットを作ります。 玉ねぎ、にんじん、セロリの3種を用意しますが、野菜やトマトをたっぷり加えるミートソースとは違い、あくまで「お肉が主役」のパスタ料理なので、すべて少量ずつでOKです。 まず最初にオリーブオイルでベーコンを炒め、その脂のなかでじっくりと、野菜を炒めていきます。 しっかりやわらかくなるまで、脂の中で揚げるようなイメージで炒めましょう。 もしあれば、ベーコンの代わりにパンチェッタ(イタリア料理でよく使われる塩漬け豚バラ肉)を使うと、より深みが出ておいしく仕上がりますよ。 塩、こしょう、ナツメグでしっかりめに下味をつけたひき肉を、かたまりにしてフライパンに入れ、強火で表面だけこんがりと焼きます。 お肉には、しっかりした焼き色をつけます。 場合によっては少し焦げめがつくくらいでも大丈夫! こうするとお肉を煮込んだ時に、うまみとコクがグンとアップします。 お肉を焼いていたフライパンのほうには、まだ肉のうまみがたっぷりと染み出して残っていますので、ワインを入れて一度煮立たせ、そのうまみごと野菜のフライパンに加えてしまいましょう。 あとはトマトペーストを溶かし入れ、弱火でコトコト、20~30分煮込めばソースのできあがりです。 この時、先におろしておいたパルミジャーノ・レッジャーノ・チーズを少しパスタにからめ、それからソースをからめるとしっかり味がつきますよ。 お皿に盛ったら、仕上げにまたチーズをたっぷりと。 さあ、これで本格ボロネーゼの完成です! パスタにからむ肉のソースのおいしさを噛みしめて! ボロネーゼは、噛みしめるほどに深い味わいが楽しめる、本格的なお肉のパスタ。 シンプルに味付けしたお肉のソースが、幅広のタリアテッレによくからみ、ほかにはない格別の味わいが楽しめます。 また、香味野菜の甘みと深み、アクセントになったトマトの風味、そして仕上げにたっぷりかけたパルミジャーノ・レッジャーノも欠かせないもの。 シンプルながらも、食欲をかき立てる極上のおいしさです。 ぜひ、みなさんも、一度はこの本格ボロネーゼを味わってみてください。 きっと、いつものミートソースとはひと味違ったおいしさを発見できますよ! 関連コラム このコラムを書いたNadia Artist 庭乃桃 料理・食文化研究家、女子栄養大学 食生活指導士 しみじみ*ごはん キーワード.

次の

お肉の旨味が濃厚なボロネーゼの人気レシピ

ボロネーゼ レシピ

このライフレシピのもくじ 【】• イタリア・ボローニャ商工会議所公認のボロネーゼのレシピです。 カルボナーラやナポリタンと並んで、日本でも人気の高いボロネーゼ(ミートソース)ですが、イタリアの人たちに言わせるとイタリア以外で作られているボロネーゼは、本場のボロネーゼとは別物とか。 そこで1982年にボローニャ商工会議所が定めたという公式レシピを元に「古典的なボロネーゼ」を作ってみました。 シンプルなだけに、トマトとお肉のうまみがストレートに感じられて美味しいです。 意外と簡単に作れるので、良かったら一度お試しください。 材料(2人分)• 牛ひき肉... 500g• オリーブオイル... 大さじ1• パンチェッタ... 玉ねぎ... 大1個• ニンニク... にんじん... セロリ... 赤ワイン... カップ1強• カットトマト缶 400g... ローリエ... 塩、黒こしょう... タリアテッレ... 400g• パルメザンチーズ... 適量 古典的なボロネーゼの作り方 STEP1:野菜、パンチェッタを切る 玉ねぎ、ニンジン、セロリ、にんにく、パンチェッタをみじん切りにします。 STEP2:パンチェッタを炒める フライパンにオリーブオイルをひいてパンチェッタを中火でこんがり炒めます。 STEP3:野菜を炒める 玉ねぎとにんにく、人参を加え、しんなりするまで炒めます。 STEP4:牛ひき肉を加える 強火にして、牛ひき肉を加え焼き色がつくまで炒めます。

次の

【みんなが作ってる】 ボロネーゼ 本場のレシピ 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが333万品

ボロネーゼ レシピ

フリーアナウンサー/和酒コーディネーター テレビ、ラジオなど各媒体で活躍する一方、日本の食や和酒の魅力発信を積極的に行い、大切さ、楽しみ方を伝えている。 フィールドワークを信条とし、全国の田んぼや酒蔵に300回以上足を運ぶ。 Club Gastronomic Sake主宰。 女性向け日本酒本「日本酒日和」(舵社)監修。 日本酒造青年協議会「酒サムライ」叙任。 芸人でありながら趣味の料理が高じ、フードコーディネーター・野菜ソムリエ・食育インストラクター・BBQ インストラクター等の料理関係の資格を取得。 テレビ朝日【「ぷっ」すま】の『第2回芸能界お抱えシェフ-1グランプリ』では「大根のフルコース」、またTBS【爆問パニックフェイス!】の『凄腕料理芸人チャーハン対決』では「香り豊かなアナゴのチャーハン」を披露し、それぞれ優勝を果たす。 江戸懐石近茶流嗣家(きんさりゅうしか)/「柳原料理教室」副主宰 1979年生まれ。 江戸懐石近茶流嗣家(きんさりゅうしか)。 東京農業大学で発酵食品学を学んだのち、小豆島の醤油会社やオランダの帆船でのキッチンクルーとして勤務。 現在は東京・赤坂の「柳原料理教室」にて、近茶流宗家である父・一成と共に、日本料理・懐石料理を指導。 江戸時代の食文化の研究、継承をライフワークとする。 2015年文化庁文化交流使に任命され、約3カ月諸外国を回って英語で日本料理を教えるなど、日本料理をグローバルに広げる活動も積極的に行う。 NHKの大河ドラマ『龍馬伝』や時代ドラマ『みをつくし料理帖』の料理監修、料理考証も担当。 平成30年度、農林水産省・日本食普及親善大使に任命される。 趣味は茶道とクレー射撃。 フードアクティビスト/馬場企画 代表取締役編集者&ライター 食専門誌から一般誌、新聞、書籍、Webなど多方面の媒体を主戦場に、「調理の仕組みと科学」「食文化」「食から見た地方論」など幅広く執筆、編集を行う。 テレビ、ラジオなどでは飲食店や生産地についての知見を踏まえた、食トレンド/ニュース解説も。 近著に『家で肉食を極める! 肉バカ秘蔵レシピ 大人の肉ドリル』(マガジンハウス)ほか、自身も参加する調理ユニット「給食系男子」名義で企画・構成を手がけた『家メシ道場』『家呑み道場』(ディスカヴァー・トゥエンティワン)はシリーズ10万部を突破。 最新刊に『新しい卵ドリル』(マガジンハウス)も。 編集者/著述家 大阪・岸和田生まれ。 神戸大卒。 『Meets Regional(ミーツ・リージョナル)』元編集長/日本文藝家協会会員/神戸松蔭女子学院大教授 京阪神エルマガジン社にて1989年「ミーツ・リージョナル」誌を立ち上げる。 93年~05年編集長。 「西の旅」編集長、取締役編集本部長を歴任した。 06年には編集・出版集団140Bを大阪・中之島に設立。 現在は雑誌、新聞、テレビ、ラジオなどで活躍している。 著者は『有次と庖丁』(新潮社)、『飲み食い世界一の大阪』(ミシマ社)、『濃い味、うす味、街のあじ。 』(140B)ほか。 2017年3月7日に新刊『いっとかなあかん店 大阪』、8月7日に『いっとかなあかん 神戸』(ともに140B)が出たばかり。 DJ/プロデューサー 1966年7月6日生まれ。 京都市出身。 97年秋『The Fantastic Plastic Machine』でデビュー以来、オリジナルアルバム他、アーティストのプロデュース、リミックスなど多数のアーティストの作品も手掛ける。 グルメ通としても知られており、全国各地を網羅する情報量を持つ。 コロムビア、avex、インディーズ時代のレア音源、新曲を含むレーベルの枠を越えた20周年の集大成とも言えるベストアルバム『Moments』がavexより発売中。 fpmnet.

次の