チンパンジー ブルーノ。 トラビス (チンパンジー)

類人猿 チンパンジーの凶暴性

チンパンジー ブルーノ

概要 [ ] トラビスはアメリカのテレビ番組やコマーシャルに出演経験のあるオスのチンパンジーであった。 彼はサンドラ・ハロルド 女性 によって飼育されていたチンパンジーであったが2009年2月、突如飼い主の友人のチャルラ・ナッシュ 女性 を襲い、彼女の鼻、両耳、両手を噛み切り、顔面をずたずたに引き裂くという惨事を起こした。 その日の内にトラビスは通報を受けた警官に射殺されている。 トラビスは『コカ・コーラ』と『オールドネイビー』のスポット放送を含むいくつかのテレビコマーシャルにアニマル・アクターとして出演した経験がある。 トラビスはまた『』、『』、『』、と主演のにも出演していた [ — ]。 生い立ち [ ] トラビスは1995年10月21日ミズーリー州フェスタス市、『マイク・アンド・コニー・ブラウン・キャシー・コンパウンド』(現在の名称は『ミズーリー・チンパンジー・サンクチュアリー』)で誕生している。 別の事件において、トラビスの母親のスージーは2001年同施設を脱走し、射殺されている。 すなわち彼らは親子にわたって人間に射殺されたことになる。 サンドラと夫ジェロームはトラビスを3歳の時に 養子として もらい受けた。 二人はコネチカット州サムフォードの北部サムフォード区にあるロック・ライモン・ロードの自宅でトラビスを育てあげた。 社会化 [ ] トラビスはハロルド夫妻の忠実な僕であり、夫妻はしばしば彼を職場に連れていき、町へ買い物に行くときは同行させていた。 夫妻はレッカー会社『トウー・トラック・カンパニー』を経営しており、夫妻はトラビスに地元野球チームのTシャツを着せ、自社のトラックにシートベルトを着用させた形で乗車させて、お得意のポーズをとる姿をしばしば撮影していた。 トラビスは町の人気者であり、レッカー作業を行うときに出会う警官に挨拶をすることでよく知られていた。 生後からずっと人間と一緒に暮らしてきたので、トラビスは完全に人間社会に適応していた。 ある近隣住民は、自分は子供のころトラビスのそばで遊び、彼とよくごっこをしたと述べている。 彼はトラビスは、いつ遊びをやめて、自分の飼い主に対して細心の注意を向けるべきかについてよくわきまえていたと語っている。 トラビスがナッシュに大けがを負わせた後、その隣人は「トラビスは自分の甥っ子以上にまったく聞き分けのいい子だったよ。 それがなぜそんな狂暴なことをしでかしたのか、もうまったく見当もつかないな」と述べている [ ]。 トラビスは鍵を使ってドアを開けたり、自分で着替えをして、植木鉢の植物に水を差し、夫妻の飼っている馬にほし草を与え、家族と一緒にテーブルで食事をし、ステムグラスでワインを飲むことが出来た。 彼はアイスクリームが大好きだったのでアイスクリーム売りのトラックがやってくるスケジュールさえ理解していた。 トラビスは画像を探すためにコンピューターにログオンすることも、リモコンを使ってテレビを見ることも、を使って歯を磨くこともできた。 彼はテレビで野球を観戦するのが好きであった。 トラビスは車を運転したことも複数回ある。 スポイル [ ] 夫のジェローム氏は2004年ガンで死亡しており、重ねて夫婦の唯一の子供は交通事故死している。 結果的にサンドラ・ハロルドはトラビスをほとんど一人息子のように思い、甘やかし放題にするようになった。 サンドラはトラビスと一緒に入浴し、同じベッドで眠りにつき、抱き合っていたとされる。 彼の側も彼女を慕っていて、毎夜彼女の髪に丁寧にブラシをかけていた。 外出する前には互いに口づけを交わさなければ離れることが出来なかった。 サンドラはトラビスが射殺された後、「ええ、今の私は全てを失ったのよ。 彼は毎夜ベットで私と寝てくれたわ。 一緒に食事をしたり、お風呂に入ったりすれば心が通じるのよ」と述べている。 暴行 [ ] チンパンジーは強い筋力を有し、オスのチンパンジー 学名:パン・トログロディテス は思春期を迎えると、経年毎に強い攻撃性を示すようになる。 チンパンジーは攻撃相手に噛付き、手と足の両方を使って、顔面や他の身体の凹凸のある部分を執拗に傷つけるのである。 1996年の疑惑 [ ] 2009年の惨事が世界的に知られるようになった後、トラビスの近所に住んでいたある女性は、1996年に彼の姿を見かけたとき、指を噛付かれ、車の中に引きずり込まれそうになったと証言している。 彼女はハロルド家と警察に苦情を申し立てたと証言しているが、警察側はその苦情については記録がないとしている。 誕生が1995年であることから、トラビスはこの疑惑時には1歳の幼獣である。 2003年の事件 [ ] 2003年10月、トラビスはハロルド家の車から脱走し、交差点で交通を麻痺させ、数時間行方不明になった。 その事件はトラビスが乗っていた車が赤信号で停車しているときにおこった。 ある歩行者が車に向かって部分的に開いていた窓から何かを投げ入れて、それがトラビスに命中したのである。 驚いたトラビスは、シートベルトを自ら外し、ドアを開けその男を追いかけたが、捕まえることはできなかった。 警官が呼ばれたとき、彼らは何とかトラビスを車に収容しようと何回か試みた。 しかし彼はすぐに別のドアから出てしまうので、両者は車の周りで追いかけっこをする羽目になった。 2003年の事件によって、ペットとして50ポンド 22. 7kg 以上の体重のある霊長類の飼育を禁じ、外来ペットを所有するには特別の許可が必要とするコネチカット州法が成立することになった。 新法は2004年施行され、トラビスの死後は州内でチンパンジーを飼うことを許可された者は皆無である。 コネティカット州の環境保護局はハロルド夫妻に対し同法を執行してはいない。 というのは、夫妻は長年にわたって200ポンド 90kg のトラビスを飼育してきたし、同局はトラビスが公共の安全を犯すとは考えなかったからである。 2009年の事件 [ ] 2009年2月16日、トラビスはサンドラの旧友のチャルラ・ナッシュ 55歳 に対して顔と手に重傷を負わした。 トラビスはサンドラの車のキーをもって家を出た。 ナッシュは彼を家に連れ戻すのを手伝うために呼ばれたのである。 トラビスはナッシュが自分の気を引こうとお気に入りのおもちゃの一つをかざす姿を見ると、間髪を入れず彼女に飛び掛かった。 ナッシュは以前ハロルド夫妻のレッカー会社で働いていたこともあり、トラビスは彼女を知らないわけではなかった。 しかしながらそのとき彼女はいつもとは異なるヘアスタイルをしていたのである。 トラビスはの薬を服用していた。 サンドラはそのとき70歳であったが、トラビスの凶行を止めさせるためにシャベルで殴り、肉切り包丁で彼を刺した。 「私にとっては、彼をナイフで刺すことは、自分自身を刺すことと同じでした」とサンドラは後に語っている。 彼女の言によれば「ママ、なんで僕にそんなことをするの?」と言わんばかりに彼は振り返ったのである。 トラビスは怒り狂い、サンドラは緊急電話を掛け、救助を求めた。 トラビスの雄たけびは、サンドラが警察に助けを求めたとき録音されたテープにはっきり記録されていた。 当初ナビゲーターはこの電話をいたずらだと考えた。 しかしながらサンドラが「彼が... 彼女を... 食べ始めた... 」と叫び始めて、これが嘘ではないと理解したのである。 警察がハロルド宅に到着する前、すでに緊急医療班が出動の待機をしていた。 パトカーが到着したときトラビスは、車に歩み寄り、ロックのかかった補助席のドアを開けようとし、激しくサイドミラーを強打した。 そしてそのドアが開かないと分かるとこんどはゆっくりと運転席側のドアの側に回り、ドアを開けるに及んだ。 これを見て、フランク・キアウェリィ巡査は危険と判断しやむなくトラビスに拳銃を向けて数発の弾丸を発射せざるを得なかった。 深手を負ったトラビスは家に引き返したが、のちに自分の檻の側で息絶えているのが発見された。 ナッシュの治療 [ ] 救急隊員はナッシュの傷を見て「身の毛がよだった」と形容している。 ナッシュは事件直後の72時間以内に、顔面と手に対して4組の外科チームによって7時間以上の外科手術を受けた。 病院側はナッシュの傷が想像を絶する壮絶さであったので、最初に彼女を治療した医療者達の心的外傷を考慮し、カウンセラーによるカウンセリングを受けることを勧めざるを得なかったほどである。 救急医療隊員はナッシュが両手、鼻、両目、唇、顔の中心骨格を失っており、重要な脳組織が傷つけられていると記録に残している。 医師団は顎を接着することに成功したが、2009年4月7日彼女に「生涯視力を回復することはない」と告げた。 彼女に施された顔面移植術は実験的な術式であった。 で最初に受けた手術のあとに、ナッシュはにあるクリーブランド・クリニックに転院した。 彼女の家族は、この先いくら掛かるか見当がつかない治療費のために、そして娘を支援するための資金を工面するために信託基金の積み上げを開始した。 ナッシュは2009年11月11日に、『オプラ・ウィンフリー・ショー』で初めて傷ついた自分の顔を公に晒した。 そのとき彼女は、身体的な苦痛はなくなっており、彼女の家族によれば彼女はまもなくクリーブランド・クリニックから退院するとのことであった。 インターネットのブログには惨劇の前後のナッシュの顔の画像が表示されている。 2011年6月、ナッシュはハーバード大学メディカル・スクール傘下の医療教育機関であるブリッグマン・アンド・ウーメンズ・ホスピタル(同病院からは移植用の顔面と手の提供を受けている)のボーダン・ポマハク博士の手術チームによる移植手術を受けた。 ナッシュの手の手術は成功したが、彼女はその後肺炎に罹り、医師団は感染症と血行の不良のために移植された手を切り離さざるを得なかった。 トラビスの検死 [ ] 法的な標準手続きに従ってトラビスの頭部は狂犬病の検査のために州の研究機関に送られ、胴体は検視のためにコネチカット大学へ移送された。 この結果、トラビスの体組織から向精神薬『』 の商標名 が検出された。 2009年の検視の結果ではトラビスが体重過重であり、身体には刺し傷が確認されている。 遺体は2009年2月25日スタンフォードのペット用の火葬場で荼毘に付された。 薬物検査の報告書はトラビスにはその日、怒りを極限まで増幅させる可能性のあった『ザナックス』のティーバッグのお茶が与えられたとするサンドラの証言を裏付けるものであった。 『ザナックス』は脱抑制、失見当そして場合によっては幻覚、攻撃性、激しい怒り、憂鬱などの奇異反応を引き起こす可能性のある即効性の抗不安剤である。 訴訟 [ ] 2009年5月、チャルラ・ナッシュ家の弁護士はサンドラ・ハロルドに対して5,000万ドル(約40億円) の賠償を求める訴訟を起こした。 5月6日には、スタンフォード裁判所が、ハロルドの1,000万ドルにも及ぶ資産を凍結する判決を下した。 他にもコネティカット環境保護局、スタンフォード市、『ザナックス』を処方した獣医などが被告になる可能性があった。 被告弁護士は、トラビスは今回の凶行の前には狂暴は振る舞いをしたことはなく、1990年代の襲撃は真実ではない。 なぜならばそのときトラビスには歯が生えていなかったからであると述べた。 凶行の15ヶ月後の2010年5月、AP通信はサンドラ・ハロルドは72歳でで死亡したと報道している。 彼女の顧問弁護士のロバート・ゴルダーは以下の声明を発表した。 「ハロルド氏は友人であり、かつ従業員のシャルラ・ナッシュに重傷を負わせたのと同様に、交通事故で亡くなった娘の死に始まって、それに続く夫の死、そしてトラビスの凶行... この数年間幾多の胸が張り裂けるような喪失感に苦しめられてきたのです。 彼女の心臓の血管は何回も破れ、ついに心臓自体が動かなくなったのです」。 2012年11月、ハロルド家のについて法的問題が解決し、ナッシュはおよそ400万ドル(3億6千万円)を受け取るに至った。 ナッシュは2013年、コネティカット州を相手に訴訟を起こしたが、却下されている。 彼女は行政はチンパンジーは危険な動物であることが分かっていながら、何も策を講じなかったと主張した。 ナッシュの訴状は、彼女が攻撃された当時はチンパンジーを私的に飼育することを禁止する法規が存在しなかったという根拠によって却下されたのであった。 2013年7月、ナッシュの弁護士は判決に上訴する試みを開始した。 メディアにおいて [ ] トラビスの脱走と引き続いて起こったシャルラ・ナッシュへの攻撃は放送局のドキュメンタリー連続番組におけるチンパンジーの事例「危険な情事」(2010-2011年放送)で題材とされた。 緊急電話の会話、警官がトラビスを射殺する際の無線通信、捜索の結果は番組においてエピソードとして用いられた。 事件は中国にまで報道された。 今回の事件は4年前にカリフォルニアで別のチンパンジーが人間を襲った事例に似通ったものであり 、番組では『誌』の記事や霊長類学者の博士や博士の研究を拠り所とし珍しい動物をペットとして飼育する見識についての議論が喚起された。 その後PETA()のメンバー達はハロルド氏に対し執拗な嫌がらせをしたと伝えられる。 しかしながら同団体は事件に対し組織としていかなる介入も行っていないとの声明を出した。 事件は政治風刺漫画に大きな論争を引き起こした。 2009年2月18日、紙は、銃口から煙が出ている銃を持ち、チンパンジーの遺体の上に立つ警官と、「次の を起案するのに何か別の人物を探さなくてはならないだろうとつぶやく同僚の警官」を描いた ()の作品を掲載している。 その風刺漫画が発表されたことにより、漫画のチンパンジーが、景気刺激法案の推進者と合衆国大統領、そして人間でない猿の姿として描かれているアフリカ系アメリカ人に関する人種差別的隠喩との関連を意味しているのではないかとする解釈が様々なメディアから提起された。 2009年2月24日、『ポスト誌』のオーナー兼会長のは風刺画について謝罪に追い込まれた。 やむなくトラビスを射殺せざるを得なかった警官のフランク・シアファリは事件が報道された後、憂鬱と不安のために当初セラピーを受けることになった。 このことがきっかけとなり2010年に議会に上程された法律に、命にかかわる危険が迫った状況下でやむなく動物を殺傷したあとに受ける精神的もしくは感情的な心の傷に対する補償の規定が盛り込まれることになった。 立法への影響 [ ] の ()検事総長は、現行の2004年のコネチカット州法の不備な点は、トラビスの大きさを基準にチンパンジーの飼育を禁じるに至った2003年の事件の結論に起因するものであり、その間違った結論が結果として今回の惨劇を引き起こしたと記している。 コネチカット州環境保護局(DEP)のスポークスマンは、トラビスには公衆衛生上の危険は認められていなかったし、法的に登録が必要とされる以前にすでに飼育されていたのでという理由から飼い主は法的に責任を負うことはないことを明らかにした。 ブルーメンソール検事総長は政界の大立者やDEPの理事に、コネチカットの居住環境を守るためにチンパンジー、ワニ、毒蛇などの潜在的に危険なすべての外来動物の飼育を禁じる法律案を支持するように要請する手紙を送ったのである。 DEPは大型霊長類の飼育を禁ずる類似の法律の制定を求め、事件後、一般市民、警官、動物管理局員に対しそのようなペットについて行政機関に報告するように求めた。 コネチカット州の新聞『 ()』の編集会議はすべてのの鳥類と爬虫類の所有の禁止を主張した。 連邦下院の ()議員は、2009年1月6日に、州および国境を跨いでの売買が禁止されている「禁止野生動物」のリストに小型の猿、類人猿、を加える「 ()」を上程していた。 これは、以前2007年7月10日に ()により上程され、下院は通過したものの上院では通過しなかった法案 の二度目の上程であった。 本事件は、同法案への後押しとしてをに協力させるという副産物をもたらしている。 本事件は、2009年2月23日に、下院議員など超党派的な17人の賛同者による同法案の再上程という結果をもたらした。 これに対し、下院議員は議場での議論において、毎年400万ドルの費用が掛かり、チンパンジーの人間への攻撃を防ぐのに何の効果もないとして同法案に反対する論陣を張った。 また同議員はチンパンジーの人間への攻撃はそう起こりうるものではないとも主張した。 全米20州とコロンビア特別区には既にペットとして霊長類を飼うことを禁止する法律がある。 2009年2月23日、議会は325対95で同法案を通過させ 、『紙』と『 ()紙』を含む複数の主要な新聞の編集委員たちはそれを支持した。 しかし、法案は上院を通過しなかった。 トリビア [ ] 2009年6月30日、米国のデスコアバンドのはアルバム『No Time to Bleed』を発売した。 同作品にはスーサイド・サイレンスが演奏するインストルメンタル曲にサンドラ・ハロルドの110番通報の声が重ねられたタイトル「.. And Then She Bled」が含まれる。 脚注 [ ]• The Advocate Stamford. 2009年2月18日閲覧。 2009年7月9日 -• THE ASSOCIATED PRESS 2013年6月14日. New York Daily News. CNN. 2009年2月18日閲覧。 James Bone, , The Times, February 18, 2009, Accessed February 18, 2009. Rich Schapiro, , , February 21, 2009, Accessed February 24, 2009. com, February 18, 2009, Accessed February 18, 2009; also see associated video available. Ed Pilkington, , The Guardian, February 17, 2009, Accessed February 18, 2009. Fox News. 2009年2月20日. Smith, Emily 2009年2月21日. The Sun London. の2009年2月23日時点におけるアーカイブ。 ABC News. ABC News. 2016年7月3日閲覧。 NBC News 2009年2月19日. 2014年1月17日閲覧。 com, February 18, 2009, Accessed February 18, 2009. Devon Lash, , Stamford Advocate, February 18, 2009, Accessed February 20, 2009. , CBS's official channel on YouTube, February 17, 2009, Accessed February 18, 2009. Eyewitness News 3 2009年2月18日. 2010年8月16日時点のよりアーカイブ。 2016年7月3日閲覧。 Edgar Sandoval and Rich Schapiro, , New York Daily News, February 19, 2009, Accessed February 19, 2009. Lawrence K. Altman and , , The New York Times, February 19, 2009, Accessed February 20, 2009. Lash, Devon. March 5, 2009. Accessed March 13, 2009. [ ], by "combined staff and wire reports [... ] Associated Press and Hartford Courant", Hartford Courant website, November 11, 2009, retrieved same day• THE ASSOCIATED PRESS 2013年6月14日. New York Daily News. Khan, Amina 2011年6月10日. latimes. com. 2011年6月12日閲覧。 John Christofferen, , Associated Press, February 19, 2009, Accessed February 19, 2009. 2009年2月22日 -• John Christoffersen 2009年5月13日. Associated Press. Google News. [ ]• Potts,Monica. 2009. Chimp had Xanax in his system. Stamford, CT:• Stamford Advocate. 2009年2月25日. の2009年2月28日時点におけるアーカイブ。 2009年2月26日閲覧。 , FoxNews. com, updated: Wednesday, May 13, 2009 , Accessed September 21, 2010. , Scientific American, updated: February 19, 2009 , Accessed September 21, 2010. RxList. First DataBank 2008年7月. 2016年7月2日閲覧。 2009年5月の為替相場による• Potts, Monica. 3-16-09. Stamford, CT: The Stamford Advocate. Retrieved, 3-16-09• Associated Press. NBC Connecticut. 2009年5月7日. Staff reporters. 03-17-2009. Stamford, CT: The Stamford Advocate, Southern CT. Newspapers, Inc, Hearst CT Post, LLC. Retrieved, 3-17-09, 1:46PM• Christoffersen, John, of Associated Press. 2009. Christoffersen, John 2010年5月25日. The Guardian. Associated Press London. 2010年5月26日閲覧。 CNN. 2016年7月3日閲覧。 latimes. 2016年7月3日閲覧。 Huffingtonpost. com. 2013年6月14日. 2014年1月17日閲覧。 Abcnews. com. 2014年1月17日閲覧。 "Chimps", episode of Fatal Attractions; screen appears approximately 10 seconds before episode ends. , China Daily, February 18, 2009, Accessed February 18, 2009. Dillon, Nancy February 22, 2009 , , ,• Bryan Walsh, , Time, February 18, 2009, Accessed February 18, 2009. Jane Goodall, , Los Angeles Times, February 25, 2009, Accessed February 26, 2009• Frans de Waal, , Huffington Post, February 17, 2009, Accessed February 18, 2009. Roy Edroso, , Village Voice, February 18, 2009, Accessed February 18, 2009. Tony Aiello, , WCBStv. com, February 17, 2009, Accessed February 18, 2009. バラク・オバマ大統領が2009年2月17日に署名して成立した、景気刺激対策法• Adam Martinは『50の最も人種差別的風刺漫画』においてチンパンジーは大統領職に就任後すぐに法案に署名したオバマ大統領を表しているとの解釈を示している• Roland S. Martin, , CNN, February 18, 2009, Accessed February 19, 2009. Gabe Pressman, , MSNBC. com, February 18, 2009, Accessed February 19, 2009. Simone Weichselbaum, , New York Daily News, February 19, 2009, Accessed February 19, 2009. Rupert Murdoch, , New York Post, February 24, 2009, Accessed February 24, 2009. Wilson, Michael February 24, 2010. John Christofferen, , Associated Press, February 18, 2009, Accessed February 18, 2009. , The Advocate Stamford , February 18, 2009, Accessed February 20, 2009. The Advocate Stamford. 2009年2月28日時点のよりアーカイブ。 2009年2月24日閲覧。 GovTrack. 2016年6月29日閲覧。 Ben Smith, , Politico. com, February 23, 2009, Accessed February 24, 2009. , Connecticut Post, February 24, 2009, Accessed February 24, 2009. 2009年2月27日, at the. , USA TODAY, February 24, 2009, Accessed February 24, 2009. , The New York Times, February 26, 2009, Accessed February 26, 2009. , Newsday, February 26, 2009, Accessed February 26, 2009. 関連項目 [ ]• — 人間の飼育下から群れを連れて脱走し、に1人の人間を殺害し、4人に重軽傷を負わせたの巨大チンパンジー。 - 幼少期にとしてテレビ出演の経験があり成長して狂暴化し、に女性の飼育研修生に重傷を負わせたのチンパンジー• 日本で起きた類人猿の収容施設からのチンパンジーの脱出と人間への襲撃事件はを参照の事。 外部リンク [ ]• , a small photo gallery in The Hartford Courant's web site, showing Herold, Travis, and Nash.

次の

チンパンジーをナメてはいけない

チンパンジー ブルーノ

地元では有名だったチンパンジーのトラビス photo by 1998年、コネチカット州に住んでいたサンドラ・ハロルドと夫のジェロームは、『ミズーリー・チンパンジー・サンクチュアリー』という施設からオスのチンパンジー・ トラビス(当時3歳)をもらい受け、大切に育て始めた。 ハロルド夫妻は、レッカー会社『トウ・トラック・カンパニー』を経営しており、彼らは、トラビスに地元野球チームのTシャツを着せ、自社のトラックにシートベルトを着用させた上で乗車させて、お得意のポーズをとる姿をよく撮影していたという。 photo by トラビスは町の人気者で、レッカー作業を行うときに出会う警官に挨拶をすることでよく知られていた。 彼は、若いころからずっと人間と一緒に暮らしてきたので、 完全に人間社会に適応していたのだ。 photo by ある近隣住民は、子供のころよくトラビスとレスリングごっこをしたと述べ、トラビスは、いつ遊びをやめて、自分の飼い主に対して細心の注意を向けるべきかについてよくわきまえていたと語っている。 しかし、2004年にサンドラは、夫婦の唯一の子供を交通事故で失い、続けて夫のジェロームをガンで失ってしまう。 それ以降、サンドラは、トラビスをほとんど 一人息子のように可愛がり始めた。 彼女は、外出するときは必ずトラビスとキスを交わし、トラビスと一緒に入浴し、同じベットで抱き合って寝るようになった。 photo by トラビスもサンドラのことが大好きで、毎晩彼女の髪の毛にブラシをかけていたのだそう。 多くの大切なものを失ったサンドラにとって、トラビスだけが唯一の心の拠り所だったのだろう。 それを考えると、後に起こる悲劇が色んな意味で彼女を苦しめることになる。 事件時、トラビスは向精神薬を摂取していた photo by 2009年2月16日・・・・・・その事件は起こってしまう。。 その日、サンドラ(当時70歳)は、トラビス(当時14歳)が檻から脱走してしまったことに気がついた。 トラビスは、サンドラの車のキーを持ち出しており、サンドラは、トラビスが車を乗ってしまわないかと慌てふためいた。 トラビスを連れ戻すのを手伝ってもらうために、サンドラは、旧友で自分の会社の従業員である チャーラ・ナッシュ(当時55歳)を自宅に呼んだ。 しかし・・・・・・、それを見たトラビスは、 間髪入れずチャーラに飛びかかったのだ! トラビスは、チャーラがサンドラの友達であることをよく知っていたはずだが、その日、 チャーラはいつもと違う髪型をしていた。 まさか、たったそれだけの違いがチャーラに人生最悪の悲劇をもたらそうとは・・・・・・。 photo by さらに、その日、トラビスは持病の 『ライム病』のために、向精神薬 『ザナックス』(アルプラゾラムの商標名)のティーバッグのお茶をサンドラから与えられていた。 『ザナックス』は脱抑制、失見当、そして場合によっては攻撃性の増幅、憂鬱、幻覚などの奇異反応を引き起こす可能性のある即効性の抗不安剤。 ホイットニー・ヒューストンの死因となった薬としても有名。 この2つの要因により、トラビスはチャーラを激しい怒りと共に襲ったのだ。 「私にとってトラビスをナイフで刺すことは、自分自身を刺すことと同じでした。 警察のナビゲーターは当初、チンパンジーが人間を襲っているという内容をイタズラ電話だと思ったのだが、サンドラが突然「 彼が・・・・・・彼女の顔を食べ始めたわ!!!」という叫び声を聞いて、ナビゲーターはすぐに警察と緊急医療班の出動を手配した。 photo by パトカーが到着したときトラビスは、じりじりと車に歩み寄り、ロックのかかった補助席のドアを開けようとし、激しくサイドミラーを強打し始めた。 そして、そのドアが開かないと分かると、今度はゆっくりと運転席側のドアの側に回り、ドアを開けようとした。 これを見て、警察官のフランク・キアウェリィ巡査は、トラビスを危険と判断し、やむなく彼に拳銃を向けて数発の弾丸を発射。 深手を負ったトラビスは、いったん家に引き返したが、のちに自分の檻の側で息絶えているのが発見された。 ちなみにトラビスの母親チンパンジー・スージーも、2001年にトラビスが生まれた施設を脱走したのちに射殺されており、奇しくも母親と息子は同じ運命をたどってしまったのだった。。。

次の

トラビス (チンパンジー)

チンパンジー ブルーノ

群れのなかでの駆け引き プルエッツ氏の研究チームは、2005年からフォンゴリのチンパンジーたちを観察している。 ここのチンパンジーたちは人間に完全に慣れてしまっているが、このような場所は西アフリカでも珍しい。 (参考記事: ) プルエッツ氏の観察記録から、チンパンジー社会で毎日のように繰り広げられている駆け引きの様子がうかがえる。 群れにはアルファ雄と呼ばれるボスが君臨し、そのボスとほかの雄たちが同盟を組んで群れを統率。 そして彼らを、雌と子どもたちが取り囲む。 雌は、成熟すると新たな群れを求めて独立するが、雄は自分の生まれた群れにとどまり、自分の力を誇示したり同盟を乗り変えたりして、社会的に優位に立とうと争うのだ。 [画像のクリックで拡大表示] 2005年初め、プルエッツ氏の研究チームは、調査対象としていたチンパンジーの群れの雄たちが、そろって服従を示す雄たけびを上げていたことから、フォウドウコがボスの座に就いたと考えた。 ところが2007年9月、フォウドウコの権力が揺るがされる出来事が起こった。 群れのナンバー2であったママドウという雄のチンパンジーが、足に深い傷を負ってしまったのだ。 ママドウが影響力を失ったことでフォウドウコの立場も危うくなり、ついに2008年3月、若い雄のグループによってフォンゴリから追放されてしまう。 姿を消したフォウドウコは、どこかで死んでしまったのだろうと、プルエッツ氏らは考えていた。 ところが驚いたことに、フォウドウコは9カ月後に再び群れへ戻ってきた。 しかし、かつての面影はなく、人間の姿におびえ、フォンゴリの外れで木や茂みの後ろに隠れるようにうろついているだけだった。 それから5年にわたって、流れ者のような生活を送っていたフォウドウコは、時折ママドウの兄弟で新たにボスの座に就いたデビッドのご機嫌取りをするなどしていた。 ママドウとデビッドはフォウドウコの帰還を受け入れたものの、彼の支配下で苛立ちを募らせていた若い雄たちの態度は友好的ではなかった。 フォウドウコをしきりに群れから追い払おうとしたり、専門家にも理解できない奇妙な叫び声をあげて襲いかかったりしていた。 そして事件は起こった 2013年6月15日の夜明け前、プルエッツ氏と助手のミシェル・サディアコー氏は、寝泊まりしていたキャンプ地から1キロと離れていない場所で、騒がしい音がするのを耳にした。 チンパンジーたちが何かをわめきながら、南へ向かって走っていく。 マラリアにかかって寝込んでいたプルエッツ氏の代わりに、サディアコー氏がチンパンジーの後を追った。 目の前の光景に、サディアコー氏は愕然とした。 推定17歳のフォウドウコが、死体となって転がっていたのだ。 その手には無数のかみ傷やひっかき傷があった。 2頭のチンパンジーがフォウドウコの両手を押さえつけて、ほかのチンパンジーたちがその頭や腹を殴打したのだろう。 足にぱっくりと開いた大きな傷口は、おそらく食いちぎられたもので、皮膚の大部分がさけて大量の失血があったことを示している。 日が昇ってプルエッツ氏も現場へ向かうと、チンパンジーたちはよってたかってフォウドウコの体をいじりまわし、喉や性器をかみ切って食べていた。 (参考記事: ).

次の