どん ち けた。 どんちけた:平均台など棒の上でのあそび

/);`ω´)<国家総動員報 : 韓国「日本を怒らせてはいけない(恐怖」日本「何で?」韓国「現金化の報復カード10桁持ってるらしい(震え声」10桁=10億→

どん ち けた

奄美大島の屋入(やにゅう)現龍郷町でよく釣りをしていたという菊池源吾。 沖永良部島の座敷牢の中でも木を削り烏賊餌木を作っていたという。 ある日土持政照が座敷牢の西郷を尋ねると二杯の大イカを持っていて、不審に思った政照がどうしたのか聞いてみると『実は徳之島に流された時の船員が、昨日挨拶に来た。 私が作った餌木を見て『是非かしてください、いっぱい釣って差し上げます』と言ったんだ。 これは彼が釣ったものだ、しかし烏賊餌木はそのまま持ち帰られてしまった。 不届きな男だ』と笑ったという。 『広辞苑』に記載されている餌木の記述。 菊池源吾が奄美群島に流謫の身となった時広まったという説があります。 第一回は終了しました) 西郷どんは安政6(1859 年1月12日から文久2(1862 年1月14日まで龍郷村に滞在 菊池源吾と名乗っていました。 藩主斉彬の突然の死の後、斉彬の政敵井伊直弼を倒しての幕政改革を目指した西郷どんでしたが、朝廷への働きかけや様々な策謀が災いして、僧月照と共に入水自殺を図るはめになります。 しかし、西郷どんは運命に活かされ、藩命で島流しにされることとなりました。 奄美大島で西郷どんは幕府に生存を突き止められないようにと、正体を伏せる意味で「菊池源吾」と名乗りましたが、この名を読み替えれば、吾の源は菊池なり、となります。 西郷どんは生涯にわたり、様々な名前を使いましたが、菊池源吾という名は他の名前と違い、特別な響きを持っています。 さらに 2人の子供たちにも菊の字を使っています。 西郷家の先祖は菊池出身だったのでしょうか?西郷どんは菊池にどんな思いを持っていたのでしょうか? 連動企画講座として菊池市生涯学習センターにて全4回『西郷隆盛と菊池の未来』が実施中です!昨年度は鹿児島にある西郷南洲顕彰館館長でもあり文学博士でもある徳永和喜氏をお招きし『西郷どんの魅力』を分かりやすく、楽しく語ってもらいました。 第3回講演は9 月15日(土) 14:00より『西郷隆盛の教え』が行われます。 講師は 鹿児島の 『 西郷南洲顕彰館 』 館長、德永和喜氏に再びお越しいただきます。 最終の第4回講演は11月。 「命もいらず名もいらず」の著者、北康利氏をお迎えする予定とのこと。 お問い合わせは菊池市中央公民館 0968-25-16 72 まで。

次の

軍艦じゃんけん

どん ち けた

これは「結句」と言って、普段しない妙ないいまわしや祝福の言葉を使って、昔話である、これで終わりである、という宣言をするものです。 東北地方なら、 【青森】どっとはらい、どっとはらえ、 どとぱれあい、それきってどっとはれぁ 市ゴ栄えた とっちぱれ 【秋田】 とうぴんぱらり、とっぴんぱらりのぷう 【岩手】一期栄えた、孫子繁えた いんちくもんちく栄えた 【宮城】どんとはれあだず、 どんとはらい法螺の貝コぼうぽと吹いた 【山形】 とーぴんぱらり このほか目立ったものだけ挙げますと、 【新潟】いっちごさっけえどっぺん甘酒沸いたら飲んどくれ辛酒沸いたら飲んどくれ つけながしょんだら噛んどくれ 【岐阜】しゃみ 三味 しゃっきり 【福井】候べったりかっちんこ、そうらいてんぽろりん、 【岡山】昔こっぽり大山やまの鳶の糞ヒンロロヒンロロ 【広島】申し昔けっちりこ 【高知】むかし真ッ斯ゥ焚き抹香猿のつべぎんがり など。 リズミカルな部分はたいてい語り手によってオリジナルアレンジとなります。 A ベストアンサー 昔話 民話 の締めくくりの言葉です。 おそらく新潟県、佐渡の方言だと思います。 「一期栄えた」 = いきがポーンとさけた、いっちゃはんじゃさけた = めでたし、めでたし このようになります。 下記は長野県、小諸市のHPです。 以下、そこから抜粋しました。 『新潟(長岡市)の方言ってこんな感じです。 「むかーしあったてんがの。 」(むかし、あったとさ)という言葉で始まり、「いきがポーンとさけた。 」(一期栄えたからきた言葉でそれから幸せに暮らしました。 めでたしめでたしという意味)で締めくくられます。 city. komoro. nagano. その中に新潟県の佐渡の民話「鬼の田植え」があります。 下から三つ目 そこをクリックして、さらに次のページをめくってみてください。 見難いですが右下をクリックします 一番最後に「いっちゃはんじゃさけた」と書いてありますよね。 fujipan. おそらく新潟県、佐渡の方言だと思います。 「一期栄えた」 = いきがポーンとさけた、いっちゃはんじゃさけた = めでたし、めでたし このようになります。 下記は長野県、小諸市のHPです。 以下、そこから抜粋しました。 『新潟(長岡市)の方言ってこんな感じです。 「むかーしあったてんがの。 」(むかし、あったとさ)という言葉で始まり、「いきがポーンとさけた。 」(一期栄えたからきた言葉でそれから幸せに暮らしました。 めでたしめでたしという意味)で締めく... A ベストアンサー 1 「ず」と「づ」は歴史的には発音が違っていましたが、現代では発音上の区別がありません。 したがって、『現代仮名遣い』 昭和61年7月1日 内閣告示第1号 では、いくつかの例外を除いて、「づ」を用いないように定めています。 ご質問のお答えは、「ずつ」が正解です。 2 「分かる」「解る」「判る」は、それぞれ意味が少し違います。 【解る】理解する。 ことの筋道がはっきりする。 【判る】判明する。 明らかになる。 【分かる】上二つの意味を併せたいい方。 『常用漢字音訓表』 昭和56年10月1日内閣告示 に、「分かる」はあるのですが、「解る」と「判る」は載っていません。 「解」も「判」も常用漢字表には含まれていますが、「わかる」という読み方が載っていないのです。 新聞やテレビなどのマスコミが「分かる」を優先的に使う理由はそこにあります。 質問者さんが公務員で、公文書を作成されるなら、「分かる」に統一する必要があります。 民間の文書や私信なら、「分かる」「解る」「判る」を使い分けて、日本語の奥ゆかしさを味わいたいものです。 A ベストアンサー 「立ち居振舞い」とは、立ったり座ったりの身のこなし、日常の動作のことです。 立ったり座ったりだから「立ち居」なのです。 「立ち振舞い」だと座ることが抜けてしまいます。 (笑) では、なぜ「立ち振舞い」が、同義語として載っている辞書があるのか? 、言葉は生き物です。 正しくなくとも使う人が大勢いると誤りもやがては誤りではなくなってしまうのです。 まず,サブタイトルに「アスビョルンセンとモーの北欧民話」とついていることからも分かるように,この話はもともと1841~44年にノルウェーのピーター・クリステン・アスビョルセン Peter Christen Asbjoernsen, 1812-1885 とユルゲン・モー Joergen Moe, 1813-1882 が刊行した『ノルウェー民話集』に収められているものです。 この作品は早くも1859年にイギリスでPopular Tales from the Norseという英訳本が出版され,これを訳したのがデースント George Webbe Dasent, 1817-1896 という人です。 日本で発売されている絵本は,マーシャ・ブラウン Marcia Brown, 1918- の絵で,1957年にアメリカで発売されたものが元になっています。 この英文は先ほどのデースントによる訳です。 瀬田さんがノルウェー語から直接翻訳したか,それともデースント訳の英文に基づいたかはちょっとわかりませんが,絵がアメリカ版と同じですし,英訳からの再翻訳の可能性が高いのではないかなあ。 さて,第1の疑問点「あぶらがぬけていなければ」ですが,英文では And if the fat hasn't fallen off them, why, they're still fat となっています。 従って,意味としては「皮下脂肪(体内脂肪かも)が落ちてやせてしまっていなければ」といったところでしょう。 ここで気がつくのが,「あぶら」も「太っている」も同じfatという単語なので,一種のシャレのようになっていることです。 もっとも,語源は同じ(元々「太っている」の意味だったのが,「太らせている原因=脂肪」などの意味に広がっていった)ですので,本当のシャレというよりは同義反復というべきかもしれません。 このfatという単語は,それまでの作中にたびたび登場しています。 まず冒頭の「やまの くさばで ふとろうと,やまへ のぼっていきました。 」が,go up to the hillside to make themselves fatですし,橋を渡るときの「やまへ ふとりに いく ところです」もI'm going up to the hillside to make myself fatです。 そんな感じでずっと来て,最後にif the fat hasn't fallen off them, they're still fatですから,二つのfatという言葉が,今までの流れを受けたしめくくりのセリフとして快くこだまするのでしょう。 こういうのは日本語に直しにくいですよね。 無理にやってみると,「もし太さの元が取れてなければ今でも太っているはず」ですが,これでは意味不明です。 しかたがないので,同じ単語の繰り返しという効果は犠牲にして,「あぶら」という訳で妥協したのではないでしょうか。 「チョキン,パチン,ストン」は英文ではSnip, snap, snout. snipは紙などを鋏で切るときの音ですし,snapは指を鳴らすときの音に使いますので,英語の語感を生かしたうまい訳だと思います。 日本の「とっぴんぱらりのぷう」や「どっとはらえ」などと同様,欧米の民話でも,子どもたちをお話の世界から現実の世界に引き戻す「おまじない」が最後についていることがしばしばあります。 グリム童話でも,話の末尾に「これでお話はおしまい。 ほら,そこに鼠が走っている,捕まえた子は毛糸の帽子を作ってもいいですよ」みたいなフレーズがついているのがあったかと思います。 おそらく,snip, snap, snoutもその一種で,特に深い意味はないと思われます。 ただ日本語と違って,英語ではその先まで続けるとSnip, snap, snout. This tale's told out. となっていて,snoutとoutが韻を踏んでいます。 また,この一節はこのお話を離れて,一種の決まり文句として「これでおしまい,めでたしめでたし」のような感じで,文章の中などで使われることがあります。 ちなみに,ノルウェー語版では snipp snapp snute, her er det eventyret ute. となっていて,これまたsnuteとuteが韻を踏んでいます。 というわけで,私なりの結論としては 1.「あぶらがぬけてなければ」は「その後何らかの事情で脂肪が落ちて,やせたりしてなければ」の意味。 5さんも書かれているように,話者はヤギたちがその後どうなったか,いまどうしているかは知らないというスタンスで,推量形で話を終えています。 そうすることで,話が終わった後に余韻が残るように感じられます。 逆に,「プロジェクトX」のように詳しい後日談を入れるというのも,もっと長い文学作品などでは時々見られる手法ですが,民話ではあまりなさそうです。 「やせてなければ太っているでしょう」というのは当たり前ですが,わざとそういう言い方をしておどけてみせたのかもしれません。 またfatの繰り返しによる音の響きの効果もあると思います。 2.チョキン・パチン・ストンは特に深い意味はなく,民話によく見られるエンディングの一つ。 と思っています。 最後に,この回答を書く上で参考にしたページを上げておきます。 html ノルウェー語の原文が載っています。 De tre bukkene Bruse som skulle g? til seters og gj? pitt. html 英訳文が載っています。 folktale. html 民話の終わり方に見られるいろいろなパターンを集めたページです。 長くなってしまってすみません。 参考になれば幸いです。 原語でどうなっているかが問題だ,とのご指摘がありましたので,それを引き継いで補足しようと思います。 まず,サブタイトルに「アスビョルンセンとモーの北欧民話」とついていることからも分かるように,この話はもともと1841~44年にノルウェーのピーター・クリステン・アスビョルセン Peter Christen Asbjoernsen, 1812-1885 とユルゲン・モー Joergen Moe, 1813-1882 が刊行した『ノルウェー民話集』に収められているものです。 この作品は早くも1859年にイギリスでPopular Tales from the Norseという...

次の

熊本県の方言

どん ち けた

ルール [ ] 基本ルール [ ] 様々なローカルルールが存在するが、以下は基本的なルールの紹介である。 二人で遊ぶ。 手の構成はと同じ。 ただし、グーは「」、チョキは「」、パーは「」と呼ぶ(多数)。 まずは親決めのじゃんけん。 「せーんーそ!()」「ぐーんーかん!(軍艦)」のかけ声(ローカルバリエーション多数)とともに、じゃんけんを行う。 どちらかが勝つまで行い(あいこでもかけ声は変わらない)、勝った方が親となる。 親はかけ声を担当する。 親は「軍艦」「朝鮮」「ハワイ」のうち任意の手をかけ声とともに3回出す。 子も親のかけ声に合わせて任意の手を3回出す。 これが1セットであり、以降繰り返される。 ただし、1セット内の1回目と2回目の手は同じ。 また、2セット目以降の1・2回目の手は、一つ前のセットの3回目の手と同じ。 かけ声の例1:「せーんーそ! 1セット内の1・2回目の手が異なることを認めるバリエーションもある。 かけ声の例2:「せーんーそ! 1セット内の3回目の手で勝敗を競う。 勝敗のつけかたには様々なバリエーションが存在する。 下記はその例。 例1:親が3回目の手で子に勝つと、そのまま続行。 親が3回目の手で子に負けると、次セットから親子が交代。 3回目の手で親と子が同じ手を出すと、親の勝利でゲーム終了(点数先取制の場合、親が1得点)。 例2:親が3回目の手で子と同じ手を出すと、そのまま続行。 親が3回目の手で子に負けると、次セットから親子が交代。 3回目の手で親が子に勝つと、親の勝利でゲーム終了(点数先取制の場合、親が1得点)。 例3:親が3回目の手で子に負けると、次セットから親子が交代。 親が3回目の手で子に勝つか同じ手を出すと、親が1得点(このルールの場合、点数先取制にしないとすぐにゲームが終了してしまう)。 3回目が「3本とって勝利」という。 )というものもある。 もし、2回目であいこでは無くなってしまったら、その時点で勝っている側が「軍艦、軍艦、ハワイ!」などのように声をかけ、続ける。 声を掛けている側がまた、相手とあいこになった場合は「一本とって〇〇」という掛け声で3回連続であいこになるまで続ける。 遊び方 [ ] 以下は代表的な遊び方のバリエーションの一つである。 二人で向かい合い、互いにじゃんけんをしない方の手を繋ぐ。 親が1セット取ると、次のセットで親は「一本とって…」と言いながら、相手の繋いでいる方の手の甲を自分の繋いでいない方の手で平手打ちする。 かけ声は「一本とって(任意の手)! 」となり、そのまま次のセットへと続く。 平手打ちではなく、手を繋がずに握手のような形で、お互いにハイタッチする様なルールもある。 2得点目以降のかけ声が次のようになる場合もある。 勝敗のつけ方はいろいろあるが、以下は3点先取制として上記 例3を応用して遊んだ場合。 例4:親が3回目の手で子に負けると、次セットから親子が交代。 親が3回目の手で子に勝つか同じ手を出すと、親が「一本とって」と言いながら子の手を叩きつつ1得点。 どちらかが3点先取するとゲーム終了。 どちらかが痛くなって降参するまで続ける方法もある。 このルールを使った「 」と呼ばれるものもある。 グーは「」、チョキは「目潰し」、パーは「」と呼ぶ バリエーション [ ] 地域によって以下の例のようなバリエーションがある。 手の呼び名 [ ]• 「軍艦じゃんけんほーい」• 「せーんーそ(戦争)」• 「ぐーんーかん(軍艦)」• 「戦争しーましょ」• 「にっしんちょいな」• 「ちっけった」• 「ちーけーた」• 「ちっけった、あーれっしょ」• 「ちーけたほい」• 「ちーらっせ」• 「じっけった」• 「じーげっぴ」• 「おっちゃんちっ」 朝鮮語の「オッチョンジー どんな訳だ 」が変化していった可能性あり• 「ハーワーイ」• 「デンジャラス」• 「ハワイじゃーんけん」• 「朝鮮行ってパン買って軍艦乗って帰ってきた」• 「朝鮮人がパン食って軍艦乗って ホイッ」• 「朝鮮人が軍艦乗ってハワイ行って沈没」• 「にっちゅうーだー(日中だぁ?)」• 「ドンじゃんけんぽい」• 「ポンジャケ ポン」• 「ポンスケ ポン」(埼玉県浦和市)• 「日清 チャイナ」• 「いっすんしょ」• 「軍艦ジャス」• 「ドラドラ生の!ぱんちんけラス浦二A」• 「ドンチョ」• 「ドンシャ」• 「インジャーホイ」• 「ハイキング」• 「ポークじゃんけん」• 「とんでけほい」(埼玉県) 歴史 [ ] 戦時中に始まった遊びと思われるが、始まりの由来については不明である。 現在 [ ]でも子供達の間で広く遊ばれている [ ]。 脚注 [ ] [].

次の