パージ シーズン 2。 【雑記】「パージ」シーズン2はいい!|カカシシ@VTuberではない|note

『パージ シーズン2』

パージ シーズン 2

海外ドラマ Amazonプライムで見る「パージ」とは? 1年に一度、殺人を含む全ての犯罪が合法になる。 その国はアメリカ。 時間は12時間。 夜7時から翌朝7時までの12時間をどう過ごすのか? 1年に一度、殺人を含む全ての犯罪が合法になるパージ法が施行される夜を 描いたスリラー映画、パージシリーズのドラマ版です。 映画版のパージより、より人物像や背景などが詳しくなっています。 映画版を見ていない人には、ちょっと意味が解らない? 映画版より、スピードの遅い展開になるのは、ドラマだから仕方ないかもです。 海外ドラマ Amazonプライムで見る「パージ」 あらすじ 何をしても捕まらないパージの日 そんな特別な日を5人の男女を通して描かれています。 ドラマならではの、各人物の細かい設定がされています。 パージを支配する裕福な人達。 パージされる貧困層 本当の目的は? この5人が最後に、ある人物によってつながります。 仮面をかぶり、この5人に迫る人物の正体は、物語の最初から 登場している人物で、工場勤務でバツイチ 逆恨みによる自分勝手なパージ宣言をする自己中男! 一度は助けるも、自分で裁くため!意味不明な理屈を並べる 最後には、妹を助けに来たミゲルに射殺される! しかし、射殺した時は、パージが終わりを告げるサイレンが鳴った後だった・・・。 海外ドラマ Amazonプライムで見る「パージ」感想 何とも、全体的にB級のにおいが消えない作品。 映画版を見たからかもしれませんが、スピード感はゼロ! 突っ込みどころ満載の10話ですが、やはりパージは 映画で見た方が良い!と結論付けました。 このシリーズはseason2もあるようですが、 暇だったら見る程度かもしれません。 私的には、ドラマ版「パージ」を見るなら 映画版「パージ」をもう1度見た方が面白いかも? そんな印象です!.

次の

海外ドラマ Amazonオリジナル「パージ2」が公開!

パージ シーズン 2

ドラマ「パージ」のシーズン2は面白い! 第二話の見どころ&感想などをお伝えしていきます。 脚本&役者さんたちに拍手やぁ ドラマ版「パージ」のシーズン1は 後半に「あのおじさん」にひっかきまわされて終わった・・ 「あれ?! それぞれが「パージ」を軸に 動き始めるよ!• パージ終了後のカの街と人々 パージ終了後は みんな慣れた手つきで「片づけ」作業に取り掛かります。 もうね、これが怖いくらい「慣れた様子」なのです。 お祭りとか、イベント後の片づけのように もくもくと淡々とゴミや壊れたモノをかたずける。 死体が家の中に転がっていようが 顔色一つ変えずにもくもくと掃除していく。 そしてテーブルの上に転がる死体に刺さっている 凶器のナイフを抜き取ると 綺麗にナイフを洗ってナイフボックスに戻したのです! お気づきですか? セキュリティの固い豪邸内で パージされた、この家のご主人。 犯人が誰なのか・・・ この家にもともとあったナイフで殺されているご主人。 そして清掃終了後に綺麗に元通りになった我が家の食卓で にこやかに子供達と食事を楽しむ奥様・・。 もう、わかるね。 犯人は誰なのか? 清掃業者も死体に慣れてるので パージの日の死体回収袋に手際よく入れて 外のごみ収集場近くに並べていきます。 たんたんと仕事をしていく。 市が死体の回収に急ぐのは などのリスクをさけるため、 衛生面の問題からのようです。 なぜならパージ終了から1秒でも後の犯罪を全て摘発していかねばならないから。 その辺の線引きにはごっつい厳しい。 もう収拾がつかないくらい大混乱です。 輸血用の血液がすぐに不足という事態になるほど。 O型の血液がパージ終了後のその日の昼には無くなっていた。 NFFAで働くメは 恩人であるアダムス教授の死に疑問を持ちます。 教授はパージを嫌っていたし わざわざ外にでたりしないはずなのに・・ どうやら計画をもって襲撃されたようだと気が付くのです。 でも人から慕われることはあっても 怨みをかうような人物でないため「何かある」と 独自捜査を進めるメ。 彼女の鋭い観察眼とNFFA監視センターで鍛えられた能力で 教授を襲ってたやつらの探しているものを見つけるのです。 瀕死の男はマーカスに迫られ 「アイボリーロード」と言い残し死んでしまう。 マーカスは犯人の残したとこの言葉を基に 自分がなぜ狙われたのか調べ始める。 マーカスは大学生になる息子の元をたずね協力を頼む。 すると 息子ダンは犯人のと「アイボリーロード」という言葉から 闇サイトでマーカスに懸賞金がかけられていることを突き止める。 なんとマーカスを殺した者には 75,000ドルは支払われるのだ! この息子ダンはこれから メやベンを結ぶ人物になっていきそうなんで 要チェックです。 ライアンはアジトに向かうまでに 母の元をたずねる。 ライアンの母は施設で暮らしており 痴呆が進んでいるためか 息子ライアンを認識できていない(;;) 母の施設代1年分を奪ってきた現金で支払い 仲間の待つアジトへ。 アジトでは仲間が奪った金が20万ドルしかないことに 嘆き、怒りみんなイライラしていた。 銀行側もパージの日は1ドル札だけ金庫に残し 100ドル札は別の場所に隠していたのだ。 ライアンはこの銀行が隠す大金の行方をさがしはじめる。 またライアンの仲間のひとりが警察に捕まり 仲間を救出するためにも動き始める。 1年以内に救いださないと次のパージで処刑されてしまうのだ。 パージで防衛のためとはいえ 人をナイフで殺した感覚が忘れられず その時の興奮がの様に自分を覚醒させるのがわかるのだ。 あの時の人を殺す感覚が忘れられず パージのをやりこんでみたり 彼の中で何かが大きく変わりはじめる。 パージの衝撃事実!家族って・・ マーカスが探偵を雇い調査に乗り出しているんですが。。 その探偵・調査員が言うパージの実態 「家庭内のパージが多い」 あの豪邸内で刺され死んでいたご主人と 清掃後に子供たちと笑顔で食卓を囲んでいた妻の様に 家族間でのパージが実は多いというのです! 日頃の怨みや憎悪の蓄積か? やはりパージの日に暴れるため無差別に殺人をする奴よりも 怨み、嫉み、憎しみによるパージが多いようです。 近しい関係程 感情の蓄積も多くなるしね。 家族でも近しい中にも礼儀ありで行きましょう! 感情が攻撃となって相手を傷つけないように注意っすよ。 いつかパージされるで! では、また~#3に続く.

次の

ドラマ版「パージ」シーズン2へ継続決定 : 映画ニュース

パージ シーズン 2

「パージ」シーズン1を視聴するなら こちらの作品は Amazonプライムビデオにて視聴出来ます。 パージって何? パージとは「新しいアメリカ建国の父たち(NFFA 」を名乗る集団が設けた法令で、1年に一度の夜(夜7時から翌朝7時までの12時間)の間は、すべての犯罪(犯罪も含む)が合法化されます。 しかし、パージにはルールがあります。 ・警察・消防・医療サービスはは停止される。 ・パージに参加するのは個人の自由。 ・パージに参加したくない人は家に隠れてもいい。 ・レベル4以上の武器の使用は禁止。 ・国が定めた政治家などの権力者の殺害は禁止。 パージ開始時には緊急放送が流れ、サイレンが鳴り、終了時には同様にサイレンが鳴り、パージが終了となる。 つまりその日の夜だけはなにやったって罪に問われないのです。 普段は大人しい人でも日ごろから逆恨みしている人なんかは、チャンスとばかりにこの日は殺人鬼へと変貌してしまうのです。 特定の人をターゲットとし殺害しようとする人。 この手の人はパージナイトの為に事前に綿密に計画を立てているから厄介。 パージに参加したくないからと家にこもっていても、セキュリティまで破って侵入してくる強者が多い。 ターゲットは絞らず、誰でもいいから人を殺害しようとする人。 主に路上とかで集団でお面とか被っている人達で、行き当たりばったりで殺害している。 この手の人は街にあふれているから、こちらも厄介。 以上がパージの前説という事で、それを踏まえて記事を読んでいってください(笑) 3. 「パージ」シーズン1のあらすじ&感想 物語はある年のパージ開始97分前からスタート。 主要人物5人の物語を追っています。 ミゲル兄妹 ・ミゲル ペネロピの兄。 10歳の時にパージで両親を失っている。 海兵隊帰りで、妹から不可解な手紙をもらい、パージで妹まで失いたくないとスタート時から妹のペネロピを探している。 海兵隊にいただけあって戦闘能力は高い。 ・ペネロピ ミゲルの妹。 ミゲルが海兵隊に入ったことで一人ぼっちになってしまい、弱ったところをカルト教団に勧誘され洗脳されてしまう。 この教団は自分の身を捧げることで人々に恵みを与え(苦しみを解放する)と表向きでは言っているがパージナイトでパージャー(殺害する人)に売り飛ばすというパージャーに負けず劣らず残虐な集団だったのです。 ミゲルはペネロピが乗っていると思われるバスを追います。 バスのなかには教団のリーダーと売り飛ばされる人々が乗っていて、選ばれたあななたたちは何て幸せなんでしょう的にリーダーがしゃべっていました。 一人一人売り飛ばされる場所に連れていかれ、ペネロピは仲の良かった子が恐怖に怯えながら殺害されるところを見てしまい、死ぬのが怖くなってしまう。 ペネロピは修道女の仮装をした集団に連れていかれる。 行った先は殺戮のカーニバルという会場で、魔女裁判や拷問が行われていたキチガイ会場だった。 そこでなんとかミゲルとペネロピは合流することが出来るのでした、、、。 ジェーン ・ジェーン 大企業で働くキャリアウーマンだったが、外見でしか判断されない事に対してコンプレックスを持っていた。 パージの日でも重要な取引があるためジェーンのチームは出社。 厳重な警備がされていたので、ジェーンがいる階から出なければ安全なはずだった。 しかし、ジェーンはコンプレックスの原因となっていたCEOのデイビットを殺し屋を雇いパージしようとしていた。 ジェーンの部下のアリソンは、PCでジェーンと殺し屋のやりとりメールを見てしまう。 アリソンは同僚のマークと昇進を争っていた。 取引が成功し、お祝いをしているさなか、ジェーンが下の階に行くとなんとアリソンはマークをパージしていたのです。 ジェーンに見つかると「これで私が昇進出来ますよね?」とジェーンに言っていた、、、。 ジェーンはマークの死体を見て、自分はなんて愚かなことを依頼してしまったのか!とパージ依頼した事を後悔します。 殺し屋に電話しても、デイビットに電話しても出ず、ついに外に出て、デイビットの自宅に向かう、、、。 リック夫婦 ・リック ジェナの夫。 ・ジェナ リックの妻。 妊娠している。 パーティーの主催者スタントン夫妻の娘のライラと浮気。 ライラとは夫婦のセックスレスということで刺激を求めるためにこの3人が関係を持った。 夫婦は自分たちの事業の資金援助を求めるため、NFFA主催のパーティーに参加する。 会場で夫婦はライラと再会。 その会場にNFFA抹殺を企む組織がパーティを襲撃。 パージナイトとは思えない華やかな会場だったが事態は一変、一気に人々がパージされ大変な事に! リック夫婦は地下室からなんとか外に脱出し、自宅へと逃げる。 家にシャッターを掛け、誰も侵入しないようにセキュリティは万全。 しかし、安心するのもつかの間、ライラがリック夫婦の家のインターフォンを鳴らし、中に入れてと助けを呼び、夫婦は迷うがライラを中にいれる。 その時に、シャッターの隙間から誰かに侵入されてしまうのでした、、、。 5人のその後 5人は様々な困難をなんとか乗り越えていきます。 そして何も共通点のなかった5人でしたが、ある男の逆恨みから集められます。 (ミゲルは後に助けにくる) その男ジョーは恨みを持っている人物を集め、独自の裁判をして有罪であればパージしようとしていました。 ジョーは始めは襲われている人々を助けていましたが、実は目的の人物を他の人にパージさせない為だったのです。 しかもその動機が、、そんなんで?という感じでした。 ・ジェーンは出会い系サイトで知り合ったジョーとデートするが、差別的な事を言われ、その場を去ってしまった。 ・ペネロピは偶然道ですれ違った際に、ジョーが店のドアを開けたところを通り、ジョーは「お礼をいえ」といったが無視した。 (そもそも聞こえてなかった) ・リック夫婦はジョーに仕事の発注をしていたが、ジョーのミスを知ると代金を支払わず業者を変えた。 ジョーの会社は大打撃を食らう。 まぁリックの所はまだ理解出来るかなって思うけど、他はそんなんでパージすんの???って感じですよね? ペネロピなんてすれ違っただけですからね 一一 パージがあるって事で人から恨まれないよう日頃から行動しなきゃいけないと思いますが、すれ違っただけって、外歩くなって言ってるようなもんですよね 一一 パージ終了まで残りわずか そして変な裁判が始まり、ジェーンもついに、、、。 次はペネロピの番という所でミゲルがピートと共に助けにくる。 みんな逃げるが、逃げた場所によっては爆弾が仕掛けられていて犠牲になった人も。 リックはジェナを守り、撃たれてしまいます。 ミゲルとジョーの格闘になるが、ここでパージ終了のサイレンが鳴る。 するとジョーはそれまでの猟奇的な感じはなくなり、「ちくしょー、ここで終わりなんて!さあ日常に戻ろう。 来年また捕まえるさ」と爽やかにミゲルたちに言います。 ミゲル「来年?」 ジョー「あぁ、次のパージで二人とも殺してやる」 まるで当然でしょ?何言ってんの?かのようにジョーが言う。 そしてミゲルはジョーを撃ち殺します。 次の年のパージの日、ミゲルとペネロピはパージで襲われている人々を助けるために出動するのでした。 最後に 斬新な設定に惹かれ映画版を前に観ていましたが、正直そんなに面白くなかったかなって感じでしたが、ドラマ版はハマりましたね。 全10話とそれほど長くないので、内容もグダグダにならず展開も早いのですごく見やすいと思います。 こちらはシーズン2もAmazonプライムビデオにて配信中ですのでぜひ観てください。 この作品のおすすめ度 4.

次の