名 探偵 コナン ジョディ。 名探偵コナン

名探偵コナンの既刊一覧

名 探偵 コナン ジョディ

ジョディ:「そして貴方は家に火を放ち何もかも灰にしたのよ・・・」「FBIの捜査官として父が秘密裡に集めた貴方達の捜査資料と共に・・・」「でも私は助かったわ・・・あの後、父が起き抜けに飲んでいるオレンジジュースを買いに出かけたから・・・」 ベルモット:「へぇー、あの時の少女が貴方なの・・・」「随分探したのよ・・・」「焼け跡からはご両親の骨しか発見されなかったから・・・」 ジョディ:「父の仲間が守ってくれたわ・・・証人保護プログラムを私に適用してくれて・・・」 ベルモット:「ああ・・命の危険がある証人の名前を変え別人にして保護する馬鹿げた制度・・・」「なるほど?父の跡を健気に継いで私を追っていたのね・・・」 File:433 「でも疑問が残ったわ・・・」「20年も前の事件の被疑者にしては貴方は若すぎる・・・」「まさかとは思ったけど、ある人物の指紋と照合してみたら、背筋が凍り付くような事実が判明したのよ・・・」「貴方が母親のシャロン・ビンヤードと同一人物だって事がね!!」 「そしてやっと見つけたってわけ・・・」「貴方の逮捕を妨げていたその謎を説明してくれそうな証人を・・・・・・」 File:433 ジョディはベルモットが母親の棺の前で言ったセリフを聞いて、それが20年前に聞いたセリフと同じだったため、ベルモットに目を付ける。 そして、20年前にベルモットが触った眼鏡の指紋と現在のベルモットの指紋が一致することを確認。 しかし、20年も前の事件の被疑者にしてはベルモットは若すぎると考える。 調査すると、現在のベルモット(クリス・ヴィンヤード)と1年前に死んだことになっているクリスの母(シャロン・ヴィンヤード)の指紋も一致する。 20年前のベルモット(シャロン)の指紋=現在のベルモット(クリス)の指紋 現在のベルモット(クリス)の指紋=1年前に亡くなったシャロンの指紋 これは、通り魔とNYシャロン・現在ベルモットがイコールで結びついた伏線の回収でもある。 ジョディは20年前のベルモット(シャロン)=現在のベルモット(クリス)と確信し、なぜ歳を取っていないのか疑問に思う。 そして、その理由を説明してくれそうなのが灰原と考える。 灰原が組織の薬の研究について知っていると考えたということになるか。 つまり、宮野志保は知らないが、誰かが幼児化したのが灰原であると気づいているかもしれない。 コナンの考え コナン:(ベルモットって奴が、灰原を殺すためにオレを遠ざける理由で考えられるのは・・・)(奴の正体が女優のクリス・ビンヤードでしかもシャロンと同一人物だった場合だ!多分変装で二役をやってるんだろうけど・・・) (母さんの知り合いなら、ガキの頃のオレをアルバムとかで見てるだろうから、オレの正体を見抜くのはわけないし、事件に巻き込みたくないのもわからなくはねーからな・・・) File:434 コナンはベルモットが変装でシャロンとクリスの二役をやっていると考えた。 ジョディと違い、この時点でコナンはまだベルモットが何らかの方法で年を取っていないと推理できるだけの十分な材料が揃っていないので、通常説明のつかない非現実的な考えは持っていない。 (自身の幼児化はあくまで副作用と認識。 ) また、コナンは1年前にNYでシャロンの変装を見ているのでこのような結論を出している。 コナン=新一の幼児化を見抜くには新一の幼い頃の顔を知っている必要がある。 24巻で、コナンの顔に見覚えがあったことがきっかけで思うところがあり日本に留まることにした。 シャロンは有希子の友人なのでアルバムなどを見せてもらうなどすればコナンの幼児化に気づくことは可能であるが、ベルモット(クリス)がシャロンと別人だった場合は有希子との繋がりがないので気づくことはできない。 NY編で助けられたとしても新一の幼少期の顔を調べる動機にはならないし、いざとなれば調査できるであろうが、簡単は手段はない。 このことから、有希子とベルモットはシャロンが死ぬ1年前のもっと前から交流があったことになり、有希子とクリスは面識がないので、それはシャロンとしての姿ということになる。 この件は推理的には指紋以上に大きな根拠となる。 どのような方法で幼少期の顔を知っていたのかというところで、「アルバムとかで」というのはコナンの想像であるが、コナンの伏線回収は正しいと言う漫画上の法則のようなものがあるので、これはそのまま「アルバムを見た」で正解と思われる。 逆に考えれば、ベルモットが「アルバムを見た」ことが事実であるので、その伏線の意味を考えれば、ベルモットはコナンの顔を知っていたので幼児化に気づいたこと、1年以上前に有希子とベルモットが会っていたということも真となる。 整理すると 現在のベルモット(クリス・ヴィンヤード(仮))の素顔は年齢相応(29歳)であり、NY編では通り魔に変装していた。 現在はその時自分を助けてくれた蘭と新一に入れ込んでいる。 そして、同じく通り魔に変装していたと思われるのがシャロン・ヴィンヤードであり、通り魔の件前後で心変わりをしている。 これでベルモット(クリス)=シャロン=通り魔となる。 その伏線回収がシャロンと現在のベルモット(クリス)の指紋が一致したこと、アルバムで新一の幼少期の顔を知っていたことになる。 また、ミステリートレインでは有希子にシャロンは年を取らずに現在はクリス・ヴィンヤードとして活躍している、ベルモットの単なる老けメイクだったと暴かれる。 上記の根拠からベルモット(クリス)=近年のシャロンも決定的。 そしてもう一つ、現在のベルモット(クリス)と20年前のベルモット(シャロン)は指紋が一致している。 ベルモット(クリス)=シャロンも、ベルモット(クリス)=20年前ベルモットも、同じ指紋認証なので片方だけが覆ることは考え難い。 それに、名探偵コナンにおいて指紋の一致は犯人確定の決め要素でもあるので、これを崩してしまうと今までの話が茶番になってしう。 これがベルモット一人全役の説明であり、20年前の顔と今の顔で変っていないことから不老説というものが浮上する。 実際は銀幕のスターであれば整形など色々と顔をいじって若く見せるのも可能だろうが、それだとギャグにしかならない。 だが、本当に不老であるのならそんなことは現実的にはありえない。 つまり、組織の研究している薬でそうした状態になっていると考えられる。 ゴールデン・アップル 赤井:「まぁカルバドスは林檎の蒸留酒・・・」「腐った林檎の相棒にはお似合いってトコロか・・・」 ベルモット:「腐った林檎・・・」 赤井:「あんたに付けた標的名だ・・・・・・」「大女優シャロンが脚光を浴びたのは、舞台のゴールデンアップル!あの時のままアンタは綺麗だが・・・」「中身はシワシワの腐った林檎ってな!!」 File:434 シャロン初登場時の「工藤新一NYの事件」の原作タイトルは「ゴールデンアップル1~5」とゴールデンアップルのごり押し。 その時行われた舞台がゴールデンアップルというのもあるのだが、それだけでここまではしないだろう。 あの話のテーマはそこではないし、1,5回は日常編の舞台の話は無関係。 そして、後に明らかになるのがシャロン・ヴィンヤードが脚光を浴びたのは舞台「ゴールデン・アップル」であったという事実。 これは重要なところ。 ゴールデンアップル(黄金の林檎)は神話などでよく使われる、「不死の源」を表現した神の林檎のこと。 結局、これもベルモットの秘密に関係する伏線の一つ。 また、「黒の組織と真っ向勝負 満月の夜の二元ミステリー」の最後の回の原題は「ラットゥンアップル」(腐った林檎)。 ジョディがベルモットに付けた標的名でもある。 赤井が言うように、見た目は綺麗だが実年齢は〇バアという皮肉でベルモットはそれを聞いてムッとする。 ゴールデンアップル(不老不死の林檎)とラットゥンアップル(腐った林檎)。 この綿密に練られた設定はベルモット編の見所の一つ。 インタビュー 話そうDAY(2018)で、「NYの事件でシャロンが有希子に対して、娘が夫の墓の前で… と話していたが、シャロン=クリスなのであの話は(結婚・子供がいた、という話も)作り話なの?」という質問に、「作り話です。 全部嘘っぱちです。 」との回答。 「シャロン=クリスなので」という前提の質問であること。 また、あの話の嘘の意味は娘(クリス・ヴィンヤード)と絶縁したと世間に思わせることで、一人二役の都合で共演することができないことをごまかすためなので、あの話が嘘であると確定したことは、裏を返せばシャロンとクリスが同一人物であるということも確かになったということ。 シャロンとクリスが別人であるのなら、一度でもいいので適当に共演してしまえば疑われることもない。 また、あのような嘘を作り上げる必要もない。 次ページへ.

次の

【名探偵コナン】赤井秀一の全アニメ登場回まとめ!

名 探偵 コナン ジョディ

とにかくまだまだ謎の多い人物であり、そんな中で作中で語られている彼女についての言葉を拾い集めてみると、以下のようになります。 母親のシャロン・ヴィンヤードも「ゴールデン・アップル」の舞台で脚光を集めた大女優であり、彼女もその娘として鳴り物入りでデビューを果たしますが、その後間もなくして「悪い友達」とつるむようになり、この時おそらく黒の組織と何らかの関わりを持ち始めたのだと想像されます。 やがて父親の葬式の際に父親そっくりに変装して現われたことでシャロンの怒りを買って絶縁状態になり、黒の組織との関わりをより深めていったものと考えられます。 〈ここからは原作では42巻、アニメでは345「黒の組織と真っ向勝負 満月の夜の二元ミステリー」以降の設定(一応 伏字にしておきます)〉 その後ベルモットは、実は母親のシャロン・ヴィンヤードと同一人物であり、シャロンが変装して演じていた偶像であったことが判明。 そして青森に転勤が決まっていた新出智明医師になりすまし、新出医院を拠点にシェリーのことを調べていたことが明らかにされました。 (女は秘密を着飾って美しくなるものなの…」という彼女の口癖をそのまま地でいく生き方で、とにかく謎の多い人物です。 組織を裏切った灰原哀ことシェリーを執拗に追いかけているのですが、その一方でなぜか自宅のダーツの板にはコナンと蘭の写真も貼ってあり、彼女が何を考えているか、わざわざ女優を休業してまで日本にやって来た理由というのが気になる所ではあります。 〈ここからは原作では42巻、アニメでは345「黒の組織と真っ向勝負 満月の夜の二元ミステリー」以降の設定(一応 伏字にしておきます)〉 その後42巻でベルモットがシャロンと同一人物だったことが明らかにされて驚かれた方も多かったと思います。 ベルモットの部屋の写真の「cool guy」とジョディが普段から口にしている「cool kid」の違いは目からウロコでしたし、NYの事件でのシャロンの「私にもエンジェルがいたみたい…」という意味深な発言が実は通り魔に変装していた自分を助けてくれた新一に対するものだったというのは、後から知って思わず唸ってしまいました。 24巻あたりからずっと綿密に計算し尽くしてプロットを練り上げていた訳ですから、恐れ入ります。 まだまだこれからも様々な謎が徐々に明らかにされていくのでしょうが、青山先生の手腕に期待したい所ですね。 事件名 原作 備考 581 67巻File3-8 【2012年度】 No. 事件名 原作 備考 656 74巻File2-4 声の出演はなし 674 76巻File1-5.

次の

ジョディ・スターリング名言・名台詞【名探偵コナン】

名 探偵 コナン ジョディ

同じ作者のコミックス• 名探偵コナン 裏切りのステージ さざ波の魔法使い• 名探偵コナン ゼロの執行人• 名探偵コナン 赤井ファミリーセレクション• 名探偵コナン 赤井秀一セレクション• 名探偵コナン読書ノート• 名探偵コナン 赤井秀一セレクション 赤と黒の攻防• 名探偵コナン 赤井一家セレクション 緋色の推理記録• 名探偵コナン 大怪獣ゴメラVS仮面ヤイバー• オススメのコミックス• マーベラス• リベロ革命!! シャカリキ!• 美味しんぼ• 黄昏流星群• アサギロ~浅葱狼~• BE BLUES!~青になれ~• 細野不二彦短編集• 雪花の虎• しまなみ誰そ彼• 2020 All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。

次の