生ごみ処理機 メリット。 生ごみ処理機とは?メーカーの社長が教えるメリット・デメリット

生ごみ処理機で堆肥を作る方法やメリットとは?

生ごみ処理機 メリット

ごみが減るのでエコということはもちろん、他にもいろいろなメリットがあります。 そのひとつは、 いつでもすぐに処理ができるので、臭いや虫の発生を防いでくれること。 特に気温の高い夏場には、家の中に保管すると悪臭が出るし、外で保管すると鳥や動物に荒らされるし…、などということも多いですよね。 生ゴミ処理機があれば、そういったトラブルを減らすことができます。 さらには、 処理後のカスを肥料として使える製品も。 家庭菜園やガーデニングをやっている方にとっては嬉しいポイントですよね。 高価な品もあるのが難点ですが、自治体に申請すると助成金が出る場合もあるので、しっかり調べて、便利な生ゴミ処理機をお得に手に入れてくださいね! 本体が予算内でも、トータルのランニングコストが高いと使い続けにくいため、しっかりと確認しましょう。 バイオ式の場合、生ゴミの発酵にバイオチップが必要なので、1回分の量と価格を確認しておくのは必須です。 電力を必要とする乾燥式なら、消費電力をチェックしておきましょう。 あまりに消費電力が大きいものだと、使い続けるのが負担になります。 モード選択で無駄な時間を省いたり、省エネ機能が使用できたりすると安心です。 また、ハンドルでかき混ぜるタイプなら、電力の消費自体をカットできますよ。 粉砕式の場合は、定期的なメンテナンスに費用がかかる場合もあります。 1回のメンテナンスにどのくらいの費用が掛かるのか確認して、長く使えるかどうか判断しましょう。 蛇口付きのバイオ式生ごみ処理機です。 をよく水切りした生ゴミを細かく刻んでエコペールに入れたら、発酵促進剤をふりかけるだけ。 後は繰り返し入れていき、いっぱいになったところで1~2週間ねかせると一次発酵が終了します。 その後は土と1:1で混ぜ合わせ、2~4週間ねかせたら発酵肥料の出来上がりです。 本体にはコックがついていて液肥を抜くことができます。 1000倍に薄めて草花に使えますし、500倍に薄めて排水管やトイレに流せば消臭・洗浄効果も。 生ごみだけでなく、庭の落ち葉や雑草を入れてもOKですよ。 処理方法 バイオ式 処理容量 11L 脱臭率 - 音 - 処理率 - 必要アイテム 発酵促進剤 消費電力 - A4用紙程度のコンパクトサイズで、オシャレなデザインが魅力。 キッチンに置いても違和感がなく、水切りネットをセットしておけば三角コーナーのかわりとして使用できますよ。 また、独自の技術を採用した脱臭ユニットを搭載。 活性炭を使ったフィルターで、乾燥中の嫌なにおいをしっかり脱臭してくれます。 さらに、破砕刃を使わずに温風だけで乾燥させるため、36デシベルと比較的静か。 賃貸物件や深夜でも安心して使用でき、気軽に使いたい方におすすめです。 使用後は、台所用の中性洗剤でつけ置き洗いをするだけでOK。 お手入れまで簡単なので、小まめにお掃除しやすく、いつでも清潔に保てます。 乾燥しやすいもので、容量がバスケットの6割以下の場合は節電モードが、量が多い場合や、しっかり乾燥させたい時は通常モードがおすすめです。 乾燥が終わると自動で運転が終了するので、スイッチの切り忘れもありません。 水切りネットをかぶせた専用バスケットをシンクの隅に置き、三角コーナーとして使います。 処理する時は水を切ってバスケットごと処理機にセットすればOK。 生ごみに直接手を触れることなく、手軽に処理ができますよ。 また、 予約機能を使えば運転開始を3時間後に設定することが可能に。 深夜電力を利用できるので、消費電力が気になる方におすすめです。 乾燥後の処理物は土と混ぜて、1~4週間寝かせれば、有機肥料として使えます。 処理方式 温風乾燥式 処理容量 1回最大700gまたは2L 脱臭率 - 音 約36デシベル 処理率 必要アイテム 脱臭フィルター・バスケット用水切りネット 消費電力 150W 狭いスペースでもすっきり設置でき、ゴミ箱感覚で使える処理機です。 独自のプラチナパラジウム触媒を塗布することで、においの成分を二酸化炭素と水(水蒸気)に化学的に分解して脱臭してくれます。 標準モードとソフト乾燥モードの2種類がありますが、ソフト乾燥モードは標準よりやや低めの温風で乾燥させるので、 においをさらに低減し、処理後は有機肥料として使用可能。 タンパク質の熱による変性が起きにくいため、短期間で肥料成分を土の中に供給できます。 ECサイトの口コミでは、「台所においても、ニオイが気にならなくていい」という声も。 お値段は張りますが、しっかりしたものを購入したい方におすすめです。

次の

生ごみ処理機10選!機能別メリット・デメリット・補助金について学ぼう

生ごみ処理機 メリット

乾燥式の生ゴミ処理機は口コミも様々でどの商品を選べば良いのかわからないですよね。 乾燥式の生ゴミ処理機は、 一般的に普及しているものの、ニオイや手間、音などの点で注意が必要です。 このページでは、生ゴミ処理機を全て買って、比較した生ごみ処理機マニアの筆者が、乾燥式の生ゴミ処理機のメリットやデメリットやおすすめについて、以下の流れで紹介したいと思います。 このページを読んでいただくことで、電気式の生ゴミ処理機の特徴が分かり生ゴミ処理機選びで失敗する確率をグッとさげることができるでしょう。 乾燥式の生ごみ処理機とは? 乾燥式の生ゴミ処理機は 電気の力で温風を当てて乾燥させたり、 熱を加えて炭にするタイプの生ゴミ処理機です。 生ゴミの水分を蒸発させ、カラカラの状態にすることによって、生ゴミを減量し、時間が経ってもニオイが出ない状態にまで処理します。 乾燥式の生ごみ処理機をおすすめできる人とは? 乾燥式の生ゴミ処理機がおすすめな人は下記にあてはまる人です。 無難なものを選びたい人• ニオイや音に敏感ではない人• 価格帯として2〜7万円程度で購入したい人 乾燥式の生ごみ処理機は、価格と快適さのバランスが取れた生ごみ処理機です。 筆者は 生ゴミ処理機は絶対に妥協して買わないことをおすすめしています。 なぜなら、生ごみ処理機はニオイが気になってしまったり、面倒に感じてしまうことで、 使わなくなる人がおられるためです。 そうならないために、メリットとデメリットをしっかりと把握し、あなたの性格に合ったものを選びましょう。 乾燥式の生ごみ処理機の3つのメリット まずは乾燥式の生ゴミ処理機のメリットからご紹介していきます。 価格が安い• 小さい• 商品によって幅がありますが2万〜8万円程度です。 すぐに移動ができますし持ち運びに便利です。 乾燥式はキッチンやリビングなど、室内に設置することができます。 乾燥式の生ごみ処理機の5つのデメリット 多くの方々は「生ゴミのイヤなニオイをなくしたい」「三角コーナーの生ゴミを触りたくない」「ゴミを減らしたい」このような期待を持って購入を検討されています。 満足している人もいる一方で、口コミなどを見てみると、不満に感じておられる方もいるようです。 価格が安いという理由で買うことは絶対におすすめしません。 下記の2つの商品が乾燥式の生ゴミ処理機ですこの章では乾燥式生ゴミ処理機の4つのデメリットについて、実際に筆者が使って感じたことも踏まえながら紹介していきます。 臭いが出る• 少し面倒• 時間がかかる• 音が出る• しかし、脱臭機能が不十分だったり、熱を加えていることにより商品によっては、下記のような問題もあります。 生ゴミのニオイや焦げたニオイ• 生ゴミのニオイが広がってくる あくまでも乾燥処理なので、臭いがなくなるわけではないため注意してください。 生ゴミの水分量が多い時は、処理が終わっていないことがありました。 処理には数時間かかるので、寝る前にセットして、朝確認していますが、朝確認して処理が終わっていなかった時はすごいニオイを発していました。 1〜2週間ほど貯めておけるものもありますが、都度取り出して容器を洗う必要のあるものもあります。 「」は処理時間をセットをして、処理できているか確認し、溜まったら捨てる手間があります。 「」は容器を洗わないと不衛生なので、毎日容器を洗っています。 少量を処理するのは電気代も気になるので、夜にまとめて処理をしていますが、毎回捨てれるものの方がいいなと感じてしまいました。 7kg 乾燥式の生ゴミ処理機は処理に時間がかかります。 商品によっても異なりますし、投入する生ゴミの量や水分量にもよりますが、完全に水分がなくなっていないと、ニオイの原因になるため注意が必要です。 キッチンの扉を閉められるお家や、リビングと距離があるお家では気にならないかもしれませんが、他の家電と違って処理時間が長いので、音が気になる方もおられるようです。 その他:肥料になるまで時間がかかる 乾燥式の生ごみ処理機で処理した生ゴミは、水分がなくなっただけの状態なので、堆肥として使うためには、水分を含ませ夏は数週間、冬は数ヶ月時間を置いて発酵させる必要があります。 そのため、すぐには肥料として活用できません。 また、乾燥が甘いと、田舎などでは動物に掘り返されたりなどの問題もあるため注意が必要です。 生ゴミ処理機の4つの種類と選ぶ際の4つのポイント 生ごみ処理機は購入してから後悔しないために、デメリットを踏まえた上で、下記の4つのポイントを確認してから選ぶようにしましょう。 ニオイがでないこと• 面倒でないこと 手間• 音が出ないこと• サイズ 特に、「ニオイがでないこと」「面倒でないこと」は 使わなくなってしまう大きな理由の1つなので絶対に抑えておきたいポイントです。 4-2. 生ごみ処理機の4つの種類 生ごみ処理機は乾燥式含め4つに分類できます。 それぞれの特徴をまとめました。 乾燥式 生ゴミの水分を熱で蒸発させ、乾燥処理します。 水分がなくなるため、雑菌の繁殖を抑えられ、ニオイの発生を防ぎます。 バイオ式 生ゴミを微生物で分解処理します。 電動で自動で中身がかき混ぜられるので、毎日のお手入れは必要ありませんは、屋外にしか設置することができません。 処理後は堆肥として使用できます。 ハイブリッド式 乾燥式とバイオ式の両方の良い要素を併せ持っています。 乾燥させながら微生物で処理するためニオイが出にくく、脱臭装置も優れています。 コンポスト 微生物で分解し、堆肥を作ることに使用されます。 土に存在する微生物や、EM菌などの菌をふりかけ、発酵を促進させます。 かき混ぜたり、ニオイが出ないようにお手入れに手間がかかります。 4-2. フローチャートでわかる!あなたにベストな生ごみ処理機 生ごみ処理機は大きく下記の4つに分類でき、それぞれおすすめな人は違います。 バイオ式・・・堆肥を手間をかけずに作りたい人• 乾燥式・・・室内で生ゴミの処理をしたい人• ハイブリッド式・・・室内、室外で快適に生ゴミのニオイを無くしたい人• コンポスト・・・手間をかけて堆肥を作るのが楽しい人 上図のフローチャトを参考に、用途やニーズによって、生ごみ処理機の選びましょう。 筆者は、快適さの点で、 ハイブリッド式の生ごみ処理機がおすすめしています。 比較でわかった!人気の生ごみ処理機ランキングおすすめ6選 現在、国内で販売されている生ゴミ処理機の中では、圧倒的にハイブリッド式がおすすめです。 ハイブリッド式はバイオ式と乾燥式の良い部分を取っており、乾燥させながら生ゴミを分解するため臭いも出にくく、脱臭機能にも優れています。 筆者は現在販売されている生ゴミ処理機を買い揃え、比較した結果、快適さには大きな違いがあることがわかりました。 価格の面では乾燥式が安いですが、もし価格だけで選んでしまっては「失敗した」と後悔してしまうかもしれません。 この章では生ゴミ処理機を比較しながらおすすめを紹介していきます。 5-1. ハイブリッド式がおすすめ 下記の表は、生ゴミ処理機の種類別に4つのポイント評価した結果です。 特に重要な「ニオイ」「手間」の観点で唯一筆者が満足感を得られたものは、ハイブリッド式の生ゴミ処理機だけでした。 使って感じた乾燥式とバイオ式の感想… [乾燥式]は、サイズも大きくなくおしゃれで買った直後は良いのですが、生ゴミを処理するとどうしてもニオイを感じてしまいます。 特に魚や肉を処理した時は、魚を焼いた時のような焦げたニオイがして、ニオイがこもるため好きにはなれませんでした。 [バイオ式]はとにかく大きくて重く、運ぶことが大変でした。 また、庭にしか設置できないため、生ゴミを三角コーナーに貯めて、わざわざ庭に捨てに行くことが面倒でした。 5-2. 生ごみ処理機を快適に使うならナクスル• 処理方式:ハイブリッド式 電動タイプ• 電力:60W• 設置場所:室内用 屋外も可 「」は、 価格は高めですが、 室内用でニオイも出ず、 手間がかからないので、 快適に使いたい人におすすめの商品です。 中身が増えないので、ゴミを取り出す必要はありません。 初期コストは高いですが、電気代が安いので、乾燥式と長期的には大差がなくなります。 サイズは少し大きいですが、ニオイや面倒なことがない点を踏まえてもナクスルがおすすめです。 ナクスル以外を選ぶなら ナクスル以外を選ぶなら、下記のおすすめの生ゴミ処理機ランキングを参考にしながら、上から順番に検討するといいでしょう。 生ゴミのニオイを消す、生ゴミを減らすという用途では、「」と、「」のどちらかしかおすすめできません。 7cm 容量:2. しっかりと比較した上で納得して買いましょう。 ナクスル以外の上位3つの生ごみ処理機について、どういう人におすすめなのか紹介していきます。 ・・・室内で生ゴミを減量化したい人におすすめ• ・・・堆肥を手軽に作りたい人、生ゴミの量が多い人• ・・・とにかく安く、サイズが小さいものが良い人 生ゴミリサイクラー[パナソニック]• 方式:乾燥式• サイズ:26. 電力:800W• 音:44db 『』は、熱を加えて生ゴミを炭のような状態にする生ごみ処理機です。 室内で使用することができます。 焦げ臭いような独特のニオイがする点がデメリットです。 炊飯器のように、生ゴミをセットして、量に応じてモードを選択して使用します。 「ニオイや音が気になる」という口コミはありますが、値段もそこそこなので、ニオイや音に敏感でない人は生ゴミリサイクラーを選ぶと良いでしょう。 処理方式:バイオ式• 電力:170W• 音:36db• 設置場所:屋外 「」は、電動式で生ゴミを投入すると、自動でかき混ぜ、分解処理します。 処理容量が多い、屋外型なので、農家の方や、庭が広く家庭菜園などを楽しみたい方におすすめな商品です。 室内で使いたい人や、生ゴミの量が多くない人にはあまりおすすめできません。 排水ホースがついていて、水が出たり、サイズはかなり大きいので、スペースが必要です。 方式:乾燥式• サイズ:21. 3cm• 電力:150W• 音:36db 『』は、温風で生ゴミを乾燥させ、パリパリにするタイプの生ごみ処理機です。 テーブルの上にも乗るコンパクトサイズです。 処理した後に、容器を洗う必要があったり、処理できているか確認が必要なので、少し面倒に感じてしまう人もおられるようです。 価格も安いので、生ゴミを減量したい人はおすすめですが、面倒くさがりの人にはおすすめできません。 [参考]タイプ別にわかる!生ごみ処理機のメリット・デメリットまとめ あらためて、タイプ別に生ごみ処理機のメリットとデメリットをまとめました。 上図に示すように、生ごみ処理機は大きく4種類に分類できます。 それぞれメリットとデメリットがあります。 それぞれ解説していきます。 快適に堆肥を作りたいなら『バイオ式』• 室内で無難に使うなら『乾燥式』• とにかく快適に暮らしたいなら『ハイブリッド式』• 堆肥作りを苦労しながら楽しみたいなら『コンポスト』 快適に堆肥を作りたいなら『バイオ式』 メリット デメリット• 大容量• 室内に設置できない 外に捨てに行く必要がある• サイズが大きい• ニオイが出やすい• 比較的価格が高め バイオ式は 生ゴミが比較的多めな人に合った商品で、家庭菜園などで使用する堆肥をなるべく手間をかけずに作りたい人におすすめです。 ただ、サイズが大きく、室外にしか設置できないので、注意が必要です。 バイオ式でおすすめなのは『』と『』です。 室内で無難に使うなら『乾燥式』 メリット デメリット• 室内に設置可能• 価格が高すぎない• サイズが大きすぎない• ニオイが出る• 動作音が気になる• ゴミを取り出したり掃除など手間がかかる 乾燥式の生ごみ処理機は、価格と性能のバランスがよく、価格が高すぎず、性能もそこそこで使いたい人におすすめの生ごみ処理機です。 ニオイや音に敏感な人はあまりおすすめできません。 乾燥式の中ではパナソニックの『』一択です。 とにかく快適に暮らしたいなら『ハイブリッド式』 メリット デメリット• ニオイが出ない• 手間がかからない• 価格が高い• サイズが少し大きめ ハイブリッド式の生ごみ処理機はバイオ式と乾燥式を融合させた商品で、それぞれ良いところを合わせ持っています。 性能は良かったものの、ひと昔前では価格が高く浸透してきませんでした。 しかし、近年では10万円そこそこの高性能な商品が登場し、とても評判が良いです。 それでも少し価格が高いことと、サイズが少し大きいなどのデメリットはありますが、それ以外の点では他商品を大きく超えています。 良いものを快適に使いたい人におすすめです。 ハイブリッド式でおすすめは「」です。 参考:生産中止の生ごみ処理機に注意 他のサイトでは、生産中止している生ごみ処理機がおすすめとして紹介されているケースがあります 生産中止しているものは、保証が受けられないなどのリスクがあるため注意しましょう。 日立のECO-V30は中古が出回っていますが、生産終了品ですので、ご注意ください。 さいごに 乾燥式の生ゴミ処理機ついて、メリットやデメリットなどについて紹介してきましたがいかがでしたでしょうか? 生ゴミ処理機は良いものを選べば生ゴミのイヤな臭いから解放され、ゴミ捨ての手間まで減るのでとても便利な商品です。 臭いがでないこと• 手間がかからないこと• 音がでないこと• 大きすぎないこと 上記の4つのポイントを抑えた上でしっかりと検討しましょう。 おすすめは下記の4つです。 ・・・ おすすめNo1 快適で便利に使いたい人におすすめ• ・・・ おすすめNo2 室内で生ゴミを減量化したい人におすすめ• ・・・堆肥を手軽に作りたい人、生ゴミの量が多い人• ・・・とにかく安く、サイズが小さいものが良い人 あなたの生活が少しでも快適なものになることを心から祈っています。

次の

生ごみ処理機のおすすめ8選。パナソニック、バイオ式など厳選

生ごみ処理機 メリット

生ごみ処理機とは?メリットは 生ごみ処理機とは、その名の通り家庭で出る生ごみを家庭で処理する機械です。 生ごみをそのまま処理するのに比べ量を減らすことができ、また、屋外ではなく屋内に置いておけるのもメリットです。 バイオ式や乾燥式の処理機では、多くの製品で、処理した生ごみを肥料として再利用が可能になります。 家庭菜園を楽しんでいる人にとってはごみを減らせることに加え、肥料代も浮いて一石二鳥です。 減らすだけでなく、部屋の中の処理機に入れるだけで消臭効果もあります。 消臭フィルターが付いている製品もあるので、臭いに敏感な人はそうした処理機を選ぶと良いでしょう。 生ごみ処理機の種類 生ごみ処理機の主な4つの種類を解説します。 バイオ式• 乾燥式• カッター式• ハイブリッド式 バイオ式 メーカーによって呼び方はさまざまですが、要は微生物を使い、生ごみを有機的に分解して処理する方式です。 自然の森の中などで行われている有機物の処理に近いと言えるでしょう。 処理した生ごみは肥料として再利用できます。 難点としては処理に時間がかかることと、分解用材料の入れ替えが定期的に必要となります。 乾燥式 読んで字のごとく、生ごみを乾燥させて処理します。 生ごみを構成するものはほとんどが水であり、乾燥させることで全体の量を大幅に減らすことができます。 シンプルでありながらも、ごみの量削減に効果の高い方式と言えるでしょう。 カッター式 カッターで生ごみを粉砕する方式です。 比較的、昔からあるタイプの処理方式と言えるでしょう。 切り刻んで処理するので、処理が非常に高速です。 乾燥などと合わせたハイブリッド式の製品も多く、毎日たくさんの生ごみを処理する必要のある場合は有力な選択肢です。 ハイブリッド式 切り刻んでから乾燥させるなど、いくつかの方式を組み合わせて処理する方式です。 複数の方式を組み合わせることで、より処理の深度を高めている方式とも言えます。 時間がかかる方式とカッター式を組み合わせるなど、方式同士の弱点を補うような製品もあります。 生ごみ処理機の電気代は高い? そもそも乾燥式やバイオ式などの方式の処理機では、電気を全く使わない製品も既に存在し、そうした製品では当然ながら電気代自体が不要です。 かつ、最近ではこうした処理機の人気が高まっており、今や主流とすらなりつつあります。 電気を使うタイプでも冷蔵庫や冷暖房器具のように、長時間に渡って高い出力が必要というわけでもないため、極端に電気代を心配しなければいけないような電化製品とも言えないでしょう。 生ごみ処理機のおすすめメーカー 生ごみ処理機のおすすめメーカーは、以下の2つです。 パナソニック• エコクリーン パナソニック 日本が誇る家電メーカーの雄であり、生ごみ処理機ではアマゾンで大変人気の高いメーカーです。 比較的高価格な製品が多いものの、コンパクトで使い勝手の良い処理機が多くなっています。 デザイン的にもシンプルでフタもワンプッシュと、ほとんどごみ箱感覚で使える処理機をたくさん出しています。 エコクリーン 「自然にカエル」などで知られる、バイオ式処理機の有力メーカーです。 電気を全く使わず、独自のチップ材と生ごみを攪拌することで処理します。 チップ材の交換も4〜5か月に一度で済み、電気代が不要なことと合わせ、非常に経済的に生ごみを処理することができます。 生ごみ処理機の選び方 生ごみ処理機の選び方を以下の3つのポイントから解説します。 電気式か非電気式か• 肥料を使うかどうか• 1日にどの程度の量を処理するか 電気式か非電気式か どちらかと言うと非電気式 バイオ式や乾燥式など の処理機の方が最近は人気が出ていますが、電気式にもメリットはあります。 非電気式は、言うまでもなく電気代が一切かかりません。 一方電気式では電気代がかかることに加え、処理機によっては非電気式と同様、消耗品の交換が必要な製品もあります。 ただ一概には言えませんが、電気式は非電気式に比べ、高速に処理できる製品が多くなっています。 肥料を使うかどうか 生ごみ処理機を使う大きなメリットが、処理した生ごみを肥料として使えると言うことでしょう。 ごみの処理よりもむしろ、このために処理機を購入する人もいらっしゃるかもしれません。 バイオ式や乾燥式では、ほとんどの処理機で生ごみを肥料として再利用が可能です。 さらに生ごみをそのまま土に埋めた場合に比べ、ペットなどに掘り返されにくいというメリットもあります。 1日にどの程度の量を処理するか 多くの量を処理する場合は、カッター式が有利と言えるでしょう。 カッター式はハイブリッドの製品が多く、かつ電気式である場合がほとんどです。 3人家族くらいであれば、1日に処理する量はせいぜい400gもあれば十分でしょう。 よほど小型の処理機でない限り1回の処理能力はそれくらいはありますし、時間のかかるバイオ式でも、困ることはあまり無いと思われます。 生ごみ処理機のおすすめ8選 パナソニック 家庭用生ごみ処理機 MS-N53-S パナソニック 家庭用生ごみ処理機 MS-N53-Sの仕様・製品情報 サイズ 26. コンパクトで置き場所を選ばない• 生ごみを肥料に• ワンプッシュオープンのフタ パナソニック 家庭用生ごみ処理機 MS-N53-Sのレビューと評価 パナソニックの定番生ごみ処理機 5万円を越すという価格ながら、アマゾンで大変人気の高いパナソニックの生ごみ処理機です。 コンパクトなボディーで置く場所を選ばず、独自のスパイラル方式で強力な脱臭効果を発揮します。 フタもワンプッシュでオープンと、価格はそこそこながらも、非常に機能の充実した処理機です。 パナソニック 家庭用生ごみ処理機 MS-N53-Sはこんな人におすすめ! 定番の安心できる生ごみ処理機が欲しい方に パナソニック 家庭用生ごみ処理機 MS-N22-H パナソニック 家庭用生ごみ処理機 MS-N22-Hの仕様・製品情報 サイズ 47. アマゾンで1万円以下• 温風乾燥方式採用• 400gを90分で処理 パナソニック 家庭用生ごみ処理機 MS-N22-Hのレビューと評価 パナソニックブランドのお求めやすい生ごみ処理機 同じパナソニックの生ごみ処理機ですが、こちらはアマゾンで10,000円以下と、かなりお求めやすくなっている製品です。 温風乾燥方式を採用しており、400gをわずか90分で処理します。 除菌も可能で、片手でワンプッシュオープンが可能。 安価でも、基本性能はしっかりとした生ごみ処理機です。 パナソニック 家庭用生ごみ処理機 MS-N22-Hはこんな人におすすめ! エコクリーン 自然にカエル S 基本セット 手動式 の仕様・製品情報 サイズ 42. 8cm 重量 約4. 微生物処理方式で処理• 菌が有機物を分解• チップ材の交換は4〜5か月ごと エコクリーン 自然にカエル S 基本セット 手動式 のレビューと評価 バイオの力で分解する、経済的な生ごみ処理機 電気を使わず、バイオの力 微生物処理方式 で生ごみを処理します。 チップ材を加えることで処理効率を増しており、交換も4〜5か月に一度だけ。 非常に経済的に生ごみを処理できるセットです。 エコクリーン 自然にカエル S 基本セット 手動式 はこんな人におすすめ! エコクリーン ル・カエル 基本セットの仕様・製品情報 サイズ 32. 微生物方式が7,000円以下• 生ごみを入れて混ぜるだけ• 不織布の袋でそのまま捨てられる エコクリーン ル・カエル 基本セットのレビューと評価 お手頃価格で手に入るバイオ処理環境 こちらも同じくエコクリーンによる微生物処理方式の生ごみ処理機ですが、アマゾンで価格が7,000円以下という低価格モデルです。 もちろん電気不要で、使い方は生ごみの水分を切ってから中に投入して混ぜるだけ。 菌が生ごみを分解し、捨てる時はあらかじめセットしておく不織布の袋で、掃除機のようにそのまま捨てることができます。 エコクリーン ル・カエル 基本セットはこんな人におすすめ! REBRAN(リブラン) エアドライ RBIIIの仕様・製品情報 サイズ 28. 73cm 重量 3. 05kg 乾燥最大容量 約8l REBRAN(リブラン) エアドライ RBIIIのおすすめポイント3つ• 強力な脱臭効果• 生ごみを乾燥させることで、強力な脱臭効果を発揮します。 さらに、乾燥させることで生ごみが植物用の肥料としても使用可能に。 既に発売から15年以上という、ロングセラーの処理機です。 東北大学と共同研究• 生ごみを水・炭酸ガス・基材に• 脱臭装置付き 家庭用バイオ式生ごみ処理機 バイオクリーン BS-02のレビューと評価 高級・高性能なコンポスト分解方式の処理機 約10万円という高級生ごみ処理機です。 脱臭装置も付いており、臭いも極力低減。 価格は高いものの、非常に高性能な生ごみ処理機です。 家庭用バイオ式生ごみ処理機 バイオクリーン BS-02はこんな人におすすめ! 島産業 パリパリキューブ ライト PCL-31-BWRの仕様・製品情報 サイズ 21. 3cm 重量 2. 砕けば有機質肥料に• 独自の消臭ユニット搭載 島産業 パリパリキューブ ライト PCL-31-BWRのレビューと評価 乾燥で量を削減&強力消臭 生ごみの中で最も多くを占める水分を、乾燥させることで除去。 ゴミとして出す際に量を減らせるだけでなく、乾燥した生ごみを細かく砕けば、有機質肥料として再利用が可能です。 乾燥させることで臭いも低減。 さらに、独自の消臭ユニットも装備しています。 島産業 パリパリキューブ ライト PCL-31-BWRはこんな人におすすめ! 乾燥させて量を減らしたい人に HITACHI キッチンマジック 家庭用生ごみ処理機 シルバー HITACHI キッチンマジック 家庭用生ごみ処理機 シルバーの仕様・製品情報 商品パッケージ寸法 44. ツインカッター採用• 処理がスピーディー• スピーディーに処理することができ、さらに砕いたゴミをヒーターで乾燥。 最大で三角コーナー4杯分までの生ごみを一度に処理が可能で、大家族でも安心して使うことができます。 HITACHI キッチンマジック 家庭用生ごみ処理機 シルバーはこんな人におすすめ!.

次の