ハッカー の 技術 書。 ダークウェブの教科書 匿名化ツールの実践 (ハッカーの技術書)

ダークウェブの教科書 匿名化ツールの実践 (ハッカーの技術書)

ハッカー の 技術 書

ハッカーになるために,必要なスキルのまとめ 求められるスキルを列挙:• セキュリティ• Linuxとカーネル• アセンブラ• コンピュータの仕組み• リバースエンジニアリング• プログラミング言語• 生産性の高いメインの作業言語,例えばPython• Lisp• 情報共有• Webで発信• 上手な人から技を盗む• オープンソースへのコミット• コードリーディング• 自動化• 問題解決意識• 粘り強さ• 技術的な文書の読み書き• コードの読み書き• 当たり前の作業言語として使いこなすこと• 論理的な思考力• 集合やブール代数,グラフ理論など,抽象的な構造をうまくあつかう知識• 法令・コンプライアンス 根拠 以下は参考になるサイト。 ハッカーになるための具体的なスキルセットについての情報: サイバー犯罪と戦う注目の職業「ホワイトハッカー」って何だ!? ネットエージェント杉浦隆幸氏に聞く - エンジニアtype• 1人の有能なハッカーは 1000人のエンジニアに匹敵するもの• セキュリティのプロに対する需要が増えている• IT業界では「新しいデバイスやネットサービスが生まれると、大体5年以内にはそれを悪用し た犯罪が一般に蔓延する」という不文律がある• セキュリティの専門分野の分類は、 SW、web、NW、OSの4つ• 数学は重要• 10進法、16進法くらいは頭の中でできるレベルの 数学力が必要• アセンブラレベルの低層の理解と, リバースエンジニアリング• 法律・法令への理解と法令遵守• 技術だけ優れていても、倫理観や人間性が備わっていないと、堕落してブラックハッカーになってしまう• 孤独感を克服したり、未解決の問題を解きたいという欲求から悪の道に走らないことも大事。 性格的に 粘り強く慎重なタイプであることも大切 How To Become A Hacker: Japanese• ハッカーたちはインターネットを築き,UNIX オペレーティングシステムを今日のような形にまで作りあげ,Usenet を運営し、World Wide Web が使えるようにした。 ハッカーはものをつくります。 クラッカーは壊します• ハッカーになるためには、 問題を解決することにゾクゾクするような喜びを感じるようでなければいけません。 車輪を発明しなおすような無駄なことをしてはいけません• 考える時間は貴重であると信じなければなりません。 それをとことん信じて、 情報を共有するのがほとんど道徳的な義務であると思えるようになりましょう。 問題を解決し、その解答を提供すれば、他のハッカーたちは古い問題にいつまでも取り組みなおし続けずに、新しい問題を解決できるのです• 退屈な部分はできるだけ たくさん自動化• もしコンピュータ言語をなにも知らないなら、まず Python から始めることをおすすめします。 設計がきれいだし、ドキュメントもしっかりしているし、初心者にもそこそことっつきやすくできています。 でも入門言語として最適でも、おもちゃではありません。 強力で柔軟で、大きなプロジェクトにもじゅうぶん対応• Java より先にまず C や Lisp を学んだほうがいい• 本気でプログラミングをするなら、C を勉強するしかありません。 これは Unix の中核となる言語です。 片方を知っていれば、もう片方を学ぶのはそんなにむずかしくありません。 が、どっちも真っ先に勉強しようとするのには向いた代物ではありません。 マシンの時間を少し非効率に使っても、あなたの時間をずっと効率的に使う言語を使うほうが賢明でしょう。 ですから、Python をお奨め• LISP は、それをモノにしたときのすばらしい悟り体験のために勉強しましょう。 この体験は、その後の人生でよりよいプログラマーとなる手助けとなるはずです。 たとえ、実際には LISP そのものをあまり使わなくても。 本や講習会のコースではダメ。 多くの、いやひょっとして ほとんどのハッカーたちは我流で勉強してきた• 新米さんがハッカー技術を習得するための唯一最大の重要な一歩は、Linux かフリーの BSD UNIX 類か OpenSolaris のどれかを入手し、それを自分のマシンにインストールし、動かすこと• MS Windows マシンやその他ソースがクローズドなシステムでハッキングを学ぼうとするのは、全身ギプスをつけてダンスを学ぼうとするようなもの• 2006-2007 年に、ほんものの最高の選択が登場しました: Ubuntuです。 他のディストリビューションも独自の強みはありますが、 Ubuntu は Linux 新人にとって圧倒的に一番とっつきやすい• 英語はハッカー文化やインターネットでの作業用言語なんだということ• ハッカーコミュニティーで役に立つには英語を知らないとダメ• 英語は技術用語がほかの言語よりも豊富で、だから英語のほうがとにかくこの仕事に向いている• 英語で書かれた技術書を訳した場合、多くは不満足な出来• 形式論理やブール代数を多少知っているのはいいことです。 有限数学の基礎( 有限集合論、組み合わせ数学、グラフ理論)も役に立ちます• もっと重要なことがあります。 数学者がやるのと同じように、 論理的に考えて、厳密な理由づけの連鎖をたどれる必要があります。 あなたが新米なら、興味が持てる開発途中のプログラムを見つけて、よいベータテスタになりなさい• 多くのハッカーは「geek」という言葉さえ、誇りをこめて受け容れる• 遊びと同じくらい熱心に働き、働くのと同じくらい熱心に遊びましょう。 真のハッカーにとっては、「遊び」「仕事」「科学」「芸術」の境界はすべて消滅しがちだったり、すべてが高次の 創造的な遊技に融合• ハッカーに本気でメールして助言を求めるなら、まず一つは、 作文がだらしなく手抜きな人物は、通常は思考もだらしなく手抜きなので、よいハッカーにはなれないようだということ。 だからスペルはきちんとしましょう。 文法も句読点もきちんとしましょう。 そうでないとたぶん無視されます 誰にでも実践できる、ハッカーになるための具体的方法—《楽天》技術理事 吉岡弘隆氏からの提言。 時代の流れが速い業界にあって、技術者としてあり続けるために必要なことは、「ハッカーマインド」を持つこと・「ハッカー」たること。 失敗してもいいんだという前提で, 好奇心を大事にしてチャレンジし続けること• チャレンジのために必要なベースとなるスキルは学習し続ける。 教科書に書いてないことは 上手な人から盗む。 例えば勉強会に足を運んで, トップ企業のベストプラクティスや暗黙知を共有する。 そして人脈を作る• 「チャレンジできる環境を常に探していく。 同じ職場で同じ仕事をずーっとしていれば、成長が止まってしまう」• エンジニアがやっておくべき準備の一つとして明確に分かっているのは語学, 特に英語に抵抗が無いこと。 経験や勘ではなく,キャリアアップしていくための道しるべみたいなものをMBAみたいに形式知化すべき Googleエンジニアから学ぶ、ハッカーになるための勉強法 - 久保清隆のブログ• ハッカーは 共有を善と考え、実践する。 googleも社内での共有が推し進められ、どのソースコードにもアクセスできる• 設計しつつ実装。 ハッカーはこうしている場合が多い。 こまめにマイルストーンを設定。 小さい単位で動くもの・あとで使うものから。 サブシステムだけで使えるようなものをまず考え、作る• ハッカーはドキュメントはあまり書かない• アルゴリズムとデータ構造、デザインパターン。 こういう場合はこうすると良い、など知っていると速度があがる• 正規表現などの知識• コンパイラ、ライブラリ、OS、ハードウェア。 下の方で何が行われるか知っていれば、設計する上で無駄なことをしないですむ• コンピュータが好きで好きで24時間365日コンピュータを触っている結果ハッカーの称号で呼ばれるようになる• MS officeのマクロでも面白いことはできる ハッカーになる方法 - SSS研究所• スクリプト言語で エラーを出しまくってエラーの対処法を知るところから• コンピュータの仕組みを知る。 そのためにアセンブラかC言語でPICマイコン• 作業環境が整えやすい linux上でいろいろな言語で開発• gentooを 手動で全部OSインストールし、足りないものも自前で足してゆく• OS自作の本を読んで実際にトライし、 linuxカーネルのソースコードを読む• オープンソースのパッチを書きまくる• この時点で立派なハッカー。 単なるスクリプトキディにはなるな。 アメリカでは「Computer Forensics Investigator( コンピューター犯罪捜査官)」という地位が確立している。 コンピューター犯罪に関する学部も存在し,有名な大学はFBIがバックアップしている。 (日本では単なる公務員)• 具体的な資格名としては,CISSP,CISM,CISA,CCSP,CEH,CHFI。 お金に余裕があれば、アメリカで短期集中コースで1週間で取得できるものもある。 中学生「ハッカーになりたい、真面目な話です、ハッカーになるにはまず何を勉強すればいいんですか?」 【2chまとめ】ニュース速報嫌儲板• マシン語を読めるのは当たり前• ハッカーじゃなくてセキュリティ関連の仕事を目指せばいい• 英語を学べ、マジで。

次の

株式会社データハウス

ハッカー の 技術 書

過去はやった攻撃手法とその対策• ハッキングのフェーズ• ホワイトハッカーとして取るべき行動 などなど盛りだくさん。 ハッキングツールの使い方やコマンドなど技術的な問いももちろん出題されますが、加えてソーシャルエンジニアリングを防ぐ方法やホワイトハッカーとしてとるべき行動など、 オフラインな内容もでてきます。 「セキュリティ監査中に犯罪の証拠見つけちゃったらどうする?」みたいな問題がその例です。 あくまで、「 考え方を身につけている」証明だと思ってください。 受験の動機 参考までに僕の受験の動機と背景を少しだけ。 僕のレベルがわかった方が、勉強法を合わせやすいと思うので! 主な受験の動機は• 若いうちに「 自分だけの箔」を付けたかった これに尽きます。 僕のいまの仕事は、メーカーのIT部門のマネジメント。 もともと情報系卒でない僕ですが、学生時代にITにハマり、就活は「ITやらせてください!」の一点張り。 ありがたいことに、希望の仕事をもらえています。 ただ、贅沢な悩みですが、マネージャー職にありがちな「自分で手を動かす機会が少ない」問題にぶちあたっていて、 技術的なスキルの伸び悩みを感じています。 もちろん、業務でまかなえない部分を「退社後や休日に自己研鑽する日々」を送ってはいます。 ただ日中手を動かし続けている方々にはとても追いつけず、「同じ分野だけ」で闘うのは苦しいなと。 であれば、他のひとがもっていない「唯一無二」のスキルを身につけて、若いうちに「 自分だけの箔を」つけていきたい。 こんなことを思うようになりました。 ほかの人がもっていないスキル、を考えたときに行きついたのが、 攻めの視点のセキュリティ。 「漠然と危ない」ことはみんなわかっていても、「じゃあどう攻めてくるの?」って答えられる人少ないですからね。 思い返せば、過去友人とアプリを作っていたときも、どこから情報を抜かれるかビクビクしながら設計していて、余計な工数をとられてました。 「攻めに詳しい人がいてくれたら、どんなに助かるか」と思ったものです。 さらにいうと、セキュリティは「手を動かす」というよりも「コンサル」色が強いスキル。 なので、マネージャー職にはもってこいだなと。 こうして、僕は認定ホワイトハッカー取得を心に決め、取得に向けて動き始めました。 幅広い知識を身につけよう では、本題へ。 認定ホワイトハッカー試験は• 受験資格の取得: CEHの特別講座を受講 or セキュリティ業務に従事していることを証明• だれでも受けられるわけでなく、まずは受験資格の取得が必要です。 また試験問題は、特別講座で取り上げられた内容以外も山ほどでてきます Powershellのコマンドetc…。 勉強時間の配分 認定ホワイトハッカーそのものの勉強期間は、12月-2月の3ヶ月。 といっても、この資格を取るための前提知識習得として、• GSX認定ホワイトハッカー養成講座受講• 2年以上のセキュリティ業務に携わっていることを、試験本部に通達 のいずれかで取得できます。 僕の場合は、そもそもセキュリティ業務に携わっていなかったので、迷いなく講座を受講しました。 5日間みっちりと 講習は月-金、9:00-18:00でみっちり5日間。 初日に尋常じゃない重さのテキストを渡されます。 なお、講座の費用は 試験日込みで53万円。 箔をつけれれば安いもの、と僕は全額自費で乗り込んできましたが、会社で補助が受けれるなら絶対受けた方がいいです。 ちなみに試験に落ちると、 再受験に8万円かかります… テキスト外に価値がある 講座はセキュリティ分野の第一線で働く講師の方々 僕の場合は3名でした から、指導いただけます。 ざっくりと、• この本、 著者が超お茶目。 各章のはじめに著者の私生活を交えた説明が載ってます。 「僕はくるおしいほど、アップルパイが大好きなんだ!なのに、なのにどうしてママ!嫌いな野菜を先に食べさせてくるんだ!」みたいな調子ではじまる問題集なんて、他にないですよね笑 あふれでる著者のいいひと感。 内容もそんな人柄がにじみ出ていて、 丁寧そのもの。 1問1問、 正解以外の選択肢にもビッチリ解説が書かれています。 なので、こちらは 腰を据えて勉強できる時間に使って、すきま時間は先ほどご紹介したを使うのがおすすめです。 僕はを買って、.

次の

株式会社データハウス

ハッカー の 技術 書

NHK番組「クローズアップ現代」で仮想通貨の不正流出ルートを追跡したホワイトハッカーCheena氏のデビュー作。 個人情報売買、仮想通貨窃取、違法ドラッグ、殺人依頼など ニュース番組でも取り上げられ社会問題になった「ダークウェブ DarkWeb 」には 機密情報を始めとした信じられないような情報が多種多様なサイトに集まります。 そこにはハッカー、テロリストなど様々なユーザーが身元を隠してアクセスし それらを世界各国の警察、公安などの国家機関までも追跡に乗り出しています。 本書では、これまで書籍などでは語られなかったインターネット上での匿名化から匿名性の無効化まで実践的な手法を解説しています。 ダークウェブの基礎知識、環境構築の方法、匿名化とその無効化の方法、匿名で仮想通貨を扱う方法、痕跡を残さないOSの利用など ダークウェブという深層世界で用いられるインターネットの隠れた最新技術をまとめた一冊となっています。 〇本書の対象読者 インターネットの仕組みを学びたい 仮想通貨の運用の仕組みを学びたい ダークウェブの仕組みを学びたい セキュリティの仕組みを学びたい ハッキングの仕組みを学びたい 【目次】 〇1章「ダークウェブとは何か」 ダークウェブとは何かを理解するために基礎から解説しダークウェブを取り巻く状況や社会に与えた影響 ダークウェブを支える匿名化ソフトウェアTorや、ダークウェブが作り出した文化などを紹介しています。 デスクトップやモバイルなどプラットフォーム別にインストールする方法 Torを用いて匿名性を高めたOS「Tails」「Whonix」などのインストール・セットアップ方法も解説しています。 TorだけでなくVPNやプロキシを組み合わせて使用したり、匿名VPNサービスの評価、Torと仮想通貨「Bitcoin」を組み合わせて匿名でオンライン決済をする方法を解説しています。 そもそもダークウェブを使ってみたいと思うような人間はパソコン ネット 上級者です。 上級者なんだから本を読まないでネット検索で使い方を調べたらいいんです。 翻訳だって出来るんだから全世界のサイトから学べます。 A:2019年に3000円の優れた本を買った B:2019年に1000円の普通の本を買った。 2020年に1000円の普通の本を買った。 2021年に1000円の普通の本を買った AもBも支払額は同じですがBの方が価値があります。 ダークウェブの事を学ぶにおいて ・質 ・量 ・新しさ では「新しさ」が一番大事なんです。 「アマゾンでの商品の買い方」という本があるとします。 アマゾンのスクリーンショットも載っていて一見便利です。 でもアマゾンのデザインが変わった瞬間に「古い情報」となり本の役目は終わります。 そしてネット初心者がダークウェブを使うのは危険です。 ネット上級者になるまで我慢してください。 ですからこの3000円もする本は誰をターゲットにしているのか分かりません。 「闇マーケット」の「闇」の意味を考えてほしいです。 匿名で闇マーケットを閲覧しているなんて怪しい人間です。 「犯罪に関与しなければ問題はない」ではなく「怪しい人間でいる事がそもそも問題」なんです。 「怪しい」の意味を考えてほしいです。 私は「匿名」より「監視」のほうが素晴らしいと思います。 監視カメラのおかげで大勢の犯人が逮捕されています。 ドライブレコーダーも素晴らしいです。 個室トイレでの長時間のうんこは大変迷惑です。 「本当にうんこか?スマホを触っているのではないか?」 そういう疑念も生まれます。 個室トイレの中に監視カメラがないから好き放題されてしまうんです。 「うんこです。 スマホなんか触っていません。 何か証拠があるんですか?」と言われたら何も反論できません。 つまり相手は無敵なんです。 どんどん監視してください。 私は迷惑な人間のせいでうんこを漏らしたくはありません。 早く個室トイレから出てきてほしいです。 「ダークウェブ」と聞いてもピンとこないと思うので「個室トイレ」に例えました。 個室トイレ=ブラックボックス=ダークウェブです。 私はそのように思いを馳せる事も大事だと思います。 少なくとも日本ではダークウェブを使う必要はないです。 技術を正しく使ってほしいです。 「伝説のハッカー」ミトニックさんは今はホワイトハッカーをされています。 ダークからホワイトに180度変わられました。 人間の価値観 考え はこんなにも変わる事ができるんです。 ダークウェブでの決済には仮想通貨 ブロックチェーン技術 が使われています。 ブロックチェーン技術がこんな事に使われてしまうなんて「仮想通貨の父」ナカモトさんも泣いていると思います。 仮想通貨のマイニングには多大な電力を使います。 発明家エジソンもそんな事に電力を使われていると知ったら泣くと思います。 「ミスター半導体」西澤さんも演算能力をそんな目的で使われて泣いていると思います。 「自宅の鍵を無くした時の為にピッキングの勉強をしています」と言うぐらい信用できない話です。 だからCheenaさんのこの本に対して「いーな」と言う事はできません。 ダークウェブなんか「しーな」そう言いたいです。 これをどうやって正しく使うんですか? 「コンピュータウイルス製造入門」って本も売っています。 いやはや「表現の自由」「出版の自由」ってほんと素晴らしいですね。 本は厚いけど、内容はほとんどないに等しいです。 新聞や週刊誌にありそうな薄い内容を淡々と紹介しているだけ。 教科書と銘打っているが、なにを教えたいのかわからない。 少なくともこの本をつかって、何かを始められるという類いのものではない。 ダークウェブを使ってこういうことがあったよという事例や、こういう事件がありましたねということを振り返っているだけだった。 もっと深く内容を掘り下げていくのかとおもったら表層だけ。 もし専門的にやりたいなら、絶対におすすめしないし、初心者であっても得ることのできる知識、技術はないに等しいと思う。 どこの層をターゲットにした本なのか、そしてねらいは何かまったくわからなかった。 インターネット上で検索すれば出てくる情報が多いと思いますが、1冊の本としてまとめざっと概要を掴むには良いかと こういう世界もあるのだなという概要把握レベルの割には少しお高い感じがしました Torは機密情報を安全に送受信するための軍事技術が基盤となっている 本書ではTor通信の仕組みを図解し、匿名性の高いネットワークについて理解することができる 複数のノードを経由していることに加え、ノード間の通信は暗号化されている。 また、通信経路は数分で切り替わる Torの入口・出口ノードとエンドユーザーの端末間の経路が暗号化されてないので、そこから検挙に至ったケースがあった VPNを利用することで上記の暗号化されてない部分も暗号化することができる TorブラウザはFirefoxの仕組みを利用している。 そのため、Firefoxの脆弱性を利用することで、ユーザーのIPや端末情報を特定のサーバーに送るスクリプトを仕込むなどして、匿名性が看破されたこともある こうした脆弱性を利用した手法は、クラッカーだけでなく、国の公的機関がTorを利用した犯罪組織を調査するためにも利用している (秘匿性が高いはずの通信だが、今も未知の脆弱性を利用して匿名性が看破されているかもしれない).

次の