ひかり電話とは。 OCN ひかり電話

ひかり電話

ひかり電話とは

別途消費税がかかります。 ご利用中の電話番号・電話機はそのまま、一般加入電話への通話は全国一律3分8円で、月額基本料は500円からご利用いただけます。 ひかり電話は、月額基本料500円からご利用いただけます!さらに、通話料の多いお客さまには、月額基本料に一定の通話分が含まれたプランもご用意しています。 一般加入電話への通話は、北海道から沖縄まで全国どこでも3分8円!携帯電話への通話料もおトクになります。 ひかり電話A(エース) [オススメ!! ひかり電話について IP電話は、電話回線の代わりにインターネット回線を利用した電話サービスです。 いつもの電話機を使うのに、一般加入電話に比べて通話料がぐっとオトクになります。 なお、IPとはインターネット上でデータをやりとりする際の通信方式のひとつです。 ご利用いただけるお客さま ひかり電話は、下記の接続コースのお客さまにご利用いただけます。 ・So-net 光 アクセス 戸建• ・So-net 光 アクセス マンション• ・So-net 光 with フレッツ ファミリー• ・So-net 光 with フレッツ マンション• ・So-net 光 with フレッツ S ファミリー• ・So-net 光 with フレッツ S マンション• ・So-net 光 with フレッツ S ライトファミリー• ・So-net 光 with フレッツ S ライトマンション• ・フレッツ光 ファミリー• ・フレッツ光 マンション• ・フレッツ光 ライトファミリー• ・フレッツ光 ライトマンション• ・Bフレッツ ファミリー• ・Bフレッツ マンション• ・Bフレッツ マンション• ・So-net 光 with フレッツ(G)• ・So-net 光 with フレッツ S(G)• ・BBベーシック• ・フレッツ光(G)• 4つ以上ご利用の場合は、値段が高い順に3つのサービスが自動的に選択されます。 ひかり電話と同時にお申し込みの場合、各付加サービスの交換機等工事費は減額されます。 NTTの加入電話などの利用休止には、別途利用休止工事2,000円(税抜)をNTTへお支払いいただく必要があります。 4つ以上ご利用の場合は、値段が高い順に3つのサービスが自動的に選択されます。 電話機 一般加入電話でご利用になっている電話機をそのままご利用いただけます。 接続設定の方法 ひかり電話のご利用には、ひかり電話対応機器の設定が必要です。 ひかり電話対応機器の設定方法は、お住まいの地域やご利用の接続コースによって異なります。 対応機器に同梱されているマニュアル等をご確認のうえ、設定を行ってください。

次の

「ひかり電話」を利用した帯域確保型データ通信サービス 「データコネクト」の提供および大容量・多チャネルでの通信を実現する 「ひかり電話ナンバーゲート」の提供について

ひかり電話とは

さて、前者の「auひかり固定電話の2番号目を電話サービスで申し込む方法」は スイッチングハブが必要です。 今、あなたは「スイッチングハブって何?」と思いませんでしたか? 今回は、auひかり固定電話を2番号持った時に使うスイッチングハブの接続方法と種類について紹介します。 まずは、スイッチングハブの接続方法から紹介します。 スイッチングハブの接続方法は送られてくるホームゲートウェイによって異なります。 スイッチングハブの接続方法は5つに分けられます。 auひかりホームゲートウェイがBL1000HWの場合(ホームタイプ対象)• auひかりホームゲートウェイがBL900HWの場合(マンションギガ・マンションミニギガ対象)• auひかりホームゲートウェイがBL1000HWとモデムの組み合わせの場合(マンションタイプG対象)• auひかりホームゲートウェイがVDSL内蔵の場合(マンションタイプV対象)• auひかりがタイプV、都市機構(VDSL)、タイプE(イーサ)の場合(上記以外対象) それぞれ詳しく見ていきましょう。 電話番号を2番号にするとホームゲートウェイが2台送られてきます。 電話をスイッチングハブで接続するには以下のものを用意します。 LANケーブル3本• スイッチングハブ• 電話機2台• 電話ケーブル2本 LANケーブルは送られてきたホームゲートウェイや電話機に同梱されます。 スイッチングハブ・電話機・電話ケーブルは自分で用意します。 スイッチングハブとONUの「ホームゲートウェイ」ポートをONUに同梱されるLANケーブル(白)で接続します。 ホームゲートウェイ「WAN」ポートとスイッチングハブをホームゲートウェイに同梱されるLANケーブル(白)で接続します。 1台目と2台目のホームゲートウェイをこの方法で接続しましょう。 ホームゲートウェイの「電話機(黒)」ポートと電話を電話ケーブルで接続します。 1台目と2台目のホームゲートウェイと電話をこの方法で接続しましょう。 電話をスイッチングハブで接続する方法は以上で終了です。 auひかりを10ギガ、もしくは5ギガで利用する場合は、10BASE-Tに対応したスイッチングハブになるのでご注意ください。 ちなみに、普通にauひかりを申し込んだら1ギガとなります。 また、長いLANケーブルや電話ケーブルを用意すれば電話機を1階と2階に置いたり別々の部屋に置いたりできます。 もしかすると、auひかりをすでに利用しているあなたのホームゲートウェイはBL190HWやBL170HVかもしれません。 現在、最新のホームゲートウェイはBL900HWなので、BL900HWが送られてきます。 ただ、BL900HW・BL190HW・BL170HVは同じ方法で接続することができます。 まず、電話番号を2番号にするとホームゲートウェイが2台送られてきます。 電話をスイッチングハブで接続するには以下のものを用意します。 LANケーブル3本• スイッチングハブ• 電話機2台• 電話ケーブル2本 LANケーブルは送られてきたホームゲートウェイや電話機に同梱されます。 スイッチングハブ・電話機・電話ケーブルは自分で用意します。 スイッチングハブとONUの「LAN差込口」ポートをONUに同梱されるLANケーブルで接続します。 ホームゲートウェイ「WAN(緑)」ポートとスイッチングハブをホームゲートウェイに同梱されるLANケーブルで接続します。 1台目と2台目のホームゲートウェイをこの方法で接続しましょう。 ホームゲートウェイの「電話機1(黒)」ポートと電話を電話ケーブルで接続します。 1台目と2台目のホームゲートウェイと電話をこの方法で接続しましょう。 電話をスイッチングハブで接続する方法は以上で終了です。 長いLANケーブルや電話ケーブルを用意すれば電話機を1階と2階に置いたり別々の部屋に置いたりできます。 マンションタイプGのモデムはホームゲートウェイの差込口が2つあります。 そのため、マンションタイプGに限りスイッチングハブを用意する必要がありません。 まず、電話番号を2番号にするとホームゲートウェイが2台送られてきます。 モデムの「ホームゲートウェイ1」「ホームゲートウェイ2」ポートにそれぞれはめ込んである黒いキャップを外します。 2台のホームゲートウェイ「WAN(白)」ポートとモデムの「ホームゲートウェイ1」「ホームゲートウェイ2」ポートをそれぞれLANケーブルで接続します。 ホームゲートウェイの「電話機(黒)」ポートと電話を電話ケーブルで接続します。 1台目と2台目のホームゲートウェイと電話をこの方法で接続しましょう。 電話を接続する方法は以上で終了です。 電話番号を2番号にするとホームゲートウェイが2台送られてきます。 電話をスイッチングハブで接続するには以下のものを用意します。 LANケーブル3本• スイッチングハブ• 電話機2台• 電話ケーブル3本 LANケーブル2本と電話ケーブル1本はホームゲートウェイに同梱されます。 あなたはスイッチングハブ・LANケーブル1本・電話ケーブル1本・電話機2台を用意する必要があります。 また、スイッチングハブは、オートネゴシエーション機能とMDI/MDI-X自動認識機能を搭載したものを用意する必要があります。 スイッチングハブとホームゲートウェイの「HGW(緑)」ポートをあなたが用意したLANケーブルで接続します。 ホームゲートウェイはどちらか1台に接続します。 スイッチングハブとホームゲートウェイの「WAN(緑)」ポートを同梱されたLANケーブルで接続します。 1台目と2台目のホームゲートウェイをこの方法で接続します。 ホームゲートウェイの「電話機(黒)」ポートと電話を電話ケーブルで接続します。 1台目と2台目のホームゲートウェイと電話をこの方法で接続しましょう。 電話を接続する方法は以上で終了です。 電話番号を2番号にするとホームゲートウェイが2台送られてきます。 スイッチングハブは、オートネゴシエーション機能とMDI/MDI-X自動認識機能を搭載したものを用意する必要があります。 スイッチングハブとONUの「LAN差込口」ポートをLANケーブルで接続します。 スイッチングハブとホームゲートウェイの「WAN(緑)」ポートを同梱されたLANケーブルで接続します。 1台目と2台目のホームゲートウェイをこの方法で接続します。 ホームゲートウェイの「電話機(黒)」ポートと電話を電話ケーブルで接続します。 1台目と2台目のホームゲートウェイと電話をこの方法で接続しましょう。 電話を接続する方法は以上で終了です。 auひかり固定電話を2番号持つのに必要なスイッチングハブの種類 auひかりの固定電話を2番号持つ際に必要なスイッチングハブは何でもいいわけではありません。 参考までにauひかりが動作確認をしたスイッチングハブを掲載します。 auひかり動作確認済みスイッチングハブ(BL1000HWの場合) ホームゲートウェイがBL1000HWの場合の動作確認済みスイッチングハブ一覧です。 2018年9月28日現在のものです。 スイッチングハブの接続方法は送られてくるホームゲートウェイによって異なります。 また、スイッチングハブは何でもいいわけではありません。 ココで紹介したauひかり動作確認済みのスイッチングハブを参考にしてみてください。 最後に、auひかりの申し込みにオススメの代理店を紹介しております。 auひかりを検討するならご活用いただければ幸いです。

次の

料金|ひかり電話|フレッツ光公式|NTT西日本

ひかり電話とは

さて、前者の「auひかり固定電話の2番号目を電話サービスで申し込む方法」は スイッチングハブが必要です。 今、あなたは「スイッチングハブって何?」と思いませんでしたか? 今回は、auひかり固定電話を2番号持った時に使うスイッチングハブの接続方法と種類について紹介します。 まずは、スイッチングハブの接続方法から紹介します。 スイッチングハブの接続方法は送られてくるホームゲートウェイによって異なります。 スイッチングハブの接続方法は5つに分けられます。 auひかりホームゲートウェイがBL1000HWの場合(ホームタイプ対象)• auひかりホームゲートウェイがBL900HWの場合(マンションギガ・マンションミニギガ対象)• auひかりホームゲートウェイがBL1000HWとモデムの組み合わせの場合(マンションタイプG対象)• auひかりホームゲートウェイがVDSL内蔵の場合(マンションタイプV対象)• auひかりがタイプV、都市機構(VDSL)、タイプE(イーサ)の場合(上記以外対象) それぞれ詳しく見ていきましょう。 電話番号を2番号にするとホームゲートウェイが2台送られてきます。 電話をスイッチングハブで接続するには以下のものを用意します。 LANケーブル3本• スイッチングハブ• 電話機2台• 電話ケーブル2本 LANケーブルは送られてきたホームゲートウェイや電話機に同梱されます。 スイッチングハブ・電話機・電話ケーブルは自分で用意します。 スイッチングハブとONUの「ホームゲートウェイ」ポートをONUに同梱されるLANケーブル(白)で接続します。 ホームゲートウェイ「WAN」ポートとスイッチングハブをホームゲートウェイに同梱されるLANケーブル(白)で接続します。 1台目と2台目のホームゲートウェイをこの方法で接続しましょう。 ホームゲートウェイの「電話機(黒)」ポートと電話を電話ケーブルで接続します。 1台目と2台目のホームゲートウェイと電話をこの方法で接続しましょう。 電話をスイッチングハブで接続する方法は以上で終了です。 auひかりを10ギガ、もしくは5ギガで利用する場合は、10BASE-Tに対応したスイッチングハブになるのでご注意ください。 ちなみに、普通にauひかりを申し込んだら1ギガとなります。 また、長いLANケーブルや電話ケーブルを用意すれば電話機を1階と2階に置いたり別々の部屋に置いたりできます。 もしかすると、auひかりをすでに利用しているあなたのホームゲートウェイはBL190HWやBL170HVかもしれません。 現在、最新のホームゲートウェイはBL900HWなので、BL900HWが送られてきます。 ただ、BL900HW・BL190HW・BL170HVは同じ方法で接続することができます。 まず、電話番号を2番号にするとホームゲートウェイが2台送られてきます。 電話をスイッチングハブで接続するには以下のものを用意します。 LANケーブル3本• スイッチングハブ• 電話機2台• 電話ケーブル2本 LANケーブルは送られてきたホームゲートウェイや電話機に同梱されます。 スイッチングハブ・電話機・電話ケーブルは自分で用意します。 スイッチングハブとONUの「LAN差込口」ポートをONUに同梱されるLANケーブルで接続します。 ホームゲートウェイ「WAN(緑)」ポートとスイッチングハブをホームゲートウェイに同梱されるLANケーブルで接続します。 1台目と2台目のホームゲートウェイをこの方法で接続しましょう。 ホームゲートウェイの「電話機1(黒)」ポートと電話を電話ケーブルで接続します。 1台目と2台目のホームゲートウェイと電話をこの方法で接続しましょう。 電話をスイッチングハブで接続する方法は以上で終了です。 長いLANケーブルや電話ケーブルを用意すれば電話機を1階と2階に置いたり別々の部屋に置いたりできます。 マンションタイプGのモデムはホームゲートウェイの差込口が2つあります。 そのため、マンションタイプGに限りスイッチングハブを用意する必要がありません。 まず、電話番号を2番号にするとホームゲートウェイが2台送られてきます。 モデムの「ホームゲートウェイ1」「ホームゲートウェイ2」ポートにそれぞれはめ込んである黒いキャップを外します。 2台のホームゲートウェイ「WAN(白)」ポートとモデムの「ホームゲートウェイ1」「ホームゲートウェイ2」ポートをそれぞれLANケーブルで接続します。 ホームゲートウェイの「電話機(黒)」ポートと電話を電話ケーブルで接続します。 1台目と2台目のホームゲートウェイと電話をこの方法で接続しましょう。 電話を接続する方法は以上で終了です。 電話番号を2番号にするとホームゲートウェイが2台送られてきます。 電話をスイッチングハブで接続するには以下のものを用意します。 LANケーブル3本• スイッチングハブ• 電話機2台• 電話ケーブル3本 LANケーブル2本と電話ケーブル1本はホームゲートウェイに同梱されます。 あなたはスイッチングハブ・LANケーブル1本・電話ケーブル1本・電話機2台を用意する必要があります。 また、スイッチングハブは、オートネゴシエーション機能とMDI/MDI-X自動認識機能を搭載したものを用意する必要があります。 スイッチングハブとホームゲートウェイの「HGW(緑)」ポートをあなたが用意したLANケーブルで接続します。 ホームゲートウェイはどちらか1台に接続します。 スイッチングハブとホームゲートウェイの「WAN(緑)」ポートを同梱されたLANケーブルで接続します。 1台目と2台目のホームゲートウェイをこの方法で接続します。 ホームゲートウェイの「電話機(黒)」ポートと電話を電話ケーブルで接続します。 1台目と2台目のホームゲートウェイと電話をこの方法で接続しましょう。 電話を接続する方法は以上で終了です。 電話番号を2番号にするとホームゲートウェイが2台送られてきます。 スイッチングハブは、オートネゴシエーション機能とMDI/MDI-X自動認識機能を搭載したものを用意する必要があります。 スイッチングハブとONUの「LAN差込口」ポートをLANケーブルで接続します。 スイッチングハブとホームゲートウェイの「WAN(緑)」ポートを同梱されたLANケーブルで接続します。 1台目と2台目のホームゲートウェイをこの方法で接続します。 ホームゲートウェイの「電話機(黒)」ポートと電話を電話ケーブルで接続します。 1台目と2台目のホームゲートウェイと電話をこの方法で接続しましょう。 電話を接続する方法は以上で終了です。 auひかり固定電話を2番号持つのに必要なスイッチングハブの種類 auひかりの固定電話を2番号持つ際に必要なスイッチングハブは何でもいいわけではありません。 参考までにauひかりが動作確認をしたスイッチングハブを掲載します。 auひかり動作確認済みスイッチングハブ(BL1000HWの場合) ホームゲートウェイがBL1000HWの場合の動作確認済みスイッチングハブ一覧です。 2018年9月28日現在のものです。 スイッチングハブの接続方法は送られてくるホームゲートウェイによって異なります。 また、スイッチングハブは何でもいいわけではありません。 ココで紹介したauひかり動作確認済みのスイッチングハブを参考にしてみてください。 最後に、auひかりの申し込みにオススメの代理店を紹介しております。 auひかりを検討するならご活用いただければ幸いです。

次の