マクドナルド 消費税。 ハッピーセット

マクドナルド 消費税増税・軽減税率対応・ポイント還元を解説

マクドナルド 消費税

軽減税率とは まずは、新しく導入される軽減税率について簡単におさらいしましょう。 軽減税率とは、特定の商品の消費税率を低く設定することを言います。 対象の商品・品目は、次のとおりです。 分類 軽減税率の適用 消費税率 飲食料品 あり 8% 新聞 あり 8% ただし、• 外食・出張料理• マクドナルドでは店内飲食と持ち帰りの価格を統一する マクドナルドでは、注文時に「店内飲食」と「持ち帰り(テイクアウト)」を選択することができます。 本来であれば、• 持ち帰り(テイクアウト):軽減税率8% が適用されます。 例えば、マクドナルドで1,000円分の注文をした場合、店内飲食は税込1,100円、持ち帰りは税込1,080円となり、 20円の価格差が出ることになります。 分かりやすさ・利便性を重視して税込価格を統一 マクドナルドでは、軽減税率導入後も「店内飲食」と「持ち帰り(テイクアウト)」の どちらも同じ価格で提供すると発表しています。 【1】分かりやすく利便性を重視した価格設定・価格表示の継続 お客様にとっての分かりやすさや利便性を重視し、税抜価格の見直しによって、 「店内ご飲食」と「お持ち帰り ドライブスルー含む 」の税込価格を統一いたします。 店頭での価格表示は、従来通り「税込価格」のみ記載いたします。 また、税込価格は現在の「10円単位」を継続いたします。 出典:マクドナルド マクドナルドでは「店内飲食」と「持ち帰り」で価格が変わることはないということですね。 「数十円節約するために持ち帰りにする」といった選択を考えなくて良いのは、シンプルで嬉しいところです。 また、残りの3割の商品については値上げ幅は10円となりますが、全体を加重平均すれば税抜価格の引き上げとならないように設定されています。 2019年10月1日以降の商品価格は次のようになります。 ただし、店舗ごとに還元率が違ってくるので注意が必要です。 店舗ごとのポイント還元率 対象店舗 ポイント還元率 中小企業、個人経営の小売、飲食店、宿泊など 5% コンビニ、外食、ガソリンスタンドなどの大手系列チェーン店 2% 大手スーパー、百貨店など 0% 例えば、小売店については、• 資本金または出資の総額が5,000万円以下• 常時使用する従業員の数が50人以下 の条件を満たしている会社および個人事業主が運営する店舗が還元率5%となります。 例えば、個人店で10万円の買い物をすれば、5,000円分のポイント還元を受けることができます。 マクドナルドでは約2,000店舗で2%還元 マクドナルドでは、日本国内約2,900店舗のうち、 フランチャイズ店舗約2,000店舗でキャッシュレス・ポイント還元事業に参加します。 ポイント還元対象のキャッシュレス決済は、次のとおりです。 支払い方法 対象 対象外 クレジットカード VISA、MasterCard、JCB、American Express、Diners Club DISCOVER 電子マネー iD、楽天Edy、WAON、nanaco、QUICPay、LINE Pay、JCBプレモ 交通系IC Suica、PASMO、manaco、ICOCA、SUGOCA、nimoca Kitaca、TOICA、はやかけん ポイント利用 dポイント、楽天ポイント 例えば、マクドナルドで購入金額1,000円分をクレジットカード支払いした場合は、 20ポイントが還元されます。 還元率の高いクレジットカードを使おう マクドナルドでの支払いだけに限りませんが、どうせクレジットカードで支払うのであれば還元率の高さを意識しましょう。 例えば、クレジットカードで月10万円(年間120万円)を支払っているケースで還元率ごとの比較をしてみます。 還元率 還元金額 1. 1年で6,000円• 2年で1万2,000円• 3年で1万8,000円 も違ってきます。 クレジットカードの利用金額が大きい方は、もっと差は大きくなります。 なぜなら、• 還元率が高い• 個人店の導入が多い からです。 還元率が高い PayPayは、 通常の還元率が1. それだけでなく、政府の「キャッシュレス・ポイント還元事業」に合わせて、 まちかどペイペイキャンペーンを実施します。 これは、PayPay決済を「キャッシュレス・ポイント還元」の5%還元対象店舗で行うことにより、PayPayボーナスが5%上乗せされるお得なキャンペーンです。 これにより• まちかどペイペイ:最大5%• キャッシュレス・ポイント還元:最大5% により合計で 最大10%の還元を受けることが可能です。

次の

マクドナルド 消費 税

マクドナルド 消費税

2.軽減税率対応のパターン 商品の本体価格は変えずに、イートインとテイクアウトの価格を変更する これは原則的な方法です。 税別本体価格と税率を表示して、イートインとテイクアウトで価格を変更します。 本体価格は同一になるため、上記で解説したようにイートインは10%、テイクアウトは8%の消費税がかかります。 そのため、持ち帰りのほうが店内飲食より消費税が2%だけ低くなります。 税込価格を表示し、イートインとテイクアウトで価格を統一する 消費税込の価格を同一にするために、イートインとテイクアウトで異なる本体価格を設定しています。 メニューの価格表示をすべて書き換える手間がかかることや、メニューのスペースが大きくなってしまう、支払う金額が分かりにくいなど、軽減税率導入によって起こり得るまざまなデメリットを解決することができます。 3.ハンバーガーチェーンの対応 ケンタッキーの軽減税率 対応: イートインとテイクアウトで税込価格を統一 ケンタッキーは当初はイートインとテイクアウトで価格を分ける予定でした。 しかし、現在ではイートインとテイクアウトで税込価格を統一することで、混乱を少なくする方針をとっています。 店内の表示は全て、従来どおり税込価格になります。 また、オリジナルチキン単品の税込価格は増税後も現行の250円に据え置く予定です。 一部のセット・パック・サイドメニューは価格を調整するとのことです。 また、持ち帰りの多いファストフードで税込み価格をそろえる決定をしたチェーンはケンタッキーが初です。 下記のような理由から方針転換したようです。 日本KFCが価格戦略を転換したのは、従業員や来店客の混乱を防ぐためだ。 例えばショッピングセンター内の店舗では、来店客が持ち帰りで商品を購入しフードコートで食べるといったケースも想定される。 税込み価格が異なれば来店客に不公平感が出る可能性もあり、従業員の対応も難しい。 また、端数が出ればキャンペーンなどが分かりにくくなるとの判断もあったようだ。 出典:日本経済新聞2019年7月19日付より マクドナルドの軽減税率 対応: イートインとテイクアウトで税込価格を統一 商品には税込価格を表示し、店内で食べてもテイクアウトしても同じ料金になります。 また、ハンバーガーやチーズバーガーなど、3割ほどの商品で10円の値上げをするものの、全体の約7割の商品が増税前と同じ価格のままということで、嬉しい値段設定です。 しかも、2900店舗のうち2000店舗で増税後のポイント還元を受けられるということです。 モスバーガーの軽減税率 対応: イートインとテイクアウトで価格を変更 日本で1000店舗以上を展開するハンバーガーチェーンは、マクドナルド、モスバーガー、ケンタッキー・フライド・チキン、の3社ですが、その中で唯一モスバーガーは、商品の本体価格は変えずに、テイクアウトの税率は8%、イートインの税率は10%となります。 しかし、モスバーガーにはユニークな施策を開始しました。 それは、ハンバーガーのバンズを2年ぶりにリニューアルしたことです。 保水性を上げ、持ち帰りで時間がたってもパサつかず、しっとりとした食感が長持ちするように改良し、ハンバーガー商品のバンズの重量を増量して価値向上を図ることで、軽減税率導入による持ち帰り需要の増加を見越しておいしさが長持ちするように改良されたようです。 このように、持ち帰り客を見込んで様々な工夫を凝らす企業は、モスバーガーだけに限らずたくさん現れると考えられます。 4.牛丼チェーンの対応 吉野家の軽減税率 対応: イートインとテイクアウトで価格を変更 複数の税率に対応できるレジを全国の店舗に導入済みで、吉野家ホールディングスは混乱は生じないとみており、商品の本体価格は変えずに、テイクアウトの税率は8%、イートインの税率は10%となります。 これまで吉野家では、交通系電子マネーや、waon、nanaco、iD、楽天Edyなどに対応していましたが、2019年9月からPayPay、LINE pay、メルペイ、アリペイの4種類のQR決済を導入しました。 これらのQR決済の運営会社と提携した割引に加え、10月1日から15日の期間限定で牛丼・牛皿全品10%オフの販促を打つことで、消費増税後に客足が遠のくことを防ぐ狙いです。 すき屋の軽減税率 対応: イートインとテイクアウトで税込価格を統一 消費税率の引き上げにともなうお客様の負担に配慮し、最もご支持いただいている牛丼並盛をはじめ、ミニからメガまでの牛丼全サイズ、「とろ~り3種のチーズ」や「ねぎ玉」などのトッピングについては、店内、持ち帰りともに現行の税込価格にて引き続きご提供いたします。 他方、カレーやセットなどの一部商品については、価格の改定を行わせていただきます。 出典:すき屋HPより すき屋は、主力商品の牛丼並盛について、現行の350円の税込み価格(本体価格325円+消費税8%分の25円)を据え置くと発表しました。 イートインでも、テイクアウトでも価格は同じです。 イートインの場合は本来、消費税増税によって10%の税率が適用されるため、本体価格を319円に引き下げた形になり、消費者にとっては嬉しい施策ですね。 牛丼並盛だけでなくだけでなく、他のサイズやトッピングも2019年9月以前と同じになり、他の一部メニューを値上げすることでカバーするとのことです。 松屋の軽減税率 対応: イートインとテイクアウトで税込価格を統一 松屋も、すき屋と同じく価格を統一します。 本体価格に8%と10%の税率をそれぞれ適用すれば、税込み価格に端数が生じる場合があります。 しかし、店舗に設置された券売機は1円と5円に対応していないため、全店で設定を変更するなどの対応を取った際のコスト負担が重いと判断したようです。

次の

【軽減税率】マクドナルドでは「持ち帰り」も「店内飲食」も同じ金額なの?

マクドナルド 消費税

消費税の軽減税率は外食の際のテイクアウトやイートインが少しわかりにくいですね。 今回はスターバックスやマクドナルドなどを例にしながら、軽減税率と値段の表示について解説します。 消費税が10%になってもテイクアウトの飲食品は8%のまま 2019年10月に消費税が10%に引き上げられましたが、飲食品については軽減税率が適用され、 消費税率は8%のまま据え置かれています。 ここで紛らわしいのが、イートインとテイクアウトの違いです。 ファストフード店でのテイクアウトのについては、国税庁が作成したQ&Aに以下のような記載があります。 出典:消費税の軽減税率制度に関するQ&A(個別事例編) これによると、 テイクアウトとは「飲食料品を、持ち帰りのための容器に入れ、又は包装を施して行う譲渡」と言うことになります。 そして、テイクアウトするかどうかは、「 相手方に意思確認するなどの方法」によって判定するということです。 つまり、買う人がレジでどうするか決めるということです。 ファストフード店のレジで「店内でお召し上がりになりますか?」と問われ、店内で食べる場合はトレイに乗せられて出てくるし、持ち帰る場合は袋に入れられて提供されます。 店内で食べるときの消費税は10%、持ち帰るときの消費税は8%になります。 レシートを見ると消費税率とともに消費税の金額が記載されていますので、確認してみるといいでしょう。 ただし、店内でも持ち帰りでも金額を同じにするお店があります。 あとで詳しく説明しますが、商品そのものの値段を店内と持ち帰りで別の料金にして、消費税を加えた金額を合わせるという方法です。 消費税増税への対応は店舗によって異なる状況です。 以下ではスタバとマックについて、料金をどのようにしているのか見ていきます。 スターバックスではどうなる? スターバックスでは、店内と持ち帰りで税込価格を異なるものとしました。 つまり、 店内で飲食する方が持ち帰るよりも値段が高いということです。 ただ、以下のケースは微妙なことになるかなと思います。 微妙なケース• 店内で飲むつもりで買ったけど混雑していて席がないために持ち帰る• 混雑しているので持ち帰るつもりで買ったけど、帰り際に席があいていたので座る 消費者としては、1のケースはイラっとしますね。 店内で飲むつもりだったのに結局持ち帰ることになったというのは、わりと多くの人が経験しているのではないでしょうか。 こういった場合でも、支払った金額を後から変更するのは難しいので、店内利用を選択した場合は消費税は返してくれないかもしれませんね。 逆に2のケースは、本来は10%の消費税を支払うはずが8%の消費税しか払っていないことになり、座りづらいですね。 ちなみに、最近スタバでは、まず「持ち帰りますか?」と尋ねられることが多くなったように感じます。 持ち帰りの意思を明確に確認することで、値段をきちんと確定させたいのかもしれません。 マクドナルドではどうなる? 一方で、マクドナルドでは店内も持ち帰りも同じ税込価格にしました。 つまり、 マクドナルドで買い物をするときには、税込価格だけを気にしていればよいということです。 消費税の引き上げに伴って、ハンバーガーやチーズバーガーなど、3割ほどの商品で10円の値上げしたようですが、 商品全体では税込価格が増税前と同じ値段になるということで、実質的には値下げです。 人気のビックマックやバリューセット、バリューランチなど、多くの商品が増税前と同じ価格になるということで、嬉しい値段設定です。 しかも、2900店舗のうち2000店舗で増税後のポイント還元を受けられます。 ハッピーセットはどうなる? 通常、おもちゃは飲食品ではないので、軽減税率の適用はありません。 では、ハッピーセットはどのようになるのでしょうか。 飲食品とおもちゃをセットで販売する場合の取り扱いについても、国税庁はQ&Aで示しています。 ハッピーセットの場合はこの事例に当てはまると考えられます。 出典:消費税の軽減税率制度に関するQ&A(個別事例編) ハッピーセットはハンバーガーとドリンクを選択できて、おもちゃは無料ですので、価格の全部が飲食品として扱われるということです。 つまり、 おもちゃ部分だけ別に消費税が計算されるのではなく、ハッピーセット全体が食品として消費税が計算されます。 吉野家、ガスト、ケンタなど他の外食の値段は? 大手の外食チェーンも消費税の対応はまちまちです。 代表的な外食チェーンを掲載しておきます。 増税後の店内・持ち帰りの料金 店内外別料金 店内外同じ料金 スターバックス ガスト モスバーガー 吉野家 ロイヤルホスト マクドナルド すき家 松屋 サイゼリヤ フレッシュネスバーガー ケンタッキー 個人的には店内飲食もテイクアウトも同じ価格にするお店が多いのかと思っていたのですが、実際には割れました。 今後、消費者である私たちは、消費税を含めた総額だけを意識して買い物をするようになりそうです。 いちいち、税抜価格を考えていたら、混乱してしそうですね。 イートインとテイクアウトの同額は国も推奨している イートインとテイクアウトが異なる金額だから分かりづらいので、どちらも税込価格を一緒の金額にすることはできないのかと思っていましたが、国でもそういった手法を示していました。 具体的な価格の付け方については、消費者庁・財務省・経済産業省・中小企業庁が軽減税率の価格の表示について文書を公表しています。 それによると以下の表示が例として掲載されています。 テイクアウトと店内価格を両方表示する• テイクアウトと店内価格のどちらか一つの税込価格を表示する• テイクアウトも店内飲食も税込で同じ料金にする それぞれ特徴があるので、簡単に説明していきます。 テイクアウトと店内価格を両方表示する これが一番オーソドックスな方法だと思います。 出典:消費税の軽減税率制度の実施に伴う価格表示について (消費者庁・財務省・経済産業省・中小企業庁) このように、カッコ内にテイクアウトの値段を表示させます。 これなら、テイクアウトと店内飲食がそれぞれの金額がわかりますね。 店内での飲食がメインのお店だとこういった方式になると思います。 テイクアウトと店内価格のどちらか一つの税込価格を表示する お店によってはテイクアウトがメインで、イートインスペースはかなり狭いといったところもあるでしょう。 この場合は、テイクアウトの値段だけ記載すれば良いようです。 出典:消費税の軽減税率制度の実施に伴う価格表示について (消費者庁・財務省・経済産業省・中小企業庁) また、出前のメニューなどは、軽減税率の適用された金額のみを記載して、店内で食べる場合は税率が異なる旨の注意書きをしておくと、確かにわかりやすいと思います。 テイクアウトも店内飲食も税込で同じ料金にする テイクアウトもイートインも同じ金額にするというのが、この方法です。 出典:消費税の軽減税率制度の実施に伴う価格表示について (消費者庁・財務省・経済産業省・中小企業庁) 商品の価格を変更して税込の金額を同じ値段にするという方法です。 この場合は税込の値段を一つ記載します。 例えば、以下のような値段の設定にします。 購入する側としても、テイクアウトと店内が同じ料金なので、テイクアウトといいながら店内で食べるような人もいないと思います。 ただし、お店の方はテイクアウトと店内の飲食を区別しなければなりません。 お店はお客さんから預かった消費税を税務署へ納める必要があるので、それぞれきちんと集計しなければならないのです。 レシートに消費税の金額を表示する際には、本体と消費税の内訳も記載することになります。 できれば、同一価格で提供するお店が増えると、消費者としては混乱することもないので嬉しいですね。 ただ、どちらも同じ価格だと軽減税率の意味がないように感じられ、本来なら2%分が安くなるはずなのにという人が出てくるかもしれません。 お店は価格の表示方法に注意 テイクアウトも店内利用も同じ値段だからといって、両方ともに「軽減税率を適用」などと表示することは、消費税転嫁対策特別措置法、景品表示法により禁止されています。 あくまでも商品の価格を変更しているのであって、消費税率はテイクアウトと店内利用では異なるということです。 なお、お店はどちらの税率で販売したかを集計する必要がありますので、 レジではどちらかを確認しなければなりません。 まとめ 軽減税率の実施については、お店側も購入する側も慣れない部分がありますが、あまり大きな混乱もなく実施されています。 ただし、一部では消費税10%と8%を計算して、合計の18%で計算して販売していたというお店もあったようです。 消費者としても少し気をつけた方がいいかもしれませんね。 また、一方で企業やお店の側では、これから消費税の申告などがありますので、まだまだ混乱するかもしれません。 軽減税率は、馴染みにくい部分もありますが、制度がわかりにくいと文句を言うだけでなく、用意された制度のもとで、きちんと運用していくことを考えるのも必要ですね。 ゴリFP(管理人) 公務員として地方税に20年間携わってきたが、脱サラして起業。 広い税の知識をもとにファイナンシャルプランナーとして副業や節税方法を教えている。 (FP1級技能士・日本FP協会認定CFP) あきら 3年目のSE。 仕事が大変でどうにかして転職か起業をしたいと思っているが、何をしていいかわからず悩み続けている。 学校の先輩のゴリFPからいろいろな教えを受けているところ。 成長できるか? なな 40代前半の主婦。 子どもがまだ小学生なのでパートに出るのも厳しい。 できれば在宅で稼げる仕事がほしい。 もともと、一流起業に勤めていたが、結婚と妊娠により退職。 その後、少しパートをしたが、仕事時間があわずあまり働けていない。

次の