赤い 発疹 熱 なし かゆみ なし。 発疹:医師が考える原因と対処法|症状辞典

熱なし、痒みなし、水疱なし。発疹のみで水疱瘡の可能性【写真あり】

赤い 発疹 熱 なし かゆみ なし

かゆみありの場合の原因 ダニ ダニに噛まれると噛まれた部分が 赤い斑点のような湿疹になります。 かゆみがとても強く、1週間くらい続きます。 ダニは、柔らかい部位を好んで噛む習性があるため、腕の内側に湿疹とかゆみがある場合は、ダニに噛まれた可能性があります。 寝具やぬいぐるみなどのダニ駆除が必要ですね。 接触皮膚炎 接触皮膚炎(せっしょくひふえん)は湿疹のひとつで、肌に 外的刺激が接触することで、それが刺激やアレルギー反応となり、かゆみが伴う、赤いブツブツができたり、赤く皮膚が盛り上がったり、水ぶくれができる疾患です。 「 かぶれ」とも言われ、植物や動物、さらに身の回りのもの金属アクセサリーや化粧品、洗剤、医薬品、衣類などさまざまなものが原因となって起こります。 対処法としては、ステロイドの外用薬を塗って、かゆみが強い場合は、抗ヒスタミンや抗アレルギー薬を内服します。 原因となった物質を突き止め、接触しないようにします。 蕁麻疹 蕁麻疹(じんましん)は、蚊に刺されたような膨疹(皮膚の盛り上がり)ができ、それが徐々に広がって、中心が平らになり、激しいかゆみを伴うことが多いですが、しばらくすると消えてしまいます。 数分で消えたり、数時間で消えることが多いですが、一日ほど続くこともあります。 腕に限らず、 全身に出る可能性があります。 蕁麻疹には、食品や食品添加物、植物、動物、医薬品などが原因の アレルギー性のものと摩擦や圧迫、熱さ、寒さなどが刺激となって起こる 非アレルギー性のものがあります。 治療には、抗ヒスタミン薬や抗アレルギー薬の内服薬が中心になります。 また、蕁麻疹についてもっと詳しく知りたいという方は、下記のページをご覧ください。 紫外線アレルギー 紫外線アレルギーは、 光線過敏症や日光アレルギーともいわれますが、通常は、異常を起こさない程度の太陽光を浴びた部分に湿疹や水ぶくれができてしまう症状です。 化学物質やお薬が誘発する場合もあります。 誘発する物質があれば回避して、日光を衣類等で遮断しましょう。 早期に皮膚科を受診しましょう。 スポンサードリンク かゆみなしの場合の原因 毛嚢炎 毛嚢炎(もうのうえん)は毛穴の奥に ブドウ球菌が感染して起こります。 毛穴に一致して赤いブツブツや中心に膿を持ったブツブツができ、周りが赤くなります。 かゆみはなく、痛みもほとんどありません。 そのままにしていても自然に治りますが、痛みがある場合やたくさんできる場合は、抗菌剤による治療法があります。 老人性血管腫 老人性血管腫(ろうじんせいけっかんしゅ)は、肌に紫外線をあびて、炎症を繰り返すと 赤いほくろのような斑点を生じます。 皮膚の下の毛細血管が増殖して、拡がり、血管腫ができます。 かゆみなどの自覚症状はありません。 これは、加齢とともに生じるもので、特に治療の必要はありませんが、美容的なことから治療を行う場合は、凍結療法、炭酸ガスレーザー、外科的手術などがあります。 血小板減少性紫斑病 血小板は、出血を止める働きがありますが、何らかの原因で体内の血小板の数が減少すると出血しやすくなります。 そのため、皮膚の下で細い血管が破れて紫斑(あざのこと)ができたり、赤い点々がそばかすのようにできる 点状出血が起こります。 血小板が極めて少なくなると、脳内出血や消化管出血を起こす可能性があるので、早期に病院を受診しましょう。 この場合は、内科を受診しましょう。 ちなみに「けっしょうばんげんしょうせいしはんびょう」と読みます。 まとめ 腕にできる湿疹の原因はいろいろですね。 症状の程度も人によってさまざまです。 気になる症状が現れたら、ひどくなる前に、病院を受診して、医師の診察を受けましょう。

次の

熱なし、痒みなし、水疱なし。発疹のみで水疱瘡の可能性【写真あり】

赤い 発疹 熱 なし かゆみ なし

記事内目次• 子供の赤い発疹の原因はなに? 画像引用元 子供の肌はスベスベで綺麗ですが、発疹ができることもあります。 その考えられる原因を今回ご紹介していきたいと思います。 それぞれ特徴がありますので、事前に覚えておくと対処する時に迷わずに済みます。 急に症状が出てしまうと慌ててしまうので、なるべくそれぞれの症状がどんなふうに発症するのかを知っておくことが大切です。 りんご病 画像引用元 りんご病はパルボウイルスB19と呼ばれるウイルスが原因で起こる感染症になります。 子供の頃に感染することの多い病気の一つです。 症状としては、ほっぺたがりんごのように赤くなり、全身に発疹が広がります。 りんご病は『発熱がない』のが特徴で、発疹の症状だけになりますので他の病気と判別しやすいです。 子供のほっぺたが赤くいつもより元気がない場合にはりんご病の可能性がありますので、なるべく早めに病院へ連れて行きましょう。 手足口病 画像引用元 夏の時期に流行する夏風邪のひとつとされているのがこの手足口病になります。 暑い時期に集団感染することが多く、もし幼稚園などで周りの子供がこの病気に感染した場合には注意が必要です。 症状としては、口の中に白いポツポツが生まれます。 そこから全身に水泡が出てきます。 手足口病は『微熱』になりますので、感染してもあまり熱が出ないことが多いです。 初期症状を見逃さずに対処することが大切です。 小児乾燥型湿疹 画像引用元 この病気は一切熱が出ませんが、お腹や背中にザラザラとした小さな湿疹が出ます。 乾燥してザラザラしているので、汗をかいたりすると痛みや痒みを伴いますので注意が必要です。 特に冬の乾燥した時期に出やすい症状になりますので、もしこれらの症状が出た場合には皮膚科で軟膏を処方してもらい使っていきましょう。 汗疹(あせも) 画像引用元 夏場によくできるのがこの汗疹です。 場所は特に決まっていないので、どこでもできます。 子供は大人よりも汗をかきやすいので、特に体調が悪くないのにもかかわらず赤い湿疹ができる場合にはこの汗疹であることが考えられます。 外で遊んできた場合には、なるべく早めに汗を拭いて清潔な状態を保つようにしましょう。 傷ができてしまうと病気に感染することもありますので注意が必要です。 溶連菌感染症 画像引用元 溶連菌感染症に感染すると高い高熱が出て喉の痛みがひどくなります。 咳や鼻水などの一般的な風邪のような症状は出ませんので、判断はしやすいと思います。 2~5日潜伏期間を経てから症状が出ますので、高熱と喉の痛み、そして赤いぶつぶつが出た場合にはこの病気の可能性がかなり高いでしょう。 水疱瘡(みずぼうそう) 画像引用元 帯状疱疹ウイルスの感染によって起きる病気になります。 最初は体の1箇所だけに発疹ができるのですが、数日後には体全体に広がっていき痒みが出てきます。 水疱瘡の特徴としては、発疹が出た後に熱が出ることです。 場合によっては高熱になることもありますので、早めに病院へ行くことが大切です。 予防接種で防ぐことができる病気ですが、もし感染してしまった場合には早めに対処しておきましょう。 風疹 画像引用元 風疹ウイルスによる急性ウイルス性の疾患になります。 感染力は弱いですが、子供がもし感染してしまうと重症化するケースが多いので注意が必要になります。 スポンサードリンク 現代ではワクチンによって予防することができますので、そこまで怖い病気ではないでしょう。 症状としては、一番最初に顔に発疹が現れて、そこから全身へと広がっていきます。 熱も一緒に出ますので、子供の体温を測って高熱が出ていたら風疹の可能性があります。 赤い湿疹が出た場合には何科に行くべきか? 画像引用元 子供の皮膚に異常が出た場合には小児科と皮膚科のどちらに行こうか迷うと思います。 結論から言えばどちらで診察をしても問題ないです。 ですが小児科と皮膚科の場合だと回復するまでのアプローチが若干違うとされています。 小児科の場合 画像引用元 小児科の場合には全体的な症状の状態を見るため、内科的なアプローチも考えてどんな対処をするかを考えます。 なのでもし発疹が出たとしても、根本的な原因が別の場所にあるとしたら発疹の治療を行わないこともあるようです。 ですが痒みや痛みがひどい場合には発疹のための薬を処方してもらうこともできますので安心してください。 皮膚科の場合 画像引用元 皮膚科の先生は皮膚に関することのプロフェッショナルになります。 最初に皮膚に現れた症状からどんな病気が考えられるのかを判断していき、発疹の原因を早めに突きとめてくれます。 ですが発疹の原因が皮膚ではなく体の中にあると判断した場合には小児科へ行くことを勧められます。 なのでどちらへ行ったとしても問題は解決しますので、まずは自分が行きやすい病院で診察を受けてみてください。 迷ったらかかりつけの医師に相談を 画像引用元 子供がいつも通っている小児科の病院があると思いますので、もし皮膚科か小児科のどちらに行こうか迷った場合には、かかりつけ医に相談するのが一番良いでしょう。 以前からどんな症状が出ているのかを把握していますし、病気のカルテも残っています。 なのでまずは一度信頼のおける医師に相談することをおすすめします。 まとめ 画像引用元 今回は子供の発疹の原因や対処法について詳しくお伝えしてきました。 いきなり我が子に赤い発疹ができると焦りますが、落ち着いて症状を判断して病院に連れて行けば問題ないです。 まずは子供が発疹の他にどんな症状を引き起こしているのかを冷静に判断して、病院の先生に診察してもらいましょう。 症状に気がつかずに放置してしまうと、どんどん重症化していきますので、早い段階で子供の異変に気がつくことが大切になります。 オススメ記事.

次の

ウイルス性発疹症/医学小知識

赤い 発疹 熱 なし かゆみ なし

目で見、手で触れることのできる皮膚や粘膜の病変を発疹(ほっしん)と呼びます。 特に子どもで、発熱とともに発疹が出るものとして、麻疹(ましん:はしか)、突発性発疹、猩紅熱(しょうこうねつ)、川崎病があります。 腸チフス、発疹チフス、パラチフスは、頻度は少なくなりましたが、特徴的な小さい赤い発疹が出ます。 全身性エリテマトーデス(SLE)では急に発熱し、赤い斑点様発疹が顔、手足、関節に生じ、全身にひろがります。 皮膚だけでなく、口の中などの粘膜にも発疹がみられることがあります。 麻疹のときのコプリック斑は、奥歯の脇のほおの粘膜にできる赤い発疹で、特徴的です。 ベーチェット病では、皮膚、粘膜、目がおかされます。 風疹(ふうしん)や水ぼうそう(水痘〈すいとう〉)は子どもに多くみられ、いずれも軽い発熱を伴います。 風疹では、顔に多くの発疹が生じ、からだや手足にも出ます。 水ぼうそうでは、小さな赤い斑点から水疱(すいほう:水ぶくれ)に、さらに黒いかさぶたになって、とれます。 梅毒では、陰部のしこりや潰瘍のほか、全身にいろいろなかたちで大小の発疹(バラ疹、潰瘍性梅毒疹)が出ます。 じんましんは、不定形の膨疹で、非常にかゆく、次々に新しいものができては消えます。 かゆみが強く、皮膚がただれた状態である湿疹は、あきらかな原因がわからないことが多いです。 いっぽう、ほとんどすべての薬が薬疹の原因になりうるといっても過言ではなく、発疹がみられたときに新しい薬をのみ始めていれば、疑ってみる必要があるでしょう。

次の