縄跳び かえし とび。 縄跳びの跳ばない技!返しとびとは?

全部わかる?縄跳びの飛び方の種類!1年生はどのくらいできればいい?

縄跳び かえし とび

今回は「かえし跳びのこと」。 跳んでるようで跳んでない、不思議な動き。 それが かえし跳びです。 これは一部の子どもにとって、なわとびカード最難関の技ですね。 うちの小学校ではチャレンジ技の扱いとはいえ、できないままシーズンを終える子も多いです。 僕も子どものときはできないままでした。 なわとびで壁になるのは、実は小さな動きです。 小さな動きとはいえ、そこで縄が回らなくなれば、技はストップしてしまいます。 つまり、 その小さな動きさえできればうまくいく、というわけです。 では、かえし跳びは、どの動きが壁なのでしょう? まずは、なわとびクラブのプリントから。 またつぎはぎですみません。 この説明は、縄のまっちゃんの解説記事と動画を参考に作りました。 hatenablog. hatenablog. クラブでも、見本に合わせてマネすれば、たいていの子は動きだけならできました。 しかし、自分でやってごらんと言うと、一気に難易度が上がります。 つまずくのは、まっちゃんがポイントにしている3つの動きの部分ですね。 ここでよく見るのが、 片手(イラストだと左手)を背中に回すのを忘れること。 次に縄をぐるりと回す動きがひかえているので、回す手(イラストだと右手)に意識が行きすぎているのかもしれません。 ここでは、背中に回した手が一緒についてきてしまう子が結構います。 イラストのとおり、背中に回した手は、縄を回し終わるまで動かしません。 縄を回す手だけに集中しましょう。 また、縄を回した手がスムーズに体の横(イラストだと右手側)に戻らない子もいます。 肩や腕がねじれ状態になっています。 これは、縄が頭の上を越えたら、手を上に向けて下ろしていくと、腕を無理にひねることなく行けると思います。 ここで、背中に回していた手(イラストだと左手)を戻します。 戻さずに前回しに持ってくると、腕がひねられて、縄がうまく回りません。 背中の手を戻すのを忘れないようにしましょう。 3つとも小さな動きで、気をつければなんとかなりそうです。 でも、連続した流れの中で次々と気をつけるポイントが来るので、混乱してしまいます。 そこが、かえし跳びの難しさでしょう。 1つ1つ、身につけるしかありませんが、ある程度の区切りはあります。 1.前後交差(右手を左側+左手を背中の右側) 2.右手だけぐるりと回す 3.左手を戻して回す これくらいの かたまりを目指すといいでしょう。 イラストのように細かくポイントを確認すると、覚えることがたくさんあって大変です。 もちろん、基本の小さな動きは大切ですが、小さな動きの「流れ」を1つのかたまりとしてやってみると、小さな動きをまとめて身につけやすくなります。 今回はここまで。 次回はタイトルの「+2」の部分を次のステップとして説明します。 tobimaru-jdr.

次の

なわとび技「サイドクロス」「側振とび(そくしんとび)」のやり方と指導法。なわとびカード技の解説。

縄跳び かえし とび

ただし、子供の場合は長すぎるので注意しましょう。 子供の縄跳びの長さを決める目安 とくに4-5歳で初めて縄跳びの練習をする子供は、 やや短めの縄跳びにするといいでしょう。 目安は身長+40~50cmで、実際に調整してみると驚くほど短く感じると思います。 しかし長すぎる縄跳びはまわすのが大変で、ぴょんぴょん飛びの原因になるんです。 ぴょんぴょん飛びに入ってしまったら最後、抜け出すのが本当に大変です。 適切な長さで練習することで「ぴょんぴょん飛び」を経過せず、すぐに連続の前跳びが跳べるようになります。 あわせて読みたい 小学校低学年の長さの目安 小学校に入るときには、上記のイラストの長さで良いでしょう。 ただし、 低学年ではじめて縄跳びの練習する場合は、やや短めの身長+40~50cmの長さにすると良いでしょう。 低学年なら練習すればスグに前跳びを連続で跳べるよになりますので、ある程度跳べるようになってから少し長い縄跳びにしていきます。 市販の縄跳びをそのまま使うとやや長いので、少しだけ長さを調整します。 ただし縄跳びを早く回す技には短い縄跳びが良いので、二重跳びや三重跳びにチャレンジしたい人は、少しだけ短くすると跳びやすくなりますよ! あわせて読みたい 切らないで長さを調節する方法 余った部分を切るのが正しい調整方法ですが、ちょっともったいない気がしますよね。 また縄跳びの仕組みでグリップの中で調整ができない商品もあります。 そんなときは 縄跳びを切らずに結び目を作って長さを調整しましょう。 結び方は簡単で、写真のようにグリップの近くに玉結びを作ります。 結び目1つで2cm短くなるので、更に短くしたい場合は結び目を増やしていきましょう。 結んだままで練習しても特に支障はないので、どうしても切りたくない人は試してみてください。 ただし、練習後には必ず解いてから保管してください。 とくに ビニール製ロープは結び目を作ったままで長時間保管するとクセがついてしまいます。 ちょっと面倒ですが、結び目の個数を決めておいて練習を始めるときにもう一度結び直すようにしましょう。 あわせて読みたい 長すぎると縄跳びが地面に跳ね返り引っかかる原因になります。 長い時間跳んでいる途中で引っかかるとヤル気も落ちてしまいます。 できるだけ失敗せずに気持ちよく続けられるように、正しい長さに調整してからとび始めてくださいね。 二重跳びに挑戦する 二重跳びのように早く縄跳びを回転させる技を練習するときは、基準より短くすると良いでしょう。 ロープの部分が短いほど回転効率が良くなり、二重跳びの成功率が上がります。 ただ、いきなり短く調整してしまうと失敗の原因になります。 そこでがオススメです。 最初は1つ、慣れてきたら2つと結び目を増やして二重跳びに挑戦します。 徐々に短くすることで、まわす感覚が狂うのを防ぐ効果があります。

次の

全部わかる?縄跳びの飛び方の種類!1年生はどのくらいできればいい?

縄跳び かえし とび

Contents• 返しとびとは? 学校でもよく行われている跳ばない技です。 見た目が良く、引っかかるリスクが少なく、休憩にもなるため、 リズムなわとびでもよく使われます。 後半(16秒あたりから)が通常の返しとびです。 返しとびのやり方・教え方 1. 縄跳びを体の前、手を後ろ、回す、開く、縄跳びを前、をゆっくりやる 「 まえ 、うしろ、まわして、ひらいて、まえ」の掛け声 2. 1をだんだん速くする 3. 速くなってきたら「 手を うしろ、まえ」の掛け声に省略 よくある失敗と対策 先にお伝えすると、理解に時間がかかる技です。 ただ、跳ばなくてもできる技なので、諦めずに何度も取り組んで欲しいと思います。 後ろに手をもっていけていない 返しとびのほとんどの失敗が後ろに手を持っていけてないことです。 また、後ろに持っていくよう意識をしていても、実際はほとんど後ろにいってなくて上手くいかないこともあります。 もし気づいたら後ろ手をしっかりするよう伝えましょう。 また、友達同士で見合うのも良いかと思います。 回す手の方向が反対 反対方向に手を回してしまうのは、たまに見る失敗です。 絡まるので多くの場合自分で気づくと思います。 気づいていない時は、反対方向に回すよう伝えましょう。 まとめ できるようになると何かと便利な返しとびです。 掛け声を参考に、是非挑戦してみてください。 〔スポンサーリンク〕 〔スポンサーリンク〕.

次の