オンライン麻雀 おすすめ。 オンライン麻雀(アプリも)おすすめ発表!ネット麻雀で対局して検証

【厳選7タイトル】おすすめオンライン麻雀ゲームの特徴や魅力をまとめてご紹介!|オンラインゲームPLANET

オンライン麻雀 おすすめ

麻雀ゲームの中で一番人気があるのはやはり「ネット麻雀」です。 最大の魅力は実際の人を相手に麻雀を打てることです。 しかも多くのゲームでは自分の戦績を残せたり、牌譜を確認・再現などもできるので自分のクセなども研究できるんです。 現在はネットにつながればいつでもどこでも麻雀ができます。 昔は場所・メンツ(四人)・道具が揃わなければ遊べなかったのに便利になりましたね。 管理人は無類の麻雀好きです。 初めてネット麻雀をプレイしたのはゲームセンターでしたが、あの感動は今も覚えています。 「 すんごいもん作っちまったなオイ!」と。 しかし、 ゲーセンの麻雀ゲームは財布にとても厳しいヤツでした。 いくら100円玉つっこんだことか・・。 今ではPCかスマホ持ってれば、お金使わずに遊べる無料麻雀ゲームがたくさんあります。 種類も様々ですが、こちらでは初心者はもちろん、ベテランさんでも楽しく遊べる麻雀ゲームをまとめてみました。 一人でも多くの人に、 麻雀という奥の深いゲームを知ってもらえたら嬉しいです。 ふとした時間にプラウザ麻雀ゲーム 麻雀は基本的に時間がかかります。 ハマっている人はふとした時に麻雀牌を思い浮かべるもんです。 ネット麻雀も気軽にできるほうですが、やはり時間がかかりますよね。 そんな時におすすめなのがプラウザの麻雀ゲームです。 基本的な四人麻雀や三人麻雀はもちろん、変わり種のゲームがたくさんあるんですよ。 数牌の一種類だけを使用したものや、一九字牌しか使用しないもの、反対にタンヤオ牌のみを使用したものと様々です。 ほんの5分、いや3分もあれば麻雀ゲームが満喫できます。 完全無料でメールの登録も必要なし!気軽に遊べる麻雀ゲームもまとめました。

次の

ニンテンドースイッチの麻雀ソフトはどれがおすすめ?良い点、悪い点などをまとめて紹介

オンライン麻雀 おすすめ

全国のプレイヤーと本格的な対戦が楽しめる! 全国の猛者たちと麻雀対決ができる「オンライン麻雀Maru-Jan」は、実際に 「全自動麻雀卓」を徹底取材して作り上げた「リアリティ」が光る秀逸な作品だ。 「山牌」も実際にプログラミングによって積まれており、対局後には「捨牌」と共に見ることができるので、自分の「読み」を確かめることも可能だ。 プレイヤーの実力を示す指針として 「段位」「レーティングシステム」「フラッグシステム」を導入している本作は、個々のプレイヤーの実力を 「可視化」することでモチベーションを持続させるメカニズムを持っている点がポイントだ。 自分よりも格下の相手に負けた場合は大きく 「レーティング」を下げてしまうので、 どのような対局でも「全力で戦う」必要が出てくるのだ。 また、定期開催イベントの 「丸雀プロリーグ」で「上位クラス」にランクインすれば 「称号」と「特典」が手に入るので、さらなる高みを目指す楽しみがある。 48時間以内にメールが返信されるサポート体制も高評価ポイントだ。 「オンライン麻雀Maru-Jan」は、全自動麻雀卓の雰囲気を味わいながら全国のプレイヤーと対戦したいユーザーにはおすすめのオンライン麻雀ゲームだ! 初心者から上級者まで使いやすい各種設定のオートモードで誰でも楽しめる! 「オンライン麻雀Maru-Jan」では、試合開始前に 「待合室」に入るシステムになっている。 試合終了した卓がプレイヤーの離脱によって「卓割れ」するか、「待合室」にプレイ可能な人数が揃うと、先に「待合室」に入ったプレイヤーから順番に対局に参加できる仕組みだ。 対局ではプレイ画面下部に自分の「手牌」と「名前」「段位」「称号」が表示され、スタート直後の「段位」は「20級」で、対局の結果に応じて獲得できる「雀力」の数に応じて昇級するようになっている。 対局画面では対戦相手の 「名前」と 「段位」「称号」も表示されるので、警戒すべき相手が分かりやすい。 画面右側にはプレイ中に使用できる「ショートカットキー」が並び、 「ポン」「チー」「カン」ができる「鳴きあり」と「鳴きなし」の切り替え及び上級者向けの 「鳴き指定」ができるようになっているぞ。 ある程度 「自動」で進めたい場合には「AI」に自分の牌を任せる 「代走」が便利だ。 どうしても重要な用事でPCの前から離れなくてはならない場合でも、 「代走」を設定すれば滞りなく対局を続行できる。 「理牌オート」は自動で牌をソートしてくれる便利な機能だが、 「手出し位置」や「鳴きの形」から手牌を読まれたくない人は「手動」に設定しておこう。 プレイヤーの対局データは毎回細かく記録されており、対局後にはメインメニューの「牌譜ビューア」の項目から詳細なデータを閲覧できるようになっている。 過去の対局を分析することで自分の勝因や敗因を確認し、さらなる技術向上に繋げることができるぞ! お馴染みのルールから制限のかかった一風変わった麻雀も魅力的! 最初に表示されるのは「通常ロビー」の画面。 ここでは手持ちの「ポイント(場代)」を消費して 「東風戦(80ポイント)」「東南戦(150ポイント)」「三麻(100ポイント)」の卓で遊べる。 卓には 「体験卓」「標準卓」「高速卓」「割れ目卓」などの種類があり、それぞれの卓で 「打牌制限(持ち時間)」の秒数が変化する。 時間は最短が「高速卓」の3秒で、最長が「体験卓」の30秒だ。 「ロイヤルロビー」は「常連」または「上級者」向けのロビーで、ここでは対局結果に応じて「場代(ポイント)」が増減する仕組みになっている。 それぞれの「場代」は「通常ロビー」よりも高く設定されており、また一定以上のポイントを所有していることが「入室条件」になっているので、ポイントそのものを十分に持っていないと痛い目に遭う可能性が高い。 初心者のうちは避けたほうが無難だ。 ちなみにこの「ロイヤルロビー」の卓で1位を獲得しても「場代」は返ってこないので注意しよう。 「フルHD」と「4Kモニター」向けの「Maru-Jan for 4K」も登場 「オンライン麻雀Maru-Jan」は 非常に美しいグラフィックを持つオンライン麻雀ゲームだが、 「フルHD」から 「4K」までの解像度を持つPCモニターを利用しているユーザーに向けて開発された「高解像度版」も同時展開している。 それが「Maru-Jan for 4K」だ。 「Maru-Jan for 4K」は、「フルHD(1920x1080ピクセル)」から 「4K(3840x2160ピクセル)」までの解像度を持つPCモニターに最適化された 「オンライン麻雀Maru-Jan」の高解像度バージョンで、プレイ画面サイズは通常盤の「1034x768ピクセル」のちょうど2倍となる 「2048x1536ピクセル」で提供される。 最近は「フルHD」以上の解像度を持つPCモニターの利用者が圧倒的に増えているので、これは嬉しい仕様だと言えるだろう。 通常盤「オンライン麻雀Maru-Jan」と「Maru-Jan for 4K」はどちらも基本無料で提供されているので、自分のPCモニター環境に合ったバージョンをダウンロードして楽しもう。 0c以上 DirectX 9. 0c以上 回線速度 256kbps 以上 ADSL、光回線、CATVなどのブロードバンド環境 Copyright C 2004 SignalTalk All Rights Reserved. 【良かった点】 実際の自動卓を研究したと言うだけあって他とちょっと雰囲気が違う麻雀が打てるような気がする。 (ある程度偏りの様な物が存在している?) 操作が簡単 有料だけあってマナーは良い方だと思います。 おっさん(私も含め)以上しかいないせいかもしれないけれどユーザー名がカオスで面白いw こんな恥ずかしい名前を良く付けれるよなってのが多いw SNS的なものは全く無いのでトラブルにはなりにくいでしょう。 音とかは良いですね。 女性が結構いる感じがします。 ゴールデンタイムには普通卓に400人程度は参加していて活気があります。 【悪かった点】 ある程度の偏りの様な物が曲者でしょっちゅう同じ人が配牌時に么九牌が重なってるような気がする。 かなり流れにメリハリがありなんとなく予測できてしまう。 300プレイ位ではわからないのかもしれないが、普通に麻雀をしたい人は面食らうかもしれない。 偏りがパターン化しちゃってるのは頂けないですね。 この辺は良いとか悪いとかでは無く、個々の好き好きでしょう。 (私には合わないと感じたので悪い点にしてしまった。 ) 後、鳴きがデフォルトで「鳴き無し」になっており、毎卓「鳴きあり」にしないとダメなので、初心者は気をつけましょう。 (正直この点は初見殺しなのでフェアじゃないですね。 意図的にやってると思われ悪質だと感じました。 理由があるのでしょうが、不親切過ぎます。 ) 音のミュートもできないぐらい簡単(簡素)なのはどうかと思う。 多分もう追加でポイントは買わないと思うけど頑張って欲しいですね。 ちょっと高めなのもマイナス点ですね。 参考になった 5 [1586]• 家に居ながらゲームセンターで麻雀をしているような感覚になれる。 強い人もいれば弱い人もいて、またユーザーも多く対戦相手を待つ時間も少なくていい。 イベントもよく開催されイベントでランキングに入ればポイントがもらうこともでき、運営も親切。 オンライン麻雀のなかでもゲーム速度は最速で、またグラフィックも大変きれい。 初回登録時にはお試しポイントももらえるので、それでとりあえずプレイしてみてから今後どうするか判断したいできる点もいい。 年に数回アンケートが行われ、ユーザーの意見もしっかりと聞いてくれるので、今後のアップデートも楽しみだ。 麻雀ゲームとしては、麻雀好きならこれをやって間違えはないだろうし、初心者にもお勧めしたい。 【悪かった点】 とにかくネックとなるのがプレイ料金が高めなことだろう。 ゲームセンターよりは若干安めか、ほぼ同じ料金くらい。 また、イベントは時間が決められているため、人によっては参加ができないことがあったりする。 イベントによりポイントがもらえるのは悪くないのだが、商品や賞金がもらえるイベントもあったりすると、もっとよかったなと個人的には思ったり・・・。 参考になった 1 [643]• 雀龍門よりは動作が安定している。 -従量課金の高さが半端ではない=アホな事をする人・初心者・マナーの悪い人が極めて少ない -やりこみ派の人が多いのでプレイヤー層のレベルが平均的に他よりは高め。 -戦績や機能も充実している -ゲームセンターのネット麻雀の値段でも万単位でつぎ込める人ならこの麻雀はオススメ 【悪かった点】 -グラフィックは思ったほど綺麗とはいえないが好み次第なのでなんとも…。 -音楽もたいしたことがない -とにかく従量課金の高さが半端ではないので「気軽に麻雀」程度にしか考えてない人はまず向かない。 参考になった 1 [1167].

次の

PCオンライン麻雀ゲームおすすめ人気ランキング2020【無料アプリ6選】

オンライン麻雀 おすすめ

オンライン飲み会前に必ず確認しておきたい回線速度 オンライン飲み会は、複数人でのビデオ通話になるため、事前に自分のネット回線がどんな状況になっているのかは確認しておいた方が良さそうです。 Wifiとスマートフォンの回線速度の目安はやや変わります。 そもそも、インターネットの通信速度は、「Mbps」という単位で表示されます。 このMbpsとは、一秒間にメガバイトのデータを通信することができるという意味です。 この速度にも、「上り(データ送信・アップロード)」と「下り(データ受信・動画視聴)」があります。 どちらもスムーズに利用できるには、 「10Mbps(スマートフォンの場合5Mbps)〜30Mbps」が推奨されます。 簡単に、ネットの回線速度を確認するなら、下記の「Fast. com」でご確認ください。 (Wifiとスマートフォン共に可能) ページにアクセスすると自動的に回線速度を分析してくれますよ。 Fast. com: 「オンライン飲み会」で使う「アプリ」を選ぶ基準とは では、オンライン飲み会で使うアプリを選ぶ基準にはどのような項目があるのでしょうか?オンライン飲み会に使える各アプリを使う上で大切なことを少しピックアップしてみました。 始めやすさ 「オンライン飲み会やってみようか!」となり、いざアプリをインストールして、開いてみるとなかなか始めるまでに「会員登録」などの手間がかかってしまうこともあります。 なるべく、アプリを開いてすぐに「オンライン飲み会」をしたい人が多いと思いますので、その点にも触れます。 映像&音声品質 アプリに飲み会参加者がJOINしたとしても、画質が悪かったり、映像が止まってしまったり、非常に遅れて動いたりすることは、会話する上で大事だと思います。 また、どうしても参加人数が増えてしまうと通信回線が重くなってしまうので、映像おすすめの参加人数もご紹介します。 参加人数 アプリによっては、無料で利用できる人数制限は限られている場合もあります。 ですので、アプリによって「無料で利用するには参加人数の上限があるのか」などについてご紹介します。 その他のおすすめ機能 いくつかのサービスでは、「背景」を変更することができたり、またオンライン飲み会に合わせて、宅配機能の搭載を検討しているアプリもあります。 また、特徴的な機能もご紹介します。

次の