涙 が 溢れ て 止まら ない。 涙が止まらないほど悲しい時の8個の対処法

「本当の理由に一同驚愕!涙が止まらない」の元ネタ・初出は?

涙 が 溢れ て 止まら ない

悲しくもないのに涙が止まらない、という症状があります。 そんな時は 目の病気かもしれません。 涙が止まらない時の原因にはどのようなものがあるのでしょうか。 涙が流れる仕組み 涙は、まぶたの上にある涙腺というところで作られます。 涙は感情が高ぶった時だけに流れるのではなく、 まばたきをした時などに常時新しい涙が涙腺で作られ、 目を保護したり異物を洗い流したり、 乾燥を防いだり、 酸素や栄養を運んだりしているのです。 この涙腺で分泌された涙は、目頭にある涙点というところを通って涙小管、涙嚢、鼻涙管を通り、鼻に流れていきます。 泣いている時に鼻水が出るのはこのためです。 涙が止まらないという症状は、この 涙の通り道のどこかに異常がある可能性が考えられるのです。 分泌性流涙 涙が止まらないという症状のうち、 目の表面の刺激などによって涙が過剰に分泌されるものを 分泌性流涙と呼びます。 これは、 アレルギー性結膜炎や ドライアイ、異物による刺激、目の炎症などを患っている際に起こる症状です。 アレルギー性結膜炎では結膜の炎症による刺激が涙を分泌させます。 ドライアイは目が乾燥して目の 表面に涙の膜を作る事が出来ない状態ですが、この時に風などの刺激を受けると涙が止まらなくなるのです。 これらの他に、逆まつげで目に刺激がある場合や角膜炎でも涙が止まらなくなる場合があります。 分泌性流涙の治療方法 治療法は、原因によって異なります。 結膜炎などの目の炎症が原因の分泌性流涙の場合は、炎症を抑える抗菌薬を点眼します。 また、花粉症などのアレルギーが原因で涙が止まらない場合は、抗アレルギー薬を点眼して症状を緩和させます。 三叉神経反射弓を遮断する事で涙の分泌を止めるラクリミン点眼液という目薬を使う場合もあります。 結膜炎やアレルギーといった原因が分かっている場合は、その原因を取り除く事で流涙を止める事が期待されます。 1日数回の点眼で治療が可能ですから、負担も少なくて済むんです。 ただ、薬にアレルギー反応がある人は注意が必要です。 場合によっては副作用が起こる場合もあります。 逆さまつ毛には、まつ毛が内向きに生えているために眼球を傷付けてしまう睫毛乱生と、まぶたの皮膚が内側に捲れているために起きる眼瞼内反症というものがあります。 睫毛乱生の場合は目薬で炎症を抑えたり、ピューラーでまつ毛を角膜に触れないようにするなどの方法を取りますが、重度の場合はまつ毛の毛根を焼いたり、メスを使って手術をしたりします。 眼瞼内反症の場合は、定期的にまつ毛を抜くという方法もありますが、まつ毛が生えてくれば再発してしまいますし、まつ毛自体が太くなってしまう可能性もあります。 症状が改善されなければ下まぶたを支える筋肉を補強するなどの手術を行います。 逆さまつ毛の治療に関しては、上まぶたの治療を受ける場合は保険が適用されますが、下まぶたの治療を受ける際は保険が適用されないのでお医者さんにしっかり確認しましょう。 導涙性流涙 涙は通常であれば涙の通り道を通って鼻に流れていくのですが、 その通り道が詰まっていると涙が鼻に流れずに目からあふれ出してしまいます。 これが 導涙性流涙です。 涙の排水管である涙道が何らかの理由によって詰まってしまう事が原因で起こります。 具体的には、鼻涙管閉塞や眼瞼下垂、顔面神経麻痺などがあります。 通り道が詰まっている場所によって、涙小管閉塞や鼻涙管閉塞といった呼ばれ方をします。 導涙性流涙の治療方法 導涙性流涙の検査には様々なものがあり、涙点から細い管を挿入して生理食塩水を流し込んでそれが鼻の方に流れ込むかを確認する涙道通水検査や、涙道に内視鏡を挿入する内視鏡検査、バリウムを涙道に流し込んでエックス線を照射するエックス線造影検査などがあります。 導涙性流涙の治療は手術によって行われ、既存の涙道の詰まりを取って再び開通させるか、新しい涙道を作る手術を行います。 ただ、治療法によっては再発の可能性もあります。 結膜弛緩症 また、 高齢者に起こる症状として 結膜弛緩症というものがあります。 結膜とは白目の部分の事で、適度な緩みがあるため眼球運動に耐えられるようになっているんですが、この緩みが通常よりも強い状態が結膜弛緩症なんです。 緩んだ結膜は下まぶたに沿っており、ひどい時には黒目に乗り上がっている場合もあります。 原因は良く分かっていませんが、加齢に伴って増加する傾向があります。 堤防のように下まぶたにまで盛り上がってしまう事で涙点を塞いで涙を堰き止めてしまうので、目の中に涙が溜まってあふれ出るのです。 緩んだ結膜が無駄に動くため、異物感を生じますし、弛緩結膜がひだを生じ、そこに涙が溜まるために涙が止まらなくなるんです。 いつまでも涙が止まらない、という場合はこちらの導涙性流涙の可能性が高いでしょう。 また、弛緩結膜がよく動くために結膜の毛細血管を引っ張り、結膜下出血の原因にもなります。 結膜弛緩症の治療方法 治療は手術で行う事が多く、弛緩結膜を切除する事で行います。 こう聞くと怖い手術のように思えるかもしれませんが、眼球の中を触るわけではないのでそれほど難しいものではなく、局所麻酔で15分程度の手術で終わります。 弛緩結膜を切除した後に糸で縫合するため、異物感はありますが一週間ほどでよくなるようです。 手術後には充血もありますが、それも一週間ほどで消えます。 傷跡もほとんど残りませんし、再発もほとんどありませんから、結膜弛緩症は手術で治癒する事が可能な病気だと言えるんです。

次の

涙が止まらない孤独な夜に ― 泣きたい気持ち、傷ついた心の癒し方

涙 が 溢れ て 止まら ない

涙が溢れて止まらなくなって仕事や職場に行くのが辛い 仕事や通勤中、ある日突然涙が溢れて止まらなくなった。 でもそれは仕事や職場に対して、 あなたのストレス耐性が限界にきているシグナルなのです。 私自身、ある日突然 通勤中に涙が溢れて止まらなくなりました。 色々なことが渦巻き、振り返ってみるとあの日の私は 今まで職場で受けていた嫌がらせからくるストレスで思考回路がショートしてしまったのかもしれません。 もしこのように涙が溢れて止まらないのであれば、 あなたも私と同じように今の状況に限界が近いのかもしれません。 でも大丈夫です。 職場や仕事が辛いと感じて、周りに分からないように静かに一人泣いている人はあなただけではないのです。 もちろん私もそうでした。 でも、まだあなたは私のように壊れる前に対処することができます。 まずはここまで努力したあなた自身を認めてあげましょう。 そして今からできる対処法から出来ることをしてみましょう。 涙が溢れて止まらない原因とは?仕事や職場が関係している? 毎日泣くほど仕事や職場が辛い状況を放置していると、特に何か悲しいことや辛いことがあったわけでもないのに突然と涙が出て止まらなくなります。 なぜある日突然、涙が溢れ出てとまらなくなるのでしょうか。 それは簡単にまとめてしまうと ストレスです。 きっとあなたは、心身ともにとても疲れているのではないでしょうか。 毎日毎日続く長時間残業、職場では責任の負荷が高い業務で神経は削られ、パワハラやセクハラをなりふり構わずしてくる上司。 そんな 職場環境で心が疲れたり、イライラする気持ちが溜まっているのです。 体力の疲労というのは質の高い睡眠をとることで、ある程度回復させることが出来ます。 しかし、 心の疲れは心を休めない限りどんどんとストレスとして溜まってしまいます。 このように心身ともに疲労が溜まってしまい、泣くほど仕事が辛いと感じてしまい涙が溢れ出てくるのです。 ときには思い切って、仕事をお休みしてみましょう。 また女性の場合は、ホルモンバランスの影響で情緒不安定になりやすい時期もあります。 その時期はどうしても気分の浮き沈みがあることもあるのを知っておきましょう。 日頃から自分の体調管理にも気をつけて、コントロールすることも必要です。 ただどのような状況にしても涙が溢れて止まらない時は、心が限界にきていると認識し、自分自身を労わるようにしましょう。 涙が溢れて止まらない程の仕事や職場ストレスはあなたの身体を壊す 普通に過ごしているだけでもちょっとしたストレスを受ける世の中ですが、職場や仕事で受けるストレスと言うのは 心に直接負荷のかかるストレスが多いです。 そのようなストレスがどんどん蓄積されていき、結果として 自律神経失調症やうつ病になる場合があります。 私自身も職場で長期間に渡る嫌がらせを受け、うつ病と診断されました。 毎日、眠れない日々が続き、まともな睡眠がとれず…。 悪夢にうなされたり、眠ろうと思ってもまた仕事のことを考えて涙が止まらなくなり眠れなくなったりしました。 自律神経失調症や抑うつという症状は色々と人によって症状の出方が違うようですが、 心に負荷がかかり過ぎると心だけで許容できず身体に症状がでてきます。 おかしいな?と思ったら、まずは専門の病院に行くことをおすすめします。 例えば大きな仕事を失敗してしまい涙が溢れて止まらないというような、その時だけの涙ならそこまで深刻ではないかもしれません。 ですが 泣くほど仕事が辛い、職場に行くのが辛いという日が何日も続くのであれば、それはうつ病になりかけている可能性があります。 その結果、病院に行くころには医師に症状を少し話しただけですぐに うつ病と診断されました。 うつ病は簡単に解説すると脳の病気で、心が壊れてしまっていますという叫びが身体からサインとして出ているのです。 感情を自分でコンロトールすることが不能となり、毎日気付くと勝手に涙が出て止まらなくなるのです。 ただここで自分の状況に気づければ、うつ病一歩手前や軽度のうつ病という状態で深刻なうつ病にならずに済む可能性が高いです。 うつ病はなってしまうと、もう自分で治すことができるものではありません。 まずは病院に行ってしっかりと処置してもらい、 休養を取ることが大切です。 涙が溢れて止まらない原因が仕事や職場と分かった時の対処法は? 涙の原因はストレスなので症状を少しでも軽減するには、まずは 仕事や職場の何にストレスがあるのか、そしてそれをどのようにすれば解決していけそうなのか? ということを考えなければなりません。 しかし毎日のように涙が溢れて悩んでいる状況で、ちゃんとした分析が出来るとは思えません。 まずはゆっくりと、ひとつずつ紐を解いていく必要があるでしょう。 個人的におすすめするのは紙に書き出してみることです。 紙に書き出すことで実際に感じるストレスの原因を、 悩み別で誰からストレスを受けているのかということを整理することができます。 そのため書き出す時のポイントは、 今あなたが辛いと感じることを中心にどのような状況だとストレスを感じやすいのかというのを具体的にすることです。 具体的な状況を洗い出すことで、より的確な解決を目指すことが出来ます。 涙が溢れて止まらない原因を洗いだした状況に対して改善策を考える 涙が溢れるほど辛い仕事や職場の原因が分かったら、 改善できそうなことをどんどん書き出してみましょう。 まずは一人でできそうなこと、少し周りの助けが必要なことと順序立てて改善を書き出すとより考えやすいです。 実際に私が嫌がらせにあっていた時に書き出したことの例をご紹介します。 【職場が辛い原因1】毎日朝礼でひとり理不尽な叱責を受ける 毎朝、部内、課内に分かれて朝礼がありました。 基本的には管理職から課内への伝達事項を伝える時間というようなものです。 しかし私は毎日ひとり、 を受けていました。 まずは毎日この朝礼の叱責がなければ、会社に行くことが少し楽になると思い対策を考えました。 毎日朝礼時間に外出や来客予定を入れ朝礼に極力参加しない(一人で可能)• 上司に相談し朝礼を週1にしてもらう(上司の助けが必要) 【職場が辛い原因2】休日に電話があり、すぐ対応するように出勤を強要される 休日出勤をしてまで対応する必要がないミスなのに、プライベート携帯に連絡があり 「今から出勤して対応しろ!」 と、 お局様から休日出勤を強要されていました。 タイプミスや計算ミス、そもそも私が担当していない仕事なのに理不尽に難癖をつけて、休日出勤させ、私のプライベートを潰そうとしていたようです。 休養がなんとかとれるからこそ、会社にも行けていたので 休日を守るための対策を考えました。 涙が溢ふれない対処法を考えたけど、仕事や職場で解決出来ない場合 自分で色々と対策を試してみて、 ストレスのない職場環境になるのが1番です。 しかし、 ストレスの原因が職場の悩み(長時間労働・人間関係・パワハラ)だと、あなたがいくら頑張っても簡単に解決できないことが多いのも事実です。 その場合、上司に相談するのが1番だとは思いますが、状況によっては上司がその原因だったり相談しづらい場合もあると思います。 その場合は社内の人事担当者に相談してみましょう。 また会社によっては産業医のカウンセリング、相談窓口などを置いているところもあるはずです。 ただそれでも改善が見込めない場合は、 残念ですがはっきり言ってその職場や人間に遅かれ早かれあなたは潰されてしまうでしょう。 ただ、そうだとすれば転職を考える良い時期です。 転職活動を行うというのは決して簡単なことではありません。 時間も労力も必要です。 しかし今の職場環境で強いストレスを感じながら、いつまで働けそうですか。 今の状況が変わらないと分かりつつ、いつまで耐えますか。 定年までとしてもあと30年はしっかりありますが元気にいきいきと働き続けられますか。 強いストレスを感じ続けると モチベーションも下がり、次第に自分自身の自信も失います。 また仕事も集中できず自分のスキルアップも出来ません。 最終的に 「私はなにをやってもダメな人間」という自己嫌悪を抱いてしまいます。 そうなると転職する気力も起きず、冷静な考え方も出来なくなってしまい 「役に立たない私は、ここで耐えて働いていくしかない」 という考え方に繋がってしまいます。 そしてその結果、 最悪の事態を引き起こす可能性も否定できません。 このような事態を防ぐためにも、 転職サイトにあらかじめ登録しておくのもあなたの身を守るために大切なことです。 世の中にはあなたの知らない、良い会社やたくさんの求人があります。 涙が溢れて止まらないほど仕事が辛い状態で無理をして、今の職場で頑張る必要は全くありません。 あなたのような素敵な存在を探している会社はたくさんあり、あなたにぴったりの会社も必ずあるということを忘れないでください。 私も勝手に発狂している人がいたり、ぶつぶつつぶやいている人がいたり…という怖いイメージでした。 しかし実際に利用した病院は、 とても綺麗で先生は女医さんだったのでとても話しやすかったです。 事前予約制で、待合室は自分の番の前後1人とすれ違うか違わないかというレベルで、プライバシーも守られている病院が多いです。 何をどう話して良いか分からないという人も多いかもしれませんが、そのあたりはプロの先生側が上手に聞いて下さるので心配なさらなくて大丈夫ですよ。 泣くほど仕事や職場が辛い、涙が溢れてとまらなくなるという気持ちをそのまま話してみましょう。 きっとあなたの力になってくれると思います。 涙が溢れて止まらないのは心の限界。 仕事や職場より自分を見つめて 泣くほど仕事や職場が辛くて、涙が溢れて止まらないことは恥ずかしいことではありません。 だからこそ、なぜそんなに涙が止まらないのか立ち止まって自分を見つめなおしてみましょう。 驚いたのは 今まで培った自分の経歴から、想像したよりも大手の会社や条件の良い会社の求人がたくさんありました。 また 絶対無理と諦めていた憧れの会社からスカウトのメールが届いた日もあります。 登録は簡単ですし、無料なので登録するだけでもいかがでしょうか。 あなたを必要としている会社はあなたが思う以上に、転職サイトで待っています。

次の

仕事が辛くて涙が止まらない…このままにしておくのは危険、限界が近いかも。|仕事ヤメジョ

涙 が 溢れ て 止まら ない

訳もなく涙が出てくる• 仕事のことを考えると涙が止まらなくなる このような状態のあなたは今とても辛い思いをしているのではないですか。 責任感が強くて頑張り屋のあなただから、涙が出てくることに戸惑っていたり、仕事に行きたくないのは甘えなんじゃないか?と思っているかもしれません。 はっきり言います。 甘えではありません。 あなたが想像している以上にストレスがたまっていて心が悲鳴を上げているのです。 私も経験があるのですが、情緒不安定な自分に戸惑ってしまう気持ちも分かります。 なんとかごまかしながら毎日仕事に行っている人もいるでしょう。 でもこの機会に自分のストレスと向き合ってほしいんです。 ストレスが蓄積されると涙が止まらなくなる・吐き気がするなど身体に異変が出てくる 涙が止まらなくなる原因は、 たまりにたまったストレス。 人間誰しもストレスを感じながら生きていますが、 本来なら休んだりリフレッシュしてたまったストレスを解消していくものなんです。 でも今のあなたは下記のような状況ではないですか?• 毎日があっという間に過ぎていって休む暇がない。 休日も仕事のことを考えてしまい気持ちが憂鬱。 このようにリフレッシュができていない状態ではストレスがどんどんたまっていってしまいます。 そのせいでストレスが蓄積され、涙が止まらなくなったり吐き気がしてくるなど身体に異変が出てきているのです。 限界をこえるとうつ病になってしまう危険性も ストレスが蓄積されて限界をむかえるとうつ病になってしまう可能性があります。 言うならば今のあなたはコップの水がギリギリまでそそがれた状態。 ちょっとしたきっかけで水が溢れてしまうぐらいギリギリな状況なんです。 何かのきっかけで水が溢れてしまい限界を迎えるのも時間の問題。 だからこのまま見ないふりして放っておかないでほしいんです。 実は、私の同僚も心の病が原因で涙が止まらなくなり「うつ病」の診断を受けました。 仕事にも行けなくなってしまい、 6ヶ月間休職。 家族や友人の支えがあり、復職することができましたが 今でも時々気持ちが落ち込んだりどうしようもなく無気力になることがあるそうです。 このように一度、限界を迎えてしまうと元に戻るのは時間がかかります。 あなたの異変はあなた自身にしか気付けません。 だからこそ、今出ているSOSのサインを見逃さないで欲しいんです。 仕事が辛くて涙が止まらないときの対処法6つ 涙が止まらない原因はストレス。 この章では涙が止まらないときにできる対処法 そして、ストレスを根本から解消するために考えて欲しいことを解説しています。 仕事中に泣きたくない!今すぐ涙を止める方法とは? 仕事中にふと涙が出てきたとき、周りの人に気づかれたくない!って思いますよね。 でも一度スイッチが入ってしまうと涙は止めどなく溢れます。 そんな時にとっさにできる涙を止める方法として有効なのは舌の先っぽを噛むこと。 この方法は黒柳徹子さんが悔し涙が出てきそうなときにやっていたことなんです。 とはいえその場しのぎで涙を抑えても、根本的な問題は解決していません。 仕事が辛くて涙が止まらない原因をしっかりと整理して改善策を考える必要があります。 辛い原因整理しよう まずは、あなたがなぜ涙が止まらなくなるほど仕事が辛いのか整理してみましょう。 仕事の内容が合わないのか• ミスをしてしまうのが辛いのか• 職場の人間関係が辛いのか• パワハラ・セクハラが横行しているのか• 通勤が嫌なのか など仕事が辛い原因は色々ありますよね。 辛いことを思い出すのはしんどいですが、涙が止まらない原因を知るにはハッキリさせる必要があります。 そして思いつくままにノートや手帳に書いてみると頭の中が整理されますよ。 改善できることがあるか考えてみよう ノートや手帳に仕事が辛い原因を書いたら次のステップに進みます。 その辛いことは今の職場で改善できることかどうなのか考えてみましょう。 例えば、ミスをしてしまうのが辛いのであれば経験を積んで学習することで改善できる可能性があります。 一方で人間関係やパワハラであれば、部署異動や職場を変えない限りは改善は難しいですよね。 このように「 自分の努力次第」で改善できることなのか?を基準に考えてみてください。 自分の行動を変えることはできますが、相手の性格を変えてコントロールすることはできません。 なのであなたの努力次第ではどうしようもないことなら• 部署異動の希望を出す• 少し休んで気持ちを整える• 転職して職場を変える など、今の環境を変えることを検討する必要があります。 少し休んでみるのもあり 環境を変えなきゃいけないのはわかったけど、今はそんな余裕がない…という場合は、少し休んでみましょう。 頑張り屋さんのあなたは、「他の人に迷惑かけるから仕事は休めない」と思っているかもしれません。 でも精神的に疲れて限界が近いあなたは、もうじゅうぶん頑張ってます。 の記事ではあなたが休んでいい理由・休むべき理由を解説しています。 あなたが疲れた、しんどいと思うときは仕事を休んでいいんです。 また、の記事では当日欠勤できる理由をいくつか挙げているので、ぜひ参考にしてくださいね。 病院に行ってみよう 1日休んだくらいじゃ何も変わらないというあなたは、かなり限界が近づいている可能性があります。 そのような場合は専門の医療機関(心療内科・メンタルクリニック)で相談してみるのも一つの方法です。 心療内科やメンタルクリニックというと敷居が高いイメージがあったり、「おおげさなんじゃないか」と思うかもしれません。 自分がうつ病と診断されるかもしれないと思うと尻込みしてしまう気持ちもわかります。 しかし、実際はうつ病になる前段階の人がそれ以上悪化しないために通ったり、改善していくために通院することも多いんです。 また、事前に電話やネットで予約ができる病院が増えているので、他の患者さんとも顔を合わせにくくなっています。 プライバシーが保たれるように仕切りがある病院もあるので、一度調べてみるのもいいかもしれません。 上記で述べたように、私の同僚は心の病にかかって心療内科に通っていました。 心療内科では状況に応じて診断書を出してもらうこともできますし、会社によっては診断書を提出することで休職という選択肢もあります。 心の病は一度かかってしまうと、元に戻るのに時間がかかります。 心療内科の先生はその道のプロ。 あなたの話をしっかり聞いてくれるので思いのまま話して大丈夫です。 なので仕事が辛くて涙が止まらないというあなたは、病院に行って話を聞いてもらうことも検討してみてくださいね。 転職という選択肢も視野にいれよう 仕事が辛くて涙が止まらない場合は、思い切って職場を変えてみるという方法もあります。 つまり 転職です。 とはいえ「そんな簡単に転職なんてできないよ…。 」と思いますよね。 確かに転職するのには勇気がいりますし、簡単に決断できることではありません。 でも辛い状況だからこそ 転職という選択肢を増やしておいて欲しいんです。 なぜなら、仕事がうまくいっていないと自分に自信がなくなり「この会社で耐えるしかない」という考えに凝り固まってしまいます。 仕事が辛くてうまくいっていないと 「自分はどうせ何をやってもだめだ」とネガティブになってしまいますよね。 私もそうだったのですごく気持ちが分かります。 でも、そんな時こそ 会社の外に目を向けて欲しいんです。 会社にいると、その世界が全てになってしまいますよね。 でも実際は世の中には腐るほど仕事があるんです。 泣くほど辛い仕事を続けるよりもあなたに合う仕事を探した方が絶対に幸せになれます。 それに、職場が変わると評価が変わるということもザラにあるんです。 A社では「仕事が遅いダメなやつ」と言われていたのに、転職先B社では「仕事が丁寧で正確」と評価されることだってあります。 つまり、評価というのはそれだけあいまいなことなんですよ。 だからこそ、「今の辛い会社」にこだわらず他の会社に目を向けてみてほしいんです。 転職サイトは無料で使えるので、今すぐ転職するつもりがなくても登録だけして求人をストックしておけばいざという時にすぐ動き出せます。 無料なのでぶっちゃけ登録だけして放置でもOK。 【転職という選択肢】を作っておくだけでものすごく気持ちの面で楽になれるんですよ。 ストレスや疲れが限界に達すると転職サイトに登録する気力さえなくなってしまいます。 だからこそ、今のこのタイミングで登録だけはしておくのが安心ですよ。 で適正年収を調べる 仕事中に涙が止まらなくなった私の体験談 実は私も仕事中に涙が止まらなくなったことがあります。 私は以前、銀行に勤めていて窓口を担当していたのですが、当時ストレスがたまりすぎて精神的に限界が近づいていました。 課せられる大量のノルマ。 売りたくもない商品を押し売りで売らなくてはいけないプレッシャー。 上司からのパワハラ。 これらは確実に私の心を 蝕 むしばんでいきました。 ある日、窓口でクレーマーの対応をしたときのことです。 60代の男性だったんですが、来店した時から高圧的でバカにしたような口調で話してきました。 男性が主張する手続きは私の銀行ではできないことだったのでお断りしたところ、男性は激怒。 私は、窓口経験が長かったのでクレーマー対応には比較的慣れています。 「解約してやる!」なんて言われることも時々あるので、いつものように上手くやり過ごすつもりでした。 でも、その日はどうしても聞き流せなかったんです。 今までの頑張りを全否定されたような気がして、悔し涙か悲し涙かわからないですが、涙が上がってきました。 さすがに人前でいろんな人が見てるので泣くわけにはいきません。 必死に耐えてなんとか涙が溢れずにすみました。 でもそのあと、先輩に声をかけてもらい涙がブワッと溢れ出したんです。 自分では止められないくらいに。 それ以降、涙腺が弱くなったのか 何かあるとすぐに涙が出てきて 「自分は使えないんだ」「だから私はダメなんだ」と思うようになりました。 仕事中に目がウルウルしたり涙が出てしまうことも多くなり、今思うと限界だったんだと思います。 結局私はこのまま銀行員を続けるのは無理だと思い、転職を決意。 無事に成功しました。 新しい職場でも、もちろん大変なことはあります。 しかし、銀行員時代に感じていたストレスとはおさらばできました。 私はストレスが限界に達したときに外に目を向けることで危機的な状況から逃げ出すことができましたが、あのまま銀行で働き続けていたらどうなっていたのかはわかりません。 とにかく辛い時こそ内にこもらずに外に目を向けて欲しいんです。 今の会社なんて、日本中にある会社のたった一つ。 そのたった一つで無理して働き続けるなんて割に合いません。

次の