千 と 千尋 の 神隠し ハク 本名。 千と千尋の神隠しのハクの本当の最後は?その後や結末はどうなった?

『千と千尋の神隠し』ハクは八つ裂きにされたのか 本名やその後を解説・考察【ネタバレ注意】

千 と 千尋 の 神隠し ハク 本名

放映後は毎回、ストーリーについて熱い意見が交わされることで有名なジブリ作品。 「 千と千尋の神隠し」もそんな作品の1つですが… 特にヒロイン・千尋を助ける美少年ハクの「 その後」については視聴者の間で頻繁に舌戦が繰り広げられる程。 千尋がもとの世界に戻った後ですが、確かに彼の行方が気になりますよね。 なので、今回は「千と千尋の神隠し」におけるハクの「その後」について筆者なりに詳しく検証してみました! Sponsored Link 「千と千尋の神隠し」で一番の謎と言えば…ハクの「その後」 まずは余談ですが、「千と千尋の神隠し」で千尋を助けるハクの年齢は 12歳と設定されています。 千尋とあまり差がないにも関わらずだいぶ大人びて見えますね。 中性的で謎めいた雰囲気を放つ彼には女性ファンも多いのではないでしょうか? また千尋に対する振る舞いも優しく、時に献身的で同じ男性目線から見てもカッコ良く写るハク。 そんな彼の声優を務めたのは 入野自由さん。 入野さんは劇団ひまわりに所属する俳優でありながら声優としても知られています。 「千と千尋の神隠し」でのハク役は彼にとって大きな転機になったでしょうね。 声とキャラクターが上手くマッチしていたように思います。 その要因として、入野さんは当時13歳。 ハクと近い年齢だったわけです。 彼の思春期独特の声色がハクの存在を引き立てたのだと感じています。 で、話を元に戻すと… 銭婆による傷から回復したハクは湯婆婆に対して、彼女が愛する1人息子・坊を連れ戻す代わりに「 千と両親をもとの世界に戻して欲しい」と迫ります。 その願いに対し、湯婆婆は「 お前は八つ裂きになるけどいいのか?」とハクに問うのです。 彼らのやりとりはハクの「その後」がうかがえる重要な場面ですよね。 その後、銭婆から魔法の力が込められた髪留めを受け取った千尋。 彼女は湯婆婆のもとへ戻る途中、迎えにきた白竜の上で彼の正体を知ることに。 ハクの正体とは昔、千尋が溺れかけた「 川」だったのです。 湯婆婆から出された試練に見事答えた千尋は皆に見送られながらもとの世界へと帰っていき、2人は離れ離れになってそれぞれの道を歩んでいきます。 千尋は両親と共に人間世界へ、元の暮らしへと戻っていきますが…残されたハクの「その後」は一体どうなったのか? 彼の「その後」については本編で詳しく描かれていないので気になるところ。 ここで気がかりなのが、湯婆婆との契約について。 湯婆婆が言い放った「 八つ裂き」というワードから自ずと悲しい「その後」が予想されます。 ファンにとっては悲しい結末ですが、順当に考えればやっぱり八つ裂きにされた可能性が高そうです。 Sponsored Link ハクの「その後」については、色々想像できる… では肝心な、千尋と別れたハクの「その後」について。 先述の通り、八つ裂きの姿になってしまったことも考えられますが… 「千と千尋の神隠し」における「その後」。 それはズバリ、見る人によって様々だということ。 これは多様なメッセージ性を持つ宮崎作品ならではだと言えます。 なので考えようによっては、自分の名前を取り戻した2人が互いの世界で幸せに暮らす結末もあり得るでしょう。 しかし気になるのが映画のラストシーン。 最後にそれぞれの道を歩む場面や、「 自分はこの先へは行けない」「 絶対に振り向くな」といったハクのセリフは見逃せないところ。 筆者の視点から見たハクの「その後」ですが… この場面を考慮すると、やっぱり2人が再会する未来は考えられないと推測します。 まとめ 「千と千尋の神隠し」で注目を浴びた紳士な美少年・ハク。 彼はその後、あのお婆さんから八つ裂きの刑に処されたのか?気になるところですよね。 2人の「その後」については筆者もファンとして 2人の再会をただただ祈るばかりです。 もし彼らの再会が叶わなかった場合にも、せめて一緒に過ごした日々がふとした瞬間に蘇るような「その後」を期待してしまいます。 忙しい日常に疲れ果てている。 そんな時はこの淡い作品に癒されてみてはどうでしょうか?.

次の

千と千尋の神隠し

千 と 千尋 の 神隠し ハク 本名

千と千尋の神隠しの「ハク」の正体は? ハクの正体 引用元: www. amazon. jp 普段は美少年のハクですが、 正体は白い龍です。 元々は 琥珀川(こはくがわ)に住んでいた龍の神様なのですが、都市開発のせいで川が無くなり住む場所を失ったのです。 そのため、湯婆婆の元に弟子入りしました。 「ハクはな、千と同じように突然ここにやってきてな。 魔法使いになりたいと言いおった。 ワシは反対したんだ、魔女の弟子なんぞろくな事がないってな。 聞かないんだよ。 もう帰るところはないと、とうとう湯婆婆の弟子になっちまった。 そのうちどんどん顔色が悪くなるし、目つきばかりきつくなってな」 引用元:映画『千と千尋の神隠し』より 帰る場所をなくした龍の神様。 それがハクの正体です。 結局、結末はどうなったのか? ハクは名前を奪われたから、湯婆婆の命令に逆らえませんでした。 でも、エンディングでは千尋がハクの名前を思い出してくれます。 「あなたの本当の名は、コハク川」 千尋のこの一言で、ハクは自分の本当の名前を思い出し、湯婆婆との契約から解放されます。 名前を取り戻したおかげで、魔女の契約は効力を失いました。 つまり、もう湯婆婆の命令に従わなくても大丈夫! 「私は湯婆婆と話をつけて弟子をやめる。 平気さ、本当の名を取り戻したから。 元の世界に私も戻るよ」 引用元:映画『千と千尋の神隠し』より 最後のシーンでは、ハクも 「本当の名前を取り戻したから大丈夫」と言っています。 この流れから考えると、少なくとも結末はバッドエンドにはならないはずです。 スポンサードリンク 補足:宮崎監督のインタビューも理由 インタビューの内容 また、ハクの八つ裂き説が噂された理由として、宮崎監督のインタビューも関係しているようです。 宮崎監督はインタビューされた時に「千と千尋の神隠しは悲しいお話なんですよ」と言っていて、この一言から 「千と千尋の神隠し=悲しいお話=ハクの最後が悲惨」という連想ゲームになったらしいです。 でも、宮崎監督のインタビューをよく聞くと、この説は違うとわかります。 2019年8月16日に放送された「金曜ロードショー」によると、 「悲しいお話」とはハクではなく千尋のことを指しているそうです。 もう少しいたら、カエル男たちや湯女たちともさらに知り合えただろうし、良い人、くだらない人、いろんな人がいることにもっと気づくことができたはずなのに、 それを全部捨てなきゃいけなかった、この映画は、実は切ない話なんです。 出典:金曜ロードショー「宮崎監督の想い」より(2019年8月16日放送分) そもそも設定が悲しい 『千と千尋の神隠し』に出てくる神様や妖怪は、人間のせいで被害にあったキャラクターが多いです。 ストーリー自体は優しい内容ですが、よく考えると悲しい設定なんです。

次の

千と千尋の神隠しあらすじネタバレ!結末で分かるハクの本当の名前!

千 と 千尋 の 神隠し ハク 本名

ハクの本名や以外なルーツが話題に 「 千と千尋の神隠し」は数々の強烈なキャラクターや驚くべき展開で観る人たちを大いに楽しませる作品だと思います。 いきなり両親が豚に姿を変えたり、恐ろしく顔の大きな魔女「湯婆婆」があらわれたり(姉の銭婆もしかり)… また、不気味な声を出すカオナシや釜爺、坊のサブ役でありながら印象に残るキャラクター性は私たちを不思議ワールドの虜にしてしまいます。 そんな個性キャラの中で、ひと際異彩を放つハク。 物語後半に彼の本名が明らかにされます。 先にネタバレですが、ハクの正体…それは「 コハク川」であり、本名は「 ニギハヤミ・コハクヌシ」。 銭婆を訪れた千尋が白竜に乗って湯婆婆のもとへと帰る途中、千尋の胸の中で昔のある記憶が蘇ります。 コハク川は千尋が幼い頃、近くにあった川。 その川に落ちた千尋を救ったのが、コハク川の主…つまり「ハク」だったという訳です。 このハクの本名である「ニギハヤミ・コハクヌシ」のニギハヤミ。 これは、日本神話には欠かせない神「 ニギハヤヒ」がルーツではないかと言われています。 ニギハヤヒは特に川の神様だと限定されている訳でもなく、不透明な扱いではあるものの、そんな捉えようのないところが「千と千尋の神隠し」におけるハクの存在と重なる気がします。 「千と千尋の神隠し」に登場する腐れ神にも秘密が… 「千と千尋の神隠し」のハクの本名。 それは先述したように「ニギハヤミ・コハクヌシ」、つまり正体は川だったのです。 川というと、本作品にもう1つ登場していましたね。 千が銭湯で働き出して間もない頃、ものすごい臭気を漂わせながらやってきたあの「 腐れ神」。 Sponsored Link 千とリンが一緒になって腐れ神をお風呂に入れるシーンはとてもコミカルで印象に残っています。 その腐れ神がお風呂に浸かっている間、千はあるものが腐れ神に付いているのを見つけます。 それは自転車のグリップ。 千とリンの他、銭湯スタッフが協力してそのグリップを抜きにかかります。 何とかして自転車の部品を引きずり出すと、それと一緒に大量のごみが腐れ神から吐き出されます。 この腐れ神、実は彼も「 川の神」だったという事実が発覚… そう、ハクと同じく腐れ神の正体も「川」だったのです。 もしも 川に溜まったゴミが蓄積して、あのような恐ろしい異臭と外見を持つ「腐れ神」になってしまったのなら… もう1人の川の主であるハクこと「コハク川」は、きっと美しい川のまま埋め立てられたのだと推測されます。 「千と千尋の神隠し」は川と少女のラブストーリー スタジオジブリの「千と千尋の神隠し」。 これは不思議な世界の中で繰り広げられるファンタジーアニメであると同時に、荻野千尋と本名「ニギハヤミ・コハクヌシ」こと、ハクの恋物語とも言えますね。 物語のラスト、ハクが千尋をもとの世界へと送るシーンはとてもジーンときました。 ジブリ作品にも男女の恋愛関係はありますが、「 川と少女が惹かれ合う」なんてかなり奇抜な構成だと思います。 まとめ 美少年ハクの本名は「 ニギハヤミ・コハクヌシ」という、何とも不思議な名前でした。 しかし、川の主だった「ハク」というミステリアスな存在が本作品をさらに面白く、そして物語を奥深いものにしたのでしょう。 ジブリ作品の特徴。 それは、何度観ても新しい気付きを得られること。 今度は是非「ハクの目線」で鑑賞してみてください。

次の