シャープマスク当選。 シャープマスク当選メール時間は何時で当落結果はいつわかる?

シャープマスク当選メール フィッシング詐欺に気をつけろ│e

シャープマスク当選

話題のシャープ製マスク。 抽選販売に470万人がエントリーし、117倍の倍率だという。 アクセス殺到で申し込めなかったとか、応募が完了しているのか分からないという人も多いだろう。 懸念されるのは便乗詐欺だ。 詐欺師にとっては好機 この種の詐欺の手口としてよくあるパターンは、「シャープのマスクに当選しました」などといったタイトルを付け、あたかもシャープが送信した当選メールであるかのように装うだ。 「マスク販売の敗者復活抽選について」などといったタイトルにより、抽選の結果、残念ながら落選したものの、特別に先着1000名の優先エントリーを受け付けるといった手口もあり得る。 新型コロナ騒動の影響で需給バランスが崩れ、マスクが手に入りにくい状況にあることから、普段は慎重な人でも、安易にだまされやすいという素地がある。 エントリーできた人だけでも470万人。 受付日の4月27日に何度となくアクセスしたもののサイトに入れなかったとか、運良く受付ページまでいけたものの申込みがエラーで跳ね返された人をも加えると、潜在的な購入希望者はもっと多かったはずだ。 シャープによる抽選販売は、第2回、第3回と続くとみられる。 フィッシング詐欺師の集団が無差別にシャープになりすました当選メールや敗者復活メールを送りつけると、「心当たりあり」という人にヒットし、思わず開いてしまい、記載されているリンクをクリックしてしまう可能性が高いというわけだ。 中には、エントリーした覚えがないのに、安易にメールを開くという人もいるだろう。 当選メールなどはすぐに開かない その先にあるのは、シャープのサイトを巧妙に真似たニセのサイトであり、クレジットカード番号や氏名、メールアドレス、電話番号などの入力を求められる。 個人情報を吸い取られて悪用されたら手遅れなので、シャープを名乗る当選メールなどが来ても、本当にシャープからのものなのか、よく確認すべきだ。 こうした点に関し、からも、次のような注意喚起が行われている。 1 当選者だけにしかメールを送らないから、落選メールは存在しない。 2 当選メールは4月29日までに当選者に送る。 29日までに連絡がなければ落選。 3 発信元はシャープで、メールアドレスは次のもの。 cocorostore-info sharp. jp 4 当選メールは、まず氏名や電話番号など応募時の入力内容を照合する本人確認ページを案内するものであり、いきなり販売ページに飛ぶことはない。 5 当選者は期間中にいつでも購入でき、売り切れもない。 6 第1回抽選販売への応募者は自動的に第2回以降の抽選販売の対象になるので、改めて応募する必要はない。 7 販売を再開する場合には改めて公式サイトで案内する。 念には念を入れて、IPアドレスやドメイン名の登録者情報などを検索できる「」を利用し、送られてきたメールのアドレスなどをチェックし、本当にシャープのものか確認したうえで開くといった予防策も必要だろう。 また、当選者も、たとえ本物の当選メールが来たとしても、そのスクリーンショットをSNSなどにアップして拡散すべきでない。 詐欺師にとって、本物らしさを装ったニセの当選メールを送りつける際の参考になるからだ。 政府による10万円の給付制度については、すでに市役所などを語って個人情報を引き出そうとする便乗詐欺のメールや電話が横行しているところだ。 シャープ製に限らず、マスクについても、「ご注文いただいたマスクの発送について」「自治体が無料配布するマスクの件について」などといったパターンのフィッシングメール詐欺が予想される。 絶対に引っかからないように、家族とも情報を共有し、よく注意喚起しておくべきだろう。 (了) ~序章 1 逮捕2日前 夜半、携帯電話に着信履歴。 大阪地検の特捜部長からだった。 折り返すと、「自宅でゆっくりしている時に悪いな。 検事正から話があるそうやから、明日の午後1時に検事正室に来てくれるか。 検事正には部長も同席するようにと言われた。 用件は不明や」とのこと。 日曜日の23時になろうかという時間だったし、翌9月20日は敬老の日だった。 地検トップの検事正がわざわざ特捜部の部長と検事をセットで休日の庁舎に呼び出すということ自体、穏当でない。 ちょうど9日前には、僕が主任検事として捜査の取りまとめを行った厚労省虚偽証明書事件で、担当課の元課長に無罪判決が下っていた。 捜査当時は「社会・援護局長」という厚労省の要職に就いていた方だ。 引責のための突然の人事異動の話か、フロッピーディスクのデータ改ざんの件ではないかと直感した。 僕は何よりも法と証拠を重視すべきプロの法律家である検事として、絶対にやってはならない罪を犯した。 元課長やそのご家族をはじめ、厚労省事件に関わった全ての関係者の皆さまに与えた計り知れない苦痛を思うと、まさしく万死に値する行いにほかならない。 検事として、それ以前に一人の人間として、衷心からのお詫びの気持ちを形に表すべく、けじめをつけなければならない。 後輩検事の一人に改ざんの件を告白した際、「最後は僕が首をくくって責任をとるから」と言っていたが、いよいよその時がやってきたようだ。 (続).

次の

シャープマスク小さいし薄い?口コミや評判と付けてみた使用感を調査!|サトミの話題調べ隊

シャープマスク当選

当選したら「奇跡」、「応募すらできなかった」嘆きも 「SHARPのマスク応募470万人 当選倍率117倍って当たるわけない」 「シャープマスクの応募数凄い とりあえず応募してみたけど無理だな」 ツイッターには、当選したら「奇跡」、「今年1年の運を使い果たしてしまいそう」と、"諦めモード"のつぶやきが多く見つかる。 専用サイトへのアクセス過多で「応募すらできなかった」人の恨み節も少なくない。 J-CASTトレンド記者は4月27日付記事の通り無事申し込めたが、同僚は終日何度も応募を試みたものの、結局叶わなかった。 2回目抽選は「1回目ハズレ」応募者+新規 「シャープのマスク1回目の抽選応募を、きのうの日付とともに終了しました。 ページが混雑し、応募できない、応募できたかわからないという、お手間とご迷惑をおかけしてしまいました。 重ねてお詫び申し上げます。 ごめんなさい」 「ご応募いただいた方、ありがとうございました。 ご応募できなかった方、申し訳ありませんでした(中略)次回の応募や改善点などは別途あらためて、お知らせいたします」 シャープ公式ツイッターは4月28日、「第1回抽選販売」の結果を受け、こう「おわび」ツイートした。 4月29日までに当選者へ通知メールを送信するスケジュールだ。 第2回以降の抽選販売の実施予定や方法については、専用サイトに案内が掲示される。 「第1回抽選販売への応募者を自動的に第2回以降の抽選販売の対象にする」と説明があるため、今回応募した人の中には「もう応募しなくていい」と安堵するツイッターユーザーがいるが、 「466万+新規応募=いったい何百万になる???ワシは永遠に当たらない気がする」 と更に当選倍率が高まることを悲観するユーザーもいる。

次の

マスクの販売に関するお知らせ:株式会社SHARP COCORO LIFE

シャープマスク当選

シャープマスク 詐称詐欺なりすましメール報道 シャープマスクのメール当選通知についてねとらぼが下記のように報じました。 4月27日に行われたシャープの不繊維マスクの第1回抽選販売に、470万6385人の応募があったことが分かりました。 発表当初から注目を集めていたシャープの不繊維マスク。 21日から同社のECサイト「SHARP COCORO LIFE」で先着販売を開始したものの、開始直後からアクセスがさっ到し、同社のIoT家電で一部サービスにつながりにくくなるなどのトラブルが発生したことから、販売形態を抽選に切り替え27日に受付が行われました。 当選者には29日までに当選メールが届くとのこと。 第2回抽選販売も予定されており、今回落選してしまった場合には、次回以降も自動的に抽選の対象になるといいます。 またシャープは多数の応募があったことを受け、 当選通知メールを騙る詐欺に注意を呼びかけました。 「発信元はシャープです。 くれぐれもメールのアドレスをよくご確認ください。 のあとはシャープ. シーオー. ジェーピーです。 このアドレス以外からの連絡はありません」とツイートしています。 引用元:ねとらぼ|2020年4月28日 スポンサーリンク シャープ公式ツイッターでも注意喚起 またこちらも大事なことです。 当選通知メールはあたり前ですが、弊社から送られてきます。 発信元はシャープです。 くれぐれもメールのアドレスをよくご確認ください。 のあとはシャープ. シーオー. ジェーピーです。 このアドレス以外からの連絡はありません。 【シャープのマスク 倍率120倍】 シャープは、専用サイトで27日に受け付けたマスクの抽選販売で、販売予定数の約120倍となる約470万件の応募があったと発表した。 また、当選通知メールをかたる詐欺に注意を呼びかけた。 — Yahoo! ニュース YahooNewsTopics 470万人のマスク応募者の中にはシャープと思われるメールアドレスから「 あなたが当選しました~」とメールが来ると思わずすぐに URLをクリックしたくなりますがまずはメールが 本物か偽物か見極める必要があります。 スポンサーリンク シャープ なりすましメールとは? なりすまメールに関して分りやすい図の説明がありましたのでお借りしてきました! 引用元:www. wbs. jp 今回であればシャープが告知している「 cocorostore-info sharp. jp」のアドレスになりすましてメール送信する事もできるのです! よってこのシャープが事前告知していたメールアドレスから来たからと言って 100%信用しない方が良いのかもしれません。 まずは届いた内容をツイッターやネット上などで調べて、何か異常が発生していないか しばらく様子見して すぐにURLをクリックしない方が良いと思います。 そして特に注意した方が良いポイントはその届いたメール内に別のページに飛ぶ 「URL」が記載されていると思います。 そのURLがシャープの応募サイト( go. sharp)やココロストア( cocorostore. sharp. jp)やココロライフ( cocorolife. sharp)、ココロメンバーズ( cocoromembers. sharp)のドメインになっているか確認した方が良いでしょう。 シャープマスクの抽選販売でこれまで使用されてきたドメインURLはこの4つがメインだと思います。 メールに記載されているURLをそのまま検索してみても良いと思います。 この4つ以外のURLはちょっと怪しいと思ってクリックせずにシャープ公式ツイッターやシャープのお客様相談などに見てもらった方がよいのかもしれません。 スポンサーリンク シャープマスクのメール 詐称・詐欺の内容は? ツイッター上では下記のように偽メールを送りつけて個人情報やクレジットカードの番号を盗む手口があると注意喚起されています。 jp cocorostore-info sherp. jp この2つ、どこが違うの、という人。 — 15の夜 nusundabaikude シャープのマスク、初回の当選通知は29日とのこと。 きっとシャープを装った当選詐欺メールが横行するんだろうな😩 当選後に住所やカード情報を登録するシステムだから騙される人も多かろうねえ。 みなさん、 にはくれぐれもご注意を。 jp」なのかチェックします。 ただこの送信してきたメールアドレスは 偽装された なりすましの可能性があるのでまだ信用せずにメール内にある URLがシャープ関連のサイト(マスク応募サイトやココロライフやココロストア、ココロメンバーズ)のURLなのかチェックしましょう! その2つが問題なければ大丈夫と思われますが念のために、しばらくツイッターの状況を様子見していた方が良いかもしれません。 シャープ公式ツイッターから注意喚起が公表される可能性もあります。 詐称、詐欺メールの目的は 個人情報や クレジットカードの番号狙いが多いです。 今回のシャープ以外でもいろいなところからメールが届くと思いますが URLや 添付ファイルなどはすぐに(できれば)クリックしないように注意していきましょう。

次の