ノート パソコン デスクトップ 化。 【簡単】ノートパソコンをデスクトップパソコンのように使う方法!

ノートパソコンをデスクトップ化して使う方法&必要な周辺機器|アラカメ

ノート パソコン デスクトップ 化

ノートパソコンやタブレットをサブディスプレイ化。 ノートパソコンやWindowsタブレットをただPCとして使うだけでなく、 HDMI入力などを使って、サブディスプレイ化したい私。 同じように思ったギークは少なくないはず。 ノートパソコンやWindowsタブレットの画面をサブディスプレイ化するにあたって、• デスクトップのセカンダリーモニターにする• 据え置きゲーム用のディスプレイとして使う• Raspberry Pi用ディスプレイとして使う• Samsung DeX用のディスプレイとして使う というようなことを実現したいはず。 ちょっとマニアックな用途も入っている(個人的にはラズパイ目的)のですが、これらは目的によってノートパソコンやWindowsタブレットで、サブディスプレイ化が実現したりしなかったりします。 Windows 10のMiracast機能を利用。 サブディスプレイ化できるのはWindows 10 PCのみ。 Miracast対応であれば送信デバイスは問わない。 サブディスプレイ化したいパソコンがWindows 10ならば、OS標準搭載機能である 『接続』アプリを使って、Miracast経由でサブディスプレイ化が可能。 この方法はMiracastを使うので、Miracast非対応デバイスでは利用不可。 また、Wi-Fi経由なので入力映像に遅延があることに注意。 無料で使える機能なので、まずは試してみるのもアリ。 Windows 10『接続』アプリ設定方法• クライアント側の『アクションセンター』を開く。 接続をクリック。 ホスト側でMiracastで映像出力を行う。 クライアント・ホストの両方にドライバを要インストール。 WindowsのみでmacOS非対応。 Windows 10なら『接続』が使えるが、それ以前のWindowsでは不可能。 ならば、 映像入力に対応したUSBリンクケーブルを使う方法がある。 USBリンクケーブル(PCからPCへデータを直で転送できるケーブル)は数あれど、映像出力や入力に対応したものは、おそらくJ5 create『』しかないはず。 UVC対応のキャプチャーデバイスならドライバ不要。 出力可能な解像感はキャプチャーデバイス依存。 HDMIをUSBに変換している。 多少の遅延を気にしないなら、一番ベターな方法が HDMIキャプチャーデバイスを利用する方法。 元はゲーム実況やライブ配信用ですが、これをサブディスプレイ化に転用する算段。 この手の製品はいろいろ発売されていますが、単純にHDMI出力をUSBに変換するだけなら、『UVC(USB Video Class)』に対応したキャプチャーデバイスを買うべき。 UVC対応のものなら、ドライバ不要でパソコン側からはWebカメラとして認識されます。 UVC対応キャプチャーデバイス比較表 世の中そんなにうまくいかないのであーる…。 モバイルディスプレイがベストかも 完全に趣旨からずれるので、サラッと流しますが…いっそ、モバイルディスプレイにしてしまうのもアリ。 USB-C入力なら『ThinkVision M14』 Lenovo『』は、解像度がFHDの14インチ液晶モニター。 570gと軽量で、モバイルディスプレイとしてはかなり軽い。 入力端子がUSB Type-Cなので、 出力元のパソコンがAlt Mode(DisplayPort Alternate Mode)に対応していないといけないのが難。 つまり、ゲーム機には使えません。 あくまでパソコンやスマホ専用。 タッチパネル対応『On-Lap 1503I』 GeChic『On-Lap 1503I』は、解像度FHDの15. 6インチ液晶モニター。 しかも、10点マルチタッチ対応。 タッチパネルなので制約が大きいと思いきや、 HDMI入力端子があるので、PS4やNintendo Switchも利用可能(もちろんタッチパネルは利用不可)。 ラズパイも使えるので、意外とこういうところに収まるのがベストかも。 しかも、スピーカー内蔵。

次の

外部モニターでノートPCをデスクトップ化して仕事の処理速度アップ

ノート パソコン デスクトップ 化

DellのノートPC というのを使っています。 もう7,8年前に購入したのですがメモリを増設したり( )やなんかで今でもそこそこ使えてます。 DAWのプラグインが画面に収まり切らないことが増えてきたので思い切って解像度の高い外部モニターを購入してノートPCのデスクトップ化に挑戦しました。 外部接続端子をチェック まずはノートPCの外部接続端子をチェックしておきます。 自分のPCはHDMIの端子が付いていたのでこれで外部モニターと接続することにしました。 前にBluetoothのマウスを買ったのですがすぐに調子が悪くなったので今回はレシーバーをUSBに挿すタイプのものにしました。 接続 ノートPCのHDMI端子から 外部モニター画面裏のHDMI入力へ 接続してからそれぞれの電源を入れます。 設定 外部モニターの方は接続方法を選択しないといけなかったので入力設定でHDMIを選択。 結果 表示されました! 画面広っ! キーボード、マウスも接続した全体図。 手元もスッキリ。 ノートPCは隣のプリンターの上へ。 studio one でBFD3を立ち上げたときのビフォーアフター。 画面に収まりきらなくて下の方が操作できなかったのが こうなりました。 広々(笑)ミキサーの下の方も余裕で操作できます。 おわりに DAWのプラグインが画面に収まりきらない問題が解決しました! PC自体の買い換えも考えてましたがもう少し先になりそうです。 […] 先日のノートPCのデスクトップ化(参照:ノートPC デスクトップ化計画)に伴い、もう少し手元をすっきりさせてくてデスクボードを買いました。 ディスプレイを乗せる台です。 こちら 天板がガラス製で圧迫感がなく気に入ってます。 キーボードを使わないときはここに収めます。 3口のUSBハブも付いててWavesのプラグインのアクティベート用に使っているUSBも挿せて便利。 すっきりしたのでnano KONTROL2も手元に。 用途によってキーボード 文字を打つ方 だったり、キーボード(鍵盤の方)を手前に持ってきて使います。 キングジム 机上台 デスクボード USBハブ付 白 THDBU-20Wposted with カエレバ キングジム KINGJIM 2014-10-01 […].

次の

ノートパソコンは、閉じて使え!具体的な設定方法 PCまなぶ

ノート パソコン デスクトップ 化

ノートパソコンをデスクトップ化する方法を解説します パソコンを購入する際に、ノートパソコンかデスクトップパソコンを購入するか迷うのではないでしょうか?ノートパソコンは、持ち運びするのに軽くて便利です。 かと言って、デスクトップも画面が大きく部屋で使う時などは使いやすさを発揮します。 そう考えるとどちらがいいのか迷いますね。 そこで登場するのが、ノートパソコンのデスクトップ化です。 ここでは、ノートパソコンをデスクトップ化する方法について解説していきます。 ノートパソコンをデスクトップ化する方法 では、実際にノートパソコンをデスクトップ化する方法ってどうやるのと思っている方も多いのではないでしょうか?ここでは、ノートパソコンをデスクトップ化する方法を解説していきます。 自分のノートパソコンがデスクトップ化するのに向いているか確認しよう まず、自分のノートパソコンがしっかりとHDMIを付ける穴があるかどうかを確認してみてください。 HDMIがつなげないと、画面を移す線がないため移りません。 HDMIは、一番重要なケーブルですのでしっかりと確認しましょう。 次に、デスクトップパソコンにも同様につけます。 その後、デスクトップパソコンの電源を付け、ノートパソコンの設定をデスクトップにするように変更すれば完了です。 デスクトップのほうに画面が表示されれば完了となります。 ノートパソコンをデスクトップ化するとはどういうこと? ノートパソコンをデスクトップ化するということは、ノートパソコンを使って大きい画面に表示させることです。 そのため、ノートパソコンのメリットである、軽くてどこでも使える機能とデスクトップの大きい画面で使える機能が合わさったことを指します。 特に、定義はありませんがノートパソコンをデスクトップパソこのように使うやり方と覚えておきましょう。 ノートパソコンをデスクトップ化することのメリット ノートパソコンをデスクトップ化するといってもイメージがわかりませんね。 ここでは、イメージしやすいようにノートパソコンをデスクトップ化するメリットについて解説していきます。 ノートパソコンは、コンパクトで手軽に持ち運ぶことができるが画面が小さいというデメリットがあります。 しかし、ノートパソコンをデスクトップ化することにより画面が大きく使えるようになり、ノートパソコンのデメリットを解消することができます。 取り外しができないため、外出中でノートパソコンを使うときはずっと近距離で画面を見ていなければなりません。 ノートパソコンをデスクトップ化することによりキーボードと画面の位置が自由に調節できます。 そのため、ノートパソコンを使って作業するよりは、格段に作業しやすくなるといえます。 そのため、ミスなどをしてイライラしたりするのではないでしょうか?あとは、あまりキーボードに山がないので打ちづらいといえます。 デスクトップパソコンのキーボードは、自分で好きなキーボードを使えるため、タイピングスピードが上がり作業の効率化になります。 ノートパソコンをデスクトップ化することのデメリット ノートパソコンをデスクトップ化すると当然デメリットも発生してきます。 ここでは、デメリットについても解説していきます。 途中で、あきらめてしまう人もいます。 また、HDMIといったケーブルも必要になるため、ない人は買わなければなりません。 ノートパソコンをデスクトップ化するには、様々な接続コードが必要になってくるためある程度知識がないとスムーズにいかないことが多いです。 安くて古いデスクトップパソコンだとノートパソコンをデスクトップ化する機能が付いていない場合があります。 そのため、少し新しいのを購入しなければならないためお金もつかってしまいます。 ノートパソコンでマルチディスプレイでデスクトップ化できる? ノートパソコンのデスクトップ化は可能だが、マルチディスプレイは可能なのかを徹底解説していきます。 ノートパソコンの画面を使う すべてのノートパソコンは、マルチディスプレイは可能となっております。 ノートパソコンには、必ずHDMIや映像端子が付いております。 ノートパソコンでマルチディスプレイを行いたい場合は、購入する前にしっかりと映像出力端子が付いているかどうか確認しましょう。 モニターを2台以上用意する デスクトップ化するわけではないため、モニターは2枚以上用意しましょう。 モニターが1枚だとデスクトプとなります。 また、3台以上だとデュアルディスプレイと言ったりもします。 デュアルディスプレイとなる場合は、またさまざまな機能が必要となってきます。 デスクトップ化におすすめの高性能CPU搭載のノートパソコン デスクトップ化を図るのであれば、ノートパソコンのスペックは重要になってきます。 パソコンのスペックを図るのに一番重要なところは、CPUです。 ここでは、CPUの開設は控えますが、パソコンの脳です。 CPUの処理能力の高さがパソコンのスペックにつながってきます。 そのため、CPUはどのくらいかしっかりと抑えておきましょう。 どうやっておすすめするノートパソコンを選んだか パソコンを選ぶときに優先するのは、自分の好みといえます。 確かに、パソコンのスペックがあるに越したことはないですが店頭に売っているものはほとんど同じです。 では、どこで決めるかといったらデザインか値段だといえます。 ですが、ここではパソコンのスペックからおすすめするノートパソコンを選んでいきます。 商品名 マイクロソフト Surface Book 2 こちらは、ゲーミングにも使える正真正銘のハイスペックパソコンです。 3Dグラフィックを使用したゲームが可能となり、価格は20万円と高いです。 CPUも当然、第8世代です。 また、これまではCPUは4コアが最大でしたが、このパソコンは6コアしようとなっておりもはや化け物CPUです。 価格は、20万円と高いですが一度は使ってみたいパソコンですね。 ノートパソコンのデスクトップ化について全てを解説できた訳ではない パソコンなどの電子機器は、やり方がたくさんあります。 そのため、ここで解説したものは基本的な部分となります。 パソコンを極めている人は、もっとすごいやり方でやっている人もいます。 パソコンは、奥が深い電子機器です。 そのため、まずは基本的な部分だけ覚えておくことをおすすめします。

次の