インナー バルコニー と は。 知らないと恥ずかしい、バルコニー・ベランダ・インナーバルコニーの違いとは?

インナーバルコニーのメリット・デメリット!間取りに採用するときの注意は?

インナー バルコニー と は

家作りにあたっては、生活を便利・快適にする上での拘りと、デザインとしての拘り、そして遊びポイントとしての拘りがあると思います。 我が家が、家族や友人と楽しむためだけに作ったのが、 インナーバルコニーです。 このブログにはその過程を書きましたが、最初は屋上を検討していました。 リンク : 屋上への憧れは捨てきれませんが、使い勝手を加味すると、インナーバルコニーで良かったと思っています。 特に 二階リビングとの相性は抜群で、とても快適で楽しく生活しています。 物理的に不可能ですが、リビングに隣接していて、屋上の広さと高さを兼ね備えていたら最高なんですけどね。 ・・・と言うわけで、今回は我が家の一番の拘りポイントでもある、インナーバルコニーについて書いていきます。 我が家の拘り「インナーバルコニー」 注文住宅を建てる以上は、拘って決めたポイントがたくさんあると思います。 一生に一度のマイホームなので、悩みに悩んだことでしょう。 我が家も様々な拘りポイントがありますが、最も特徴的なのが、 二階リビングと、それと隣接するインナーバルコニーです。 ざっくりとした間取りの紹介は、下記の記事をご覧ください。 リンク : 以前、二階リビングの住み心地については書いたのですが、インナーバルコニーについてはあまり詳しく書いてなかったので、詳しく紹介していこうと思います。 参考リンク : 実際に使ってみて、 大変満足しています。 二階リビングの横にインナーバルコニー 我が家は二階リビングを採用しているため、 庭という庭は作っていません。 元々そこまでガーデニングをしたいという思いがなかったため、そういったスペースも求めていませんでした。 特に二階にリビングを作ってしまうと、折角綺麗にガーデニングをしても、あまり見る機会がなくなってしまいます。 そのため、我が家にはこれと言って「庭」というスペースはないのですが、 その代わりにあるのがインナーバルコニーです。 屋外と屋内との中間的なもので、屋根がある外、広いバルコニーと思っていただければと思います。 我が家のインナーバルコニーは 7畳あるため、ちょっとした部屋よりも広いサイズになります。 この分部屋を作って5LDKにしても良かったのですが、アウトドア好きな私としては、家にいながら屋外が楽しめるスペースが欲しかったので、インナーバルコニーを採用しました。 スポンサーリンク バーベキューやタコパを楽しむ 新居に住み始めてまだそれほど経っていませんが、さっそく バーベキューやタコパを楽しみました。 というより、ちょうどコロナウイルス感染拡大のために外出自粛となったので、毎週のようにインナーバルコニーで楽しんでいました。 私はキャンプが好きなので、基本的に外で食べるご飯が大好きです。 暑い夏にバーベキューを楽しみながら、キンキンに冷えたビールを飲む、なんて、とても贅沢です。 インナーバルコニーは屋外なので、家の中と違って煙や油跳ねを気にしなくて良いのもメリットです。 家事の危険があるため、ホットプレート推奨 インナーバルコニーは庭代わりではありますが、庭のように 火を使ったバーベキューはおすすめできません。 防水加工は火に弱いため、ちょっとした火種でも穴が空いてしまいます。 火種を落とさなければ問題ありませんが、最悪の場合 火災の発生リスクもあるので、リスクが高すぎです。 そのため、インナーバルコニーでのバーベキューは ホットプレートがおすすめです。 我が家はBURUNOのホットプレートを使っていますが、温度調節も簡単でデザイン性も良く、おすすめです。 なお、インナーバルコニーに電源がない場合は家の中から伸ばすしかなくなるので、 設計時にコンセントを設置しておくことをおすすめします。 家の中から取ると窓を開けなければいけないので、エアコンの冷気や暖気も漏れますし、虫も入ってきてしまいます。 インナーバルコニーを楽しむのであれば、コンセントと水道は必須です。 二階でも屋根があれば想像以上に涼しい 私が実際にインナーバルコニーに出てみて思ったことは、「 想像以上に涼しい」ということです。 天井があるので電気が点く。 インナーバルコニーは屋根があるため、必ず日陰になります。 日差しが強い日でも、日陰であればそれなりに涼しいです。 また、二階にあるためか、一階よりも風を感じる機会が多いです。 気のせいかも? しかし反対に、 冬であれば想像以上に寒いです。 ひなたぼっこが気持ち良いような季節だと、逆に「もっと暖かくても良い」と感じるかもしれません。 スポンサーリンク 夏が本番!次はプール! 我が家のインナーバルコニーにはハンモックを設置し、バーベキューをしたりお酒を飲んだりと、インナーバルコニーを満喫しています。 私が元々やりたかったのは、バーベキューとプールです。 子供が1歳半になるので、 近々プールデビューをさせたいと思っています。 私もプールに足を入れながら、冷蔵庫から取り出したビールをグビッといきたいと思っています。 二階なので人目を気にせず楽しめるのも、インナーバルコニーの魅力の一つです。 通行人から見えてしまうと、自然と自制心が働くのが大人です。 別に大はしゃぎをするつもりはないですが、プライベート空間であればあるほど、解放感は増していくと思います。 そういう意味でも、やはり楽しむという観点だけなら屋上は最強だと思います。 感想、まとめ。 インナーバルコニーは住宅密集地にはおすすめ 諸々検討した結果、最終的にインナーバルコニーの設置を決めた我が家ですが、 今のところ大満足です。 私の実家は山梨県の田舎ですが、田舎であれば隣家との距離も遠く、庭も広いため、そもそも二階リビングにするメリットは小さいかもしれません。 しかし都会と言わないまでも、ベッドタウン等の住宅密集地には、二階リビングはメリットが大きくあると思います。 隣家が目と鼻の先にある状態でも、リビングのカーテンやシャッターを常に開け続けられるのは、とても解放感があります。 二階リビングでは気軽に庭に出ることができなくなりますが、その点はインナーバルコニーで解決できます。 もちろん「インナー」ではなく、 普通に広いバルコニーでも問題ありません。 天井がないのも気持ち良いので、その辺りは好みですね。 我が家の場合、どうせ景色は他人の壁になってしまうので、それならばいっそのこと、と言うことでインナーバルコニーにしました。 景色や日当たりが良い方向にバルコニーを作れるなら、フルフラットバルコニーも素敵だと思います。 高いところに屋外空間があると言うのは、 庭とはまた一味違った気持ち良さがあります。

次の

インナーバルコニーのある暮らし。メリット・デメリットも紹介|mamagirl [ママガール]

インナー バルコニー と は

写真 掲載:mamagirl 実用的でもあり、癒しの空間となるインナーバルコニーの、気になる口コミもをまとめてみました。 英語でバルコニーとは建物の2階よりも上層階にあり、窓や扉から張り出たスペースのことです。 (必ずしも突き出ているわけではありません。 )日本語で言うベランダがこの意味です。 インナーバルコニーは、建物の外観はそのままで、建物の一部がバルコニーになったタイプのことをいいます。 建物の外に張り出し、屋根のないバルコニーと違って、インナーバルコニーには屋根があり、建物の中に入り込んでいるようなデザインです。 庭のように使えたり住まいに解放感をもたらせてくれます。 インナーバルコニーつきの魅力的なアパートなどの賃貸物件も人気のようです。 サンルームとは、日光をふんだんに採り入れるため、家からせり出したガラス張りの部屋のことです。 雨が降っても安心して洗濯物を干せるだけでななく、花粉やPM2. 5などからも守ってくれます。 また、通常の部屋より使用しているガラスの面積が広いため、室内まで光が入り、部屋が明るくなります。 奥行きが広ければ、雨が吹き込むことがなく安心して洗濯物を干すことができます。 見た目も広く感じ、リビングとの行き来もスムーズ!気軽に外でお茶をしたりくつろいだりと、外にいるかのような解放感が得られます。 ・プライバシーを確保できる インナーバルコニーのうれしい点は、人目を気にせず開放的な空間を使えることです。 外からの人の視線にさらされずに、ガーデニンなど外でしかできない趣味に取り組めます。 屋根が必要なだけではなく、インナーバルコニーの下の部屋に断熱材を入れたりするためです。 通常のバルコニーと比べると費用がかかるので、見積もりの相談が重要となってきます。 ・延べ床面積の一部となり固定資産税がかかる 外気の遮断性のない、一般的なベランダやバルコニーは登記上、床面積には入れないということですが、インナーバルコニーのように、壁や柱・屋根を使用しているスペースは、延べ床面積の一部となる条件にあてはまるので、固定資産税が発生する「容積率」に含まれるので注意しましょう。 ・間取りが難しい インナーバルコニーは、屋根があるので位置によっては隣接する部屋が暗くなってしまいます。 天窓を設置することで日光を採り入れることはできますが、日が差す向きによっては暗くなる場合も…。 天窓がついたインナーバルコニーなら、窓のレースカーテンを閉めてもたっぷり日光が入ってくる場合もありますよ。 また、インナーバルコニーは、屋根を支えるための壁や支柱などの工事が必要になります。 せっかくの開放的なインナーバルコニーのデザインを台無しにしてしまうことも…。 インナーバルコニーを設置するときには、間取りを設計段階からしっかり考えましょう。 既存のバルコニーに屋根などをつけてインナーバルコニーにする場合、リフォームする費用は1坪あたり45〜50万円前後かかることも! 既存の部屋に大きな窓があり、その窓を利用して間仕切り壁などを設置し、インナーバルコニーにする場合の施工の費用は1坪あたり約25万円です。 ということもあるようです。 日当たりが良い方向でも、光が入るというわけではなく、バルコニーの屋根に遮られ、暗くなってしまうこともあるのです。 バルコニーの日当たりを良くしたい場合は、設置する場所を西または東側にするのが理想。 また、隣接する部屋は光が反射しても入るので、反射した光の量をどれだけ取り入れることができるかが重要です。 活用例をみていきましょう。 ちょっとした庭のように使うことも可能ですよ。 ・洗濯干し 出典:photoAC インナーバルコニーは洗濯物を干す場所として最適な場所です。 天気が心配なときにも屋根があるので、急な雨などが降っても風がひどく吹き込まない限り、洗濯物が濡れる心配がありません。 洗濯物を取り込むときにも濡れずに済みますよ。 また、直射日光を避けて干したい物などでも安心して干すことができます。 ・気分転換する場所に 出典:photoAC 室内にずっといると、気分が沈んでしまうことも…。 屋根があるので室内にいる様な感覚でゆっくりくつろげますよ。 ・半透明の壁を使用する インナーバルコニーが、外壁と一体型の場合はどうしても視界が遮られてしまいます。 そのような場合は、外の目線が気にならない位置であれば、壁を半透明なものを設置すると解放感が高まります。 ・網戸を取りつける 虫が入ってくることを避けたい方は網戸を取りつけると快適に!リビングの窓を全開にしても安心ですね。 」 「洗濯物を干したまま出かけても安心。 」 「日曜大工や趣味などを楽しむ空間になった。 」 「夫婦や子どもとゆったり過ごす時間が増えた。 」 「料理はもちろん、ビールやワインを飲む最高の場所。 」 など、「インナーバルコニーを取りつけて良かった!」という口コミも多数ありましたが、雨漏りのリスクがある・日当たりが悪くなった・風が通らないなどの口コミも見られました。 インナーバルコニーを取りつけるときにはしっかりと相談して快適な空間にしましょう。 インナーバルコニーを検討している方はぜひ参考にしてみてくださいね。

次の

インナーバルコニーのメリット、デメリット、使い方、費用について検証!おしゃれな外観50事例もあり。

インナー バルコニー と は

マンションの場合は隣家と薄い壁を隔ててつながっており、緊急時の避難経路となる役割を担う場合もあります。 「バルコニー」とは建物の外に張り出した屋根のない比較的広いスペース。 バルコニーとは建物の外に張りだした屋根のない手すり付きの屋外スペース。 2階以上にある場合はバルコニー、1階にある場合はテラスと呼ばれることが一般的で、ベランダよりも広い面積の場合が多いのが特徴です。 洗濯物を干したり、ガーデニングを楽しんだり、テーブルやチェアを置いてお茶を飲んだり、子供のビニールプールを出したりと多目的に使用出来るスペースとなります。 しかし、屋根がないため、急な天候の変化には対応出来ないというデメリットがあります。 「インナーバルコニー」とは建物の一部が屋外となっている屋根付きの比較的広いスペース。 同じ屋根付きでも、建物の外に張りだしているベランダとは異なります。 建物の内側と奥まっている為、よほど強い雨や風でなければ洗濯物が濡れることはなく、奥行きが取りやすいのが特徴。 バルコニーと同様にテーブルやチェアを置くなど多目的に使える屋外スペースとなります。 インナーバルコニーのメリット・デメリットは? このように特徴を比較すると、インナーバルコニーはベランダとバルコニーの良いとこ取りをした、優れたスペースのように感じます。 しかし、3つの中で施工費用が最も割高になり、間取りに制約も生まれるため、使用目的によっては不必要になる場合もあります。

次の