カズ レーザー 自衛隊 テレビ。 りっくんランドへカズレーザーが!自衛隊マニアで新隊員・佐藤一尉(ブルーインパルス)と松島基地へ

カズレーザー、自衛隊で民間人初の偉業「ハンパじゃないっすね」

カズ レーザー 自衛隊 テレビ

奇抜な一発屋と思われていたけれど……? メイプル超合金のカズレーザーが、現在テレビ界で、「コメンテーター」として注目を集めている。 ここ最近だと、元NEWS・手越祐也のジャニーズ退所や、『テラスハウス』(Netflix配信)出演者である女子プロレスラー・木村花さんの自殺に起因するネットの誹謗中傷問題、さらにはナインティナイン・岡村隆史の不適切発言などに対し、「周囲の意見に流されない、業界に忖度しない、キレの良いコメントを次々に発信して、世間からの支持を集めている」(芸能記者)という。 カズレーザーは現在、『サンデー・ジャポン』(TBS系)『とくダネ!』(フジテレビ系)などでコメンテーターとして活躍している。 今年4月、新型コロナウイルス感染拡大により、貧困に陥った女性が「風俗店で働くようになること」を期待する旨の発言が問題視され、岡村が大バッシングを受けた際には、『サンジャポ』でこんな発言をしていた。 「このときネット上では、岡村に対し、『チコちゃんに叱られる!』(NHK)降板を求める署名活動が起こっていました。 これには『署名活動はやりすぎ』という反発も強まっていたのですが、カズレーザーは、『あの発言に不快感なり思うことがある人は、署名活動をするべき』と述べ、活動を後押し。 また、相方の矢部浩之が、ラジオで岡村に公開説教を行ったことに対し、『コンビ同士っていう狭い範囲に(問題を)落とし込んだのは、僕はあんまりよくなかったんじゃないかと思います』と疑問を呈した。 「カズレーザーも芸能人なわけですから、局や制作サイドに気を使ったコメントをするかと思われました。 しかし『サンジャポ』で、誹謗中傷コメントを発信する側に対し『熱を持って見てるんだから、誹謗中傷はある。 止めたって無限に出る』と一定の理解を示し、ネットの現状を冷静に分析した一方、『若い人、未成熟の人に対して作ってた番組。 その視聴者をリテラシーが足りないと言っても。 作り手がもっと配慮すること』と、制作サイドの在り方を問題視したんです」(同) 直近だと、手越の事務所退所騒動へのコメントも、ほかのコメンテーターとは一線を画す内容だったとして話題に。 「テレビでは、手越の退所に関しては、どちらかというと厳しい論調で伝えていたのですが、そんな中カズレーザーは『とくダネ!』で、手越が自らのYouTubeチャンネルで記者会見を行うことを、メディアが盛んに取り上げている状況を指摘し、『こんな宣伝してくれるなら(手越は)絶対に成功する』『こうやってモデルケースで成功するとジャニーズ以外でも大手事務所とかを退所される人が増える』とコメント。 つまり、手越に苦言を呈そうとしているテレビが、間接的に彼のネット活動を後押しするかのような状況を生み出していると分析したわけです」(同) ネットでは、こうしたカズレーザーのコメントに対し、「相変わらず絶妙なところを突いてくる」「カズレーザーの視点はいつも独特で感心する」など、称賛の声があふれている。 「カズレーザーは昨年も、木下優樹菜がタピオカドリンク店店長に送った恫喝疑惑DMに対し、『カタギの言葉じゃない』と指摘し、『その通り』とネット上で話題になっていました。 カズレーザーがコメントすれば、その都度『独特』と言われ、確かにその通りだと思いますが、騒動を煽るようなスタンスではなく、常に中立を保ち、世間の常識に尺度を合わせながら持論を展開している印象。 そこに共感が集まるのでしょう。 また感情的ではない、淡々とした口調も、支持を得ている要因だと思います」(同) カズレーザーは同志社大学卒業の「インテリ芸人」としても知られている。 「でもコメンテーターとして、そのインテリぶりをひけらかすことはほとんどない。 そこもまた好感を持たれているポイントじゃないでしょうか。 世間に広く認知されるようになったのは、メイプル超合金として『M-1グランプリ2015』の決勝に進んで以後ですが、ブレーク当初は奇抜なファッションや髪の色のイメージなどから、キワモノ的な目で見られてたのに、 今ではすっかりイメージが変わってきています。 当初持たれていた一発屋のイメージももうありません。

次の

りっくんランドへカズレーザーが!自衛隊マニアで新隊員・佐藤一尉(ブルーインパルス)と松島基地へ

カズ レーザー 自衛隊 テレビ

同番組では、一般の人は聞いたことがないが、特定の業界内で話題にのぼっている超ホットなワードを徹底調査。 ディレクターが日本・世界を駆け巡り、半年後に絶対ブームになる「流行の源泉」を紹介する業界リサーチバラエティ。 MCは、設楽統(バナナマン)、岩田絵里奈アナウンサーが務めており、沸騰リーダーは、日村勇紀(バナナマン)、滝沢カレン、カズレーザー(メイプル超合金)、ゲストは中村と小芝のほか、出川哲朗。 まず「取り憑かれた芸能人」は、これまで大反響を呼んできた「自衛隊に取り憑かれたカズレーザー」が、2年前に新設された自衛隊の超精鋭部隊を潜入調査。 超貴重な水陸両用の最新装備品など、なかなか見られない超貴重映像が登場する。 番組HPで公開されている予告映像では、中村と小芝がカズレーザーの映像に爆笑している姿が……!? 続いて、浅田真央が登場。 番組が密着を続ける、タケノコで1億円稼いだ「タケノコ王」風岡直宏さんが、前回のロケで「将来は自給自足生活をしたい」と語った浅田を緊急招集する。 夢の自給自足生活に向け、タケノコ王が古民家暮らしや農作業を完全プロデュースすることに!? そして、「あの沸騰美人は今!? 」と題し、これまで番組で取材してきた才能豊かな数多くの美人たちが、今どうしているのか、その後の活躍を追う。 Official Program Data Mark(公式番組情報マーク)• このマークは「Official Program Data Mark」といい、テレビ番組の公式情報である• 「SI Service Information 情報」を利用したサービスにのみ表記が許されているマークです。 「Yahoo! テレビ. Gガイド」はYahoo! JAPANのサービスであり、ヤフー株式会社が株式会社GYAOと協力して運営しています。 - - - - -• Copyright C 2020 IPG Inc. All Rights Reserved. Copyright C 2006-2020 PRESENTCAST INC. All Rights Reserved. Copyright C 2020 GYAO Corporation. All Rights Reserved. Copyright C 2020 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

次の

“若手ご意見番”カズレーザーの危うさ…沢尻エリカを「ゴリゴリのヤク中」、「桜を見る会」出席、空母化「いずも」1日艦長も(2019年12月24日)|BIGLOBEニュース

カズ レーザー 自衛隊 テレビ

学生時代、自衛隊のパイロットになりたかったというカズレーザー。 今回、千葉県・木更津駐屯地にやってきた彼は世界初の戦闘ヘリコプター・AH-1Sコブラと対面。 間近で見た彼は「かっこいい!」と歓喜。 さらに「戦車の無骨さと戦闘機の色気、両方いいところを持っている」と力説し、搭載されているロケット砲について熱弁すると、自衛隊員から感心されるほど。 今回、そんなコブラに民間人として初めて特別に同乗させてもらえることに。 これに対してカズレーザーは「いいんですか!? ありがとうございます」と大興奮。 しかも実際の訓練も体験することに。 それが、上空の高度450メートルからヘリが地面に向けて急降下するという「ダイブ」。 強烈なGがかかる中、カズレーザーは「何これ!? うわあああ!」と絶叫。 訓練を終え、ヘリから降りてきた彼は「コブラ凶暴ですね。 ハンパじゃないっすね」と仰天。 貴重な経験をさせてくれた自衛隊に「ありがとうございました」と頭を下げていた。 《杉山実》.

次の