心の傷を癒すということ ドラマ レビュー。 『心の傷を癒すということ』 第2話 ネタバレ感想~震災ストレス。みんなしんどい。

心の傷を癒すということ/最終回・第4話/見逃し配信動画|残された光

心の傷を癒すということ ドラマ レビュー

【サントリー学芸賞(第18回)】PTSD(心的外傷後ストレス障害)に苦しむ阪神大震災の被災者の「心の叫び」と、自らも被災しながら取り組みつづけた精神科医による臨床報告。 著者と関係の深かった人々の文章を加えた新増補版。 「心の傷を癒すということ」(主演:柄本佑)。 主人公のモデル・安克昌さんのご家族の今の想い、 親友・名越康文さんによる青年時代の思い出、 ドラマの登場人物のモデル(新聞記者、同僚医師……)の安医師への想い、 さらに、NHKプロデューサーによるドラマ化の裏話など……。 柄本さんは、しばらく黙って、こう答えてくれた。 「誰も独りぼっちにさせへん、てことや」。 それは、(安克昌さんがモデルの主人公)安和隆が「心のケアって何か、わかった」から語り始める柄本さん自身のセリフだった。 脚本家の桑原さんは、セリフに込めた思いをこう語る。 「『心のケアって何か、わかった』と書いた直後、手が止まりました。 安さんが人生をかけて掴み取った答えを、私が書かなければいけないのです。 言葉が浮かぶのをひたすら待ちました。 まるで、安さんのそばにじっとたたずんで、口を開かれるのを待っているようでした。 やがて『誰も独りぼっちにさせへん、てことや』という言葉が浮かんだ時、これは安さんが書かせて下さったセリフだと思いました………」。 私も逃げるので精一杯だったんです。 助けてあげられなかった。 それで自分を責めてしまうんです……。 私も死んでしまえばよかった。 しかし今後、傷ついた人が心を癒すことのできる社会を選ぶのか、それとも切り捨てていく厳しい社会を選ぶのか? やがて被災地は、復興へと向かっていく。 しかし、〈心の傷〉を見て見ないふりをして前進することではないだろう。 震災直後から被災者が抱える心の傷。 誰もがそこにあることが分かっていながら誰も触れることが出来なかった心の傷。 「他人にはわかりっこないけど、分かって欲しい」と思う気持ち。 「復興」という名の祭りへの疲れ・・・・・・。 「お困りのことはありませんか?」 「眠れていますか?」 安医師が避難所に出向き、傷ついた被災者にかける言葉は専門家として上段からではなく、一人の人間としてそっとそばに寄り添う優しさと謙虚さに満ちている。 心に大きな傷を抱えた人を目の前にした時、私たちに何ができるだろう。 「傷ついた人が心を癒すことのできる社会を選ぶのか、それとも傷ついた人を切り捨てていく厳しい社会を選ぶのか・・・・・・」という言葉が重く響く。 心のケア=カウンセリングと誤解されているが、決してそうではない。 苦しみがそこにあることに気付くこと、回復に向け懸命に生きる人を、敬意をもって受け入れる社会を作ることも心のケアの意義であると安医師は言う。 そして、ドラマでも何度か繰り返されていた本書最後の一文は、耳に、目にするたびに私の胸を締め付け、重い課題を突き付ける。 「世界は心的外傷に満ちている。 それは社会のあり方として、今を生きる私たち全員に問われていることなのである。

次の

『心の傷を癒すということ』感想(ネタバレあり)と無料で動画視聴する方法 | エンタメチェンジ

心の傷を癒すということ ドラマ レビュー

【サントリー学芸賞(第18回)】PTSD(心的外傷後ストレス障害)に苦しむ阪神大震災の被災者の「心の叫び」と、自らも被災しながら取り組みつづけた精神科医による臨床報告。 著者と関係の深かった人々の文章を加えた新増補版。 「心の傷を癒すということ」(主演:柄本佑)。 主人公のモデル・安克昌さんのご家族の今の想い、 親友・名越康文さんによる青年時代の思い出、 ドラマの登場人物のモデル(新聞記者、同僚医師……)の安医師への想い、 さらに、NHKプロデューサーによるドラマ化の裏話など……。 柄本さんは、しばらく黙って、こう答えてくれた。 「誰も独りぼっちにさせへん、てことや」。 それは、(安克昌さんがモデルの主人公)安和隆が「心のケアって何か、わかった」から語り始める柄本さん自身のセリフだった。 脚本家の桑原さんは、セリフに込めた思いをこう語る。 「『心のケアって何か、わかった』と書いた直後、手が止まりました。 安さんが人生をかけて掴み取った答えを、私が書かなければいけないのです。 言葉が浮かぶのをひたすら待ちました。 まるで、安さんのそばにじっとたたずんで、口を開かれるのを待っているようでした。 やがて『誰も独りぼっちにさせへん、てことや』という言葉が浮かんだ時、これは安さんが書かせて下さったセリフだと思いました………」。 私も逃げるので精一杯だったんです。 助けてあげられなかった。 それで自分を責めてしまうんです……。 私も死んでしまえばよかった。 しかし今後、傷ついた人が心を癒すことのできる社会を選ぶのか、それとも切り捨てていく厳しい社会を選ぶのか? やがて被災地は、復興へと向かっていく。 しかし、〈心の傷〉を見て見ないふりをして前進することではないだろう。 震災直後から被災者が抱える心の傷。 誰もがそこにあることが分かっていながら誰も触れることが出来なかった心の傷。 「他人にはわかりっこないけど、分かって欲しい」と思う気持ち。 「復興」という名の祭りへの疲れ・・・・・・。 「お困りのことはありませんか?」 「眠れていますか?」 安医師が避難所に出向き、傷ついた被災者にかける言葉は専門家として上段からではなく、一人の人間としてそっとそばに寄り添う優しさと謙虚さに満ちている。 心に大きな傷を抱えた人を目の前にした時、私たちに何ができるだろう。 「傷ついた人が心を癒すことのできる社会を選ぶのか、それとも傷ついた人を切り捨てていく厳しい社会を選ぶのか・・・・・・」という言葉が重く響く。 心のケア=カウンセリングと誤解されているが、決してそうではない。 苦しみがそこにあることに気付くこと、回復に向け懸命に生きる人を、敬意をもって受け入れる社会を作ることも心のケアの意義であると安医師は言う。 そして、ドラマでも何度か繰り返されていた本書最後の一文は、耳に、目にするたびに私の胸を締め付け、重い課題を突き付ける。 「世界は心的外傷に満ちている。 それは社会のあり方として、今を生きる私たち全員に問われていることなのである。

次の

新増補版 心の傷を癒すということ: 大災害と心のケア

心の傷を癒すということ ドラマ レビュー

最終話(第4話) ネタバレ感想~「残された光」 あらすじはコチラ 安和隆(柄本佑)は、肝細胞癌に罹患。 母や長兄の説得も聞かず、痛みを取る為だけの入院はやめ、自分に合う有効な治療法を探す。 湯浅浩二(濱田岳)に誘われたコンサートも階段が上りきれず、腹水もたまり・・・会場の中に入ることは出来なかった。 湯浅は和隆の隣が最高の席だと言う。 10月。 片岡心愛(清水くるみ)の診察が最後となった。 しばらく仕事を休む。 家族との生活を楽しむ。 車椅子を母におしてもらい、妻や子供たちと歩く。 妻・柊子(尾野真千子)が落ち葉を拾っているのを見て 「心のケアが何かわかったわ。 誰もひとりぼっちにさせへんってことや。 」 「あんたがずっとやってきたことや。 」 と母が言う。 11月30日の夜明け、和隆は腹水の痛みにのたうち回る。 和隆の背中をさする柊子。 すると柊子も陣痛が始まる。 弟が柊子を病院に連れて行ってくれる。 一緒に行けない和隆は柊子を見送る。 「あんなに悪いって気づいてあげられへんかった。 荘介さん知っとったん?」 何も言えない和隆の弟・荘介。 一方、タクシーの中の和隆、 手には次男の七五三の家族写真。 病院に搬送された和隆。 12月1日。 意識のない和隆。 後輩の北林は柊子の病室に向い赤ちゃんのビデオと撮影。 和隆の病室にとんぼ返りして、赤ちゃんを見せる。 画面をさわる和隆。 柊子への手紙には「名前、決めたわ。 灯にしよう。 」と書いてあった。 2000年12月2日 享年39才。 ルミナリエ、子供たち三人の後を歩く柊子。 大変なこと・・いろいろあった。 でも和隆さんと違って、自分が大変な時に相手のことを気遣ったりでけへん。 「さみしいわ。 」 泣きながら書くことになると思った最終回。 こんなにドラマで泣いたのは久しぶりやな。 ワタシの場末のブログでいうのは何ですが、見ていない人には見て欲しいなぁ。 最終回は辛いことばかりやった。 辛くて辛くて、ただ見ているだけのワタシがこんなに辛いのだから、ご家族はもっと辛かったでしょう。 余計な描写は一切なく、重要なところを寄り深く見せて貰えた演出に感謝。 後味も最高、余韻も最高。 悲しみは表現したほうがいい。 和隆先生でも死ぬのは怖い。 それだけで安心する人もいると思う。 人に優しく寄り添える人だった。 ワタシにはとても真似できないtこですが、誰かに寄り添える人でありたい。 そんな人生を送らねば。 ラストカットは安先生のお子さんたちだったんですね。 ルミナリエで振り返る3人。 着実に時間は流れていて。 お父さんがこんな風に取り上げられることを誇りに思っているからご出演されたのでしょう。 柊子さん・・・本当に大変だったでしょう。 それだけで連ドラに出来そうなくらい。 柄本佑はすご~~く痩せて見えたなぁ。 では男前に見えるんですよ。 コチラではただただ優しい人に見えた。 白蛇さんの面影はない。 なんて役者なんだ。 安藤サクラと柄本佑が夫婦なんて、恐ろしいぜ! そして 安定の尾野真千子。 いつ子供産んだん?ってくらいお母ちゃんに見えるのは当たり前。 恋する女の子に見えたのも当たり前。 それがオノマチ。 だけどサラッとやってっけど、かなりスゴいことよねぇ。 彼女にできない役はないんじゃないかな~と思うわ。 意外だったのは、 森山直太朗がとても上手だったこと。 関西弁も英語もめっちゃ上手。 そういえば森山良子も金妻に出てたっけ? ・・・ 良子よりも小木よりも直太朗が上手だな(爆) エエもん見させて頂きました。 4話だから良かったのか・・・もう少し見たかったけど・・・。 これも余韻。 医療ドラマが多かった今期。 このドラマは質が違ってましたね。 しみじみと胸に訴えかける、いいドラマでした。 時の流れもゆっくりで、画面も落ち着いていたなあ。 いきなりの精神科医の話ではなく、青年期をちゃんと描いていたので彼らのバックグラウンドもわかったうえで入り込めてよかった。 tarotaroさんはあの地震の経験者なんですね。 何十年経っても忘れ難い辛い思いがあると思います。 あのときにひたすら患者さんの声に耳を傾けて寄り添った安先生のすごさ。 オノマチがバチが当たったと言われた、と安に言ったとき、安先生は『その人は怖いんやな』って静かに言った。 なるほどーと思いました。 森山直太朗さん、英語うまくてびっくりでしたよね。 濱田マリも安定の登場。 ラストのお子さんたち!知りませんでした。 こちらのブログ読んで良かった!! うらはら!さん、コメントありがとうございます。 精神科医というのにスポットを当てるドラマも少なく、そして阪神淡路大震災も関わってくる。 すごく盛りだくさんで全4話って少ないんじゃないかなぁって思っていたんですが、全て濃かったですね。 すべてが。 今、コロナで大変ですが、あの時も学校が避難所になり、卒業式もままならなかったなぁと思い出します。 忘れたらアカンと思いつつ、地震の話は勘弁して欲しいと思う気持ちもあるので、きちんと考証されたドラマが制作されると良いなと思いました。 森山直太朗さんはなぜあんなに英語が上手いんでしょう。 関西弁もお上手でした。 安先生のお子さんたち、特に末っ子さんは先生を知らないんですよね。 このドラマが素敵なものだったからご出演されたのかなと、勝手に安心しております。

次の