オセロニア ラトール。 カラトアクェレル水彩色鉛筆│ステッドラー日本【公式サイト】

【オセロニア】ルーベルムの評価とおすすめデッキ|ゲームエイト

オセロニア ラトール

人物・来歴 [ ] 1955年、生まれ。 幼い頃からとを学び、イングリッシュ・ナショナル・ユース管弦楽団では打楽器奏者を務めた。 1971年にのに入学し、指揮を学んだ。 1974年、に優勝し、およびボーンマス・シンフォニエッタの副指揮者に就任した。 以後イギリスの主要なオーケストラを指揮し、1977年には、の『』を指揮し 、に最年少でデビューした。 20代前半から既にヨーロッパ各地のオーケストラに客演し、様々なオーケストラからの主要ポストの申し出を受けたが 、1980年に自国のの首席指揮者に就任した。 ラトルの就任当時には決して国内的・国際的知名度が高いとは言えなかったこのオーケストラを、徐々に世界的なオーケストラに育て上げた。 1990年には同オーケストラの音楽監督に就任した。 同団との来日も数度果たしている。 一方、1979年にを指揮してアメリカ・デビューを果たし、1981年から1994年まで同楽団の首席客演指揮者となっていた。 1984年、コマンダー(CBE)に叙された。 1994年、30代の若さでに叙され、の称号を得た。 1996年に放送されたテレビ番組『故郷を離れて』では、最も優れた芸術番組に与えられる BAFTA賞を受賞している。 1999年、バーミンガム市交響楽団との長年にわたる活動に対して "South Bank Show Awards" の "Outstanding Achievement" が贈られた。 2002年、の後任として、の首席指揮者兼芸術監督に就任した。 ラトルはベルリン・フィルの若年層の聴衆および音楽人開拓のための活動である「Zukunft BPhil」に取り組み、その一環として映画『ベルリン・フィルと子どもたち』を制作した。 一方で、古典音楽に対するオーセンティックな演奏に対しても活動の幅を拡げ、の演奏団体であるに客演している。 2004年のでは、同団と共にの『』を演奏会形式で上演し 、その後『』にも取り組んでいる。 他方で、2006年頃から、ベルリン・フィルとラトルの間の関係には危機の兆候があると複数の指摘があった。 ベルリンでの在任期間が長くなってもラトルが音楽上のやりとりをドイツ語ではなくほとんど英語で行うことで誤解や演奏のマンネリを深めた可能性があると言われる。 7月には、のでを指揮し、映画『』のテーマ曲を演奏、演じると共演した。 2013年1月11日(日本標準時)、が、ベルリン・フィルの首席指揮者を2018年をもって退任すると報じた。 ベルリン・フィルも1月10日の日付で2018年での任期終了を発表している。 同年9月7日、イギリス高級紙『』は、2018年にラトルがの首席指揮者に就任するだろうという見通しを記事にした。 2015年3月3日、ロンドン交響楽団はラトルが2017年9月に同団の音楽監督に就任する予定と発表した。 2017年9月にロンドン交響楽団音楽監督に就任し、2018年7月現在に至る。 家族・親族 [ ] 妻は、メゾ・ソプラノ歌手の。 脚注 [ ] [] 注釈・出典 [ ]• 渡辺和彦 1993年• Manuel Brug 2006年5月11日. German. Die Welt. 2007年8月17日閲覧。 faz. net, 29. Juni 2007. faz. net, 27. Juni 2018. (バイエルン放送 ドイツ語 2013年1月11日 PDF• (ベルリン・フィル公式サイト英語版 2013年1月10日)• (ザ・タイムス 2014年10月8日)• (ロンドン交響楽団 2015年3月3日 2015年5月9日閲覧)• 2018年7月10日時点のよりアーカイブ。 2018年7月10日閲覧。 参考文献 [ ]• 音楽之友社編『世界のオーケストラ 123』(1993年)pp. 118-119 渡辺和彦「バーミンガム市交響楽団」• 音楽之友社編『指揮者のすべて』(1996年 )p. 126 寺西基之「ラトル,サイモン」 外部リンク [ ]• (英語)• 先代: 音楽監督 1980年 - 1998年 次代: 先代: 芸術監督 2002年 - 2013年 次代:.

次の

【オセロニア】ラルガの評価と入手方法|ゲームエイト

オセロニア ラトール

イゴール・ストラヴィンスキーは、サイモン・ラトルのお気に入りの作曲家の一人です。 そのキャリアの初期からラトルはストラヴィンスキーを重要なレパートリーに位置づけ、ベルリン・フィルの首席指揮者になってからも、定期的にこの作曲家の作品を取り上げてきました。 今回の公演で演奏される《ペトルーシュカ》は、第1作目のバレエ《火の鳥》が大成功を収めた直後に書かれた作品です。 当初はピアノとオーケストラの協奏曲風作品として構想されましたが、ロシア・バレエ団を率いたディアギレフはこの音楽のポテンシャルの高さを見抜き、ストラヴィンスキーを説得してバレエ曲として書くように説得したと言われています。 ストラヴィンスキーは、わら人形の物語を題材に、モンタージュ技法を駆使してロシアの民謡、舞踏曲、流行歌などをまとめ上げ、独自の音楽言語を持つ華麗な作品を生み出しました。 セルゲイ・ラフマニノフの交響曲第3番は、《ペトルーシュカ》とはまったく異なる形で、しかし同様にロシア音楽の伝統に根付いた作品です。 ラフマニノフが自身最後となるこの交響曲を書いた1935年から36年は、前作の第2交響曲を書いてからすでに30年近くが経っていた時期に当たります。 ロシア革命後にアメリカに移住したラフマニノフは、ピアニストとしてキャリアの絶頂を築いていました。 ここではこの作曲家特有の深く濃密な響きをお聴きいただけるでしょう。 両作品の間に、韓国の作曲家ウンスク・チンの新作《コロス・コルドン》が初演されます。 こちらは音響的にはよりストラヴィンスキーに近い性格を示しています。 なおこのプログラムは、2017年11月の日本公演でも演奏されました。 映像を観る.

次の

ラトルが《ペトルーシュカ》とラフマニノフ「第3」を指揮

オセロニア ラトール

「決戦!ラトール」のスケジュール• 12月5日(月)12:00~14:59• 12月6日(火)6:00~8:59• 12月6日(火)15:00~17:59• 12月7日(水)9:00~11:59• 12月7日(水)18:00~20:59• 12月8日(木)9:00~11:59• 12月8日(木)18:00~20:59• 12月9日(金)6:00~8:59• 12月9日(金)15:00~17:59• 12月10日(土)6:00~8:59• 12月10日(土)15:00~17:59• 12月11日(日)9:00~11:59• 12月11日(日)18:00~20:59• 12月12日(月)6:00~11:59.

次の