ビック ベイト ライン。 バス釣りでのラインの種類と太さの選び方

ワタシはPEラインさえあればいいです

ビック ベイト ライン

撮影:TSURI HACK編集部 サイズによるアピール力で魚を引き出したり、大きなベイトをイミテートするときに有効なルアーです。 ビッグサイズのルアーなので、当然釣れてくる魚も大きいことがほとんど。 また衝撃的なバイトもビッグベイトの釣りでは多く、一度味わうと病みつきになってしまいますヨ! 150〜200mmサイズ(リップ付き) 標準的なビッグベイトのサイズがこの150〜180mmサイズです。 専用タックルでなくても少し強めのタックルから投げることも可能なので、入門者にもオススメのサイズと言えます。 リップ付きのメリットは抵抗を感じる事が出来て、移動距離を抑える事が可能という点です。 DRT タイニークラッシュ 多面体ボディでフラッシング効果も高く、クラス最大の集魚効果を誇ります。 リップとテールが交換可能。 オプションパーツを組み替えることによって様々なセッティングに対応できることがタイニークラッシュ最大の強みです。 表層から深場まで幅広いレンジを攻めることが出来ます。 筆者もロクマルをはじめ、多くのビッグバスをタイニークラッシュで釣り上げています。 ソフトシェルのボディで独特なソフト音とベイトフィッシュに近い質感でビッグベイトの高アピール力とソフトルアー近いリアルさの2つを併せ持ったビッグベイトです。 私はソフト素材独特な着水音を活かしサーチベイトとして使用しています。 基本はスローリトリーブで微弱な引き波を立てながら水面を引いてきます。 弱って水面をふらついているベイトフィッシュを演出しストップ&ゴーなどのアクションも加え使用しています。 出典: ファットラボ ネコソギDSR 冬のデッドスローゲームを筆頭に、移動距離を抑えたアクションが得意なビッグベイトです。 リップが大きいので障害物の回避能力も高く、通常のビッグベイトでは攻められないような場所も臆することなく通すことが出来ます。 150〜200mmサイズ(リップなし) 標準的なビッグベイトのサイズがこの150〜180mmサイズです。 専用タックルでなくても少し強めのタックルから投げることも可能なので、入門者にもオススメのサイズと言えます。 リップなしにはS字形やウネウネと艶めかしく動くものが多く、抵抗がないのでスピードのある動きが得意と言えます。 ジャッカル ガンタレル ブルーギル系のフォルムが特徴的なガンタレル。 長さこそ160mmですが、高さがあるのでボリューム感はレングス以上です。 ラインを結ぶアイはスイベルとなっており、スローに見せるアクションでもストレスなく扱えるのも大きなメリットです。 筆者の経験上、関東のレイクで最も活躍するビッグベイトの1つです。 アイスライド185はS字がキレッキレにできるビックベイトだと思っています! 野池で他のルアーに反応しなかったバスも興味を持ち食ってくる集魚力の強いルアーだと思います! 出典: 200mm〜サイズ(リップ付き) 200mmを超えるビッグベイトになってくると重さは3ozを超えてくるものが殆どです。 リップ付きになると抵抗も大きくなってくるので専用タックルが必要になってきます。 強波動で集魚効果も抜群です。 DRT クラッシュ9 社会現象にまでなった大人気ビッグベイトです。 オプションパーツによって様々なシチュエーションに対応できるという点が優れています。 シャローからミドルレンジまで1つのボディでカバーできる便利なビッグベイトです。 小さいバスでも釣れてしまうのがクラッシュ9の凄いところ。 集魚力も高いです。 通常リトリーブではゆるやかなS字アクションで無警戒なベイトを演出し、ロッドを大きく煽るとビックリして水面に飛び出すボラやハスのようにも見えます。 スローシンキングのでさらにバスに警戒心を与えにくい無駄な音を排除したぷにっとしたソフトシェルボディのルアーなので、一度ボトムまで静かにゆっくり沈めて、それにバスが興味をしめしたら一気にしゃくりあげる通称「バビューン」と呼ばれるメソッドがとてもやりやすいです。 お値段もこの手のジャイアントベイトとしては比較的お手頃な8000円という値段設定で良心的かと思います。 エバーグリーン ティンバーフラッシュ ウッド製の強波動系ビッグベイト。 ビッグベイトブーム全盛期に圧倒的な人気を誇ったルアーです。 今もなおデカバスに対して高い効果を発揮する色褪せない名作ルアーです。 通常リトリーブではゆるやかなS字アクションで無警戒なベイトを演出し、ロッドを大きく煽るとビックリして水面に飛び出すボラやハスのようにも見えます。 スローシンキングのでさらにバスに警戒心を与えにくい無駄な音を排除したぷにっとしたソフトシェルボディのルアーなので、一度ボトムまで静かにゆっくり沈めて、それにバスが興味をしめしたら一気にしゃくりあげる通称「バビューン」と呼ばれるメソッドがとてもやりやすいです。 お値段もこの手のジャイアントベイトとしては比較的お手頃な8000円という値段設定で良心的かと思います。 ド級のマグナムサイズS字系ルアーです。 それでいてロッドアクションにも機敏に反応。 圧倒的集魚力で魚を寄せながらも小技で口を使わせる事ができるのがスライドスイマー250の凄いところです。 ジャッカル ダウズスイマー220 人気プロの秦拓馬氏がプロデュースしたのがこのダウズスイマー220SF。 アクションを加えた時に動きが破断したり、飛び出したりする事なく、綺麗なダートアクションを演出できるのがこのルアーの最大の特徴です。 3連ボディーなのでアクションが強いのかと想像するかもしれませんがリップレス系のビッグベイトはジョイント箇所が2ヵ所になることで動きはナチュラルになります。 このルアーは他のビックベイトに比べて軽いジャークでキレがあるダートアクションを出すことができます。 ただ左右にダートさせようとするとたまに下方向に飛んでしまう事があるのが少し不満な点です。 タックルですがウエイトが3. 6ozもあるのでXHクラスのロッドでも厳しいです。 XXHクラスの強靭なロッドが必要かと思います。 出典: ジャッカル ギガンタレル ガンタレルのサイズアップバージョンがこのギガンタレルです。 サイズが上がる事で従来のサイズでは反応しなかったモンスターバスにも口を使わせる事ができます。 ブルーギルだけでなく、フナなどのベイトを捕食しているバスにも有効です。 ビッグベイトの釣りを楽しもう! 初めはその大きさに抵抗があるかもしれません。 それでも使い続けるとビッグベイトは他のルアーでは味わえないような興奮を必ず与えてくれます。 また、ビッグベイトでしか釣れない魚がいることにも気がつくでしょう。 お気に入りのビッグベイトを相棒にフィールドへ出かけてみてはいかがでしょうか? ライタープロフィール Always had high hopes. 2019:5100g 2020:5110g 2008:4800g 2019:4600g — ビックリマン高田雄介 bikkurimantkd 海外釣行ツアーChillTrip所属のプロガイドであり、Transcendenceのロッドデザイナー。 年間釣行日数は300日ほど。 GTから近所の小魚まで淡水海水問わずになんでも釣ります。 国内での釣行はバスフィッシングがメイン。 関東在住ながら琵琶湖のモンスターバスフィッシングが得意分野です。 ライター関連記事.

次の

ビッグベイトに使うライン!最適なライン選びとおすすめが分かる!

ビック ベイト ライン

今回は「シーバスベイトタックルのラインの選択について」をお送りします。 シーバスラボセカンドではベイトタックルはすっかりおなじみですが、使いこなすまでに悩んだのがラインの選択です。 今回はラインごとの特徴やメリットをお送りします。 シーバスベイトリールで使えるラインの選択肢は3つある ナイロン、フロロ、PEの3つから選ぶことになります。 ナイロンフロロは直結でPEはリーダーが必要になります。 この3つから選んでいくことになりますが、ラインごとに特徴があるので先に紹介しておきます。 ナイロン 3号以上推奨で主な特徴は安価、伸びがある、水に浮くなどがあります。 伸びが凄くシーバスをかけてもかなり安定感があり、そこそこ根ずれにも強いという特徴があります。 デメリットとして水を吸うので劣化が速く釣行毎にラインを巻き替える必要があります。 フロロ 3号以上推奨で主な特徴はやや高価、伸びが少ない、水に沈む、根ずれにかなり強いなどがあります。 根ずれに強くやや伸びるのでシーバスを掛けてからの安定感は半端ではなく絶対取り込めるだろうと錯覚してしまうほどです。 デメリットは糸癖がつきやすくやや高価なので金銭的にやや高いというのがあります。 PE 2号程度推奨で主な特徴は高価である、伸びがないので感度が良い、水に浮く、劣化しないので痛まない限りは交換する必要がないなどです。 デメリットはリーダーを結束する必要がありその分弱くなってしまうのでもしバックラッシュしたら高切れしてしまう場合があるというのがあります。 素材ごとにかなり特性が変わるのでその辺を理解してある程度使い込まないとどれが自分に合っているのか分かりにくく非常に困ります。 なので 迷った際は一度どれも巻いてみて試す方が絶対良いです。 細いPEラインとベイトタックルの相性は最悪 スピニングで使う PE08などの細いラインとベイトタックルの相性は最高に最悪です。 理由はベイトタックルのパワーが封殺されてしまう事で仮に一号を巻いたとしてもリーダーを結ぶといけないのでその分引っ張り強度が落ちます。 リーダーに結束した時点で8割減となる さらに一号程度だとシーバスを掛けた状態で根に擦れると簡単に切れてしまいます。 ベイトは指ドラグを使わない限り備え付けのドラグは非常に性能が悪くシーバスをいなしずらいのでごり押しで巻くというのが基本です。 こうなると ベイトのパワフルなファイトができなくなってしまうのでメリットがなくなります。 さらにどうしても細いPEを巻いたスピニングには飛距離で勝てないのでだったらスピニングタックルの方が良いという結論になります。 あとバックラッシュするとほぼラインが食い込んで切れるのでキャストを気にしながらやらないといけないですし根がかりしても無理やり外せる可能性も低くなりますのでさらに性能が落ちます。 PEラインがバックラッシュして高切れする仕組み PEラインがバックラッシュするとスプールにラインが食い込んでルアーに急ブレーキがかかります。 こうなると細いPEラインだと負荷に耐えれないのでその部分が切れてルアーが高切れしてしまいます。 他にもPEラインを使用する際はリーダーがほぼ必須なのでその部分も負荷に耐えれずに切れてしまいます。 PEラインを使いたい場合はコーティング系か太いラインを使用してみる PEラインは感度が良いため慣れているとある種の依存症?になってしまいます。 どうしても PEラインを使いたい場合はコーティング系がされたPEラインを使用するとバックラッシュした時の高切れが減るのでおススメです。 コーティング系とは表面にナイロン加工がされたもので通常のPEに比べてコシが出てややモノフィラのラインに近くなります。 しかし、使ううちにガイドで加工部分がはがれてきたりする場合もあるので交換頻度はやや高くなってしまいます。 上でも書いた通り細いPEラインの使用が最悪なだけであり 太めの2~3号程度ならバックラッシュした時にライン自体が強いので高切れを起こすことは少なくなります。 ベイトリールはPEラインにしても飛距離は変わらない スピニングでは08や1号などの細いラインを使えるのでその分ガイドの抵抗などによって飛距離がモノフィラのラインに比べて大きく出ますが、 ベイトリールは構造上スプールが回るかどうかなので細いラインを使えば飛距離が大きく出るというわけではありません。 特にベイトはロッドをしならせて反発力を出して飛ばせるかどうかが重要なのである程度力がいります。 力を込めればその分スプールの過回転によってバックラッシュが起こってしまうという矛盾がありそのバックラッシュが致命的なライントラブルを起こすPEラインはかなり相性が悪いです。 セッティングやキャストがかなり高次元でまとまっている場合は多少伸びるかもしれませんがやはりそれでも数m程度なのでPEに固執しすぎるのは良くないといえます。 ナイロン4号以上が一番楽でよい ライン関係の手間がほぼなくなるのでナイロン4号以上直結が一番楽で使いやすいです。 メリットとして・・・• 根ズレにも結構強い• 伸びるのでドラグの役目をラインがしてくれるのでバラしにくくなる• キンクしたら即スナップから結べるので楽• 現場でラインが痛みすぎた場合予備のボビンを用意しておけばすぐ巻き直せる• 根がかりしても無理やり引っ張ってはがせる こういったメリットがかなり気に入っています。 スタイル別のラインセットやタックルについて シーバスは釣るスタイルが分かれるので参考までにタックルのセットやラインセットなどを紹介します。 河口でミノーやシンペンを使う場合 そこそこの規模の河口でサイズが12cm程度のミノー、20g程度のシンペンを使う場合のセッティングです。 ロッド 8ft台~9ft台 ミディアムレギュラーML ライン PE2号 フロロ3,5号 ナイロン4号 こちらはフロロ3号直結でロッドはMLでの釣果ですね。 ドリペン110はウェイトが24gでベイトタックルでも扱いやすいです。 汎用性のあるタックルセッティングですがやや重いルアーや大きいルアーを使う事によってシーバス自体のサイズも上がるのでベイトとちょうど良いです。 フロロ3号だと70~80ぐらいのパワーでは絶対切れないので安心です。 ベイトタックルでできる釣り方はこのぐらいです。 サーフや大規模河口だと飛距離の問題上スピニングを使った方が絶対に良いのでシーバスが居る距離などに応じてベイトを導入するかどうかを決めるのが得策と言えます。 シーバスベイトタックルのラインQ&A• バックラッシュして高切れするけどどうしてもPEを使いたい! 正直あまりおススメではないですね。 ナイロン4号かフロロ3号の直結で十分釣りができるのでもう諦めてモノフィラ直結にしてください。 ラインはあくまで道具なので悩んでも時間の無駄です。 あと伸びがないので90アップとかメーター級を掛けてドラグフルロックでやり取りすると安物リールだと最悪スプールがつぶれたり、ドラグ近辺が故障するかもしれません。 特にドラグがその場で故障するとギアがかみ合わなくなってラインがギャーッと放出されます。 とにかく相性が悪いのでやめとけというのが率直な意見ですね。 ナイロンやフロロの値段は気にするべき? 全く気にしなくて大丈夫ですね。 とりあえず4号以上の太さなら安物でも絶対切れません。 もちろん キンクしていないか確認済み、ちゃんとまき直ししているかを前提としていますが。 どれぐらいラインを巻けばいい? 60m以上巻いとけば十分できますね。 ビッグベイトだと40mぐらい巻いとけば何とかなります。 下巻きはPEがおススメです。 あともしもの大バックラッシュに備えて替えのボビンは車やバイクに突っ込んでおきましょう。 トラブルがあってもすぐに巻き替える事ができます。 ナイロン、フロロ、PEの飛距離の違いは? ほとんどない、一緒ですね。 しかし、 投げやすさはかなり違うのでお好みで選ぶといいでしょう。 個人的に好きなのはナイロンですね。 フロロはキャストした時にちょっと重いな~って感じが結構するのであまり好きではありません。 ナイロンとフロロどっちがいいの? お好みの範囲なのですが、個人的にフロロはあまり好きではないですね。 フロロ特有のラインが沈む感じがちょっと苦手で特に河口でビッグベイトをドリフトさせた時にちょっと沈み過ぎてボトムにガリガリとなるのがドキッとして嫌なので私はもっぱらナイロン派ですね。 水に浮くので好み しかし、フロロは尋常でなく強いのでやっぱり取り込み率とかラインブレイクさせたくないって方は絶対フロロ5号程度の方が安心です。 一番楽なのでナイロンかフロロ直結ででかいルアーを使う事なので釣り方に応じてラインセットを見直してみる。

次の

デッドスローは釣れる!冬のビッグベイトを使ったデッドスロー講座

ビック ベイト ライン

今回は「シーバスベイトタックルのラインの選択について」をお送りします。 シーバスラボセカンドではベイトタックルはすっかりおなじみですが、使いこなすまでに悩んだのがラインの選択です。 今回はラインごとの特徴やメリットをお送りします。 シーバスベイトリールで使えるラインの選択肢は3つある ナイロン、フロロ、PEの3つから選ぶことになります。 ナイロンフロロは直結でPEはリーダーが必要になります。 この3つから選んでいくことになりますが、ラインごとに特徴があるので先に紹介しておきます。 ナイロン 3号以上推奨で主な特徴は安価、伸びがある、水に浮くなどがあります。 伸びが凄くシーバスをかけてもかなり安定感があり、そこそこ根ずれにも強いという特徴があります。 デメリットとして水を吸うので劣化が速く釣行毎にラインを巻き替える必要があります。 フロロ 3号以上推奨で主な特徴はやや高価、伸びが少ない、水に沈む、根ずれにかなり強いなどがあります。 根ずれに強くやや伸びるのでシーバスを掛けてからの安定感は半端ではなく絶対取り込めるだろうと錯覚してしまうほどです。 デメリットは糸癖がつきやすくやや高価なので金銭的にやや高いというのがあります。 PE 2号程度推奨で主な特徴は高価である、伸びがないので感度が良い、水に浮く、劣化しないので痛まない限りは交換する必要がないなどです。 デメリットはリーダーを結束する必要がありその分弱くなってしまうのでもしバックラッシュしたら高切れしてしまう場合があるというのがあります。 素材ごとにかなり特性が変わるのでその辺を理解してある程度使い込まないとどれが自分に合っているのか分かりにくく非常に困ります。 なので 迷った際は一度どれも巻いてみて試す方が絶対良いです。 細いPEラインとベイトタックルの相性は最悪 スピニングで使う PE08などの細いラインとベイトタックルの相性は最高に最悪です。 理由はベイトタックルのパワーが封殺されてしまう事で仮に一号を巻いたとしてもリーダーを結ぶといけないのでその分引っ張り強度が落ちます。 リーダーに結束した時点で8割減となる さらに一号程度だとシーバスを掛けた状態で根に擦れると簡単に切れてしまいます。 ベイトは指ドラグを使わない限り備え付けのドラグは非常に性能が悪くシーバスをいなしずらいのでごり押しで巻くというのが基本です。 こうなると ベイトのパワフルなファイトができなくなってしまうのでメリットがなくなります。 さらにどうしても細いPEを巻いたスピニングには飛距離で勝てないのでだったらスピニングタックルの方が良いという結論になります。 あとバックラッシュするとほぼラインが食い込んで切れるのでキャストを気にしながらやらないといけないですし根がかりしても無理やり外せる可能性も低くなりますのでさらに性能が落ちます。 PEラインがバックラッシュして高切れする仕組み PEラインがバックラッシュするとスプールにラインが食い込んでルアーに急ブレーキがかかります。 こうなると細いPEラインだと負荷に耐えれないのでその部分が切れてルアーが高切れしてしまいます。 他にもPEラインを使用する際はリーダーがほぼ必須なのでその部分も負荷に耐えれずに切れてしまいます。 PEラインを使いたい場合はコーティング系か太いラインを使用してみる PEラインは感度が良いため慣れているとある種の依存症?になってしまいます。 どうしても PEラインを使いたい場合はコーティング系がされたPEラインを使用するとバックラッシュした時の高切れが減るのでおススメです。 コーティング系とは表面にナイロン加工がされたもので通常のPEに比べてコシが出てややモノフィラのラインに近くなります。 しかし、使ううちにガイドで加工部分がはがれてきたりする場合もあるので交換頻度はやや高くなってしまいます。 上でも書いた通り細いPEラインの使用が最悪なだけであり 太めの2~3号程度ならバックラッシュした時にライン自体が強いので高切れを起こすことは少なくなります。 ベイトリールはPEラインにしても飛距離は変わらない スピニングでは08や1号などの細いラインを使えるのでその分ガイドの抵抗などによって飛距離がモノフィラのラインに比べて大きく出ますが、 ベイトリールは構造上スプールが回るかどうかなので細いラインを使えば飛距離が大きく出るというわけではありません。 特にベイトはロッドをしならせて反発力を出して飛ばせるかどうかが重要なのである程度力がいります。 力を込めればその分スプールの過回転によってバックラッシュが起こってしまうという矛盾がありそのバックラッシュが致命的なライントラブルを起こすPEラインはかなり相性が悪いです。 セッティングやキャストがかなり高次元でまとまっている場合は多少伸びるかもしれませんがやはりそれでも数m程度なのでPEに固執しすぎるのは良くないといえます。 ナイロン4号以上が一番楽でよい ライン関係の手間がほぼなくなるのでナイロン4号以上直結が一番楽で使いやすいです。 メリットとして・・・• 根ズレにも結構強い• 伸びるのでドラグの役目をラインがしてくれるのでバラしにくくなる• キンクしたら即スナップから結べるので楽• 現場でラインが痛みすぎた場合予備のボビンを用意しておけばすぐ巻き直せる• 根がかりしても無理やり引っ張ってはがせる こういったメリットがかなり気に入っています。 スタイル別のラインセットやタックルについて シーバスは釣るスタイルが分かれるので参考までにタックルのセットやラインセットなどを紹介します。 河口でミノーやシンペンを使う場合 そこそこの規模の河口でサイズが12cm程度のミノー、20g程度のシンペンを使う場合のセッティングです。 ロッド 8ft台~9ft台 ミディアムレギュラーML ライン PE2号 フロロ3,5号 ナイロン4号 こちらはフロロ3号直結でロッドはMLでの釣果ですね。 ドリペン110はウェイトが24gでベイトタックルでも扱いやすいです。 汎用性のあるタックルセッティングですがやや重いルアーや大きいルアーを使う事によってシーバス自体のサイズも上がるのでベイトとちょうど良いです。 フロロ3号だと70~80ぐらいのパワーでは絶対切れないので安心です。 ベイトタックルでできる釣り方はこのぐらいです。 サーフや大規模河口だと飛距離の問題上スピニングを使った方が絶対に良いのでシーバスが居る距離などに応じてベイトを導入するかどうかを決めるのが得策と言えます。 シーバスベイトタックルのラインQ&A• バックラッシュして高切れするけどどうしてもPEを使いたい! 正直あまりおススメではないですね。 ナイロン4号かフロロ3号の直結で十分釣りができるのでもう諦めてモノフィラ直結にしてください。 ラインはあくまで道具なので悩んでも時間の無駄です。 あと伸びがないので90アップとかメーター級を掛けてドラグフルロックでやり取りすると安物リールだと最悪スプールがつぶれたり、ドラグ近辺が故障するかもしれません。 特にドラグがその場で故障するとギアがかみ合わなくなってラインがギャーッと放出されます。 とにかく相性が悪いのでやめとけというのが率直な意見ですね。 ナイロンやフロロの値段は気にするべき? 全く気にしなくて大丈夫ですね。 とりあえず4号以上の太さなら安物でも絶対切れません。 もちろん キンクしていないか確認済み、ちゃんとまき直ししているかを前提としていますが。 どれぐらいラインを巻けばいい? 60m以上巻いとけば十分できますね。 ビッグベイトだと40mぐらい巻いとけば何とかなります。 下巻きはPEがおススメです。 あともしもの大バックラッシュに備えて替えのボビンは車やバイクに突っ込んでおきましょう。 トラブルがあってもすぐに巻き替える事ができます。 ナイロン、フロロ、PEの飛距離の違いは? ほとんどない、一緒ですね。 しかし、 投げやすさはかなり違うのでお好みで選ぶといいでしょう。 個人的に好きなのはナイロンですね。 フロロはキャストした時にちょっと重いな~って感じが結構するのであまり好きではありません。 ナイロンとフロロどっちがいいの? お好みの範囲なのですが、個人的にフロロはあまり好きではないですね。 フロロ特有のラインが沈む感じがちょっと苦手で特に河口でビッグベイトをドリフトさせた時にちょっと沈み過ぎてボトムにガリガリとなるのがドキッとして嫌なので私はもっぱらナイロン派ですね。 水に浮くので好み しかし、フロロは尋常でなく強いのでやっぱり取り込み率とかラインブレイクさせたくないって方は絶対フロロ5号程度の方が安心です。 一番楽なのでナイロンかフロロ直結ででかいルアーを使う事なので釣り方に応じてラインセットを見直してみる。

次の