お 奉行 様 コラ。 半天狗(鬼滅の刃)/コメントログ

三大週刊少年ジャンプ漫画のコラ「うちはラップ」「恥を知れ恥を」 : ジャンプ速報

お 奉行 様 コラ

上弦と長男が探知できずにいきなり登場してきたのは本気でビビった -- 名無しさん 2018-05-24 01:59:43• これ元々4人だったのが1人に合体してたんだろうか? -- 名無しさん 2018-05-24 17:58:53• 「喜怒哀楽」が出て最初の爺が「恐」かな? -- 名無しさん 2018-05-25 18:16:34• 強さ自体はエグイし、勝ち目も全く見えないが、絶望感で言えば鬼いちゃんのほうがまだまだ上な感じだ。 炭治郎が成長してある程度戦えてるからかもしれんけど。 -- 名無しさん 2018-05-25 18:33:10• 妓夫太郎兄妹戦は戦力の頭数が揃ってて上手くカバーリングできてた事と兄妹への特効要素が結構あったから上手く戦えてたという印象。 天狗戦は天狗への特効要素がゼロなのと、そもそも戦力の頭数が揃ってないのが一番痛いのが何より辛い印象。 -- 名無しさん 2018-05-26 01:45:18• 訂正 -- 名無しさん 2018-05-26 01:46:38• 鬼いちゃんだって宇随さんがいなければ瞬殺されてたレベルだもんなぁ -- 名無しさん 2018-05-26 19:39:50• 頸以外はほぼノーダメに等しいとしても妓夫太郎と玉壺は基本避けようとするんだけど猗窩座と半天狗たちは再生力上等で戦ってるのが戦えてる感を醸し出してる気がする あくまで醸し出してるだけなんだが -- 名無しさん 2018-05-29 00:03:48• いい記事だし読んでて楽しかったけど、あれは血鬼術じゃないと思う。 血鬼術を使ったら明記されてた気がするから。 現時点でも鬼殺隊にやばい感じしかないけど……。 -- 名無しさん 2018-06-02 11:09:27• -- 名無しさん 2018-06-02 11:10:19• 臆病な本体が一番強そう。 臆病さって弱さじゃないし -- 名無しさん 2018-06-11 10:21:23• 喜怒哀楽の4人と恐怖してる老人1人と合わせて元ネタは「喜怒哀楽恐」で「五情の理」かな? -- 名無しさん 2018-06-11 19:46:46• 最後の一人は「怯」だったな -- 名無しさん 2018-06-17 18:27:14• 理不尽に強いというより「とことんタチが悪い」って感じやなぁ半天狗。 単純な攻撃力よりも「コア潰されるまで絶対に死なないことによる持久戦」を視野に置いてる感じ -- 名無しさん 2018-06-18 00:50:09• ボスキャラ従えて出るメタルスライムって表現はうまい -- 名無しさん 2018-06-18 18:43:48• このまま順調に行くとは思えないしゴールデンスライムになりそう…… -- 名無しさん 2018-06-30 23:46:07• これ最終的に無感情の鬼になりそう -- 名無しさん 2018-07-02 20:29:33• メタルスライムなのに追い詰めれば追い詰めるほど強いボスを出してくる理不尽よ。 ようやく思想含めて上弦らしさが出てきた気がする -- 名無しさん 2018-07-02 21:21:24• ただの分裂かと思ったらそんな生易しいもんじゃなかった -- 名無しさん 2018-07-02 21:24:35• 無残様の嫌う「変化」が多いけど、変化で強くなってるからええんかなぁ? -- 名無しさん 2018-07-02 21:52:59• 本体自体は常に怯えてるだけだからセーフ -- 名無しさん 2018-07-02 23:53:44• 発言から見える自己中心っぷりと本体の臆病さを見てれば、無惨みたいに小物っぽいし気が合うのかも -- 名無しさん 2018-07-03 00:03:30• そもそも無惨って変化嫌ってるくせに出る度見た目変化させてるしw -- 名無しさん 2018-07-03 21:25:05• 一応鬼月の順位付けは厳正な実力主義でやってるから無惨様。 オキニだろうと嫌いな奴だろうとそこはしっかり締めるのは数少ない長所である -- 名無しさん 2018-07-03 21:34:28• -- 名無しさん 2018-07-04 08:43:30• 陰キャには甘めなんだよね多聞自分もそうだったからだと思うけど -- 名無しさん 2018-07-04 08:46:37• つまり解体処分やパワハラや無視の実情って… -- 名無しさん 2018-07-04 09:46:33• 積怒の自分の細胞には電撃が通らないのって欠点じゃなくね?無いと自分も感電してしまうし -- 名無しさん 2018-07-04 10:02:29• それじゃ実力だけで上に行ったであろう童磨や猗窩座はある意味ですごいな。 なんとなく黒死牟は因縁絡みだと思うからまだ何とも言えないけど -- 名無しさん 2018-07-04 15:14:07• 分裂というより、そう見せかけているだけで血鬼術で人型の感情鬼を召喚してるって感じ? -- 名無しさん 2018-07-09 17:32:34• 球磨川『みんな、マイナス十三組の新しい仲間だよ。 性格が蛾々丸ちゃんに似ているからちょっと面倒くさいけど仲良くしてあげてね。 』 -- 名無しさん 2018-07-09 21:50:30• まさに感情に任せる鬼 -- 名無しさん 2018-07-25 09:48:44• 少なくとも113年以上生きた鬼だから殺した数は百や二百どころか万を超えてるだろうな -- 名無しさん 2018-09-11 16:55:13• 憎の鬼の名前が本誌発売1週間経たずに掲載されてたので削除。 鬼滅項目全体に言えるけどネタバレ1週間以内禁止の規約を守れっちゅーに -- 名無しさん 2018-09-11 17:47:02• ネタバレ1週間禁止のルールは項目作成のみであって追記修正は発売前禁止でしょ? -- 名無しさん 2018-09-11 18:59:47• 今週読んだけどそりゃこういう奴なら無惨様が気に入って当然よね -- 名無しさん 2018-09-17 20:14:48• 障碍者を装って盗みを繰り返すとかクズすぎる…通報しようとした盲人や奉行の怒りがよくわかるわ -- 名無しさん 2018-09-22 13:40:24• 自分が悪だと自覚していないクズ中のクズ。 周りの状況が詰んでたから悪鬼になった陸の兄妹と比べて、むしろ周りの人間には恵まれてるっぽいのに悪行を重ねたどうしようもないタイプのクズだった -- 名無しさん 2018-09-22 19:28:13• あの無惨様にお褒めの言葉をいただくという大偉業 -- 名無しさん 2018-09-22 19:41:30• 無惨様自身が、部下をボロ雑巾のように無惨に扱うド外道だから、気が合うんだろうなぁ。 こういう腐りきったクズキャラって好きだわ -- 名無しさん 2018-09-22 19:59:17• 悪党と呼ぶのも烏滸がましいドクズ。 いやあ好きだわこういうキャラ。 -- 名無しさん 2018-09-22 20:30:20• どう育ったらあんなんになるんだろうな -- 名無しさん 2018-09-22 21:07:16• 只の強殺常習犯 -- 名無しさん 2018-09-25 08:50:55• 多重人格というのは苦痛から免れるために発生するもので半天狗の血鬼術に似ているからなぁ -- 名無しさん 2018-09-25 14:58:57• ベースになってる基本が怒だったり、最後のが恨だったりする辺りあの辺がまぎれも無い本心なんだろうな。 俺に何が悪いってんだよッああ!!?みたいな -- 名無しさん 2018-09-25 18:33:05• お奉行様が鬼に殺される間際になっても怯えず断罪を突きつけてて凄い格好良かった。 まさに正義に殉じた人。 憎珀天のあの物言いは多分奉行様エミュだよね… -- 名無しさん 2018-09-25 23:50:27• 「鬼滅の刃」のテーマは鬼という超越者の暴虐に屈しない人間の強さだと思うから、その意味では奉行も出番は僅かながら作品のテーマを体現していたな -- 名無しさん 2018-09-26 10:38:28• やっと更新か……。 無惨様の評価は誰か書かないかな? -- 名無しさん 2018-09-26 19:53:11• 憎悪は増長天の捩りだよな。 見た目もそうだし、戦法も無惨様にとっての鬼の戦い方そのものだ -- 名無しさん 2018-10-03 18:11:03• 今の所判明している戦法を見る限り、上弦の鬼は「やたらと倒しづらい(六、四)」と「理不尽なまでに戦闘力が高い(三、五)」と分かれてるのな。 -- 名無しさん 2018-10-03 19:16:00• 分身と本人のカラクリと本編解説に被りがあるけど、直した方がいいか? -- 名無しさん 2018-10-11 14:06:05• 弱さを攻撃に変えたが故のあの厄介さはある意味ジョジョリスペクトだな -- 名無しさん 2018-10-19 09:35:26• 反省も改心もしなかった そんな暇も無かった とはいえ、最期の瞬間に自分のやってきたことと向き合えたのかな。 -- 名無しさん 2018-10-26 23:57:11• なんか最近鬼滅関連の記事全般が長すぎるような…力を入れて書いてるのは分かるがもうちょいコンパクトにまとめられないものか -- 名無しさん 2018-11-13 10:06:00• ああ、確かにエピソードを細かく書いているからなぁ。 1話からゆるぎなくファンである自分もさすがに長いなと思った。 あ、書いたのは自分じゃないよ。 -- 名無しさん 2019-01-05 09:22:18• 「自らの非への指摘に全く耳を貸さず自身を常に全肯定し、少しでも自らを滅ぼしうる相手にはいくらでも生み出せる手下に戦わせて自らはひたすら逃走に徹する」…… -- 名無しさん 2019-01-15 02:52:21• 拠点襲撃に適役・強いというより只管倒しにくいとか、中々見事な考察やな。 -- 名無しさん 2019-01-22 13:32:37• クズ度では上弦の中でも最も高いと思う(上弦の壱は未だよくわからんが)。 無惨から高評価を受けたのも太陽克服の鍵を見つけた功績が大きな理由だが、意外と性格的に近いのも理由だったりして -- 名無しさん 2019-04-09 01:27:36• 五等分の一花さんにコラされてて笑ったわw -- 名無しさん 2019-04-17 09:28:59• ぼく勉の文系ちゃんもコラされたゾ。 半天狗コラはどれもこれも力作揃いですげーよ -- 名無しさん 2019-04-17 09:40:46• なんちゅうもんを教えてくれたんや… なんちゅうもんを… -- 名無しさん 2019-05-02 04:10:23• これがアークファイブですか -- 名無しさん 2019-05-02 11:42:47• 走馬燈見ると生前からクズなのは分かるけど猗窩座や妓夫太郎 おそらく黒死坊も みたいに強くもなければ童磨みたいに特別なおい立ちや育ちをしてきたわけでもない力の無いただの人間だったんだと思うわ -- 名無しさん 2019-05-28 22:04:44• 現時点で判明してる上弦の中でも回想がかなりの屑なのとそれまで弄られてた猗窩座がくっそ笑えない過去だったこともあって代わりの弄り対象にされてる感ある。 コラに使いやすい回想見開き2ページが悪い -- 名無しさん 2019-06-10 21:05:51• アニメに出てきたら分身体も全員同じ声優が演じるんだろうか -- 名無しさん 2019-08-06 08:26:47• 無惨様すら病気という言い訳ができるのに そっからの行動はクズそのものだが 、コイツだけ徹頭徹尾、擁護できる点がない -- 名無しさん 2019-08-27 22:32:44• ふたばで物凄い人気。 「儂」=こいつを指すようになりつつある -- 名無しさん 2019-09-19 04:41:53• 儂は元から愛されキャラじゃよ…最近は玄弥に力も貸したし… -- 名無しさん 2019-09-19 07:14:07• 五等分の花嫁のコラが作られてしまったのは、半天狗の血鬼術が五等分くらいの分身を作る技だから、そこから五等分繋がりで引っ張られてきて、更にははっちゃけた誰かに、応用性を活かしたコラを作られてしまった、と言った感じ?五等分の半天狗、ばんざーい!! -- 名無しさん 2019-09-19 12:55:14• 鬼の回想を盗むのが基本だったのが玄弥の手柄まで広がったのは凄いわ -- 名無しさん 2019-09-22 15:57:17• 一時期ネタにされていたアカザが過去判明してから重すぎてネタに出来なくなって、それ以降気軽にネタに出来るコイツがそのポジションになった感じがある -- 名無しさん 2019-09-22 16:01:17• 『羅生門』の下人みたいな。 そう考えると味わい深いキャラだな -- 名無しさん 2019-09-22 16:26:52• 玄弥…おまえはりっぱにやったのだよ…そう…わたしが誇りに思うくらいりっぱにね… みないなネタにされててほんと笑う -- 名無しさん 2019-09-23 17:34:23• 半人前の鬼狩りと半天狗、二人で一人の鬼狩り。 さあ、お前の罪を数えろ -- 名無しさん 2019-09-26 14:48:21• なんでお前さんは他のバディものから名シーンを盗むんだ -- 名無しさん 2019-09-30 19:14:08• 儂には無理でございます。 このように相棒もおらず… -- 名無しさん 2019-10-04 13:50:39• 貴様が何と言い逃れようと…の部分でディアボロとかに飛ぶ関連性が分からんな 薄汚い命云々はまぁいいとして、別に半天狗みたいな性格でもなくないか -- 名無しさん 2019-10-12 10:47:46• 攻撃型なのにずるずる長丁場が得意って割と珍しい能力コンポーネントやな -- 名無しさん 2019-10-13 21:02:53• 壱参六はネタにするには過去が重すぎる、弐五はそもそもネタにする過去が無いという理由で上弦でぶっちぎりのネタキャラになってしまった -- 名無しさん 2019-10-26 07:08:39• 幼少時の話や味を占めた話は本編では見覚えがないからファンブックの情報かな?森光蘭よろしく、子供の頃から根性曲がりの生まれついての悪だったんだな(当人は親やいじめっ子のせいでそうなったと言い張りそうだが)。 ますます好きになってしまった -- 名無しさん 2019-11-15 11:16:13• 東方の阿求でもコラが作られて草。 汎用性高すぎやろ -- 名無しさん 2019-11-29 13:55:30• 自分を通報しようとした人間を刺殺した場面で「儂は悪くないのだ!この手が勝手に!」(迫真)のモノローグの時点で乾いた笑いしか出ない -- 名無しさん 2019-11-29 14:20:52• ログ化を提案します -- 名無しさん 2019-12-19 21:02:13• 鬼が死ぬ時はいつも感動的なエピソードばっか……っていう批判をあざ笑う半天狗の妙技よ -- 名無しさん 2019-12-21 15:16:43• ログ化しました -- 名無しさん 2019-12-27 16:43:23• なるほどなあ -- 名無しさん 2020-01-10 09:06:38• 悲鳴嶼の回想(寺の話&お館様に初めて会った話)も絵になってるから関係ないと思う -- 名無しさん 2020-03-10 14:13:38• 終わってみれば設定的にはともかくこいつが一番上弦で強く感じたな -- 名無しさん 2020-05-17 13:26:30• コイツの元ネタは角都だと思ってる、どんどん出る分身とそれぞれ違う属性があるから -- 名無しさん 2020-06-04 12:33:49• クソゲーの極みみたいな能力してるけど上三人には絶対勝てないだろうなってのもわかる。 つかコイツ里で潰せて良かったよね、無限城で鳴女と組まれてたらヤバかった -- 名無しさん 2020-06-15 00:25:32• 生前からビジュアルが変化してない数少ない十二鬼月。 人間の頃から鬼そのものの醜悪な本性は外見に表れていたということだろうか。 -- 名無しさん 2020-06-19 00:54:28• 見た目が若人な喜怒哀楽、憎珀天はともかく、爺さんの見た目してる本体等はCV付けるならチョーさん辺りが合いそう。 無論全世代やれるような器用な声優当てても面白いだろうが…… -- 名無しさん 2020-06-25 05:00:57.

次の

上弦の肆半天狗とは?過去や不死川玄弥との関係

お 奉行 様 コラ

96 ID:jPdkkrCDd. 39 ID:KRxdQn360. 41 ID:jUsCTFa90. 98 ID:lz20ORnw0. 85 ID:lgAzZo5z0. 32 ID:oOtVy7oP0. 77 ID:1xFOfBuRd. 80 ID:alFGl1ev0. 92 ID:exrbcbzQa. 54 ID:wSPHeNiD0. 05 ID:jUsCTFa90. 69 ID:hmQ1imex0. 80 ID:BJ6Z3bsE0. net• 名無しさん• 2019年08月21日 12:13• おお偉大なハルトマン おお偉大なハルトマン 永遠に果て無く栄えよ おお我らがハルトマン おお我らがハルトマン 銀河に名立たる王者よ 星々を手折り束ねて全て捧げてしまえば皆を約束の地へと導く銀河の父よ おお輝けハルトマン おお輝けハルトマン 過去に未来に現在に おお讃えよハルトマン おお讃えよハルトマン 讃え願えば叶う 宇宙を舞う青き翼も夢歌う桃色の花も 心その身さえ捧げよ我らが父へ おお崇めよハルトマン おお崇めよハルトマン 主への絶対の忠誠 おお願えよハルトマン おお願えよハルトマン 黄金の化身を信じて 手に入れし野望儚く彼方へと消えゆくは記憶 時を巡る歯車疑視めて願うは父よ.

次の

お奉行イメージのイラスト素材 [41185094]

お 奉行 様 コラ

お代官様とお奉行様 先だってある人より「代官」と「奉行」の職種はどう違うのかとの質問を受けました。 とっさに一言で説明することに困りました。 時代小説や歴史小説を読んでいますと頻繁に「代官」・「お代官様」と「奉行」・「お奉行様」が出てきます。 疑問の方も多いと思いますので、今回はこれをテーマに致します。 「代官」とは{正官(長官・領主)の職務を代理者として執行する人}、「奉行」とは{貴人(公卿・領主)の職務の一部をうけたまわって執行する人}となりますが、字面だけで述べますと分かりにくいですね。 「代官」と「奉行」の言葉は平安時代の後期に使われ始めますが、頻繁に出て来るようになるのは鎌倉時代からです。 内容は時代の変遷で変って来るのですが、現在我々が時代小説等で目にとまるのは江戸時代の「代官」、「奉行」ですのでこれを先ずお話します。 それでは「代官」からです。 「代官」は領主(殿様)ではありませんので、年貢高の決定権はありません。 幕府(老中や勘定奉行)にお伺いを立てねばなりませんし、重要事項についてもお伺いを立てねばなりません。 藩の代官の場合は家老にお伺いを立てねばなりません。 殿様(領主)は将軍様から領地を知行としてもらっており、支配地については、年貢高は自分で決め、よほどの重要事項(国防、キリシタン等)以外は自由裁量で決められます。 江戸幕府(将軍)の直轄地(天領)は関東を中心に全国で420万石と言われていましたが、その年貢が将軍家の経費と幕府の運営費に使われるのです。 この直轄領の行政官が「代官」です。 関東以外にも直轄地はありましたが、勘定奉行の下に代官が派遣されます。 幕府の代官は旗本や御家人から選ばれます。 代官の数は時代によって違いますが、50位でしょうか。 世襲ではありません。 関東郡代だけは伊奈氏が世襲していましたが、18世紀の終わりに同氏は断絶し世襲はなくなりました。 諸藩の直轄領の代官の上司は家老や郡代となります。 次に「奉行」です。 「奉行」も家臣が将軍(幕府)又は領主(藩)から命ぜられる官職です。 どうゆう官職があったかを幕府から挙げてみます。 寺社奉行、勘定奉行、(江戸)町奉行、普請奉行(御城の工事担当)、佐渡奉行(金山担当)、長崎奉行(貿易担当)等々数多くあり、将軍、老中、若年寄等の下に組織化されています。 江戸時代の奉行はこのように固定化された組織名が付いておりました。 組織の中で特定の仕事を実行するための機関であり、そのまま官職名でした。 寺社奉行、勘定奉行、江戸町奉行は幕府三奉行として有名です。 勘定奉行は 財政と直轄地を管掌、江戸町奉行は江戸市中の行政、警察、裁判を管掌し、寺社奉行は全国の寺社、僧侶、神職、寺社領の農民等を管掌し、それぞれ2〜4人の奉行が担当としておりました。 諸藩の場合も幕府と同じように仕事別に奉行組織があり、家臣が奉行職に選任されました。 主君(将軍・領主(殿様))は自分の領地から家臣に知行地として分け与えます。 家臣は与えられた知行地は自分の裁量で支配します。 残る領地はすべて主君の直轄地です。 この直轄地は自分の代わりに「代官」を派遣して支配します。 主な仕事は年貢の徴収です。 主君は将軍の場合は幕府を運営し、一般の領主(将軍の家臣)は藩を運営する必要があります。 又奉行は職名(下の者はお奉行様と呼ぶ)でもあります。 職制は外に目付、留守居役等の役、書院番等の番がありますが「代官」と「奉行」は主要な職制でした。 「お代官様」や「お奉行様」は当時庶民にとっては偉い人でありましたが、武士の中ではどのような地位だったのかです。 両方とも世襲はほとんどありません。 「代官」は将軍・領主の代理権限を持って庄屋(名主)以下百姓を支配していたとは言え、郡や地域の担当官で勘定奉行の下位であって中級以下の家来が選任されます。 例外的に幕府の関東郡代の伊奈家(後に滅亡)は大名クラスでした。 一方、「奉行」は、幕府においては旗本が就任します。 大名は就任しませんが、寺社奉行だけは大名から選任されました。 さてここで江戸時代を離れてその前の中世での「代官」、「奉行」についての 使われたかを述べておきます。 元々の使われた方です。 「代官」使用例としては源頼朝の代官として木曽義仲の京都に入京や同頼朝の代官としての義経の平家討伐の記述が吾妻鏡(鎌倉幕府の記録書)等にあります。 二人は頼朝の代理として軍事指揮官となったものです。 その後このように軍事指揮権の代理権を持つことを意味する「代官」の使用はなくなり、同じ鎌倉時代に地頭(年貢徴収権を持つ)の代官が現れ、地頭に代わってその代官が現地で年貢徴収の差配をします。 室町時代には守護代が出てきますが、守護代は守護の代官と言う意味で良いでしょう。 守護領国を守護の下で守護権限(領主権限)を行使します。 戦国時代は戦国大名の直轄地の支配の代官となり、江戸時代と同じです。 「奉行」は当初朝廷や幕府において個別案件遂行(祭事、橋や道を作る)のための担当者(奉行人)のことを言ました。 案件ごとに奉行人が選任されるのです。 その後、鎌倉幕府では「奉行」は固定化された職制となります(評定奉行、官途奉行、安堵奉行等)。 しかしまあ事務担当のようなもので、江戸時代のような大きな権限はありません。 室町時代は将軍の官僚(事務官)を奉行人と言いました。 戦国時代も各大名も「奉行」はこのような意味で使われていたのですが、豊臣秀吉が死没の直前に、五大老五奉行を最上級の職制として設けました。 五奉行は秀吉没後、五大老の決定事項の執行者(機関)となったのです。 大変大きな権限の持つ職制となりました。 江戸幕府の奉行はこの流れをくみ、将軍や老中の下で重要な執行機関(職制) の長官となりました。 奉行は通常2〜4名の複数制です(事項の決定は合議です)。 江戸町奉行は2名です。 以上 2014年7月7日 梅 一声.

次の