スピッツ ロビンソン。 スピッツ「ロビンソン」/ 歌詞の意味と解釈

【ロビンソン】のコード進行をわかりやすく解説!【スピッツ】|偏った人が語る音楽の話

スピッツ ロビンソン

『 ロビンソン』はシングルとして発売されて、その後に発売されたアルバム「 ハチミツ」に収録されています。 ロビンソンのヒットで、スピッツは多くの人に知られることになったんじゃないでしょうか。 この曲は私の中でのスピッツの曲においての位置付けとしては別格です。 なぜかといえば、スピッツとの出会いの曲だからです。 私はロビンソンがヒットする前からスピッツを知っていたわけではなく、ロビンソンのヒットをきっかけにスピッツを知ることができました。 はじめて、この曲を聞いたときは、衝撃を受けましたね。 なんてすばらしいメロディと歌声なんだ!って。 それからスピッツに魅せられて、今に至るわけなんですが、スピッツに出会えてほんとよかったと思っています。 なので、今でもロビンソンは最高に大好きな曲なんです。 ロビンソンを初めて聞いたのは、テレビとかラジオではなく、従兄弟のウォークマンからでした。 従兄弟と一緒にイヤホンを片方ずつしてリピートして聞きまくってましたね。 それから、親にCD屋につれてってもらい、買ったんですよ。 これはもう何年も前の話。 いつのまにかそんなに年がたったのかという思いです。 ロビンソンはイントロからもう引き込まれる曲です。 あのアルペジオは最高です。 ホントにすばらしすぎるメロディだと思います。 私はギターをやっていなかったんですが、弟がギターをやっていたので、あのアルペジオを弾きたいと思い、すこしやってみたんですが、まったくできなくてすぐ諦めました・・・ そんな簡単にできるものじゃないですよね。 でも、あれを自分で弾くことができたらどんなに最高だろうって思います。 好きな詞はたくさんあります。 でも、詞についての解釈は書けないです。 この曲には思いいれが強すぎるんですよ。 ロビンソンの詞とメロディがもっている世界観があるとおもうんですが、それは私の想像の中ではできあがっているんですが、文章を書くのがうまくないので、文字として書きおろせません。 なので、好きなところだけ書きますね。 ほとんどが好きなのでほんと一番好きなところだけ書くことにします。 「同じセリフ 同じ時 思わず口にするような ありふれたこの魔法で 作りあげたよ」 ここですね。 サビにつながるこの部分の、メロディ最高です。 詞もとてもいい。 「誰も触れない 二人だけの国 終わらない歌ばらまいて 大きな力で 空に浮かべたら ルララ 宇宙の風に乗る」 ロビンソンは、ほんとに正宗さんにしか歌いこなせない歌だと思うんですね。 正宗さんの声だからこそ、できあがっている曲だと思います。 ほかの歌も、もちろんそうなんですが、ロビンソンはそれが一番強いんじゃないかな。 あくまで私が勝手に思っていることですけどね。

次の

「これぞ日本の音楽!」「聴くのを止められない!」「美しい!最高!」スピッツ ロビンソン のMVを見た海外の反応

スピッツ ロビンソン

Contents• 「ロビンソン」は室見川をモチーフ 「ロビンソン」のモチーフとなった場所とは福岡市早良区にある 室見川。 「ロビンソン」の作詞・作曲をしたのはスピッツのボーカル 草野マサムネ。 草野マサムネは福岡市早良区出身。 そのことから早良区を流れる室見川は「ロビンソン」のモチーフとなったのだ。 ネット上を見てみるとスピッツファンの中では、この室見川は有名な存在らしい。 実際に遠方から室見川にわざわざ足を運ぶ人もいるようだ。 一部のファンの方からは ロビンソン川とも呼ばれている。 福岡出身者からしたら、一つの川がそのような形で全国区で知られていることは嬉しい限りだ。 室見川の雰囲気 ここからは室見川の雰囲気を紹介。 ご覧のように室見川は非常に幅が広い。 実際に行ったスピッツファンの方のブログなどを見ていると、思っていたよりも大きかったという意見がよく見られる。 かくいう私もその一人。 「ロビンソン」のモチーフが室見川と聞くまでは、もっと小さな河原の道をイメージしていた。 因みに室見川と一言で言っても、その長さは15kmもあるそうだ。 源流は福岡と佐賀の県境にある井原山。 そのため、同じ室見川でも場所によってその表情は違ってくる。 写真は福重近くの室見川。 この周辺には遊具があったり、地面も舗装されていたりとエクササイズには最適な環境だ。 室見川をウォーキングしたりサイクリングしたりする人の姿も多く見られる。 天気の良い日に「ロビンソン」を聴きながら、室見川をゆっくりと散策するのも良いかもしれない。 中国でも「ロビンソン」は人気? ここからはロビンソンにまつわるちょっとした話。 10年以上前の話になるが、私は中国を旅していた。 ある料理屋に入って食事を取っていたのだが、その時、非常に懐かしい歌がテレビから流れてきた。 それは、今回ご紹介した「ロビンソン」。 驚いてテレビを見ると、そこには午後の紅茶のCMが流れていた。 このCMを覚えている方は多いかもしれない。 オードリー・ヘップバーンが出てくる午後の紅茶のCM。 音楽はスピッツの「ロビンソン」。 なんと日本と同じCMが中国でも流れていたのだ。 後で調べてみると、午後の紅茶は中国で2001年に販売開始。 それ以降、人気商品として親しまれているようだ。 CMが流れた瞬間、私だけでなく、周りの現地の人もテレビをじっと見ていたのが印象的だった。 「ロビンソン」には、言葉の壁を超えて人を惹きつける何かがあるのかもしれない。 YouTubeで再生回数が1億回突破したが、おそらくその中には幅広い年代、そして世界の色んな国々の人が含まれていることだろう。 以上、室見川とロビンソンの話でした。 関連記事.

次の

『ロビンソン』

スピッツ ロビンソン

分数コードになっていて面白い響きがします。 コードを繋留させて「かます」 で、このような「コードの間にコードをかます」という手法はよく使われているんですが、たとえば• sus4をかます(4度の音を繋留させる)• セカンダリードミナントをかます• 経過音を挟む という風にその手段もたくさんあります。 ではこのロビンソンのイントロの「かまし」はどんな手法かと言うと、 「コード単位の繋留」です。 繋留というのは「つなぎとめる」という意味です。 3小節目を見てください。 これが繋留です。 聴いているほうからすると、じらされているような印象も受けます。 sus4コードの4度の音が遅れて3度に着地するのと同じように、手前のコードを繋留させて遅れて着地させたわけです。 はたして、草野氏がこのように意図して作ったのかはわかりませんが、先人の曲をこのように分析することで曲作りの引き出しを増やすことにもなります。 4度上昇を繰り返しています。 注意しましょう。 一見複雑に感じるかもしれませんが、難しいことはありません。

次の