保育士コロナ。 保育士がコロナウイルスに感染、休業補償・手当はどうなる?運営側が行うべき対応

保育園での新型コロナウイルス対策ってどうなっているの!?

保育士コロナ

登園児数が減ったことで職員配置は縮小され、その結果、保育士たちの自宅待機・休業が広がり、賃金カットとなるケースが全国各地で続出した。 しかし「保育士の賃金カット」は完全に誤っている。 休業しても認可保育園などで働く保育士の給与は満額支給されることを国が保証しているのだ。 この問題について筆者は「」(4月21日)、「」(5月31日)の2回にわたって報じてきた。 この記事を読んだことを機に、賃金カットに疑問を持った保育士らが声をあげる動きが広がり、行政も対応を急いでいる。 全国で緊急事態宣言が解除されたものの、6月末まで保育園の登園自粛を要請する自治体は少なくない。 いつ第2波が起こるかもわからないなか、まだ保育士の給与について誤った運用を行う園は後を絶たず、問題は深刻だ。 そこで公費で運営費が補償される保育園では保育士の賃金が守られることを、改めて整理したい。 「納得がいかない」立ち上がる保育士たち 「自宅待機を命じられ、賃金は4割支給と言われて納得がいかない」 筆者の元に、関西地方の公立保育園で働く保育士Aさんから、メッセージが寄せられた。 Aさんはもともと正規雇用だったが、子育てを機に非正規雇用に転じた。 Aさんは仲間に呼びかけ、筆者の記事をプリントアウトして自治体と交渉。 最終的に賃金は100%補償に変更されたが、過去3カ月の平均賃金から算出されたのは、なんと実質6割の金額で、それ以上の交渉の余地はなかった。 Aさんは、「非正規雇用で働いている私が悪いのか」と退職を考え始めている。 すでに報じたとおり、コロナの影響で保育士が辞めることなく体制を維持できるように、国は特例を設けている。 具体的には、私立の認可保育園には「委託費」という名の運営費が、公立保育園や認定こども園などには「施設型給付費」という名の運営費が、満額支払われている。 委託費と施設型給付費は、園児の年齢や地域、保育園の規模に基づく保育単価の「公定価格」から計算される。

次の

コロナで保育士の「給与4割カット」は大問題だ 混乱の中、間違った運用が横行している

保育士コロナ

新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、仕事が休めない保護者を支える保育園でも休園、もしくは登園自粛を要請する自治体が増えてきました。 今までとは一変した生活に戸惑っている保護者は少なくないですよね。 保育園側も、開園を続ければ感染の危険と隣り合わせの保育を続けることになりますし、休園すれば保育の代わりに何ができるか、悩みは尽きません。 今回、コロナ禍のもと、保育園側はどういった取り組みをしているのか、休園を含む複数の保育園を運営する法人団体の代表2名にお話をうかがいました。 原則開園している保育園の取り組み まずお話をうかがったのは、6つの保育園と2つのこども園を運営するの中嶋雄一郎統括園長。 保護者からの無理な要望がないかお聞きしたところ、 「今のところ、保護者の皆さんにはご理解いただいていますね。 相談という形はあっても、クレームはありません。 子どもたちはいつも通り 今、保育をするにあたって気をつけていることをお聞きしました。 「消毒・検温は普段以上にこまめにしています。 園庭のある園は外で遊べるのでいいのですが、街中にある園だと外にお散歩に行くときに注意が必要です。 どうしてもかたまってしまうので、できるだけ少人数に分かれて行くようにしています。 ご近所の方から注意を受けてしまったこともあります」 様々な考え方があるなかで保育を行う難しさが、コロナ禍で浮き彫りになっています。 登園できない子どもたちに向けた発信を開始 つぼみ会では、登園できない子どもたちに向けての発信も始めています。 「おうちで過ごしている子どもたちに向けて、4月17日からYouTubeチャンネルを始めました。 工作の作り方、運動遊びの仕方、おやつの作り方、出し物など、自分たちで動画をつくって、1日に1,2本はアップできるようにしています。

次の

全国で波紋「保育士賃金カット」横行の残念実態

保育士コロナ

「他の園ではどんな対策をとっているのかな」 「保育士さんの自宅勤務って何したらいいの」 「コロナウイルスが流行っているのに、休園にならない園はどうしているんだろう・・・」 などなど・・・、気になっている保育士さんも多いのではないでしょうか。 少しでも参考になればと思い、今回は、 私が勤める保育園での現状と、自粛期間中の働き方を詳しくまとめました。 大変なこの時期を乗り越えるために、実際に保育園で行っている様々な対策をお伝え致します。 コロナウイルスによって変わったこと 私の保育園では、 自治体から《登園自粛》の対応要請が出ています。 登園する子どもが3分の1程に減っている状態で、現在も保育園を開園し続けています。 補足 また、 《職員を2グループに分け、1週間ずつ交代で出勤する(一斉感染を防ぐ為)》と書いた件について補足します。 自粛としてお休みをとっている保育士さんの、自宅での過ごし方は以下の通りです。 有給として休暇を過ごす。 自宅勤務として書類や、玩具、壁面作りなどを行う。 少ない有給を使わなくてはいけなかったり、家で出来る仕事に取り組んだりして過ごしています。 『家にいてもどこか心休まらない』という保育士さんも多くいます・・・。 《命を預かる覚悟》と、その裏に抱える保育士のストレス 配慮する事項が増えたのに合せて、同時に、私たち保育士が抱えるストレスも増えてきているように感じます。 私たちの仕事は 《子どもの命を預かる仕事》です。 コロナウイルスが流行している今となっては、 子どもをお預かりすることは、毎日リスクとの隣り合わせです。 保育士として、この時期も働き続けることは、覚悟や強い意思が必要なことだと思います。 毎日懸命に、目には見えないコロナウイルスと、必死に戦わなくてはならないのですから。 それは、 保育士としての使命とも言えるでしょう。 ですが、その使命感は ストレスが大きく伴うものでもあります・・・。 コロナウイルスについて、保育士りこが思うこと 私の正直な感想として、イレギュラーな生活を過ごす保育士の皆さんからは、少しずつ疲れの表情を感じます。 神経質なまでに消毒する、保育室や玩具。 保護者からぶつけられる 不安に向き合い、そして疲れやストレスにも寄り添う。 影響を受けて 不安定になる子どもに対して、愛情深く関わり配慮する・・・。 そんな毎日を過ごす日々・・・。 疲れない訳がないですよね。 自粛期間中でも出勤し、しかも、子ども達と同じ場所で集団で過ごすことによって、 『子どもに感染させてしまったらどうしよう』もしくは 『自分が感染してしまったらどうしよう・・・』とビクビクもします。 コロナという脅威に立ち向かうためには、保育士全員が一丸となり、出来うる限りの対策が必要だと思います。 自分や大切な人の命を守ることですからね。 でも・・・。 神経質になり過ぎて、心まで辛くなってしまうなんて、私にはやりきれません。

次の